包丁研ぎ師月山の包丁研ぎ磨ぎブログ

人として包丁研ぎ師としての日常や発見、気づきなどを書いています。

目指すは包丁研ぎ世界一。みなさんに少しでも刃物に興味を持っていただければ幸いです。

高級鍛造刃物販売、修理研ぎをする三代目です!

http://www.tsukiyama.jp/


テーマ:
今日は昼から研ぎ講習でした(-^□^-)

女性の方で、三徳包丁、出刃包丁を研いでいただきました。

刃物の奥深さや文化的な部分を気に入っていただき、講習も喜んでいただきました(≧▽≦)

興味がある方が増えていただけるのはとてもうれしいですね!



さて今日は朝からある道具が入荷しました!!

結構楽しみにしていた道具(-^□^-)

それはこれです↓


鉋鍛冶の碓氷健吾氏が考案したとされる鑿鉋の角度定規です。

厚みのあるプラスチックで作られているものですが、刃物の切り刃をこの定規に当て測れるようになっています。

やはり良いのが1°づつ角度が違うところ。

逆に驚くのは1°で切れるものが変わることです(゜ロ゜)



実はこれ自体を使うことが目的ではなく、これを元に包丁用の角度定規が作れないかを考えたかったのです。

というのは包丁はもっと鋭角だからです。

一応一番刃先が鈍角であろう出刃包丁の切り刃を当ててみましたが、24°よりもはるかに鋭角でした(;^_^A

理想の角度は5°~20°位までの定規が作れないかなぁと考えています。

ある木工屋さんにはすでに依頼してはありますが、刃先が5°以下の刃物がないと木が削ないかと思うので難しいでしょうね(;^_^A

これとは別に知り合いの方からレーザーの光を刃先に当てて、反射した角度を測るものを作る知恵をいただきました。

これは少し大掛かりになりそうですが、一度大工さんにお願いしてみようかと考えています。



僕の研ぎは大抵まぐり刃で、ほとんどの包丁に小刃をつけるので、レーザーで角度が測れると一番いいと思います。

今後刃先の角度の研究にはどうしても角度を測るものが必要なので、是非作りたいですね。



明日もがんばって研ぎ磨ぎします!

ようやく時間に余裕ができたかと思ったのですが、気がついたら結構な本数の包丁が(^_^;)

読みたい本をなかなか読めないので、がんばって時間を作ります!

さぁ明日もがんばるぞ!
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。