包丁研ぎ師月山の包丁研ぎ磨ぎブログ

人として包丁研ぎ師としての日常や発見、気づきなどを書いています。

目指すは包丁研ぎ世界一。みなさんに少しでも刃物に興味を持っていただければ幸いです。

高級鍛造刃物販売、修理研ぎをする三代目です!

http://www.tsukiyama.jp/

                    月山義高刃物店

                   ホームページはこちら

                  http://www.tsukiyama.jp/


テーマ:
先日から出版社の依頼で包丁と砥石大全の海外向け縮小版を製作しております。

今回の私の仕事は翻訳をしてくださる方の手配と写真撮りの商品の準備、そして内容のチェックとなりそうです。

翻訳をされる方は編集者が見つけないのかと言われそうですが、専門用語が多い分野であり、内容を理解していないと翻訳がスムーズでないと考え、私が探すこととなりました。

幸い協力者が見つかり締め切りに向かって作業をしております。

また出版されましたらブログでもご報告させていただければと思います。



さて先日から剃刀を研いだ関係もあり、砥面精度の重要性を再確認しております。

特に精密な研ぎをするには本当に少しの凹みが仕上がりに影響をするため、精密な面直しが求められると感じています。

ただ平面に疑問を感じるときはストレートエッジを使うのですが、私がストレートエッジを使いこなせていないことが原因なのか、凹みが小さいからかを見つけることができないのか、いくらストレートエッジでみても砥石に隙間を見つけることができないのに研いだときにだけ異常を感じる場合があるのです。

大谷山にストレートエッジを当てた写真↓

 

いくら見ても隙間はありません。

しかしこのまま使うと切り出しなどの平面を出した刃物を研ぐ際に傷が入ってしまうのです。



そこで登場するのが平面チェッカーです^_^
実はこれ、天水氏に頼み作っていただいた折り返した錬鉄の塊で、元々名倉に使うために製作を依頼しました。

とある文献に地金も研磨に影響があり研磨力を上げるという記述があったため、名倉として何かに使えるかもしれないと考えたのです。

しかしまだ実験段階ではありますが、思った効果が得られずにおり、時たま剃刀砥に名倉として使ってみたりしておりました。

ある日剃刀砥にこの錬鉄の名倉を乗せると面白いほど滑ることがわかり、事あるごとに試したところ、僅かな凹みがあると滑らないことに気がついたのです。

大谷山に錬鉄名倉↓

※動画が携帯では見れない可能性があります。ご了承くださいm(_ _ )m

砥石の右にわずかな凹みがあるようで、凹みの部分に名倉が行くと止まってしまいます。

水の表面張力が凹んだ部分は働かなくなるのでしょうか。

次にこの砥石の平面を出した状態↓


ちなみにこの名倉でなくても硬めの共名倉でも試すことができるかと思います。



私が持っているこの大谷山の浅葱は購入当初は非常におとなしいいい子でしたが、最近本性を現してきました(笑)

少しでも平面精度が狂うと簡単に傷をいれたり、地金を引くのです。

結婚したら性格が変わる女性のよう?(^▽^;)

もちろん質が少し変わってしまったことも傷をいれたり地金を引く原因の一つではありますが、結局は私が平面を出せていなかったのだと思います。

とにかくじゃじゃ馬ですが、きちんと性質を把握して使ってあげるときれいな鏡面になります。

 
 
やはり精度を求める研ぎをしようと思えば砥石を平面にしなければ始まりません。

以前にも書かせていただきましたが、平面精度を高めるには平面にする道具が重要で、私はアトマというダイヤモンド砥石の台を修正し平面を作ってから張り付けて作っています。

通常天然砥石の面修正にダイヤモンド砥石を使われる方が多いのですが、このダイヤモンド砥石、新品の状態で曲がっているものが存在するのです。

当然ながら平面を出す道具が曲がっていては砥石も曲がってしまうため、上手く研ぎができないのは道理です。

以前からダイヤモンド砥石が曲がっていることを知ってはいましたが平面にする方法を知らず、お研ぎの国の管理人であり鉋研ぎ名人のうめあに氏に助けていただき平面が出た面直し砥石を手にすることができました。

しかし今回のことからも、道具の精度は出ていても本当の面直しをまだできていなかったのではないかと感じている次第です。

おそらくすごい研ぎをされる方々はもっとシビアに面修正をされるのでしょう。

庖丁だからと少し甘えていたのかもしれませんね。

皆さんも上手く使いこなせない砥石がありましたら平面精度を疑ってみてはいかがでしょうか。

面修正にも技術が必要だったりもしますので、面直しの方法も少し見直すと良いかもしれませんよ。

刃物を研ぐ技術と砥石の平面精度、そして刃物の精度が重なったとき、研ぎの新しい世界を見せてくれるかもしれませんね。

平面チェッカーを利用してより良い研ぎをしたいと思います!!
AD
いいね!した人  |  コメント(24)

[PR]気になるキーワード