つむぎ日和

もの、 ひと、 こと、 縁(えにし)を むすぶ・・・。


テーマ:


つむぎ日和
つむぎ日和
つむぎ日和
つむぎ日和
つむぎ日和


koro/art & design in welfare (コロ アートアンドデザイン イン ウェルファーレ)

  HP→http://koro-koro.jimdo.com/



私がはじめにkoroさんを知ったのは、tetoteさんへ行った時のことではなかったかと記憶しています。


まっ白な封筒が商品として置いてありました。

その紙にポツポツと小さな跡がたくさんあるのです。


それは、点字が書いてある用紙を使った封筒とのこと。

福祉施設で作られたものなんだよと、tetoteの増田さんは熱心に説明をしてくれました。

封筒のスッとした形がとてもデザイン性が出ていて、

巻いてある帯もおしゃれな感じでした。

なんだか、こんな福祉施設の商品見たことない、と思いました。

お値段も安すぎ、ない。

ですが、とても気に入ったのでそれを買いました。

この封筒を企画販売しているのがkoroさんだったのです。


koroさんは中嶋さんと小林さんという女性二人のユニット。


新潟市でご活躍されています。


福祉の現場から作られるものを、社会に紹介する、というお仕事。

で、施設の能力を最大限生かした商品企画をし、販売を手掛ける。


簡単に書きましたが、

きっと簡単ではないはず。


手を動かす側には利用者さんや職員さんもいて

みんなで作りあげていかなくてはならないことだから、

きっと大変なお仕事だと思います。


でもお二人はそこに魅力を感じている。

ハッとする作品が産まれてくることに、喜びを感じているのだろうなぁと

思うのです。


koroさんたちの活動、聞くよりも実際に作品(商品)を

是非見てもらいたいです。


そしてその後に、思い出してください。

これは福祉施設で作られたもの。

アートな作品を目にしているということを。


もう昨年のことになりますが

三条の御坊市で、koroさんとお会いすることができました。


封筒の他にたくさんの素敵な作品を目にすることができました。

きなせ家さんの青い毛糸玉が気に入って、買いました。


自分の話になりますが、

子供たちの学校や幼稚園って持ち物に紐をかけなさいって指示が多いので、

この紐をよくつかいます。

昨年のつむぎ日和の、自分のスタッフパスにも使い首から下げていました。


特別な想いで、企画された作品が

純粋無垢なアーティストが作り、私たちの手に届く。


物語があって素敵ですね。


koroさんは10月5日 土曜日のみの出展です。

 

つむぎの開催まで待てない方はkoroさんの展示会に行かれてみては?

 

koro展

2013年9月21日(土)~29(日)

10:00~18:00

三方舎書斎gallery新潟県新潟市秋葉区新津本町3丁目3-12

※会期中、koro在舎


詳しくはkoroさんのホームページへ

http://koro-koro.jimdo.com/


つむぎにもきてくださいね~





いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード