包丁研ぎ師月山の包丁研ぎ磨ぎブログ

人として包丁研ぎ師としての日常や発見、気づきなどを書いています。

目指すは包丁研ぎ世界一。みなさんに少しでも刃物に興味を持っていただければ幸いです。

高級鍛造刃物販売、修理研ぎをする三代目です!

http://www.tsukiyama.jp/


テーマ:
今日は研ぎに追われて昼のブログが更新できず( ̄▽ ̄;)

いや、正確にはずっと研いでみたかった包丁の研ぎ依頼があったので、ずっと夢中で研いでいました(^_^ゞ

それはV金10号の柳刃9寸です(*≧∀≦*)



最近ブログでも書いているように、和包丁も時代の流れで錆びに強い包丁、いわゆるステンレス包丁が好まれつつあります。

その代表が銀紙三号と言われるステンレス材なのですが、先程書いたV金10号がよりハイクオリティと言われ、近年話題を集めています。

洋包丁ではかなりメジャーでしたが、和包丁では作れるかたがいなかったのです。

ちなみに今回見学させていただいた鍛治屋さんがその材料の包丁を作ってます♪

鍛治屋さんや研ぎ屋さんの話では、金属粒子でいうと約5倍V10は銀三より粒子が細かく、より硬度が高いそうです。

金属粒子がより細かくなると欠けにくく、ノコギリ刃も細かくなるため、滑らかな切れ味が出やすくなると考えられます。

しかし実際自分で確認してみたいですよね?(^_^ゞ

でもかなり高価な包丁なためなかなか売れないということもあり、研ぐ機会がなかったのです。

今回ようやくそのチャンスが巡ってきました(⌒‐⌒)



今日朝店に入るなり研ぎ台へ!

準備を整え、いざ!!

しかしいきなり問題発生(@ ̄□ ̄@;)!!

いつも愛用しているハイスペック砥石では相性がかなり悪いのです( ̄▽ ̄;)

この包丁は合わせ(切れる鉄の鋼と軟らかい地金をくってけてある)なのですが、地金が軟らかすぎて砥石を滑らないのです。

仕方なくセラミックの砥石に変更しました。



かなり形が歪んでいるため、#120→#220→軟らかい#400→硬い#400で修正が大体終わったところまで研ぎました(⌒‐⌒)

研いだ感じは鍛治屋さんや研ぎ屋さんが言われたように、銀三より組織が細かく、硬度が高いと感じました。

しかし鋼と地金との硬度差が大きく、砥石によっては研ぎにくいと感じるかもしれません。

ただ白一ほどの硬度は感じないので研ぎやすいです(⌒‐⌒)

感じは同じ鍛治屋さんの青紙二号に近いですね。



あさってにはこのV10を研ぎあげようと思っているのですが、実は新しい研ぎにも挑戦しています( ´艸`)

今この試している研ぎの状態を作ることはかなり難しいと研ぎ屋さんが言っています。

今回試している感覚では、手で少しずつ研ぐからできるのだと僕は感じています。

その内容は秘密(*≧∀≦*)

研ぎあげたら写真付きで載せようと思っています。

でもそろそろアメンバー限定にしようかなと考え中( ´艸`)

とにかくがんばって仕上げます!!



明日はおやすみ。

雨の予報なので近場で息子と遊んできます(⌒‐⌒)

ではではヽ(・∀・)ノ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。