1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年06月30日(木)
テーマ:.

花岡より談合 & コンフェデ杯最終結果

6月29日の夕刊で、「花岡事件」を取り上げたのはA紙以外少なかったようです。やはりこの日の夕刊は、橋梁談合事件の活字が躍っていました。おっと、固い話はこのくらいにしておきましょう。 http://members.jcom.home.ne.jp/wcup/ConfederationsCup2005.htm コンフェデ杯の最終結果の出る時がきました。三位決定戦は、ドイツxメキシコ。予想スタメンは次のとおりです。ドイツ:GKカーン、DFフート、ヒンケル、メルテザッカー、シュナイダー、MFバラック、フリンクス、シュバインシュタイガー、ダイスラー、FWハンケ、ボドルスキー。メキシコ:GKサンチェス、DFサルシド、オソリオ、メンデス、MFルイス・ぺレス、ビネダ、ジーニャ、パルド、モラレス、FWボルへッティ、ホンセカ。前半37分ボドルスキーのゴール。前半40分フォンセカのゴール。前半40分シュバインシュタイガーのゴール。前半ドイツ2-1メキシコ。後半メキシコはロドリゲスを投入。後半9分ハンケがレッドカード退場。これは痛い、ドイツは一人少なくて戦わざるを得ず。後半12分メキシコはメディーナ投入。後半13分ボルへティが同点ゴール。ドイツは後半21分アサモア投入。さらにドイツは後半27分クラニーを投入。後半32分フート代表初めての勝ち越しゴール。メキシコは後半34分ルーゴを投入。ドイツ後半36分ボルヘッティに代えてエルンストを投入。頑張るメキシコ後半40分ボルへティが同点ゴール。3-3で延長戦突入。どうしたカーン、また3失点、が圧巻は延長前半7分バラックが5枚の壁を超えて直接FKゴールで延長前半終了。このままドイツは延長後半を逃げ切り一人少ないままでも辛勝。開催国ドイツは三位決定。しかし決勝戦としてもおかしくない試合でした。         決勝戦は、アルゼンチンxブラジル。予想スタメンは次のとおりです。アルゼンチン:GKルクス、DFブラセンテ、コロッチーニ、エインセ、MFカンビアッソ、サネッティ、べルナルディ、リケルメ、ソリン、FWデルガド、フィゲロア。ブラジル:GKジダ、DFジルべルト、ロッキ・ジュニオール、ルシオ、シシーニョ、MFゼ・ロべルト、エメルソン、ロナウジーニョ、カカ、FWアドリアーノ、ロビーニョ。 前半11分アドリアーノのゴール。前半15分カカのゴール。後半2分のロナウジーニョのゴール。後半18分のアドリアーノの駄目押しゴール。これに対しアルゼンチンは後半11分に投入した20分のアイマールのへディングゴールで必死に追い上げましたがこのままブラジルは逃げ切りました。    ドイツ(三位)4-3メキシコ ブラジル(優勝)4-1アルゼンチン(準優勝)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「.」 の記事
2005年06月29日(水)
テーマ:.

宇宙戦争 & ワールドユース決勝戦 アルゼンチン対ナイジェリア

http://www.uchu-sensou.jp/top.html やはり今日は、「宇宙戦争」でしょう。先日も申し上げたとおり、ルーカスとの対決の作品。1977年(日本では1978年)のルーカスの「スター・ウォーズ エピソード4」に対して、スピルバークは「未知との遭遇」で話題となりました。前者が「スター・ウォーズ」をライフワークとしたのに対して、後者は「E.T.」をはじめ、さまざまなジャンルを手がけている点が異なります。今回は、まさに1977年の宇宙対決を彷彿するような状況です。6月29日に世界同日上映でも有名ですが、オールナイト0時上映で既に観た人もいることと思います。どんな映像か気になる作品でもあり、トム・クルーズの演技も興味深いものがあります。「SW EP3」と比較してみたいものです。 ウインブルドン準準決勝:第一セット シャラポワ7-6ぺトロワ (タイブレーク8-6) 第二セット シャラポワ6-3ぺトロワ ネットインさえも味方にする、ディフェンディングチャンピオン、シャラポワはべスト4進出。 話が変わって、1バレル60ドル超になった原油(WTI)も、ついにこの日のニューヨーク市場で、2ドル超の急落。とうとう調整が入りました。勿論、原油が下がれば、ダウ、ナスダックの株価指数は定石どおり反発。 なおFIFAが発表した、コンフェデ杯一次リーグ敗退国の選手のうち惜しい選手のべスト3の中に、日本選手が二人も入りました。一位:中村、三位:大黒。 ワールドユース準決勝 アルゼンチン2-1ブラジル  ナイジェリア3-0モロッコ 決勝戦は アルゼンチンvs ナイジェリア
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年06月28日(火)
テーマ:.

こんなのナイジェリア 12人の超サドンデスPK戦

 ワールドユース準準決勝(6月25日)で、ナイジェリアが開催国オランダを、壮絶PK戦の末、破って準決勝進出。延長戦も含め、1-1 でPK戦に突入。PK戦は、4人目でXX、6人目でXX、12人目でXO (オランダxナイジェリア)となって、超サドンデスPK戦の結果は、ナイジェリアに勝利の女神が微笑みました。日本時間29日0:30にブラジルxアルゼンチン、3:30にモロッコxナイジェリアの準決勝戦。決勝戦は7月3日3:00.  ナイジェリア10-9オランダ(PK戦) (あくまで個人的見解)コンフェデ杯とワールドユースのブラジルダブル優勝の可能性大。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年06月27日(月)
テーマ:.

.

.


.


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年06月27日(月)
テーマ:.

コンフェデ杯準決勝 アルゼンチン vs. メキシコ

http://members.jcom.home.ne.jp/wcup/ConfederationsCup2005.htm 予想スタメンは次のとおりです。アルゼンチン:GKルクス、DFサネッティ、コロッチーニ、ミリト、エインセ、MFカンビアッソ、リケルメ、ソリン、サンタナ、FWサビオラ、、フィゲロア。メキシコ:GKサンチェス、DFサルシド、マルケス、オソリオ、メンデス、MFピネダ、パルド、モラレス、シーニャ、ロサーノ、FWポルへッティ。メキシコは、連続無敗記録を伸ばそうとする時に、主将マルケスの復帰が大きい一方、薬物使用疑惑で追放の2人の穴も小さくありません。個人的には、昨年のオリンピックメンバーの多いアルゼンチンを応援したいのですが、前半0-0. 後半11分、メキシコはぺレスを投入。 後半21分、アルゼンチンはロドリゲスを投入。後半27分、メキシコのモラレスが流血のため、メディーデス交代。後半31分、アルゼンチンはパブロアを投入。 後半44分サビオラにレッドカード退場。 後半47分リケルメが退場。双方10人となって、0-0で延長戦突入。 延長前半3分、メキシコがトラードを投入。延長前半14分、サルシドがゴール。 延長後半5分フィゲロアが同点ゴール。 アルゼンチンはガレッティを後半10分に投入。延長戦1-1 でPK戦に。PK戦もサドンデスで6人目オソリオが外して、アルゼンチン勝利 PK戦:アルゼンチン6-5メキシコ  6月29日深夜、3位決定戦(ドイツxメキシコ)、決勝戦(ブラジルxアルゼンチン)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年06月26日(日)
テーマ:.

コンフェデ杯準決勝 ドイツ vs. ブラジル

http://members.jcom.home.ne.jp/wcup/ConfederationsCup2005.htm ドイツGKが、今回オリバー・カーンではありません。 事前のおおかたの予想は、ドイツ有利と思います。ドイツは休養充分です。ブラジルは疲労困憊の様子です(休養がドイツが中3日、ブラジルが中2日)がどうでしょう。実際は、ドイツのMF:フリングスに代わりエルンスト、ブラジルDF:シシーニョに代わりマイコン。前半16分、アドリアーノが先取、前半20分、ポドルスキーで前半20分に追いつくも、前半41分、フートがPKを取られてロナウジーニョが決めたすぐ後、今度はPKをバラックが決めて前半2-2、同点。前半をみる限り双方互角の戦い。 ブラジルは後半から、マイコンに代わりシシーニョ投入。後半15分、ドイツはクラニーに代わりアサモア投入。後半31分、アドリアーノがゴールで再度勝ち越しゴール。後半38分、FWのハンケを投入。後半42分、ドイツはボロフスキーを、ブラジルはバプティスタを投入。おおかたの予想に反して、ブラジルが決勝進出。若手中心のホスト国ドイツは、ホームで敗退。結局後半31分のアドリアーノのゴールが決勝点。先日ブラジルと引き分けた日本の強さも充分理解できました。ブラジル3-2ドイツ 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年06月25日(土)
テーマ:.

スター・ウォーズ  エピソード3 / シスの「復習」

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐  先々行上映が、6月25日にありますので、早速観に行きます。但し、かなり「予習」してしまって、ネタも相当知っておりますので、「復習」のつもりでのぞみます。ジェダイにとって命の次に大切なライトセーバーは持って行きません(あたりまえだ!)。 何故エピソード1の最後に、パルパティーンがアップになったのかも「予習」済です。 モスクワの人から、日本でもR2-D2が「ひゃっほー」と言うのか宿題が出ております。みなさんは、どう考えますか。 鑑賞後の寸評:全米で、PG13指定(13歳以下は保護者同伴が望ましい)の理由も納得できました。それに6月20日までの全米興行収入が3億4927万ドルに達していることもうなづけます(SW エピソード3)。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年06月23日(木)
テーマ:.

コンフェデ杯対ブラジルに「ケルンの奇跡」はならず

ついにコンフェデ杯、日本にとっての超難関の試練となった、対ブラジル戦。先日のブラジルの対メキシコ戦では、GKジダ(日本戦ではマルコス)、DFシシーニョ、ルッシオ、ロッキ・ジュニオール(日本戦ではジュアン)、ジウべルト・シルバ、MFエメルソン(日本戦ではレオ)、ゼ・ロべルト、カカー、ロナウジーニョ、FWロビーニョ、アドリアーノが先発だったが、バレイラ監督も先刻、日本戦では、疲労困憊の選手がいるため、先発を3、4人代えざるを得ないと言っていた。実際に先発は若干変更。ねらい目は、ルッシオとロッキ・ジュニオール(日本戦ではジュアン)の後ろ両サイドに果敢に攻めることが肝要であった。 「マイアミの奇跡」ならぬ「ケルンの奇跡」をおこすには、ここがポイントであった。前半10分、ロビーニョ、32分、ロナウジーニョのゴールに対して、前半27分、中村が得意の左足でゴール。後半、大黒、中田浩二、鈴木を投入。後半43分、大黒がゴール。 「マイアミの奇跡」では28本のシュートをセーブしたというGK川口も、この日はブラジルに2得点を許してしまった。世界王者の壁を超えることは、充分可能ではあったが。この貴重な経験は、来年のドイツワールドカップに活かしていけると思う。 ブラジル2-2日本 (引き分けで勝ち点ともに4だが、得失点差がブラジルに2及ばぬため準決勝進出ならず)
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年06月22日(水)
テーマ:.

対モロッコ戦は善戦するも惜敗、明日の対ブラジル戦はマイアミの奇跡の再来なるか

U-20によるワールドユース・モロッコ戦は善戦するも、後半終了間際、ロスタイムで失点して惜敗。べスト8入りならず。この試合を通じて、一勝もできなかったのは、今後の課題であろう。一方、明日の対ブラジル戦の日本代表は、1996年アトランタオリンピックで、日本がブラジルを破った「マイアミの奇跡」の再来なるか。ジーコ監督は、母国との初対戦で心中穏やかではないと察するが、今は日本代表監督の気持ちと、決意を語った。ジーコ監督以外では、日本A代表は対ブラジルで、一分け5敗。唯一オリンピック代表が、「マイアミの奇跡」で勝ったのみ。ブラジルのサイドバックは、後ろを取られやすい傾向があるので、そこをうまく突けば、日本側に有利な展開となりそうである。 「マイアミの奇跡」ならぬ「ケルンの奇跡」となるか。いや、もはや現在の日本代表の実力をもってすれば、奇跡とは言えないであろう。 日本中が勝利を期待している気持ちは、ジーコジャパンにも充分届いていることは確実である。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年06月21日(火)
テーマ:.

スタープラチナ・ザ・ワールド

昨日、走っている自動車と接触してしまいました。ほんの擦り傷ですみました。一昔前には、バスに轢かれそうになった時、「スタープラチナ・ザ・ワールド」で助かったものでしたが(冗談ですよ)。 ワールドといえば、ワールドユースですが、これは、日本時間22日深夜3:30でいいのですね。一方コンフェデ杯は、日本時間23日深夜3:45でいいのですね。若年性認知症(?)のためか、覚えが悪いので、もしも間違っていたらば、コメントに書き込んで下さいませ。とにかくどちらも勝たねばなりません。深夜にもなれつつありますので、頑張って応援します。http://www.capcom.co.jp/newproducts/arcade/jojo-m/
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。