包丁研ぎ師月山の包丁研ぎ磨ぎブログ

人として包丁研ぎ師としての日常や発見、気づきなどを書いています。

目指すは包丁研ぎ世界一。みなさんに少しでも刃物に興味を持っていただければ幸いです。

高級鍛造刃物販売、修理研ぎをする三代目です!

http://www.tsukiyama.jp/

                    月山義高刃物店

                   ホームページはこちら

                  http://www.tsukiyama.jp/


テーマ:
また更新ができずにいます。

前回の反省はどこへやら。

すみませんm(_ _ )m



先日のことです。

若狭砥石田村山の採掘者である天然砥石尚さんが来店されました(^∇^)

実はあることのために採掘者である尚さんの力をお借りしたかったのです。

ご協力を依頼したところ、遠方にもかかわらず来店いただきました。

まだあることに関してはお伝えできませんが、尚さんに若狭の砥石をお借りしたのです!!

それがこちら↓

{73C63368-0E39-46EC-8072-C053F155FE84:01}


若狭砥石は非常に個性豊かで、表情がそれぞれ違うのが面白いところです。

そのため守備範囲が広く、多くの刃物の種類に対応できる砥石が採れるようです(^∇^)

中砥もあるんですよ!



実は以前もいい砥石を一本いただき使わせていただいておりますが、とても気に入って使っております。

不思議とステンレス系統に合うものが多いように感じており、特に昨今ステンレスの庖丁が多くなっている中で使いやすい砥石と言えます(^O^)

私の若狭砥石田村山↓

{A7504FAC-C4FF-448F-AF5D-11778F9D8C0D:01}


先日の来店時に側面にはんこを押していただきました(≧▽≦)

正式名称は合さ細カラスだそうですが、細カラスの印がないそうなので合さの後ろのスペースはいつかはんこを押していただけるように開けてあります(笑)

私の考える庖丁の最終仕上がりの7割程度までこの合さで持っていけます。

硬過ぎず研ぎやすく、研磨力があります。

ちなみにステンレスではなく白紙ニ号(^^;;↓

{9A3065F9-3FAA-4104-8293-A13C52380350:01}





砥石の選び方は人それぞれです。

見た目、希少性、実用性、産地、値段と何を主に置くかでも選び方は変わってくるでしょう。

私は仕事で非常にハードに天然砥石を使うため、やはり実用性を元に選ぶ傾向が強いのですが、今採っている砥石は自分の考えに合ったものを手に入れることができる可能性が高いと感じています(^O^)

今後どんな砥石と出会えるかがとても楽しみですね(≧▽≦)

近くまた更新します!
いいね!した人  |  コメント(7)
PR
同じテーマ 「仕事」 の記事

[PR]気になるキーワード