筑波大学サイクリング部練習日記

筑波大学サイクリング部競技班の練習日記やレースレポートを掲載しています。こちらもよろしくお願いします→http://tsukubike.net/wp/


テーマ:

古殿です。4年生になりました。

 

 かなりの間ブログを更新していなかったのと、最後の記事がアレだったのとで書かなければと思いつつもずるずると今日まで引き延ばし続けていました。一応今も自転車に乗り続けてはいます。

 

 今年は学連登録をしないという決断をしました。卒論などで忙しく、毎日練習をすることが難しいこと、そのような練習が出来ていない状態でレースに出るべきではないと考えている事が主な理由です。今後は後輩達に対するサポートを自分の役割としていく所存です。


 今年度は7人もの一年生が学連登録をしてくれました。僕の知る限り最高人数です。みんな個性的でまとめるのが大変です。中には高校生の時に自転車に乗っている人もちらほら。その中でも僕が2年の時にオープンキャンパスにやってきたときに会った奴が入ってきて驚きました。「高校になってから自転車を始めました。筑波大学のサイクリング部に入りたいんです。」って言ってくれた高校一年生が大学生になって本当にやってきてくれるとは。意外な再会が嬉しい。 大学入ってからブログ初めたみたいなので興味のある方はぜひチェックを。

 また、昨年度に引き続き、トラックにも挑戦しようという機運が部内で高まってきています。腰の痛みから長距離を乗る事が難しかった星野もハロン等の短距離種目でインカレを目指すと言っていました。

 新たな部員たちがやってきたり、新しいことに挑戦してみたりと今後の成長を見守って頂けると嬉しいです。

 

 僕個人としては学連登録者の練習日記のようなものを一括して管理できないかと思案中です。練習場所が豊富なつくばですが、今までどの場所を選ぶかということには無頓着でした。具体的に言えば不動峠と朝日峠、どちらも登りではあるけれど勾配や距離など、様々な違いがあるはず。しかし、登りの練習をすると決めたとしてもどちらに行くかはその時の気分次第だったり、いつも不動だから・・・というように練習場所を決めてしまっていました。両者の違いを明確にすることができればもっと効率的な練習メニューが組めるのではないか。そういった思考の下、練習内容とその結果を分析することは意義のある事なのではないかと思った次第です。これが今年度僕が挑戦したい「新しいこと」です。

 

 後輩達と一緒に走るのが楽しかったり、他大学と合同のGW合宿で色々とあったり(詳しくは信大のブログ参照URL貼っておきます)、ピノーがジロでステージ優勝したり、スロウスタートがアニメ化したり、最近は元気が出ることが沢山ありました。自転車に乗りたいという気持ちがふつふつと湧いています。

 

追伸

 信大のブログでカケルが「休んだだけ」とか書いていますが僕はその日1年生の面倒を見てました。「今回は後輩連れてきてないのもあって一年生を見ることはしなかったが、四年生としては少し見てあげた方が良かったかなーとも思う。」ってカケルも書いてるじゃんか。僕は1年生の面倒を見れるめっちゃ優秀な4年生やぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
4/8
学連のシーズン初戦となるトラックレースだった。あいにくの天気だったがベロドロームは室内なので影響なし。今回出場は自分一人なので準備が大変だったがOBの児玉さんに駆けつけて頂き手伝って頂いたので落ち着いてレースに入っていけた。人生2度目のベロドローム、250バンクで試走1発目はまだカントのキツさに少しビビるもののすぐに慣れた。
最初の種目は4000m個人追い抜き。自分の走れるペースではなく基準タイムを切るペースでどこまで耐えられるか。という目標で走り始めたのだが1kmもせずに目標ペースを守れず。結局5'41"という絶望的タイムで終了。ベロドロームでディスクでこのタイムなのでもう...。
二つ目の種目はポイントレース。9人での出走だったが終わってみれば個抜きで5分切りした法政大学を含む4人だけがレースをしていた。自分は...完走出来ず。しかし東大の二人は二人でローテーションして最後まで耐えていた。自分はそこについていかなければいけなかった。先頭交替で着き損ねた。まだ自分は安定して完走出来るレベルではないのだと思い知らされたというより思い出させられた。
トラックを走る為の知識、経験、技術が足りない。もちろん脚力も。トラック練がしたい。2度目のベロドロームでのレースを落車などなく終われたのは良かったとも思えるが落車のリスクがある程の位置で勝負出来なかったとも言えるし落車しない完走するのレベルから抜け出して結果を残したい。自分のレースの後で上のクラスのレースを見た。クラス2に出場した駒澤の岡田はかなり苦しそうだったが厳しい場面を何度も耐えて完走していた。かっこよかった。
4/9
前日に引き続き単独参戦。一人で準備やエントリーを無事済ませただけで第一関門突破という感じだった。マネージャー勧誘をしよう。天気は良くはなかったが寒くもなく雨も降ったり止んだりでそこまで悪くない。むしろ風が強い。コーナリングの確認を重点的にコースを2周試走した。ウェットなコンディションではあるが以前Hi-bikeの塚田さんにアドバイスをもらった通りほぼブレーキをかけずに走れた。スタート前には同じ前日にトラックを一緒に走った東大の新谷くんに声をかけてもらい東大のサポートの人にジャケットを受け取ってもらえた。
レースがスタート。ローリングから最初の登りでリアルスタート。開幕アタックがかかり集団の速度が上がった。後になって少し後悔しているが、登りと下りしかないコースで集団のメリットが少ないからペースで走った方がいいだろと思っていた自分はここで無理に追いすぎなかった。一つ目の登りを終わって集団後方に繋がっているつもりだったが下りは完全に一人だった。二つ目の登りも終えホームストレートまで一人で来るが向かい風がキツくこれは一人で走ったらアカンやつやと思った。そこからは集団からちぎれた組に追い付いて2~5人で下りや平坦で協調しもう脚が無さそうなやつは登りで置いていってまた前にいる選手と協調してという感じ。ラスト2周くらいになって一緒に走ってたやつが下りで交替を要求しても応じないので脚がないのかと思って前を走り続けたら登り返しのところでアタックしてちぎってきやがったので騙されたと思いつつまだ見える位置にいたのでこいつには勝ちたいと思って追い続けると登り切るまでになんとか追い付いた。そこからはずっとそいつの着き位置でマークし続けた。最後の登りの前の下りでそいつがそれを嫌がってスピードを落としたので反射的にアタックしたら今振り返ると自分でも不思議なくらいキレイに決まった。20m程離して最後の登りに入り追い付かれずにゴール。ゴールのところで駒澤の方々に応援して頂き出し切れた。第一集団から大分遅れたので全く自覚がなかったが意外にも6位で一応初の入賞。嬉しかったがBの6位というなんともいえない順位...。しかも前日の宿でいろいろあって圧倒的優勝をしているのでインパクトが薄くなってしまった。今後は上のクラスでも勝負できるように練習していこう。
駒澤に応援してもらったのでお返しにAに出場していた駒澤の人達を応援したりベロドロームでTRS二日目を観戦して二日間の伊豆での遠征を終えた。終えたと思ったら次戦の来週の学連RCS初戦飯山が迫っている。ロードの昇格チャンスがまた減ったという悲報を聞いたのでこの1週間で少しでも変わっていい結果を出したい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
千葉競輪場で行われたトラックの記録会に参加しました。今年度の長期的な目標がトラック計測種目の学連B基準を切りインカレに出場することなのでこの記録会での1キロTTをターゲットに合宿後の練習をしてきました。しかし結果を見たときは悪い意味でショックを受けました。タイムはあまり言いたくはないです。競技種目として6㎞のスクラッチにも出場しましたがいい動きも出来ず勝負に絡めず終了しました。
インカレは8月ですがそのエントリーまでには基準を切っていなければならずそれまでに残された記録会や大会の数も限られているので残されたチャンスは多くないと思います。散々な結果ですが課題を多く見つけることが出来たと捉えて今回の経験を無駄にしないよう練習していこうと思います。
岡田のサポートは本当に助かりました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回初めてブログを書きます、横山です。
応援して下さる方にレースの報告だけでなく普段の頑張りも報告するべきだと思ったのでこれからは積極的に更新していくつもりです。よろしくお願いします。

少し遅くなりましたが3/16~20に行った鴨川合同合宿の報告をします。例年多くの大学と合同でこの時期に鴨川で合宿をしているそうで自分は今回初めて参加しました。今回も10大学60人以上の人が集まり脚の合う人達と走ることが出来、サポートカーも2台出して頂き、5日間通じて天気もよく最高の環境で練習が出来ました。
1日目(移動日)
今回の合宿の目的の一つが毎日の長時間の練習にも耐え疲労に対する回復能力を高めることだったので移動の140kmも自走で行くことに。気温1゚cの中朝6時の出発。GoogleMapに従ったところ未舗装の山の中を30分以上歩かされるという目にあいドロドロの自転車で登場するはめに。宿に着いてから午後は試走ということで国大集会の入り口まで走り往復30km。登りでペースが上がり始めて頑張って着いて行ったもののちぎれ自走の140kmもあり初日からしっかりバキバキになった。
2日目 グループ3 午前2.5周午後1.5周
この日から3日間同じ程度の強さの7人ほどのグループごとで練習。グループ3に入れられ自分には強すぎると思いつつ出走。平地でみんなかなり長く牽く。せっかく人と走っているのにちぎれたら意味がないので自分はほぼ牽かず着き位置かちょうど登りだけ先頭で自分のツラすぎないペースで登ったので最後まで着いて行けた。それでも午前はダムの登りでちぎれ、午後は小学校前からレース走をしたが全く歯が立たず。
2日目 グループ4 午前2.5周午後1.5周
登りであげすぎず平地を2列ローテで回し徐々にペースを上げながら周回。登りの練習だったら一人でも出来る、どうせ人と集団で走るなら平地の方がいいと思っていたので意図にあっていた。しかし午前中道が狭いから1列で行こうという話になったとき2列ローテにもそこそこ慣れてきたところで少し負荷をかけたくなったので頑張って牽いて脚を使ってしまい、それでいて午前最後の高速2列ローテでちぎれてしまう。本当にもったいなかった。練習のメインの為に脚を残すことの必要性を学んだ。午後は同じように周回をして最後に2列ローテでペースを上げたところからレースするというメニューをした。登り基調なのに2列ローテだとペースアップから簡単にちぎれて抜けることも出来ずレースの時点までにかなり限界に近くて最後はムチャクチャにとにかく踏みつけて登った。それでも走れてしまうというのがこの競技の鬼畜なところだと思う。この日は本当に出し切った
3日目 グループ4 午前2.5周午後しいたけ村周回3周
午前は最後の小学校前から道の駅までという長めのレースちぎれて半周以上一人で走るのは絶対に避けなければいけないと思い2つの登りでしっかり着いて行く。最後の平坦は一人30秒程で高速でローテーション。グループ3に追い付き総勢8人でスプリントして終わった。練習で集団でスプリントはしたことがなかったのでかけ始めで失敗し後ろの方で終了。人と競いながらのスプリントは今後の課題。午後はシンプルに登りの練習。グループ内で早い人と遅い人でタイム差をつけてスタートし競争意識を持って最後まで出しきれたので良かった。
5日目 移動 東京まで110km
首都大学東京の方々にお世話になった。

結局5日間で700km以上走りました。今までクリテリウムを目標に短時間高強度の練習ばかりしていたので始まる前は不安でしたが終わってみれば故障も事故も機材トラブルもなく終われたので良かったです。今回の合宿を通して体力技術だけでなく練習の取り組みかたなど多くの知識と経験も得ることが出来ました。鴨川青年の家のみなさんや一緒に練習して下さった他大学のみなさん、マネージャーさん、色々なことを教えて下さった先輩方のおかげでこのようないい合宿を経験できたと思います。ありがとうございました。4月から先輩になれるみたいなのでここで学んだことも生かしてこれからも頑張っていこうと思います。
次の大会は4/2の千葉県車連トラック記録会に出ます。よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インカレからずっとあまり練習出来てなかった(したくなかったのでしなかった)けれどようやくやる気が出てきました。

思ったよりも練習に復帰するのに時間を要しました。

ツーリングに参加したことや他大の友達と話したりしたことが気持ちの切り替えの契機になりました。

少しずつではありましたが、今月から断続的ではあるものの練習を再開しています。

 

今年度はこれまでずっと、自転車に乗る事が辛かった一年でした。

思ったように伸びないどころかどんどん調子を落としていき思ったように走れず自転車に乗る爽快感もどこかにいってしまっていました。

勿論誰かと一緒に走ったらそれなりには楽しいけれど、心のどこかで思ったように走れないことが気になっていてそれが辛いなって感じてました。

インカレまでは練習しなければという義務感に自転車に乗る事を強要されていました。

 

インカレが終わってからは自転車に乗る事から解放されて、速くなってないことに焦りを感じていなかったと言えば嘘になりますが、少し楽になりました。

それから、夏合宿で白川郷とかにツーリングに行ったり、友達と話して自分のやりたいことを再確認したり、サイクルージングという自転車で船に乗るという試みに参加させて頂いたりと、ゆっくり自転車に向き合うことができました。

 

今後の目標は年度末にある明治神宮外苑の大学対抗クリテリウムに定めました。

大学対抗というだけあって自分の力だけではどうにもならないこともありますが、そのレースの中で自分が出来ることを可能な限り増やしていくためにこれから練習に励んでいこうと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。