ふくふくマキ家のホームスクーリング日記。

小2の冬から不登校になった8歳の娘と
ホームスクーリング(ホームエデュケーション)はじめました。

<一年後>
今は、転校して復学中です^^

「あたりまえ」「ふつう」のくらしにある
たくさんの ちいさな愛おしいものたちが宝物。


テーマ:

おひさしぶりです~

すっかり放置していたブログ。。

 

「パスワード忘れちゃった」とか

よく聞いていて、

「それはないやろ~」って

今まで思ってたんですけどね。

 

忘れてましたね。

きれいサッパリ!!笑い泣き

 

パスワードだけならまだしも、

IDまで忘れていて

わざわざ自分のブログを検索しましたよ。。(白目

 

さて。

最近のフーはどうしているかというと

相変わらず「相談室」という名の

スクールカウンセラーさんがいる部屋に

行っています。

 

週2日、相談室が開くのですが

(あ、ほかの日は先生いないけど

入室は自由。)

 

フーはきちんと週2日いっているわけではなく、

まあ、たまに、ですね。

 

「学校という場所に行ってほしいの」というよりも

 

「たまには、ママもひとりで家でのんびりしたいから

ちょっと行ってくんない?真顔

 

という、

母の本音をむきだしにして

行ってもらっている、

という感じが近いかもです。

 

幸い、相談室の先生と気が合うようで

行ったら行ったで

「ミシン習ってきた~♪」とか

「午後は図書室で本読んでた~♪」とか

楽しそうなんでよかったんですが。

 

「ひとりでおうちにいる時間」が

とても必要な私なので

相談室があるのがめっちゃ助かってます。

 

(お子さんがいつも家にいるママさんは

 皆さんどうされているのかしら?)

 

だから、給食は

月に何食しか食べてないけど

給食費も払い続けています。笑

 

あ、こないだ、

やはり学校いかなくなった子のお母さんから

相談されたんだけど、

 

給食費も、計算ドリルとかの教材も

止められるので、

 

「もう学校は行かないな」って場合は

先生に相談してみてくださいね~

 

で、意見がぶつかったり

理解してもらえなかったりすることも

あるかもだけど、

 

「まあ、私の望む形ではないけど

これがあなたの愛なのね。」

 

くらいに

ざっくり流しておくといいと思いますよね~照れ

 

世界はやさしく、味方ばかり。

 

そしたら

そういう世界が見えてくるから照れ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「◎ホームスクーリング」 の記事

テーマ:

「子どもが学校にいかないということ、

 最初からそんなに

 平気だったわけじゃないでしょう?」

 

というようなことを、よく聞かれます。

 

うん。もちろんですニヤニヤ

 

そりゃあそうです。

 

最初は、

もじゃもじゃで真っ黒な

なにかがたくさん絡まった

重たいボールを

投げられたような

気持ちになりました。

 

わー!よくわからないけど、

これ、いやだ!

 

と目をそむけ、

手を放したくなる何か。

 

でも、

「行かなきゃいけないものだから」

って無理やり行かせ続けるのは、

私としては、違うなーと思って。

 

「これ嫌だ!チーン」も、

「でもそれはなんか違う真顔

も、思っちゃったものは

しかたないから、

ひとつひとつ

ほどいてみたんですよね。

(疲れるから少しずつ、軽く、ね。)

 

そうしたら、

自分の親としての評価が

下がるような気がするからだったり

 

人目を気にしているだけだったり、

 

単に自分の時間がとられるのが嫌だったり

めんどくさかったり、

先生に怒られるのがいやだったり、

 

子と一緒にいる時間が長いから

通常より手間がかかる上に

 

「どうするんですか?」

「今のうちに来ないと、

大変なことになりますよ?」

みたいな学校とのやり取りは増えるし

好奇心や心配から

色々聞いてくる人たちだっているし。笑


生活が変わるから

単純に疲れるんですよねー。


もちろん、将来大丈夫?とか

未来の心配もあったり。

 

なんでこうなった?とか

どうしたらいいの?とか。

 

(だって、選択肢はたくさんある。

でも、どれが正解かなどわからない。

し、正解など無い。)

 

まあ、そんなきっと

誰しも思うようなことです。

 

最初に学校にいかなくなった

小2くらいの頃は

もうほんとにフーは

「ぺしゃんこ」という感じで。

 

つらそうでしたねえ。

色々、大変だったんだと思います。

 

ゆっくりして

千葉のホームスクーラーの集まり

アロマスプーン」に参加したり

.(すごーーーくおすすめ!

 先生が作る場の力が素晴らしい。)

 

近所の子と遊んだり

寺子屋的なものに参加したりしている

うちに元気がでて、

転校して復学したわけ。

 

今回学校にいかなくなったのは、

正直なんでかよくわからないけど、

 

もう「なんで?」は

気にならない私になっていたので、

あまり聞いていませんあせる

 

子どもだから

言葉にできないこともあるし、

小5の自分が

お母さんに包み隠さずなんでも

話していたかというと

そういうわけでもなかったし。

(でもお母さんとは仲良し。)

 

もちろん、

学校にいかなくなるの二度目だし

 

「あーあ。転校許可とるの大変だったし、

軌道にのせるのも時間かけたのになあ」

とか

「また行けなくなったとかカッコ悪いなあ」

とか、

最初は少し思ったんですけど。

 

でも、最初の不登校とは

だいぶ違っていたんですよね。

 

フーは成長していて、

以前よりも長く留守番ができたり、

放課後は友だちと遊んでいたり、

前よりも

ずっと私にも自由があったし、

周りの人も協力してくれるし、

自分が通っている

フラやウクレレは

子連れでも行けるし・・・

 

とにかく風通しがよかったんです口笛

 

そんな折、私の

子ども2人のせられるママチャリが

壊れまして。

 

もう子は2人とも自転車乗れるので、

私ひとりの為の、

かわいいピンクの自転車になりました自転車

 

なんとなく

「あ、もうそういう時代に入ったのか。」

と思って。

 

他にも、、

「親離れ子離れ」を感じさせる出来事が

続いたりして。

 

そしてある日。

「ねー、またフー行かないんだって。

どうしたらいいのかなあ。」

と、まーさんにグダグダいう私へ

 

「もうあの子を、

 どうこうするのはやめよう。」

と、まーさんがピシッと言いました。

 

その瞬間、

ふわーっとほどけたんですよね。

 

「ああ、終わった」みたいな。

「もう、いいんだ。」みたいな。

 

フーの範囲にまで

私が越境していたというのも

もちろん気づいたことではあるのだけど、

 

それよりも

「リングにタオル投げ込まれた」感

強かったです。笑

 

「選択肢は与えているわけだし、

無理やりやらせても

絶対にやらない子だということは

もうこの10年でわかっている。」

 

と、まーさん。

 

・・・そして、それからは

全然平気になりました。笑

 

自分はできることはやったし、

後は彼女次第。

 

考えてみれば

私だって

「死にそう→再生」みたいな時期もあったし

もうダメだー!ってときも

ダメじゃなかったし。

(むしろ、そこからがよかった。笑)

 

親のせいにもしたことない。

 

じゃあ、大丈夫だわ。

この子、私より強いし。

なんか、すごいし。笑

 

うん。

好きにおやりなさい。

ママも好きにやるわー!!キラキラ

 

となったのでしたデレデレ

 

参考になるかならないか

わからないけど、

そんな流れで

楽になりましたよっというお話でしたニヒヒ

 

対人関係や外のことって

どうこうしようとするから

大変な気がしちゃうのかもですね。


あと、

子どもってすぐ大きくなるから

定期的に

見直しをかけるというか

あたらしい気持ちで

接するといいのかも花

 

子どもに限ったことではないけど。

 

記憶の中の

「この子ってこういう子なの!」

「これって、こうなの!」ってのは、

あてになりませんな~口笛

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近の我が家ですが、

またもフーが学校に行っておりませんで。

 

昨年度の3学期から

たまにしか行かなくなり。

(本人いわく。

 「暇なんだよね。テストばっかりで。」

 

新年度は、最初の3日だけ

るんるんと行って

その後から

ぱたっと行かなくなりました。

「委員会って、

思ったよりつまらなかった。」

 

フーってほんと、、、

「面白いかどうか」

なんですよねえ・・・真顔

 

で、しばらくは

全く行ってなかったんだけど

 

最近は学校の「相談室」に

行くようになりました。

 

相談室って、同じ県内の人からも

「それって何?」と聞かれたので

公立にみんなあるわけではないのね~

 

相談室は、

専任の先生がいて

クラスにいるのがしんどかったり

疲れたなーってときに

生徒が行く部屋なのですチュー

 

前の学校の相談室は

マンモス校で教室が足りなかったのか

三角形の窓のない小部屋で。。。

 

フーも

「ここは、、いや、かな。」とあせる

(中には「この暗さが落ち着く」

という子もいるそうです)

 

今の学校の相談室は、明るいし

教室半分くらいのほどよい広さで

ちょうどいい感じ!

 

先生も優しくて

(しかも、シンギングボウルに

ご興味があるそうで!)

友だちも来てたりするし、

フーとしては楽しいそうです。

 

うるさかったり

人が多い場所が苦手なので

人が少ないのもいいって。

 

折り紙を教わったり、

算数やったりしているみたいですよ。

 

相談室は一時避難場所であって

クラスに戻れるようにする、という

感じではあるようなのだけど

 

そのときそのときで

きっとなるようになるでしょう・・・照れ

 

私もひとりの時間できて

うれしいし~ドキドキ

 

ただ相談室が

週に2日しかやっていなくてね~

毎日だといいなー!

 

そんな中で

まーさんはPTA会長に就任しまして。

 

うちの父なんかは

「(子が不登校だから)

 辞めなくていいのか!?」と

心配していたそうですが

 

全くそのようなことはなく

 

まーさんも

「俺は、俺が決めたことを

 やるだけだぜっ!キラキラ

 

と、かっこよく言い放ち

会長の挨拶をしたり

会報誌にのせる

写真を撮られたり

近隣の学校の

PTA会長たちと飲みに行ったり

しています。

 

PTA会長さんたちは

皆さんすごく

いい方達ばかりだし、

地域のつながりもできていいよ!

とまーさんは言っていました。

 

学校行ったり行かなかったりだからって

別に隠れることないじゃん?

ふれちゃいけないことでもないし?

と私は思うので

 

まーさんが会長なことで

ますますオープンな感じになって

なんかいいじゃないか、と思ってますニコニコ

 

運動会には

子どもらのみならず

挨拶するまーさんをみるという

お楽しみがふえましたおにぎり

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
コンコン、がちゃ開場
お、お邪魔しま~すとびだすうさぎ2
 
・・・的な気持ちで
自分のブログにログインいたしました。
何か月ぶりでしょうか。。
 
このブログに関した感じの出来事といえば、
ここ数か月の間に
まーさんがPTA会長になる、や
フーが転校してから1年がたったり
フーが10歳になったりしました。
 
で、今また
「学校なんて 
ララーラーラララ ラーラー♪チーン
という感じになってきているフーです。
 
(この歌、今も通じるのだろうか。
 要は、行きたくないモードになる日が
 多いということなのですが。)
 
そういえばだけど、
この人は前から
三学期があまり
好きではなかったような気がする。
 
なぜなら、寒いから。
あと、楽しいイベントが少ないから。
 
・・・うん。
気持ちはわかるけどな真顔
 
あとは、
「同じことを何度もネチネチやるのが嫌」
だそうです。ショックなうさぎ
 
↑これがわかったのは
なぜかというと。
 
昨日、月曜病のフーが
「今日はいかない!
ぜっったいに、いかない!!」
となりまして。
 
ガズさんのウクレレレッスンだったので
しょうがねえな、と、連れていったのですが
 
今までも何度かレッスンに
ついてきているフーが
はじめて
「やってみようかな」となりまして!
 
大人たちにまざって
2時間のレッスンをやりきったら
 
「楽しかった!すっごく楽しかった!
毎回いきたい!!
 
学校の授業も、こんなだったらいいのに!
スパンスパンとテンポよく
いってほしいんだよ!!」
と大興奮でした。
 
(しかし、レッスン中と会場にいる間は
「いえ、私それほどでも真顔
というテンションのフー。)
 
帰宅してフーとウクレレひいてみたら、
それまでできなかった
G7のコードが
できるようになっていたり、

もう、もう、すごい進歩でした!!
 
本人もすごく楽しかった&達成感が
すごかったみたいで、
今朝はすっきりと起きて
「ねむいー」
「かゆいーー」とか
色々いいつつも
さらっと出かけていきました。
 
よどんでいたものが
さあっと流れたような、
すごくいい感じになってましたカナヘイきらきら

今までレッスン「みてるだけ」
だったフーとは
全然ちがいます。

やっぱりさ、
「やってみたから」
楽しい!!ってなったわけよね。

大事なことだねカナヘイうさぎ

 
ウクレレはじめての方に最高な
ガズさんオリジナルソングの
ウクレレのうたukulele☆☆
フーも昨日家で歌いながら弾いてました♪
 
ガズさんのyoutubeがあれば
習いにいくことができなくても
家でウクレレが弾けるようになっちゃうし、
 
「勝手にガズレレ」という自主的に集まって
ウクレレ楽しんでいるグループも
全国にできているので
ウクレレ仲間とつながりやすいですニコニコ
 
楽器もそんなに高価ではないし、
持ち運びも楽!
お子さんでもすぐ弾ける!!
何より、簡単で楽しいー!
 
ホームスクーラーの方にも
すごくいいと思うんですよー!!!
 
夢中で弾いたり歌ったりって
ほんとすっきりするし、楽しいよ~照れ
 

 
あたたかくなったら
みんなで外レレするんだ~お願い
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

すっかりご無沙汰になった

フーの話。

 

小2の冬休み明けから

学校にいかなくなり、

小3の3学期から、

転校してまた学校生活になったフー。

 

そんな彼女が

最近どうしてるかというと・・・・

 

転校先の学校になじみ、

毎日、近所のお友だちと遊んでいます照れ

 

一年前は、まだ学校にいってなくて、

行く気配もなくて、

正直「来年もこうだろうな。

さて。どう楽しもうか。」

と、思っていたのですが。

 

いやー。わからないものですね真顔

 

フーが、復学してからも

しばらくは、

「明日、休む」

「今日は早退する。」

など、波がありました。

 

まあ、そりゃそうだよね~と

それも予想の範囲内だったので

それに付き合いました。

 

でも、「自分の好きなこともしたい!」

ものすごーーーく、思ったニヒヒ

 

だから、今年は

「フーには付き合う、

でも、自分の好きなこともする。」

と決めました。

 

保子さん

「お母さんから先に、子から離れてもいい」

って言われたのも大きかったと思う。。

 

そしたら、

ふっと「やろう♪」って

あたらしく始めた仕事も

突然の休みや早退に

フレキシブルに対応できるものだし、

つるっと始めることができて。

 

フラ教室も新しく始めたけど、

こちらも

フーが来ても全然大丈夫な先生。

 

ウクレレも縁があって

始めることができて、

こちらもやっぱり

フーがいても全くお構いなしの自由な場で。

 

どんどん、私の世界が広がったんですよね。

 

そしたら、

フーが休まなくなってきて。

 

彼女もやはり

お友だちができて

世界が広がり、

 

まだ、慣れないことは怖がるけれど

チャレンジしてできたときの

喜びや達成感を感じることが

増えた気がします。

 

 

で、

まーさん(夫・ハンサム)も

学生時代にやっていた

少林寺拳法をまた習い始めて

週に2回、道場に通っていて。笑

 

家族全体が

大きく動き始めて、

それぞれの動きに伴って入ってくる

新鮮な風が、いい感じなんです。

 

これはやっぱり、

私が「やる。」と「決めた」ことも

すごくよかったんじゃないかな、と

思います。

 

世の中もだいぶ変わってきているし、

ネットとかで情報もあるから

場を選びやすくなっているし、

自分でも場を作りやすくなりました。

 

子どもが小さいうちの

不登校・ホームスクーリングだと

どうしても一緒に行動しないといけないから

大変だなって思うこともあると思うけど、

(小学生の一時保育ってないから!真顔

 

その分、

親の「好き」に付き合ってくれる確率も高いし(笑)

一緒に楽しめることも多いです。

(うちは、好き嫌いがはっきりしてるので

興味ないことはやらないけど^^;)

 

別に習い事とかでなくてもいいから、

お母さんの好きな音楽を聴きにいく、

好きな歌を歌う!

 

絵をみにいく、

好きな場所に遊びにいく。。。

 

などなど、

どんどん、好きなことやったらいいですよ~♪

って、ほんと思います。

 

もし、子どもさんと行けない場所だったら、

そのときこそ、周りを頼ってください!

 

(それが難しいときがあるのは承知で!

でも、それくらい、自分の楽しみって大事!!)

 

そして、周りの方!

そんなときこそ!出番ですよー!!!デレデレ

 

これは私の場合だけど、

心配よりアドバイスよりなにより、

子ども預かってもらうのが

具体的なことでは一番助かりましたあせる

 

「子ども預かるよ、この日はどう?」

って、具体的だと、さらに助かる。。笑

 

あ、もし、

フラウクレレに興味ある方でしたら、

私がかかわっている場所は

どこも安心・安全・楽しいキラキラので

お子さん連れでも

お母さんだけでも、

お気軽にどうぞー照れ

 

ゆるっとね~♪

 

あ、学校に復帰したから「よし!」って

わけじゃないですよ。

それぞれが楽しく過ごせてるから

「よかったね~♪」なのです照れ

 

家族それぞれが自分らしく在った結果

学校にいかない、を選択するってことも

あり!ですドキドキ

 

どちらにせよ、大丈夫ですデレデレ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。