映画いろいろベスト10 + 似顔絵

まったくの独断で選んだ映画10作品。
ペイントでの似顔絵もやっています。


テーマ:

レオナルド・ディカプリオ 出演映画 ベスト10

 

いよいよこの大スターの登場です。

説明の必要はありませんね。

 

1 ブラッド・ダイヤモンド

重いメッセージの込められた濃密な社会派ドラマとして、見応えのある一級の娯楽サスペンスとして、双方を両立させた実に力のある作品です。社会派映画としては、アフリカが長い間抱えている問題点をわかり易く浮き彫りにさせ、観ている者にも強く訴えかけてきます。我々に問題をただ認識させるだけではなく、あなた自身の問題でもあるのですよと、答えを迫ってくるのです。ダイヤの密輸を生業にする主人公がディカプリオ。

 ブラッドダイヤモンド

 

2 タイタニック

ディカプリオを世界的なスターに押し上げた作品で、日本での歴代興行収入ランキングでも洋画のナンバーワンに君臨し続けるお化けムービー。パニック映画とラブストーリーを融合させ、盛り上がりを最高潮に持っていく演出も絶妙。さこに音楽が加わり、3時間を超える長さを感じさせないほど、観る者を夢中にさせてくれます。

タイタニック 

 

3 レヴェナント 蘇えりし者

瀕死の重傷の主人公がなんとか復讐を果たそうとする一念から必死で生き残ろうとする姿がとにかく生々しくリアルです。生肉を食いちぎったり、怪我の体に熱い鉄のようなものを押し付けたり、馬の内臓を取り出してその中に入り込んで寒さをしのいだり、歩けない体で川を泳いだり…。口の周りや体を土まみれで熱演するディカプリオの姿は、まさにオスカーに値する体を張った挑戦でした。

 

 

4 ワールド・オブ・ライズ

ディカプリオの独壇場ですね。痛々しいシーンには思わず目を背けたくもなりましたが、その部分も含めて、男らしさを存分にアピールできた作品、リドリー・スコットの演出も冴えていたのではないでしょうか。かっこよかったです。

ワールドオブライズ 

 

5 ウルフ・オブ・ウォールストリート

上映時間も含めてボリューム感いっぱいの熱のこもった作品で、作り手、演じ手、そしてベルフォートという人物のエネルギーがビシビシと伝わってきました。特にディカプリオは大熱演で、力がはいっていましたね。

 

 

6 ディパーテッド

大傑作「インファナル・アフェア」のリメイクということで、お手並み拝見という感じで観たのですが、まずは健闘といっていいでしょう。もちろんオリジナル作を観ていたことで、そのときに感じたワクワク・ドキドキが薄れてしまうのは仕方ないところですが、この作品から観たとしたら、かなり楽しめる内容にはなっていたと思います。きちんと白黒つけるところはいかにもアメリカ的でもありました。

 

 

7 J・エドガー

日本の一般人にとってはあまりなじみのない人物ではありますので、こうして映画で観て初めて知ることが多いです。強引な捜査、権力に物を言わせた言動や部下の選別、気に食わない相手への異常なほどの攻撃性、信頼する部下との愛情に近い異常な関係…ととにかくスキャンダラスな内容にびっくり。

 

 

8 仮面の男

双子の国王(もちろんディカプリオ)というありがちな設定ながら、ついつい物語にひきこまれていました。四銃士の固い絆を中心に、男の格好良さが上手に出ています。良くも悪くもアイドル映画的な要素が感じられる作品ではあります。

 

 

9 バスケットボール・ダイアリーズ

アイドル映画によくありがちな若者の無軌道を描いた作品ですが、若いころのディカプリオの繊細さが演技にも表現された作品になっています。親友の死から深みにはまっていき修正がきかなくなる主人公、悪友たちが取り返しのつかないところまで行き着いてしまい、母親からも見放されたことで、なんとか更生のきっかけをつかむところで安心といったところです。

バスケットボールダイアリーズ 

 

10 ボーイズ・ライフ

デニ-ロの悪役に徹した演技がこの作品を引っ張り、彼の威圧的な態度により精神的に追いこまれて行く母と息子の閉塞感が苦しいくらいに伝わってきます。最後に耐えきれなくなって爆発するシーンまでの心理的な揺れにリアリティを持たせている。若きディカプリオも繊細な思春期の心の揺れを表情でうまく表していて、才能の片りんを見せています。

ボーイズライフ 

 

11 シャッターアイランド

12 インセプション

13 レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで

14 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

15 華麗なるギャツビー

16 ザ・ビーチ

17 クイック&デッド

18 ジャンゴ 繋がれざる者

19 ギルバート・グレイプ

20 アビエイター

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

アルフレッド・モリーナ 出演映画 ベスト10

 

あまり目立つことの少ない、どちらかというと渋い存在感の俳優さんですが、

コンスタントにさまざまな作品に出続けているという意味では、

その実力は多くに認められるということになるでしょう。

 

 

1 知らなすぎた男

とにかく大爆笑でした。本物の殺し屋と芝居の殺しごっことの指示を受け違えたばかりに、陰謀に巻きこまれながら、最後まで気づかない展開は、かなりしっかりと作られている。最後までそれを通しきったのは見事。ビル・マーレイのコサックダンスが印象的。その主人公の命を狙う諜報員がモリーナ。

 

 

2 17歳の肖像

初めて見る大人の世界に浮き足立ち、無意識のうちに背伸びをしているうちに、それだけで自分が大人になったような錯覚に陥り、堅実に生きている家族や教師、友人たちがすべてかっこ悪く見えてしまう。程度の差こそあれ、どの時代のどの国のティーンにもつきものの永遠のテーマといえるかもしれません。アルフレッド・モリーナはヒロインの父親役。

 

 

3 スパイダーマン2

今作では特に正体を明かせないスパイダーマンの苦悩を中心に描かれていて、ドラマ的要素も盛り込まれているのが共感を呼びます。さらにそれを知った恋人や親友の心もまた興味深く、エンタテイメント性とドラマ性を兼ね備えた作品に。モリーナは優秀な科学者の役。

 

 

4 “アイデンティティー” 

最初はよくある密室殺人事件かと思いきや、途中からどうやら人間の仕業ではなさそうだと気付く。ところがそれも違い、実はすべて同一人物の心の中だったという意表をつく展開。短い時間であっという間にラストまで持っていく力技にやられたという感じ。アルフレッド・モリーナは医師役。

 

 

5 ショコラ

フランスの小さな村にやって来た母娘が開いたショコラ店が引き起こす奇蹟を描いたファンタジー。悪くいうと説教臭いところはありますが、豪華キャストが揃い、不思議な華を感じる作品に。アルフレッド・モリーナはこの村のガンともいえる考えの古い伯爵役。

 

 

6 ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男

伝記をでっち上げて書き上げた作家と相棒(アルフレッド・モリーナ)。しかし結局は利用されていたことに気づくわけで、金と力の持つ者には叶わないのか。実話としてはなかなか興味深いものでした。

 

 

7 プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

娯楽に徹した「アドベンチャー・SFファンタジー・アクション・ロマンス時代劇」ということで、とにかく盛り沢山でしたね。映像面でスケール感を前面に打ち出しながら、一方でドラマとして欲望や裏切りなど人間の浅はかさもきっちりと入れ込んだ映画でした。アルフレッド・モリーナは砂漠の悪徳商人を演じています。

 

 

8 タブロイド

なんともやるせないラストです。事件解決のために証言するよりも、スクープとして自分たちの手柄を選んだタブロイド番組のリポーターが見舞われる皮肉な結果を描いています。報道に携わるものの良心を痛烈に皮肉ると同時に、今の報道のあり方について問題提起をもしています。TV番組のホスト役でアルフレッド・モリーナは出演。

 

 

9 スピーシーズ 種の起源

ちょっと悪趣味なところが、逆に面白い。SFの形を借りた体の良いエロティック映画ともとれる。最後はアクション映画的な結末。ある分野で権威のある学者をモリーナが演じています。

 

 

10 魅せられて四月

繊細で優しいムードに包まれた味わいのあるドラマです。大きな事件があるわけではないですが、冴えない日々を送る主婦にとっては大きな冒険でかつ価値ある体験の意味が伝わってきました。ゆったりした気分で観られるのは、女優たちの演技によるところも大きいでしょう。その中の一人の夫婦なのがモリーナ。

 

 

11 シークレット・アイズ

12 ダ・ヴィンチ・コード

13  テンペスト

14 魔法使いの弟子

15 マーヴェリック

16 ミッシングID

17  レイダース 失われたアーク《聖櫃》

18  人生は小説より奇なり

19 フリーダ

20 アンナ・カレーニナ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

トム・ベレンジャー 出演映画 ベスト10

 

戦争映画やアクション映画に多く出演しているイメージの俳優さんです。

 

1 メジャーリーグ

そのものずばりのタイトルだけに、米国の野球映画の代表格的な作品となっています。チャーリー・シーン演じる荒れ球のルーキーピッチャーを操るキャッチャーをトム・ベレンジャーが演じています。スポーツ・コメディの王道をゆく野球を知らなくても誰もが楽しめる映画でしょう。

 

2 影なき男

黒人捜査官と山岳ガイド(トム・ベレンジャー)の山岳サスペンスは熊や滑落など自然の脅威と、追う側と追われる側のスリリングな追想劇、軽々しく人を殺していく殺人犯の異常さも手伝って、スリリングな追想劇になっています。

 

 

3 トレーニングデイ

デンゼル・ワシントンだけに成り立つ作品。どこかで、本当はいい人の顔を覗かせるのではないかと思っているうちに、最後まで悪人で走り通してしまいました。展開が予想できず、興味を弾かれたのもそういった理由によるところが大きいでしょう。トム・ベレンジャーは検事を演じます。

 

 

4 ファースター 怒りの銃弾

単純な復讐映画ではありますが、ドウェイン・ジョンソンの圧倒的存在感が、そこに別の意味を持たせているように感じてしまいます。ビリー・ボブ・ソーントンの胡散臭い刑事がスパイスになっていて、さらに映像的にも色に工夫を加え、なかなか見応えのあるものになっていました。トム・ベレンジャーは刑務所長役。

 

 

5 プラトーン

ベトナム戦争のリアリティを追求した映像、戦争の悲惨さ・非情さ・厳しさ、そういったものが伝わってくる戦争映画。オリヴァー・ストーン渾身の一作。トム・べレンジャーが隊長役で出演。1と同じくチャーリー・シーンと共演。

 

 

6 インセプション

新しいアイディアをひねり出すことに果敢に挑戦する意気というものを十分に感じることができた力作。かなり理屈っぽくなってしまったので、スピード感を持って展開していく中では、なかなかついていくのが大変です。置いてきぼりを食らわないようについていくのに必死でした。ただそれでもぐいぐいと引き込んでくる力はさすがのもので、終盤に行くに従って観ている側の集中度もどんどんと高められていきました。今は亡きピート・ポスルスウェイトの側近役でベレンジャーは出てきます。

 

 

7 ブレーキ

誘拐されたシークレットサービスの男が閉じ込められたのは車のトランク。密室で動きの全くない空間、電話の会話と周りの音声だけで飽きさせずに引っ張る力がある作サスペンス・アクションで、まずまず面白かったです。しかし助かったと思ったのも束の間、最後の不条理な終わり方が気になったままでした。

 

 

8 コンフェション

なかなか答えが分からないミステリーにわくわくしながら観進めましたが、最後の部分のあっけなさは減点。説明が不足し、法廷で無罪を勝ち取るまでの過程がいまひとつ理解できなかったところはあります。ベレンジャーは刑事役。

 

 

9 プラスティック・ナイトメア 仮面の情事

記憶をなくした男が知った真実は、実は別人の顔となった妻の浮気。さらに自分の命が狙われていることを知ります。ところが事態は一筋縄ではいかず、複雑な構造が明らかになっていきます。一気に謎が明かされる最後まで、興味を引っ張ってくれます。トム・ベレンジャー主演。

 

 

10 74日に生まれて

ベトナム戦争というものを負傷帰還兵の目線を通して描いた反戦映画。5と同様にこちらもオリヴァー・ストーン監督作。視点を変えてベトナム反戦を訴えているわけですが、やや演出が鼻につくところもありました。トム・ベレンジャーは海兵隊の隊長役。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヴインセント・ギャロ 出演映画 ベスト10

 

ひげ面で乱れた長髪、

ちょっと変わった俳優という印象です。

一時ちょっとしたブームになりましたが、

一時だけでしたね。

 

1 GO!GO!L.A.

英国の片田舎からロサンゼルスにやって来た平凡な青年が女優の卵に恋してしまうというラブ・コメディです。ロサンゼルスの陽気な空気感が、ライトな恋愛事情によくマッチして、どこかおしゃれな雰囲気を醸し出しています。笑いもあって最後はハッピーエンド。キュートで楽しい作品となっています。ロスで会うギタリストの役でヴィンセント・ギャロは出演。

GO!GO!LA 

 

2 バッファロ’66

冒頭で記した一時的なギャロブームのまさにきっかけとなったのがこの作品です。ヴィンセント・ギャロ演じる出資よしたばかりの冴えない青年と、不思議な雰囲気を持つクリスティーナ・リッチ演じるダンス教室の女の子殿キュートで不器用な恋愛を描いた作品で、公開当時かなり話題になりました。

 

 

3 グッドフェロ

この主人公は、決してマフィアの大物ではないし、刑務所暮らしをすることもあるのですが、世渡りが上手く、一番自分が得するほうへ常に頭を使い、最後まで命を狙われることもなく過ごす。そんなマフィアの中で生きていくための要領を備えた男をレイ・リオッタが渋く演じています。終盤の展開は目まぐるしく、マーティン・スコセッシらしい男のドラマになっています。ほぼ無名のギャロがちらっと出ています。

 

 

4 ガゴイル

極力セリフを廃してスタイリッシュな映像で見せて行くストーリー。ヴィンセント・ギャロが出る映画は一筋縄ではいきませんが、こちらも独特のムードを漂わす旧家着くムービーです。結局は自分の病的な衝動がゆえに愛する妻を素直に抱けない苦悩を「純愛」と捉えて見せたかったのでしょうか。官能シーンでも敢えて直接的に映像で見せていく手法でより衝撃を強く与える見せ方にはドキドキ。

 

 

5 バスキア

伝記映画です。とにかく顔を出している俳優陣の凄いこと!その中に混じってヴインセント・ギャロも登場。作品自体は淡々と描かれている印象で、繋がりがややスムーズでないところは気になりました。バスキアの俗っぽい感じが表れていました。

 

6 エイジオブイノセンス

ニューヨークの社交界を舞台にした道ならぬ恋を描いた恋愛劇。ダニエル・デイ・ルイス、ミシェル・ファイファー、ウィナノ・ライダーというメインキャストには文芸的な匂いを感じます。ギャロもちょっと出ています。

 

7 ニュク、人たちの2日間

結局みんな好き勝手やっていて、地に足がついていない感じがどうも…。おまけに品がなくて適当。これといったストーリーがあるわけでなく、1組のカップルと一方の親族たちが集まった2日間の様子を切り取っただけなので、キャラクターが魅力的で、しかもよほど機知に富んだ楽しい会話が繰り広げられないと、ちょっと辛いかな…。まあ、これが1つのファッションなのかもしれませんが。

 

 

8 フュネラル 流血の街

マフィア三兄弟の末弟(ヴィンセント・ギャロ)が殺された。その犯人探しを中心に展開するのですが、最後はクリス・ペン演じる次男の衝撃的だけれどもあっけない結末。良くも悪くも王道的なギャング映画です。

 

 

9 アリゾナドリ

ジョニー・デップ主演のドラマです。3人の女性をめぐる関係がすっきりと理解できないし、状況自体が難解ではあります。ヴィンセント・ギャロは主人公の叔父の使いでやって来た男で、この作品では中心キャラクターのひとり。

 

 

10 人類資金

なんと阪本順治監督の日本映画にも出演しています。ただ阪本監督としては意味不明で奇天烈な作品。名前に頼ったキャスティングもミスキャストが多く、しっくり来ません。香取慎吾だけでなく、神出鬼没にスピード感も距離感も関係なく突然現れる登場人物達の摩訶不思議。ユ・ジテもヴィンセント・ギャロも無駄遣い。

 

 

最下位 ブラウンバニ

ヴィンセント・ギャロが監督&主演を務めた、まさに好き放題やっている自己満足作品ですが『バッファロー’66』で上がった運気をすべてご破算にしてしまったようなトンでも映画です。相手役のクロエ・セヴィニーも当時とんでもない言われ方をしてしまいました。実際には直接ではないと後に答えてはいるようですが、こんなの見せて何を示したかったのか…

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ポール・ベタニー 出演映画 ベスト10

 

どこかねじまがったような一癖ある役柄がピタリとはまる

英国の個性派俳優をとりあげます。

独特な空気感を持っていて、結構好きな俳優さんの一人です。

 

1 ROCK YOU!

時代劇に現代音楽を使って、映画自体がスポーティ・ポップな感覚のコスチューム劇に仕上がっています。平民が貴族にのし上がって行くサクセスストーリーに、ライバルとの争いやロマンス、友情に親子ドラマもからめて、分かりやすい構図。仲間のキャラクターや掛合いもコミカルで、見ていて飽きさせません。物語の語り手となる詩人役でポール・ベタニーは出演。

 

 

2 スカートの翼ひろげて

戦争という時代背景もあって、3人の女性の青春がノスタルジックに描かれている戦時下の青春映画です。戦争中といってもそこは若い女の子、働き手として駆り出された農場でも、結局は恋愛と結婚の話がすべてになってしまうのですね。その中の一人の恋人役としてポール・ベタニーは出てきます。

 

 

3 ドッグヴィル

とにかく、床と線と小道具だけで3時間という長さを感じさせない作品にしてしまうトリアーの力強さには感服する。内容はこれまでの彼の作品から期待するものを裏切らないどろどろとした人間関係と衝撃的な結末。そして何より主人公の女性を徹底的に苛め抜く「S」的な演出。これを壁も天井もない舞台に線で区切りを書き、文字と小道具と照明ですべてを演出してしまう実験的な作りにも関わらず、それに全く違和感を持たせませんでした。自称物書きの青年役のポール・ベタニー。

 

4 リリィ、はちみつ色の秘密

小さい頃に銃の暴発で母親を失った主人公が成長、10年経って振り返った時、その真実を知るとともに、母親の愛情を確信するヒューマンドラマです。人種差別といった重いテーマも含みながら、人種に関係なく通い合う人の心を暖かく描いた好編になっています。主人公の父親役がポール・ベタニー。

 

 

5 ファイヤーウォール

テーマこそ現代のコンピュータ・セキュリティシステムを扱っているものの、作りとしては正統派のサスペンス映画になっていました。現代社会が抱える問題を折り込み、社会的な部分でのアピールもあり、ハリソン・フォードらしい作品でもあります。強盗グループのリーダーがポール・ベタニー。

 

 

6 マージン・コール

ウォール街を舞台にしたドラマです。前半の息詰まるような緊張感は、成り行きを大いに期待されるもの。しかもキャストがなかなかの豪華さで、ビジネス・サスペンス劇が展開されていくかと思わされましたが、後半やや失速気味。ポール・ベタニーは会社の上司役。

 

 

7 ビューティフル・マインド

アカデミー作品賞を獲得した伝記映画です。一人の変わり者の数学者の幻覚への悩みと妻との関わりを描きながらも、特にその内面の葛藤にスポットを当てています。主人公の友達役でポール・ベタニーは出演。

 

8 ダ・ヴィンチ・コード

サスペンスの展開の合間合間に背景にあるキリスト教に関わる歴史や謎の説明を押し込めているのですが、これにはなかなか難しいものがあります。この作品にとっては非常に重要で骨となる部分であっても、映画にしたときに長々と説明をするのが難しいのは理解できます。ボリュームのある原作を2時間30分に収めるには限界だったかも。不気味な修道僧シラスを演じるのがポール・ベタニー。

 

 

9 マスター・アンド・コマンダー

正当派の男のドラマが描かれている海洋冒険映画。ガラパゴス以外はほとんど狭い船の上を舞台にしており、動きという点では弱いかもしれませんが、カリスマ性を持ち、冷静な判断で部下をまとめる船長をラッセル・クロウが熱演していました。軍医兼学者でポール・ベタニーは出ています。

 

 

10 ヴィクトリア女王~世紀の愛~

いつの時代も王族・皇族のロマンスは大衆の話題になるもので、その中でも理想の二人といわれる二人の成り行きは、ある意味手に届かない夢の世界の御伽噺として観てしまうところがあるのでしょう。立場として妻の方が権力者であるという難しい関係の中で、信頼関係を気づきあげ、周りからも認められるカップルのあり方、実にうらやましい限りです。ポール・ベタニーは首相役。

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。