君へ。

テーマ:

 今年の目標の一つとして、私が育った地元でキッズ護身術クラスを開講することでした。



まず開講に先立ち体験会をするため、フライヤー作成し、何千枚とポスティングもしてみましたが、惨敗。



実質一人しか集まらずで、クラス開講はまだ先になるかなとも思いました。



でも、たった一人だったその子は言いました。

「また護身術したい!」と。


それが君との始まりでした…



『君へ…。

キッズクラスを開講して半年です。

ようやく少しずつトモダチが集まってきましたね。



最初の数カ月はずっと一人でしたね。

僕と君だけだったから、もしかしたら、なんかちょびっと心細かった部分もあったかもしれません。



だから、僕は約束しましたね。もう少しで必ずトモダチ集まるからと。



その間数カ月、僕と君とでみっちり稽古してきたから、しっかりとした身体バランスも出来てきたし、声も少しずつ大きく出せるようになりましたね。



ほら、僕が約束した通り、トモダチ増えたでしょ。



僕の先生もね、約束した通り必ずやり遂げてお手本になる人なんですよ。



さあ、こんどは年中、年長さんのトモダチができますよ。



君はホントに運動もバツグンだし、


素晴らしい上達だし、


みんなのお手本になるお姉ちゃんでいてくださいね。』


{AFA62888-36FD-4529-B0B5-C79AEE97199E}



 

キッズクラス

 

女性限定のライトクラス

 

本格的に学ぶスタンダードクラス

 

 

 

 

 

どくしゃになってね!

AD