包丁研ぎ師月山の包丁研ぎ磨ぎブログ

人として包丁研ぎ師としての日常や発見、気づきなどを書いています。

目指すは包丁研ぎ世界一。みなさんに少しでも刃物に興味を持っていただければ幸いです。

高級鍛造刃物販売、修理研ぎをする三代目です!

http://www.tsukiyama.jp/


テーマ:
今日は僕の29歳の誕生日です。

まだまだ若僧です(T^T)

毎年誕生日になるともっと研鑽を積まなくてはと何か反省する日になってます(^_^;)

逆に年を取れば取るほど、この年になってこの程度のことしかできないのかと自己嫌悪に陥りそうな気もします( ̄▽ ̄;)

変な性格だなと毎年思います(笑)



さて今日は昨夜お世話になっているマッカランさんからコメントで奥殿と八木ノ嶋をおすすめいただきました(⌒‐⌒)

前々からこの二つは気になっていたのですが、かなり高価な砥石(^_^;)

でも実は当店に一本こっぱのよい奥殿があるのです。

それがこれ↓


当店ではお客様に研ぎ試しをしていただいてお売りさせていただいているのですが、この砥石は研いだことがないのです。

それには理由が(^_^;)

それがこれ↓




砥石に遊びが施されているんです(^_^;)

傷を付けたくないので躊躇っていたのです。

しかし今日は誕生日(*≧∀≦*)

何かあっても許されそうな年にそうそうない日(笑)

研いでみましたd(⌒ー⌒)!



確かに硬めで滑らかなのに研磨力もあり、とても気持ちのいい研ぎ味(⌒‐⌒)

砥くそも適度に出るので使い勝手はかなりいいですね!

また気になっていた筋も当たりません。

切り刃をペッタリつけて研ぐ鑿、鉋あと革裁ち包丁には特にいいですね。

おすすめされる理由がわかった気がします。

でもまだ一本だけですからね。

是非奥殿の60切りか40切りを研ぎ試しして気に入ったものを手元に置きたいなと思いました!



ついでにもうひとつ気になっていたこっぱを研いでみました(*´∇`*)

それがこれ↓


中山です。

ずっと気になっていたのですが、なかなか研ぐ機会がなかったのです。

当たりはとっても滑らか!

硬さがすごくいい(*≧∀≦*)

ずっと研いでいたい感覚に陥ります(*^^*)

また研磨力もあり、これが四角で厚みがあったらどれほどの値段がついたのか怖くなりますね( ̄▽ ̄;)

あとから親父に聞いたのですが、奥殿も中山もかなり古いものらしく、その当時でもかなり高価だったそう。


やはり値段には理由があるんですね。



贅沢な話ですが、粒子が細かく硬めで、研磨力がある砥石が、今言われているいい砥石の定義なのかもしれませんね。

ですが軟らかめの砥石でもかける水の量で調整できるので、やはり僕は柔らかめが好きだなぁ(⌒‐⌒)

またしっかり砥くそを出せる天然砥石であれば、#2000くらいからでも研ぎ傷を消して仕上げられるように感じています。

砥石の特性をいかに早く知るかが大切かもしれません。



先日の18本のこっぱと、今日のこっぱも使ってみて感じたのは、今使っている日照山うろこがやっぱり好きだということです(*´∇`*)

手に伝わる感触が僕に合ってるのだと思います。

これはきっと運命の出逢いですね!

ただ日照山のうろこでも硬さはいろいろなので、日照山のうろこ全てがいいのだと勘違いしないでくださいね。

また山の名前は確かに重要ではありますが、やはり大切なのは道具として何十年と使っていけるかどうかだと思います。

ですから天然砥石を購入する前に一度研いでみられることをおすすめします。

いつかこのうろこを越える砥石と巡り会える日を楽しみに、また仕事をがんばります(*≧∀≦*)



明日は定休日です。

明日はお買い物&車を掃除します。

さぁ明日もがんばるぞ!
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。