再春館製薬所社長 西川正明オフィシャルブログ「つむぎ」

つむぎ

日々の想いをつづります。
皆様とともに想いをつむいでいけますように。


テーマ:

こんにちは、西川です。

 

4月の熊本地震から、もう7か月が経ちます。
震源地、益城にいながらも、

今こうやってみんなで力を合わせて
この地で商いが出来ている私たちは、

きっと恵まれているのだと思います。

 

そんな私たちに出来ることとして
ふるさと熊本に少しだけ灯りをともそうと思います。

 

倉庫にあったイルミネーションのオブジェの中には、あの凄まじい揺れで壊れたものもありました。
例年通りのことは出来ません。
ドライブスルーで場内に入ってご覧いただくことも出来ません。


昨年までのイルミネーションとは

違うものだと感じられる方もおられるかもしれません。

 

また昨年、幕引きをしたイルミネーションを再びともすには、決断も必要でした。

 

それでも、やっぱり今年こそ、
私たち社員みんなの想いを込めた

手作りの精一杯の灯りをともそう、
そう決めました。

 

 

あたたかな気持ちになれるようなイルミネーション。
私たちの願いです。

 

 

※今年のイルミネーションについて

  こちらでご紹介しています。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、西川です。

 

最近時間なく、更新頻度がかなり下がってしまっています・・・
すみません・・・

 

さて、このブログを書き始めた頃、

もう3~4年前になりますが、
こんなタイトルで記事を書いたことがあります。

 

「明るいオタク」
・・・(笑)

 

↓その時の写真です(笑)

 

そういえば最近自分のプライベートの話はしていませんでした。
車、プラモデル、映画にゲーム等、わりと守備範囲は広い方で、
機械系やデジタル機器、メカものも大好きだったりします。


最近話題の人工知能、いわゆるAIにも
仕事柄・・・ということも含めて興味があります。
テレビ電話(表現が古いでしょうか・・・)やロボット。
自分が小さい頃に本や映画で見ていた世界がまさに現実のものとして続々と実現しています。

 

この急激な進化。どこまでいくのだろう・・・という一抹の不安、危うさも同時に感じたりしていますが。。。

 

ロボット等に使われる人工知能が進化してきた背景には当然技術の目覚ましい進歩があると思います。
処理速度が圧倒的に早くなってきたことに加えて、やり方そのものも進化する。

 

例えば、人工知能に人がインプットして教えていた時代から画像認識等では自らが学び、人間よりも見分けがつく時代になってきていると聞きます。

そんなAIの技術の中でも、極めて人間らしい方法で進化しているところは、日常の中でも勉強になります。

 

それは、「失敗をわざと経験させる」ということです。


ちょっと考えれば当たり前の話なのかもしれませんがわざと失敗させ、その積み重ねによって、してはいけないことを学ぶことになります。

 

なるほど。

 

「わざと~」をそのまま人間に置き換えるのは正しいことではないかもしれませんが・・・
人も失敗してしまったことから学ぶことが多々あります。

 

何が原因でどんなダメなことが起こったのか。
そこを追求し、改善し続けることが出来れば、必ず成功につながる兆しは出てくるはずです。
また前向きに考えるとするなら、
チャレンジしているからこそ失敗するのであって、何もしなければ失敗もしませんし、学ぶこともできません。

 

私も、私たち再春館製薬所も、これまでたくさんの失敗をしてきました。
それが、きちんと学びや成功につながっているのか?
今も失敗していることはないのか?


自分たちに問いかけ続けていくことで人間的にも会社としても、成長していかなければいけないと思っています。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、西川です。


またしてもバタバタとしており・・・

久し振りの更新となってしまいました。


今月も再春館製薬所オリジナル壁紙の

ご紹介をさせていただきます。


今年度は年間を通して、

ドモホルンリンクル 原料の旅」をテーマとして
原料の産地をイラストにしていただき
日本や海外の産地の様子をご紹介しています。


今月は今が旬の「栗」です。


{64A1F189-3D19-4504-BE6A-781AC153A18B:01}


そして今日の主役は

「渋皮」から抽出する「渋皮エキス」。


昔から渋皮煮として親しまれてはいますが
やはり渋皮の部分は

剥いて捨てられることが多い運命です。


この渋皮。栄養たっぷりの美味しい実を

外敵から守る役割があります。
そして、自然界における役割は

人の身体にも言えることで、
人の肌を紫外線から守り、

肌にハリを保つ力も備えています。


やはり、人も自然の一部なんだ。

自然に生かされている。
そう実感できます。


自然の恵みを余すことなくいただき、それを活かす。
その理念のもと、私たちは製品を進化させてきました。

時に、こんなご意見をいただくことがあります。


「もっといろんな製品を作れば、売り上げがあがるのでは?」


私たちは異口同音にこう答えます。


「作ることは出来ません。そして作りたくないのです。」

それには、多くの理由があります。


・自分たちが納得する製品を作り続けたい
・機械任せにしたくない
・つくりたての製品をお届けしたい
などなど。


その理由のひとつに、

今回触れている製品の原料のことがあります。


例えば今年で誕生から

42年を迎えるドモホルンリンクル。
3~4年毎に、生まれ変わり進化しています。


もっともっと安全で

年齢肌に効果のある原料はないのか?
製品を開発する社員たちは、

製品をより良くする進化に貪欲です。


良い原料を探す為に、時には逆転の発想で、
その生息する環境から原料を探すこともあります。


例えば、紫外線にさらされる

厳しい環境で育つ高山植物には
人の肌をも守る何かが

あるのではないか?といったように。


気の遠くなるくらい存在する自然の恵みから
原料を探し求め、安心安全で

年齢肌に効果のある製品へと磨き続ける。


ただひたすらに社員みんなの力を、

今ある製品に注力しますので
たくさんの種類の製品を

作ることが出来ませんし、そうしたくないのです。


製品を進化し続けること。
そして、お客様にご満足いただける

サービスを提供し続けること。


私たちに、ゴールはないと思っています。


よろしければこちらから、ダウンロード出来ます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)