「今回から新たに始まりました『人間の脳と潜在意識』に焦点を当てたノンモの新企画・・・今までのキャラを覆すかのような、かなりシリアスな内容で進めていくことになると思いますが、これまでの『ノンモの部屋』同様、ポコプンをゲストに迎えてお送りしていきたいと思います。という訳でポコプン、今回もよろしくお願いします」

「よろしくー」

「早速ですが・・・というか唐突に話を始めますが、人々が精神世界(スピリチュアル)に足を踏み入れていく(意識を向け始める)には、それなりの理由があるんだと思うんだよね」

「たとえば、どんな?」

「そうだね・・・ま、君たち(天)は人間の感情や気持ちみたいなものをあまり理解出来てないみたいだから、よくわからないかも知れないけど、この3次元で人間として生きていくってめちゃくちゃ大変なんだ。何でもかんでも魂の学びや修行のためとか結びつけて簡単に言うけど、あまりにも課題が大き過ぎて、時としてどうしようもなくなる時があるんだ・・・。そんな時、人は誰だって『何か』に助けを求めて縋りたくもなるし、辛さや苦しみを『誰か』のせいにしたくもなる」

「その『何か』や『誰か』って・・・ボクたち(天)のことだね」

「まぁ、天だけじゃなくってさ。他にも『何かに取り憑かれてる』とか『先祖の悪行の祟り』とか『前世のカルマ』とか・・・。とにかく自分とは関係ない何かに原因を押し付けて責任逃れしようとするのが人間の性なんだ」

「キミは心理の専門家だからね、クライアントの人たちともよくそんな話をしてるよね」

「うん。だって人間って、たとえ神やカルマを信じてなかったとしても、苦しみの責任をやはり他人に押し付けてしまおうとする性質があるでしょ。妻のせい。夫のせい。恋人のせい。友達のせい。会社の上司のせい。あの店の店員のせい・・・。『何か』や『誰か』のせいにしていれば責任逃れ出来るし、自分の苦しみと向き合わなくたっていいからね。確かに一番楽なんだよ」

「キミは『私の夫の態度がおかしいんです。彼を正常にして幸せな生活を返してください』とかいう依頼は一切断ってるもんね」

「そういうの、ポコプンたちだって断るじゃない。そもそも人は自分の意思で来なきゃ何の意味もないし、結果だって出ない。それに大抵の場合、『相手に問題がある』と思っている当の本人が一番問題を抱えていることが多いんだってことを、殆どの人が気付いていないんだ」

「人間ってさ、ボクたち天が何でも知っていると思っているようだけど、人間のこころや心理とかってよく理解出来ないから、キミにこういう話を聞くと本当に勉強になるよ」

「だてに何千人もの(あらゆる人種の)悩みを聞いてきてないからね。だからこそ言える訳だけど、自分の不運や苦しみを、神のせい、カルマのせい、先祖の悪行のせい、霊魂や怨念のせいだと思っている人々の九割が、実際は本人の心理面での問題なんだよね」

「かなり高い確率だね。宝くじに当たるようなものだ」

「宝くじでも一千万とかじゃなくて、十万円くらいかな?十万円あたるくらいの確率でなら、確かにカルマや悪い念とかによって不運を強いられちゃってるケースもあると思うよ。本当に稀だけど、時として心理の問題だと思ってセラピーを受けに来たクライアントの中に、人念(生きている人の念)に取り憑かれてたり、前世から課題を持ち越しちゃってる人もいるもんね。そういったことに関してはポコプンたちの方が詳しいでしょ?」

「そうだね。そういう理由でなら不運から抜け出すお手伝いもしてあげられるけど、実際の問題が当人の心理部分から来ているのであれば、ボクたちはどんなに頼まれても手出しはしない。自分で這い出すために努力をするなら、幾らでもサインやヒントは送ってあげる。でも問題が、自分の中にあると思っていないうちは、幾ら手を差し伸べても無視されるからね」

「因みに『心理』って一口で言っちゃってるけど、実際には物凄く奥が深くて複雑なんだよ。目に見えるものじゃないしね。前にも散々言ったと思うけど、人間の意識は顕在意識と潜在意識とに分かれていて、人の感情・癖・行動・性格などの90%以上が潜在意識によって操られてると言われている。『潜在』という言葉を使っているだけあって、そこには色々なものが潜んでる。顕在意識では覚えていない(思い出せない)過去の記憶や、自分では知らない(気付いていない)あらゆる能力、一般にインナーチャイルドと呼ばれる傷ついた子供の自分も潜在意識の中に存在しているんだ。感情は、潜在意識から無意識に湧き起って来るものであって、それを顕在意識の力で捻じ伏せたりコントロールすることはほぼ不可能なんだよ」



「そのことはキミが、クライアントに何百回も何千回も繰り返し語っているよね。顕在意識は考える・理解する・分析する思考(左脳)であって、別部屋(右脳)に潜んでいる感情(怒り、悲しみ、疎外感、絶望感、無力感、不安など)を変化したり手放したりするのは難しいってね」

「だって、こっちの部屋にいるのに、あっちの部屋で起こっていることを胡坐をかいてあれこれ考えるだけで変えようなんて・・・無理でしょ?本当に感情を変えたいのなら、あっちの部屋まで行かなくちゃ」

「なるほどね。ところで、その潜在意識の更に奥深くにある『超意識(宇宙意識)』については、ボクはここで説明しなくていいの?」



「いいよ。きっと皆さんはそういったものの方が興味あるんだろうけど、僕は敢えてここでは心理面だけに話を絞っていきたいから・・・。もし皆さんが『超意識(宇宙意識)』に興味があれば、ポコプン、八多さんにそのことについてお話してよ」

「了解。それにしても心理系の話になると、ボクたち、たちまち立場が逆転するね。読者の皆さんも、どっちがボク(ポコプン)でどっちがキミ(ノンモ)か、読んでてわからなくなるだろうね」

「だってさ、この仕事に就いて長いけど、精神世界のことに関してはまだまだ若葉マークで、ポコプンに教えてもらわなきゃ何一つわからないもん。とにかく、神や仏に手を合わせたり、奇跡を信じて気持ちが救われるのはとっても良いことだと思うけど、それに依存し過ぎて全ての原因や理由をそこに見出そうとするのは心理的に見て危険だと思うんだよ」

「魂の学びや修行、経験といった視点から見ても確かに危険だね。何度も言ってるけど、どんなに人生が辛かろうと苦しかろうと、高いお金を出して買ったエネルギー石やお守り、又はスピリチュアル・ヒーラーや霊媒師が救ってくれるとは限らない。キミも言うように、信じることは悪い事じゃない・・・。でも、そこに救いの全てを委ねるのは危なすぎる。『ラッ☆神』で配信するポコエネだって、気持ちを楽にしたり、明るい未来に前進するお手伝いはするけれど、完全に問題を取り除くことはしない。あと、ポコエネ・アイテムに関しては『効果が永久に続く=永久に(そして完全に)問題から逃れられる』じゃ決してないからね。だからボクは耳が酸っぱくなるほど、心理とスピリチュアルの両面をバランスよくやっていくようにといつも伝えているんだ」

「たぶん、それ『耳にタコができる』と『口が酸っぱくなる』が混じってると思うけど・・・別にいいけど。とにかく、皆さんが本当に望むワンネスや光の世界、そして何よりも解脱を目指すのなら、落ち込んでいる時、苦しい状況にいる時、悲しみから逃れられない時、疎外感や絶望感に苛まれてる時、心が乱れて収拾が付かない時、怒りで頭が真っ白になって体が震える時・・・そんな時こそ外側に原因を見つけようとせずに、自分の内側(心理部分)にまず意識を向けるように心がけてほしいと願っている。本当に多くの人が、その責任が自分の妻であったり、夫であったり、子供であったり、友達であったり、会社の同僚や上司であったり、時には神や先祖だったり、悪霊や怨念だったり、前世の自分だったりすると思っているようだけど、それこそ殆どの場合において、原因は自分の心理部分・・・つまり小さな頃に自分が幼心で体験し、潜在意識に刻み込まれてしまった心の傷やトラウマの『助けを求めるシグナル』なのだと言うことを知っておいて貰えたらと思うんだ。ま、これについては追々『ノンモの愛♡ランド』で詳しく伝えていこうと思ってる」

「まじでキミ、心理系の話になるとキャラ変わるよね!でもキミが人間の心理面から救いの手を差し伸べて、ボクが天からの情報やエネルギーで癒しの手伝いが出来たら、人々は本当の意味で悟りや解脱にも繋がるし、光もどんどんと広がっていく」

「だから僕はノンモとして、これからは心理面での情報や気付きをブログで皆さんにお伝えして、ポコプンたち天の情報は今まで通り八多さんのブログからお伝えしていきたいと思ってる」

「これはキミが一番よく理解っていることだと思うけど、多くの人は自分の心理面なんかに興味ないし、周りよりも自己に責任を見出すのが辛く大変だから、耳を傾けてくれる人も読者の数も限られてくると思うよ」

「それでもいいよ。一人でも二人でも多くの人が心の内から救われて悟りに近付けるなら嬉しいよ」

「そうだね、悟りだけはどんなに天と繋がろうがチャネれろうが、自分の心理部分の苦しみから目を背けていたら絶対に到達できないからね」

「そういう訳で皆さん、これからノンモは全面的に心理面から、ポコプンは八多さんのお力を借りてスピリチュアル面から、光の地球の、そして皆さんの悟り・解脱・ワンネスのサポートをさせて頂けたらと願っております。ですので引き続き、お付き合いの程よろしくお願い致します!」

「ボクからも、よろしくお願いします」

「ではポコプン、また次回『人間の脳と潜在意識』のパート2で!」

「はい、さよ~なら」

AD

リブログ(1)

  • おきにいりのブログ

    この記事を読んでこの方が心理のエキスパートであると納得できました。あれだけ、人間の心理について深くそして多くの視点をもって伝えられるのは、タダモノではないな〜とおもっていたのですが。この記事を読んでとても腑に落ちます。正直いえば、自分と向き合うことは激しい苦痛と痛みと伴うけれどでももしご自分の中に葛…

    あおい

    2016-08-03 13:13:28

リブログ一覧を見る

コメント(8)