筑波大学サイクリング部練習日記

筑波大学サイクリング部競技班の練習日記やレースレポートを掲載しています。こちらもよろしくお願いします→http://tsukubike.net/wiki/


テーマ:
こんにちは、古殿です。
一週間前に自分の自転車を壊してしまい、一週間自転車に乗れてない中でのレースでした。
自分の自転車が無いので人の自転車を借りての出走。
自分の感覚ではほぼ違和感のないポジションだったが、馴れていない自転車なので下りがとても怖かった。

今回は大量の羊羹を補給食として用意。
春合宿の時に羊羹を食べておくと思いの外走れたという理由での選択。
ゼリー状の補給食も一応三つ買っておいた。

前日には余裕をもって現地入り。
コース確認のために実際のコースを数周する。
この日に強度を上げられたのが翌日のレースで効いた。
練習不足で自転車に乗ると上半身から辛くなってくるのだがレース当日ではそのようなこともなく普通に走れた。
付き合わせた野崎はとても辛そうだった。すまぬ。

ローリングスタートでレース開始。
いきなり下り。
怖いので今回は攻めないようにしようと思った。
一周目の登りは普通にこなす。
二周目のはじめの下り、位置を前方に移そうと考えて下りで他の選手と別のラインを取る。
それがあだとなり、下り終えたところにある右カーブで内側に入り過ぎて後輪を滑らせてしまう。
後ろの選手に迷惑をかけてしまった。
登りでは前の数人が少し離れてブリッジをする選手が時を追う毎に増えていった。
行かなきゃまずいなと思いながらも行きたくないという理由で追わなかった。
これが今回最大の反省点。
体力がなくて千切れるのはまだ赦せるが判断のミスは赦されない。
その後集団のペースが上下して疲労。
疲れるとふらふらと走ってしまう。周りも見えてない。
ここでも他の選手に迷惑をかけてしまっていた気がする。
体幹なのか走り方なのか。
せめてインカレまでには改善しなければ。
その後千切れてからは他の選手と回しながら。
東洋の杉本が牽いてくれている時は速度が出ているのに凄く楽だった。
あの牽きは会得したい技術の一つ。

補給に関しては思いの外上手くいったなというイメージ。
羊羹は食べる余裕はなかったがゼリーと水分補給はまあ出来ていただろう。
一回失敗した時に駒沢の方がボトルを渡してくれたのがとてもありがたかった。
知り合いを沢山作っておくとこういう時に助けられるのだなと思った。

今回は牽いてもらったことにせよ、ボトルにせよかなり知り合いに助けられたレースだった。

今回も課題の見えるレースとなったが、とりあえず自分の自転車を確保して練習に復帰することから始めなければ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 7月5日に埼玉県の熊谷で行われたEQAクリテリウムに後輩達が出走したのでそれの応援に行ってきました。出走したのは星野・関根・横山・山本の計四名。山本はレース初出場、関根・横山はクリテリウムの経験無しということで一年生にとっては手さぐりな一日となったのではないでしょうか。

 僕の役目としては走り方の指示を出して今後彼等が自転車競技をやっていく上で必要な経験を積ませることと事故時の対応。


星野に対しては予選は逃げ切り、本戦では集団スプリントでの勝利をオーダーとして考えてきた。
一年生はどの位走れるのか良く分からないので予選の様子を見てから決めようと思っていた。

 予選での星野は逃げに乗りかけるものの速度について行けずに第二集団に下がり二名の逃げを追う状態。最大出力は大きいが速度の維持が課題か。
 
 本戦ではローリングでの位置取りを意識していなかったようで集団後方からのスタート。そのまま位置を上げられずに途中千切れたりするも集団のペースが緩んだところで追いつく。落車があったのでこのレースは仕切り直しになる。

 本戦(二回目)ではローリングスタートで一番前を確保し一回目の反省が活きていた。このレースでは集団内での位置取りに関しては改善されていた。彼の次のレースは白馬になるが、今回の経験を踏まえて位置取りを意識して集団の前方でローテーションを回す輪の中に入っていければ今年度中の昇格も現実的だろう。


 関根は予選では独走でゴール。このままではクリテリウムの経験を積むことが出来ないので本戦では集団で数周走ってからギリギリ逃げ切れるくらい残りの周回数が減ってからアタックしろという指示を見事こなして優勝。

 横山は集団内での走りが不慣れだったのか不運だったのかは分からないがコーナリングの時に膨らんできた選手に自分の前輪をハスらせてしまい落車。練習で集団での走り方を養えていない状態でレースに出してしまったことは僕が反省しなければならないだろう。走り方に関して言えば集団内でアタックに反応出来ない位置にしか居られなかったところを次回から改善して欲しい。

 山本は集団のペースについていくことが出来ないもののラップされない様に走っていた。クリテリウム的な走りは今回経験することが出来ていなかったものの誰の後ろに付くかを考えて走っていたようなので何かしら得るものはあったのか。地脚の無さという以前に自転車に乗られているという印象を見て居て受けるのでこの夏で乗り込んでいくことが求められるだろう。


 今回のレースでは色々な事を後輩たちに要求したが、その要求の伝え方を今後改善していかなければならないと感じた。
 「集団の前の方に居て」と言うのと
 「集団の前から三番目以内で走って」というのでは認識の仕方が違うだろう。
自分の意図することを経験させられる様に指示を伝えるのは難しい。


 今回星野だけ少し上のカテゴリーだった訳だが僕としてはこれまでクリテリウムを走ってきた星野の成長が見られたし、一年生は「星野先輩凄い」と言っていたのでその日はなんとなく星野の日だったような気がする。

 後輩が成長しているので最近不調だった僕も気合いが入った。これから練習頑張ります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高石杯関東地域道路競争大会@群馬CSCに参加した。

目標:13周のうち半分の6周半は集団からちぎれない。

結果:8周でリタイア。

今日はまだまだ手首が治りきっておらず,昨日のライドで確かめた使えるポジションに限って走ることになった。群馬のコースは路面がガタガタ気味なので手首は周を重ねるたびにダメージがたまってくるはず。もう無理だなと思ったらすぐやめること,左カーブがうまく曲がれないので迷惑かけないため&安全確保のために最後尾ヒラヒラ作戦でいく。

スタートから言うほど速くないなという感じ。落ち着いてレースが始まった。コース前半の大きく左に曲がるコーナーとヘアピンの後の左切り返しがどうしようもなく曲がれないので仕方ないから毎回間を詰めるしかない。仕方ない。これのため人の倍くらい頑張る必要ができてしまったが,今回ばかりは仕方ない!

3周目のコース中盤で落車が起きた。最後尾にいたものだからあーやっぱ一回はあるかーと思いながら避ける。その後も心臓破りの坂でちゃんと食らいつく。頑張る。6周半までは何が何でもちぎれないぞという気持ちだけで頑張った。7周目の終わり際に油断して段差で手首に大ダメージを負ってしまった。どちらにせよダメージはじわじわと溜まってきていたのでこんなものか。これのため8周目の入りだけは頑張ったがそのあとは流してホームまで帰ってきてリタイア。

心臓破りの坂ってこんなんだったっけ?と思うほど楽に登れた。手首は痛いけど。今回は最後尾ヒラヒラ作戦だったのでまったく前を引かずアタックに反応する気もなく,ただついていくだけのレースだったが,ちゃんと左に体重がかけられるような状態だったらけっこういい感じに走れたのではないかなあと思う。なにせ,体は軽い。

田中将人
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5/24 自転車を持ち上げられなくて朝練断念。ローラー1時間・タバタ1。整骨院。

25 ローラー1時間半・タバタ1。整骨院。

26 MT前にローラー1時間・5432111プロトコル。なんかいい名前ないかな。

27 やすみ。

28 小貝川コース,80km。水門前のスプリントは引き返して2回。小指引っ掛けて体下げるポジションがとれないのかなり困った。TTコースは追い立てられて気合が入る。普段だったらあきらめてたかも。平沢スプリントはカーブがうまくこなせた。左カーブはダメ,手首痛いからちゃんと体重かけられない。桜3段坂はシッティングだけでゴリゴリ。
Ave 120W Max 909W  久しぶりに外で乗れた。相変わらず手首は痛いけどとれるポジションも確かめられたし,なにより楽しかった。うれしい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5/16
手首痛すぎる。なにもできないで終わった。

5/17
軽くローラーに乗ってみようと思った。手首が痛かった。やめた。

5/18
病院にいった。湿布を貼りつづけてたら楽になったのでローラーを1時間できた。

5/19
ローラー1時間

5/20
ローラー1時間

5/21
ローラー1時間

5/22
ローラー3時間

5/23
ローラー2時間

全部ピストで乗った。整骨院でいい固定法教えてもらえたし早く治したい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。