決勝戦 VS 酒田ハーバーBC(山形)
先発は 田口。
初回ランナー1人を出すも、0点に抑えて上々の立ち上がりアップ

1回裏、先頭三隅がヒットで出塁、牽制の暴投で3塁へ進塁すると、2番小林が右中間タイムリーツーベースを放ち先制点をあげるビックリマークその後もチャンスが続きましたが、1点どまり。

3回裏、1番 三隅がライトへツーベースヒットで出塁!続く2番 小林の送りバントが内野安打となり、ノーアウト1、3塁のチャンス!追加点がほしい場面です!すると、3三番大久保 がライトへタイムリーツーベースを放つ!!待望の追加点をあげ、
3回を終わって、2-0。いい流れです。



ここまで好投を続ける田口、
4回表、酒田の攻撃。1アウトから連打を浴び、2アウト2、3塁のピンチを迎える。しかし、ここも田口が粘って見事に抑える。田口ナイスピッチンググッド!

4回裏、つくばの攻撃。先頭の山田がセンター前ヒットで出塁。7番三村が送りバント、8番豊原がレフト前ヒットでチャンスを広げ、1アウト1、3塁のチャンス!
ここで、代打山下。この場面でスクイズを試みるも、3塁ランナー山田がタッチアウトとなり、2アウト2塁となる。チャンスがついえたと思われたが、この試合のつくばは違いました。
1番に戻ると、三隅がセンター前ヒットビックリマークセカンドランナー豊原が一気にホームをつき追加点合格4回を終わって3-0とリード。

5回からは、ピッチャー豊原に交代。

5回表、酒田の攻撃。いきなりノーアウト満塁の大ピンチを迎えてしまう!するとここで、チームを救うビッグプレイが飛び出すひらめき電球打者のあたりは左中間を抜けるあたり!しかしセンター三隅が俊足を生かして打球に追いつき、オコエばりのナイスキャッチ!!ここは犠牲フライの1点。
しかし、 まだ1アウト1、2塁。相手のチャンスでしたが、 豊原は丁寧な投球で乗り切り、1点に抑えましたアップ 3-1。

6回表、豊原は先頭打者を出すも、キャッチャー大久保が盗塁を刺して 1アウト。その後も瀬尾・塁のナイス守備で0点に抑えた。

6回終を終わり3-1とリード。あと1回…

7回表、つくばはピッチャー交代、 大魔神 大久保登場! サードの守備は、木村に代わって長瀬(徹)がつく。
大久保はランナーを許し、1アウト1、2塁となる。続く打者のあたりは、守備に入ったサード長瀬のところへ。ゲッツーは逃したものの、セカンド送球アウト。

2アウト1、3塁。あと一つ。すると、打者の打球は再びサードへ。長瀬は打球を前にはじくも、落ち着いてファーストへ送球、アウトクラッカークラッカー
つくばヤング、『優勝』です合格合格
3か月ぶりの公式戦。初戦は硬さもあり、ミスの連続でしたが、試合を重ね迎えた決勝戦は、走攻守ともに相手にまさり、ナイスゲームでしたチョキ



この大会のMVPには、守備に打撃に大活躍の三隅ニコニコ優秀選手にはキャプテンとして、キャッチャー、そして打撃でチームを引っ張った、大久保ニコニコが選ばれました。

閉会式では、選手一人ひとりにメダルがかけられ、皆すばらしい笑顔ですニコニコ
そして、中畠代表、籔田監督、石黒コーチ、山村コーチ、MVPの三隅が順に胴上げされました。



選手たち、よく頑張りました。また何より、この大会に関しては、豪雨災害で被災されながらも、選手たちを練習に、大会に送り出してくれた親御さんが素晴らしかったと思います。

ユニフォームなどが泥水に浸かってしまい、ライフラインも途絶えた状況であったのに、何とか洗濯と消毒を間に合わせたお母さん。お子さんは大活躍でしたよ合格



残りわずかの3年生の大会に、応援に行きたくても行かれなかった親御さんたちに、選手たちはしっかりお土産を持って帰ってきました。

「優勝おめでとう」の笑顔があふれ、スポーツの力、野球の力を感じました。



この勢いで、これから続く公式戦も一致団結で戦いましょう!!
AD

9/21 準決勝 VS 埼玉SP 開会式の行われた「さつき公園野球場」にて


先発山田で試合開始。


1回表、三隅がセンター前ヒットで出塁すると、2番小林の打席ですかさず盗塁し、相手の守備の乱れも重なり、ノーアウト3塁の大チャンス。

しかし、続く2番小林が三振、3番大久保がショートゴロ、4番瀬尾がセンターフライに倒れ無得点。


2回裏、エラーとヒットで、1アウト1、3塁のピンチを迎える。すると打者のあたりはショートゴロ、ゲッツーの場面!ところが送球をファーストがとれずに、先制点をゆるす。 0-1


4回表、つくばの攻撃。2死から6番山田がデットボールで出塁すると、すかさず2塁へ盗塁し、2アウトながら2塁のチャンスをむかえる。

ここでこの大会、ここまでノーヒットだった7番三村が、値千金の同点タイムリー音譜 1-1の同点とする。



ピッチャー山田は、ランナーを出しながらも粘りのピッチングで、5回を1点に抑える。

そして、6回裏、山田から田口へピッチャー交代。


センターフライ、サードゴロで2アウト、内野安打を打たれるも、ピッチャーライナーを見事にキャッチビックリマーク

2年生エースが、1回をきっちり抑え、ベンチ前で皆から出迎えられますグッド!



1-1のままで7回。つくばの攻撃は無得点に終わる。


7回裏、ピッチャー豊原が登板。3人で打ち取り、1-1でタイブレークに突入。


8回表、特別ルールにより、1アウト満塁からスタート。先頭の3番大久保、初球をセンターへ運び2点タイムリー!! 重い雰囲気を打ち砕く、ナイスヒットアップ 勢いに乗り、4番瀬尾にもタイムリーヒットが出て、4-1と突き放す!!


8回の裏、ここを逃げ切れば、決勝戦へ駒を進められる。ランナー満塁の緊張の場面。打者のあたりはサードへ、これをサードの木村が、落ち着いて捕球し、5-5-3のダブルプレービックリマーク試合終了アップ



4-1で見事勝利し、決勝戦へチョキ


埼玉SPさんとは、この1年間公式戦で何度も対戦いたしました。春の大会ではコールド負けの屈辱的な試合もありましたが、今日は粘って粘って、タイブレークでの勝利。選手たちの成長を感じた試合でした。

AD

9/20,21 全日本少年硬式野球 北日本大会  1泊2日の福島遠征に行って参りました。


3年生にとって最後の遠征。しかし、9/10に常総市を襲った豪雨災害により、つくばヤングの選手たちのご家庭も大きな被害をうけ、一時は出場辞退も考えられました。


それでも、被災された親御さんたちの意思は大会出場。

遠征出発の早朝、集合場所に全員が揃いましたニコニコ 


開会式は、福島県西白河郡泉崎「 さつき公園野球場」 にて行われました。






1回戦は、不戦勝。

2回戦は、会場を移動し、郡山市 「南東北野球場」 にて、「新潟ベースボールクラブ」さんと対戦。


春の試合でコールド負けした相手、リベンジで臨んだ試合です。


先発山田は、1回表0点に抑えまずまずの滑り出し。

先頭小林、右中間へ目の覚めるライナーひらめき電球一番深いところまで転がり何と先頭打者ホームラン!!

1-0と幸先良いスタート。


しかし2回表、ヒットとエラーで2点を入れられ逆転される。

2、3回と山田・三隅・大久保のヒットを足がかりに1点ずつ入れ逆転としたが、
4、5、6回とも守備が思わしくなく、相手ヒットとエラーで6回終了時点で、5ー5の同点で最終回。

ピッチャーは、田口から豊原へとつなぎ、7回表、またもエラーで相手出塁するも守りきり、0点とした。


その裏2アウトになるも、大久保4ボールで出塁し、すかさず盗塁ビックリマーク

ココでこの試合最大の大波乱ドンッ

ピッチャー投球後に大久保が2・3塁間に挟まれ万事休すと思いきや、何と相手ピッチャーが3塁への悪送球!

ファールゾーンを転々とする間に一気にホームイン!!

6ー5のサヨナラ勝ちをおさめましたアップ


この試合、両チームともエラー・ミスが多く、大味な試合となってしまいましたむかっ


そんな中でも、センター三隅のダイビングキャッチ合格に続きレフトよりの難しい球を見事にキャッチ合格、と切れのいい守備グッド! ピッチャー豊原の復調グッド! など良いところもありました。

明日の準決勝・決勝は、悔いのないよう戦おうビックリマーク






AD