Y社長の釣士道日記Part2

祝・復活!?「Y社長の釣士道日記」が帰ってまいりました!釣りに関する超マニアックネタや、釣士道の日常などなど、ディープな話題満載でお届け致します。


テーマ:

皆さんこんにちは!3月に入りチヌ師も動きだしたようで、相も変わらず忙しくしております。毎年この時期はグレとチヌが重なるシーズンなので結構大変です。

 

さて、先日の事なんですが、あるお店にお伺いしたところ.....

 

「釣士道さんのウキをもう少し増やしたいのですが、どんなところ増やしたらいいですか?」

 

と、聞かれました。

 

ハッキリ言って、私はこの質問に回答するのが一番の苦手業務なんです(笑)

 

釣士道の考え方は、

 

グレでもチヌでもどんな海でも、どんな磯でも考え方は同じです。

 

当然のことながら、あくまでも私自身の考え方です。想像の世界でやっているフカセ釣りというのは、人それぞれ考え方が違うわけであり、考え方が違うのも当たり前な話です。

 

いろんな釣り人がいて、価値観も違います。

 

同じ場所に毎週行くのも楽しいし、いつもの渡船屋さんとお話しするのも楽しいでしょう。

 

逆に、トーナメントに専念して、競技を楽しむことも楽しいでしょう。

 

いろんな楽しみ方がある中で、共通してる部分は「遊び」ということです。

グレとチヌを釣って生計を立ててる人は、いないと思いますし、いても日本中で数名じゃないでしょうか?

 

私はこの考え方が基本にありますので、私自身、釣士道を楽しんでるわけです。少し話は横道にそれてしまいましたが、釣具屋さんのスタッフに私はこう答えてます。

 

「それでは、Bというウキと3Bというウキの違いはどう考えてますか?」

 

「同じ浮力でサイズの違いは、どう考えてますか?」

 

 

など、こちらから質問します。

 

ほとんどの回答は、

 

「風が強い時や遠投しなければいけない時は大きなサイズですか?」

 

「深く沈めたいときは浮力の大きなウキですね?」

 

などです。

 

この回答は、私の中では.....

 

???????

 

です。

 

ウキとは、もっと大切な役目を担っていると思います。安定したナチュラルテンションを、釣り人側が意図的に作り出す道具だと私は考えています。

 

釣り人ができることは、

 

「穂先からウキまでのライン管理」

 

これしかできない事をもっと考えるべき!と、思ってるのが釣士道です。

 

ウキから刺し餌までの、

 

「バランスとセッティング」

 

3点の釣りは仕掛けが、プラステンションになり、2点の釣りでは仕掛けがマイナステンションになるという考え方です。

 

今日はここまで(笑)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんお久しぶりすぎます。ブログの更新は11月からしてませんでした(笑)
とにかく!とにかく!12月からむちゃくちゃな忙しさでした。
釣士道は2人しかいないのに.....
 
さて、新製品の紹介です。
 
トーナメントの全国大会に出るのは運!出たら勝つ!
 
そんなキャッチで誕生したのは、紅水のWinシリーズです。
今回先にリリースされるのは、紅水兄弟の次男、紅水競技Winです。
 
 
このウキの特徴は、短時間で勝負をかける事ができるウキです。
 
釣士道理論に基づき、初代の紅水からの4代目になります。
 
大きく改善されているところは、オモリの位置とパイプです。
 
パイプは、前作までの、入口2mm、中3mm、出口2mmから、入口2,7mm、中3mm、出口1,4mm、出口は逆テーパーでロック可能に改善されています。
 
半遊動、全遊動、半遊動沈めすべてに瞬時で対応できるウキになりました。
 
ウキ止めはこんな感じにしてください。ナイロンの1号~1,5号がベストです。上下方向にヒゲを1mm程度出す感じです。
 
紺水のウキ止めを併用するときは、このウキ止めを穂先側にセットしてください。全遊動で使用するときは、このウキ止めを直結部分もしくは、マーカー部分まで下げればOKです。
 
そうすることにより
 
上下Wロックシステムの完成です。
 
 
下方向のロック
 
 
上方向のロック
 
大事なことは、軽い仕掛けの安定を重視していることです。
 
紅水Winシリーズは、
 
「ウキ止めが必要とされる状況、ウキ止めが不必要とされる状況」
 
この2つの状況を釣り人に教えてくれるウキなのです。
 
今週リリースされます。このウキの基本浮力は
 
0up、01が一番わかりやすいと思います。まずはこの2つの浮力から初めてください。
 
ガン玉を打つのは、直結部にG7~G2
 
水面の状況、横風の状況で調整してください。
 
兄弟の長男、遠投紅水Winは3月半ば、3男の紅水Jr-Winは4月の予定です。
 
とにかく面白いウキです。よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

皆さんこんにちは!

磯シーズンに入り、なかなか時間がとれなくてブログの更新ができません。

いろいろ書きたいことが多いのですが。

 

私は、今シーズンにはいり大分県の米水津、三重県の新鹿、静岡県は伊豆の神子元島、そして和歌山県の見老津に行ってきました。

 

今のところ4打数4安打(笑)です.....

 

釣りのスタイルはそれぞれ違いますが、私には私のスタイルがあります。

 

仕事とはいえ、今シーズンだけでも4カ所それぞれ違う場所ですね〰。

 

若いころ元気な時、体力があるときは、全国いろいろ釣り歩きました。

 

そして40歳からこの仕事をして、さらに全国を飛び回る状態になりました。

 

昔から、どこへ行っても結局海は一緒やな~。に、なりました(笑)

 

魚種にとっても同じ考えです。口太、尾長、チヌ!

 

自分のスタイルは同じです。

 

よく、チヌ用のウキ!とか、ここのグレはこんな感じや!

 

という方もおられますが、私はそうは思いません。

 

写真のウキのように、かたや18gのウキ、かたや6gのウキ。

 

 

釣士道のウキは種類豊富です(笑)

 

釣り人のウキに対しての考え方が、浮力、大きさ、形状をセレクトします。

 

大事なことは、セレクト、チョイスする理由があるかないかです。

 

ここの海は、こんな感じや!

 

この磯は、こんなウキや!

 

の、考え方ではちょっとしんどい部分があると感じます。

 

同じ場所、同じ磯でも、状況はいつも違います。

 

小さな磯でも、立ち位置だけでも状況は違います。

 

何を感じて、どのウキを選ぶか?

 

それが大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。