クリスタルボウル奏者・ことだま師® ゆづき : ゆらりらくるりら

兵庫県西宮市名塩のおうちサロンです。
クリスタルボウル演奏。アロマエンライトメント®ティーチャー。名前のことだま鑑定。AROMA HAND FAB & EAR FAB。アロマリーディング。カードセラピー。クリスタル・ヒーリング。樹脂やハーブを使ったお香作り。

クリスタルボウルの演奏

名前のことだま鑑定

AROMA HAND FAB & EAR FAB

インドクリスタル・ヒーリング プラクティショナー

ナインバードカード セラピスト,ティーチャー

アロマエンライトメント®セッション


クリスタルヒーリング、カードセラピー

アロマリーディングなどをのんびりやっております。


※クリスタルボウルの演奏のご依頼受け付けてます♪

※樹脂香というお香作りのワークショップ

※パワーストーンを使ったワイヤーアクセサリーのワークショップ 開催してます。





テーマ:
本日は満を持して!(笑)

倍音のゆらぎと共に
プラスアルファの体験をして頂き
この上ない心地よさに
身も心もリフレッシュして頂くイベント開催の
お知らせです照れ


倍音のゆらぎと共にvol.1
~心身魂をつむぎ解放する
    ラフターヨガ

{1097BD8F-24BA-4BD0-92A0-6A4C35B369C5}





{48E69F27-E237-4404-A583-6E258A9B977C}


わたくし、クリスタルボウル奏者 ゆづき による

{E7F979C0-CEE6-4D93-AE36-D8609DA8E775}



シンギング&クリスタルボウルの音浴会に
プラスアルファ^_-☆の体験を!
心身魂をゆるめ、解放。
更に心地よさを倍増する
コラボイベント第一弾です!

♡倍音のゆらぎと共にvol.1♡
心身魂をつむぎ解放するラフターヨガ
{ED16E040-E523-432B-996F-00814EA989F7}

{EA6F814D-68F3-491F-A65A-124B67F78E29}

天岩戸伝説で天照大御神が岩戸から出てこられたのは
他の神々が「歓喜咲楽(えらぎあそぶ)」
歓喜し、笑い(咲=笑)、踊っている楽しい様子から。
 
ラフターヨガで、深い呼吸、エクササイズとともに
自然と内側から溢れてくる笑い、喜び、感謝を感じ
心身魂の開放後、
クリスタルボウル&シンギングボウルの倍音を
聴きながらリラックス&クールダウン。
深い深い…瞑想状態に入って頂きます。
 
ラフターヨガティーチャーの誘導で
自然と内側が笑い、自身の魂と、心と、身体をつむぎ、
自身の細胞と魂が、開放されてゆきます。
 
この時点で、ご自身の力が活性化し、
個人と全体でヒーリングが。
   
ラフターヨガで心身魂の開放ののち、
 
クリスタルボウルとシンギングボウルの倍音
による、音浴。
 
振動、音の力で、脳波をヒーリングの状態へ移行し
ひとつひとつの細胞に響かせます。

ラフターヨガでの心身魂の開放により
音浴でのリラクゼーション、瞑想状態が、
さらに深くスムーズに。
 
シンギングボウルとクリスタルボウルの音浴の
深さ、心地よさ、細胞の喜び、響き、瞑想を
体感ください。

ラフターヨガ ティーチャーの
{D51F9B79-B877-4BAE-A3A9-04FD490AF8B0}


★日時:2016年7月31日(日)
13:15~15:45  開場は12:45~

ニコ13:30~
ラフターヨガ ティーチャー
まあやん(おざきまみ)さんによる
ラフターヨガで心身魂をゆるめ解放し活性化!

ニコ14:40~
クリスタルボウル&シンギングボウル音浴。
アロマ精油の香りに包まれて
心身魂を沈静化!

終了後はお茶をいただきながらシェアタイム^_-☆
15:45解散予定。

★場所:SEA.SON(シーズン)フリールーム
            大阪・梅田の「泉の広場」から徒歩5分。

           〒530-0056 大阪市北区兎我野町3-22 
                                     ハイキャッスル梅田801
            
★参加費5500円
★定員   15名
★持ち物   特にありませんが、
                  汗ばむかも 知れませんのでタオル。
                  また、音浴時に身体にかける
                  ひざ掛けなど。

【主催者】
◎シンギングボウル奏者
    楠みこ
◎クリスタルボウル奏者
    ゆづき

ラブ【コラボパートナー】ラブ
◎ラフターヨガティーチャーまあやん(おざきまみ)さん
◆プロフィール◆
・Laughter Yoga International University認定ラフターヨガティーチャー
・AEAJ認定アロマセラピスト
KAF認定ラヴィングタッチインストラクター
・クォンタムタッチⓇヒーリングプラクティショナー
・足裏リフレクソロジー

アロマセラピスト・インストラクターとして講師活動中ラフターヨガと出会う。
ラフターヨガを通じ、人生の中心に笑いを笑顔を置く素晴らしさ体感。
心身の解放と、人とのつながり、さまざまな恩恵をより深く感じ、
インドで直接考案者に指導を受ける。
地域を中心に全国で出張講座、養成講座を開催し、心身の解放と、自身の魂へ
近づくラフターヨガを広めている。


ラブ参加お申し込みは下記の「お申し込みフォーム」から御願いいたします。
お申し込み頂いた後に、
ご案内メールを送信いたしますので
参加費は事前振込でお願い致します。

【キャンセルポリシー】
⚪︎開催日前一週間以降のキャンセル 50%
⚪︎開催日当日は100%のご負担となりますので
    ご注意願います。

ウインクお申し込みはこちら!!
下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印


【会場詳細】
〒530-0056 大阪市北区兎我野町3-22 ハイキャッスル梅田801
SEA.SON(シーズン)フリールーム
大阪・梅田の「泉の広場」から徒歩5分。

まず各線大阪・梅田駅より地下街のホワイティにある
“ 泉の広場 ”をめざします。
泉の広場 M14階段 を 左 に上がるとコンビニがあり、 
それを右手に見ながら
扇町通りにそってまっすぐ行き・・
ちょうど角に『なか卯』や『天下一品』がある 
「神山」の交差点 を 右 に曲がます。
少し歩くと右手に『クロネコヤマト』が見えてきます。
クロネコヤマトのビルを過ぎてすぐの背の高いビル
「ハイキャッスル梅田ビル」の8Fが
フリールームです。

AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もうすぐ一年でもっともパワフルな!
五月の満月を迎えます。

2016年5月22日  06:14

5月の満月の日。
世界各地でスピリチュアルなお祭(ウエサク祭)
が開催される日です。

「ウエサク祭」というお祭りをご存知ですか?
この祭り元々は仏教から始まったものです。
チベット、タイ、スリランカなど…
アジア各地でずっと行われています。


では、なぜ?
五月の満月が一年でもっともパワフルなのか?
みなさんご存知だとは思いますが…

ウエサク祭の起源は、
ブッタ(釈尊)の降誕
悟りを開いた日、そして
入滅の日がすべて
ヴァイシャーカ(インド暦第2月)の第一満月の夜
であった。
という伝承から来ているんですね。

ヴァイシャーカ月の満月というのは
太陽が牡牛座(4/21~5/20頃)から
昇る日であり、旧暦では4月15日になるそう。
私たちが使用している太陽暦(グレゴリオ暦)では
4月から5月の満月にあたりますが、
ウエサク祭が行われるのは
「(グレゴリオ暦)5月の満月」と決まっている
そうです。

ヒマラヤ山中に「ウエサク渓谷」という場所が
あって、
ウエサク祭は、その渓谷で行われるようになった
ことから、その名がついたそうなんです。
ウエサク渓谷では、過去何世紀にもわたって
毎年5月の満月の夜にウエサク祭が
開催されてきたそうですよ。
言い伝えでは、
この満月の夜にウエサク渓谷に
釈迦如来(ブッタ)が天上界から降臨し、
祭に臨席される…そうです。

今回、私は満月の日を
忍野村で過ごすことになりました。

満月の日に、水の祭典、祈りの祭典が行われます。

名水百選、天然記念物に選ばれている
忍野八海という
富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で
約20年もの歳月をかけて、ろ過され
湧水となった湧泉群のある
山梨県の忍野村。

富士山の麓の水の美しい場所。

満月を眺めながら祈ってまいります。
{F0BF160D-1600-4E71-B01F-5F6DCC3032FC}

{9A820B31-FE2D-48C5-9AF3-6CECB63D7438}



みなさんも一緒に
同じ月を見上げながら祈りませんか?


AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回の2人のFIPの発症、闘病生活に関しては
本当に、突然発症し
たった二週間で、我が子を失うという
最悪の結果になってしまいましたが

偶然なのか、必然なのか
いい方向に運んでいたこともあります。

まず、九州の母の予定外の突然の訪問。
3/5に突然やってきたわけですが
2人の元気な姿を見てもらうことが出来ました。

そして、私が仕事へ行けたのも
留守中の母のサポートがあったおかげです。

もうひとつ…
これはお金の話になりますが
とても大切なことです。

実は、1/24に
あづきを新しい家族に迎えた時に
そらみ、ほしみ、こがね、ぎんが、あづきに
関しては保険未加入であることが気にかかりました。
それまで必要性は感じなかったし
もちろん、みんな元気だったし…
だけど大所帯になった今
保険は全員加入しておいた方が安心かな?
と、ふと頭をよぎりました。
正直、9匹分の月々の保険料は痛い。
だけど
大切な我が子のため。と
すぐ保険加入手続きをしました。
保険証が届いたのは二月末のこと。

まさか、その時は
保険を利用することになるとは思っていませんでした。

3月中旬からの約二週間
本当に、ある日突然具合が悪くなり
あっという間に虹の橋を渡ってしまったのですから。

医療費50パーセント負担のプランに
加入したのですが
2人の検査代、薬代、注射代、処置代
ざっと二週間で20万ほどかかりました。
加入していなければ
ほぼ倍の金額です。

医療にかけるにもお金が必要。
動物を飼育する、家族に迎えるということは
お金がないからでは
済ませられないんです。

覚悟と備えは大切だと
改めて実感致しました。
AD
いいね!(29)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
FIPを発症させない為の予防策について。

『こがね』『ぎんが』は様々な症状が
出ていた為に
ステロイド、インターフェロン
抗生剤の注射や点滴治療を
行っていましたが
併せて、全員に投与しはじめたものを
ご紹介したいと思います。

FIPを発症させないようにするには
前述した通り
有効なワクチンも薬もない為
本人の『免疫力』を落とさない、
高めるしかないのです。

コロナウィルスが終息を迎えるまで
免疫に影響する
ワクチン、避妊手術などは後回しになりました。

風邪をひかさないように気をつけ、
トイレの砂の入れ替えは、砂が残っていようが
3日毎には行っています。
(本当は、使用するたびに入れ替えるくらいが いいらしいですが、うちは多頭飼いなので不可能です。)

あと追加したものといえば
プラズマクラスター付き空気清浄機二台です。
これをフル稼動させています。

飲用させているのは
①インターフェロン (インターキャット)0.5cc  朝晩
{2EA21637-D938-483C-AF14-35A84402DE95}

インターフェロンを薄めにしたもの。
左の箱は関係ありません。

②ホメオパシーレメディー FIP
    水に溶かして朝晩与えています。
{1F7FEAE3-1951-4614-A8A7-F68D7FA5D4FC}



③高濃度乳酸菌ソフィアマイルド 0.5cc 朝晩
    コロナウィルスは腸内細菌ですし
    腸内環境を整えることが免疫力アップの
    鍵です。 
{E2E0FE16-FEE4-4566-AC06-836F4AEF73DF}


上記に加えて
プロバイオティクスの顆粒や
ペット用酵素顆粒を
いつものご飯に混ぜています。

高品質のプロポリスもいいと聞き
取り寄せたのですが
これは匂いがキツく、我が家のにゃんずに
飲ませることは不可能でした。

FIPは、確定診断されるのは
かなり病状が深刻化した状態、
もしくは
亡くなった後であることが多いそうです。
それだけに
不調があれば、早めの対処が有効だし
予防策を講じる!
これにつきると思います。

五月末まで継続して対策を行い
六月に再度、全員の血液検査・抗体価検査を
する予定です。

現在、幸い
みんな食欲もあり、すこぶる元気です。

『ぎんが』『こがね』は救ってあげられず
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが
二人が教えてくれたこと
しっかり認識して、
残りのにゃんずの健康な身体作りに
頑張りたいと思います。

結果については、また
お知らせいたします。
いいね!(5)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
悲しみにばかり浸っていられない理由があります。

『ぎんが』と『こがね』
2人がFIPを発症したことにより

残る七匹、全員の血液検査・抗体価検査を
受けました。

結果は、我が家には
コロナウィルスが蔓延していました。
コロナウィルス=FIPの発症ではないと
わかっていても、かなりショックでした。

ちなみに全員の抗体価とA/G比は
ご覧の通り。
{6170CD51-6AAF-4845-97BC-7BC467957261}

{81DAFA85-3C25-4749-BB06-69B4253E864C}

{F5640433-84BE-4AFF-B9FC-CE5984DA3C5E}

{175E08D4-3DCA-4317-B47E-27FBB77873C0}

{23D8AAF4-89FE-4E75-97FF-49BC42B2A146}

{1676A21D-A961-4303-AA5B-7205D27EDEA8}

{7525D233-EF75-45E4-BDC8-3FFC00EEF006}


両方を鑑みて、数値だけでいうと
一番心配なのは『いぶき』でした。
A/G比0.7  と  0.6
この0.1の差は大きいそうです。
幸い、現在も
体調良好。食欲旺盛。
元気なのが救いです。

先生からは
犯人探しをしても意味がないので
残りの子を発症させない為に
免疫力を高める対策をし
コロナウィルスを撲滅しましょう。
との事で
2人が闘病生活をしている最中から
残りの全員に対策をはじめました。

正直、不安な気持ちでいっぱいです。
今現在、すっきりと心が晴れることはありません。
でも
私は全頭検査をして良かったと思っています。

知らないで済めば済んだことかも知れない。
だけど、
みんなの状態を理解することで
予防策がとれるのです。
こがねとぎんがが命を懸けて教えてくれたから
私はこの子達を全力で守らないといけない。

そうそう…
こがねとぎんがの保護主さんが
阪急川西能勢口駅前で動物保護に関する啓蒙活動の
パネル展を地道にしてくださっていて
2人と我が家の、にゃんずの写真を
ポスターにしてくださいました。
{7396FF44-59B9-43C4-8DBC-25005846121D}

こがね、ぎんが、見守っててね。

現在FIP予防、コロナウィルスをやっつける為に
実践していることを
次で、ご紹介したいと思います。



いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6/4生まれ こがね 
6/24生まれ ぎんが。
生後9ヶ月という短い猫生でした。
{7F6BD0A6-E31B-46ED-B635-F20040508860}

{B7E8E5ED-EA62-4D20-9452-DBFE9BDB5BED}

{59FBDC0A-C232-4841-A4B0-359BBDA6AC1A}


本当の母親のように こがねを慕い
抱きしめ続けた ぎんが。
短い間でしたが、あづきのお兄ちゃん役も
してくれました。
2人が、ころころと遊ぶ姿は本当の
兄妹のようでした。
{0EC266A5-E6DA-43CD-9815-7F5266C9422F}

{24C53446-F632-4B68-93ED-41CD64927DF3}

{ECF1305C-3305-40A7-84D9-E41B1411CEA8}



いつも ぎんがの全てを受け入れ 穏やかな
表情で 甘えん坊のぎんがに愛情を注いだ こがね。
いつも控えめで、でも芯の通ったしっかりもの。
いぶきとよく寄り添って寝ていました。
{AE0CAA26-184B-4700-B76E-D3EA3EF36930}

{AA9C1704-56D2-4319-8539-20883872083D}

{44DFDF10-D443-4936-B463-67BC5E0D058E}



{1163BE3B-6BCB-42BB-83F5-5AFA88526CCF}



5ヶ月の間、沢山の幸せをくれた2人。
最後にFIPという病気のことを私にしっかり
教えてくれました。

最後まで、
一生懸命、一生懸命
生きぬいてくれた2人。
ありがとうの言葉しかありません。

後悔はつきません…
うまく言葉で説明できませんが
FIPの可能性が高いと言われても尚
私は諦めたくなかった。
だから、可能な限り日常生活をこなさなければ
と思った…
休んだり、早退しながら出勤もしました。
だけど…たった二週間の闘病生活になるなんて…
もっと側にいるべきだった。
もっと何かしてあげられたんじゃないか?
という気持ちでいっぱいです…。

こがねは、春になると『こがね色』に輝く
我が家のシンボルツリー
アカシアの木に宿りました。
最後にアカシアのお花を見上げた
こがねの穏やかな表情はしっかり目に焼き付いています。


{3D38A690-A41C-4374-855C-7CAAF3F57F5A}

{6A6EB4B6-FAFA-4FDA-9961-136EFED08F5F}


ぎんがは、家の目の前の
真っ白に咲き、次第にうっすらとピンク色に変わる
桜の木に宿りました。
本当にうっすらピンク色に染まる桜の花は
ぎんがの可愛いお鼻と肉球のよう。
{76730B7F-1B3A-4BC9-8AD2-7BF85AE8712E}

{170D3294-D7F6-47C7-934F-FA6485B4F164}


満開の夜桜の下で
こがねに迎えに来てもらって昇っていきました。

アカシアが先に咲き、続いて桜の花が咲きます。
ずっと、ずっと どこにいても一緒です。

本当に濃厚な二週間でした。たったの二週間。
もっと長く看病したかったけど
よく頑張った…ほんとうに。

今は、お内裏様とお雛様のよう。
{DCCCB06C-CEE0-47B3-8E82-99CC7D5F52CB}



きっとまた会えると信じています。
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4/2  少し元気になっていることを期待したが
『ぎんが』はぐったりしたままだった…
{4D9C7586-8E07-4C15-8878-6EF3E6859355}


朝、病院へ向かった。
注射を打ち、点滴をして帰宅。

それから一時間ほどたったでしょうか…
旦那様が、大声で私を呼びました。

慌てて、二階へ駆け上がる。

突然の痙攣発作のはじまりでした。
とても激しい痙攣。
きゅーっと目をつぶり、手を丸めたかと
思ったら
両手両足をつきだし
目を見開き、口は大きく開け
舌を突き出し。苦しそうな呻き声…
瞳孔はひらいたまま、
呼びかけても、反応はありません…。
それを数分おきに繰り返しました。

痙攣発作で
のたうち、苦しみの形相を浮かべたぎんがを
目の当たりにしても
なんにもしてあげられない!!
私と旦那様はただ、ただ
撫でさすりながら
『神様!もう、ぎんがの心臓をとめてあげてください。』と祈るだけだった。
一時間以上苦しみ抜いた末

私の手の中で、心臓がとまった…

その瞬間私はホッとしたのです…

『ぎんが』の最期は、
苦しみの形相のまま硬直してしまい
『こがね』とは対称的で…
私は、判断を誤ったと後悔をした。
あんなにいつも可愛いらしい表情の『ぎんが』を
最期の最期に、酷く苦しめただけだった。
あまりの壮絶な最期に、涙さえでなかった。

そうして、ぎんがは
大好きな『こがね』を追いかけるよう
4/2 15:30頃 息を引き取りました。
最期に、ふーっ…と大きく息を吐き出して…。

外は満開の桜。
桜をこんなに悲しい気持ちで眺めたのは
初めてでした。
{1F0DB28A-F37C-48EE-97E6-A638CE5A1AFA}

{BD0A5A51-675C-40B0-97B2-4C254814321C}

その2日後
4/4
満開の夜桜の下、
ぎんがは、こがねのお迎えで
お空へ昇っていきました。
{3DC4C622-E735-42EF-84F1-7C70E0A12F50}

{5565A4B6-4E80-46B1-83E3-A30DCDEC436D}

窓の外には
アカシアの花と桜の花
ここからずっと同じ景色を見ていた
ぎんがの姿…。
忘れないよ。
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3/29
『こがね』を失い、ひとりぼっちで
部屋にいる『ぎんが』
目に見えて、具合が悪くなった。
お気に入りの窓辺のタンスの上にも
あがる元気がなく、
『こがね』の匂いが残ったベッドから
でてこない。

夕方から、『こがね』のお葬式。
火葬車に来ていただき、自宅の前で荼毘に。
『こがね』の保護主さんも来てくださった。
平日休みは珍しいが
1ヶ月前から、この日は休みだと
決まっていたらしい。
『こがね』が選んだのかなぁ。この日を。
自宅の前の桜も咲き始めた。
{0A9DB18F-4982-4C57-819B-DBED9B15DB39}


『こがね』に桜の花を見せてあげたかった!
もう少しだったのに…

『こがね』にぴったりのイメージ
アカシアの花を手向けた。

久しぶりに保護主さんに再開した
『ぎんが』。
嬉しそうに挨拶していた。
おっきくなった姿を見てもらえた。
このまま、持ち直して欲しい…

3/30.31と
流動食も嫌がり少ししか口にしない『ぎんが』
お腹のあたりが、どうも気になる…
おしっこの色が気になる。濃い黄色。
貧血がすすんでいるような気がする…
{11086469-613F-42DA-9238-DF4F9ADA8072}


4/1レントゲン撮影。
朝、おしっこをシリンジにとり提出。
結果、腹水・胸水がたまっていた。
呼吸が荒いのは肺が圧迫されていたから。
息苦しいので、食欲もない。
『ぎんが FIPのウェットタイプ』
先生は、覚悟しなければならないと仰った。
こんなこと言うのは辛いけど
安楽死も視野に入れなければならないかも…
はっきり言って
胸水・腹水が溜まると予後は極めて悪い。
でもこの状況では決断できないよね。
まだ、この子は暴れる力がある。
それだけに可哀想…。

どうしますか?と言われ
私は胸水を抜くことにした。
胸水を抜く際に、暴れることで
最悪心臓がとまってしまうこともあり得るとのこと。
だが、胸水を抜けば呼吸が楽になり
ご飯が食べられるようになるかもしれない…
祈る想いだった。
『ぎんが』を預け、夜迎えに行った。

胸水を抜く間、大暴れして
3回も針を刺し直したとのこと。
腹水の貯水量はそれほどでもないので
本人の負担を考え
抜くのは胸水だけにしたとのこと。
胸水は真っ赤で出血が激しく、
貧血はそこから来ていることがわかった。 
120cc採れた。

加えて、尿中のビリルリンの値が
高かった。
これは赤血球のかけら。
免疫システムが暴走して、正常な赤血球を
攻撃しはじめている証拠。
溶血が起きていた。

病院で流動食を与えたら
沢山食べたとのことでほっとする。
翌日も、抗生物質、止血剤を注射することにして
帰宅。

痛い、怖い思いをして 
疲れただろう…
ゆっくりさせてあげようと
その夜は酸素ハウスに入れてあげ
休ませました。
{403D64C9-2ADD-4D98-8BA9-DDE353A45290}


いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
それは3/28のことでした。
朝起きたら
『こがね』が壁にぶつかりながら
歩いていました…
目が見えなくなっていたのです。
昨夜久しぶりに沢山食べたご飯も
吐き戻していました。
それでも名前を呼ぶと
こちらに、ヨロヨロと歩いてきて
すりすりする『こがね』。

早退することにして、とりあえず会社へ。

泣きたいのを必死にこらえました。
とうとう…覚悟しなければならないのかもしれない。

11:30携帯電話が鳴った。母からの着信。
席をたち、電話に出ると
“こがねーっ!こがねーっ!しっかりー!!”
と叫び声が耳に飛び込んできた。

手が震え、心臓がとまりそうに…
私が落ち着かなければ!
母に、落ち着いて!どうしたん?と話しかけた。

こがねが激しい痙攣を起こしているという。
酸素吸入の方法を説明した。
五分後とりあえず落ち着いたとの電話。

午後から帰宅。
『こがね』は母に抱かれて目をつぶっていた。
名前を呼ぶと目をあけ、鼻をくんくんさせる。
だが見えていない。
{2B24CEE6-34FC-4AF3-9935-1ED02194E62C}

{BE4A4F0A-585D-4016-BD9E-BE707AD9222C}


旦那様も帰宅した。

はじめてキャリーに入れず
『こがね』を抱いて病院に向かう。
最後の数日は、もう以前の
『こがね』ではなくなっていました。
でも愛おしかった…
玄関をでると満開のアカシアの花。 
{EFEE8D6A-38B5-4DBB-9EA3-BFA35ACC03ED}


“こがね…ほら、見てごらん。綺麗だよ”
私の呼びかけに
『こがね』はアカシアの花を見上げ、
くんくんと匂いを嗅ぎました。
こがねの表情がかつてのこがねに戻った瞬間でした。
その横顔、瞳は、私が『こがね』に初めて
出会った時の美しい表情でした。

ずっと、ずっと話しかけながら
病院に向かいました。
ずっと温もりを感じながら…

診察を、待つ間
車の中での、こがね。
抱っこして、沢山話しかけました。
{55D67C21-F471-4D8E-BDA1-F8DF24C07683}

{0704520F-9D58-4612-99EA-10F478AEA2A0}

微笑んでいるような『こがね』
これが最後の写真になったね…。


待合室に入った途端、激しい痙攣がはじまりました…
私は、叫び続けました…
こがねー!こがねー!…

それは苦しそうな様子に
胸が締め付けられるようでした。
痙攣が治まっても
頭が左右に揺れていました。
『こがね FIPのドライタイプの典型的な症状』

脳神経症状がでたら、打つ手立てがない。
私は、もうだめなんだとわかっていた。
でも、すがるような気持ちで
何かしてあげられることはないか?と
先生に聞いた。
安楽死の言葉がでた時に
それをわかっていながら、胸が絞られるような
えぐられるような気持ちになりました。

連れて帰るにしても、眠らせるしかなく
薬が切れたら、痙攣がおこり
最後は心臓がとまってしまうと説明された時
その選択肢はあり得ないと感じました。

すると、突然、立ち上がり
ふらふらの足取りで目が見えないのに
私の元に歩いてきた『こがね』
その時も、かつての『こがね』の表情。
その『こがね』を抱きしめながら、
安楽死の決断をした私。
号泣している私に抱かれながら
こがねは何を感じ、思ったのだろうか…。
怖かったかな?全てを感じて…。

苦しめたくない、助けたい!その為に
することが、心臓を止めてしまうこと。
どうにかなりそうだった。

先生は家族だけの時間を作ってくれた。
時間も気にしなくていいと言ってくれた。
お別れしたくない!
ずっと見ていたい…でも…
もう発作から解放してあげたかった。
だから、15分ほど
旦那様と2人、こがねをしっかり抱きしめて後
お別れした。
眠ったような穏やかな表情だった。
“もう苦しくないね。よく頑張ったね。
助けてあげられなくてごめんね”
先生は、沢山、こがねの頭を撫でてくださいました。

それが3/28 18:30のこと。

たった5ヶ月しか一緒に暮らせなかったけど
大切な大切な愛おしい我が子でした。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
その後基本的に1日おきに
インターフェロン、抗生物質の注射を
するため2人を連れて通院することになりました。

◉3/20
ステロイドの効果か、
『こがね』フードを口にしてくれる。
食べる姿は本当に嬉しい。

『ぎんが』相変わらず食欲落ちたまま。
{1803BCD8-90EA-4248-B389-1ED8235AF9C8}



◉3/21
『こがね』ステロイドがきれると
呼吸が荒くなる。もともと気管支が弱いため
少しでも楽に過ごして欲しいので
酸素ハウスをレンタルする。
夜、久しぶりに沢山ウェットフードを食べる。
だが、食べる量は少なく
流動食を与えるが
みるみる痩せていく…。

『ぎんが』少食だが帰宅するとスリスリ。 
じっとしている時間は多くなった。 

酸素ハウス、出番がないことを祈る。
{6E871622-39E3-42A3-8F58-AE47556DAFCF}

{88285F8D-7165-41C2-A59D-52E6947733F4}

毎日、お友達の方々からの励ましや祈り
水素水や栄養剤の差し入れなど
沢山のお気持ちを頂き本当に感謝の想いでいっぱい
でした。
{E033B239-C4DE-4DBE-AC08-CDC75B672988}

{313AAFD1-E4B5-4A42-85C1-836EA57F399E}

また、遠隔ヒーリングもして頂きました。
私も、毎日
2人にクリスタルボウルの音を聴かせ続けました…
目をつぶって聴いていたんですよ。
{73E3E19B-A1D9-4AC4-BA21-6DAFA4546721}

{442A7CE1-DD46-49D6-A27E-E525C1C41CB0}



◉3/22
『こがね』瞳の大きさの違いが、更に顕著になったような気がするが光には反応している。
右目は、開けづらそう。
食べる量が少ないせいもあるけど、ふらふらしてきた。少し…頭が揺れている気がする。

『ぎんが』チュールも少ししか食べない。
{A1BFE9C7-5C36-4E77-BE12-5800B46F3CFF}



◉3/23
『こがね』ウェットフードを口にする。
鳴き続けるようになった…。

『ぎんが』呼吸が荒い
病院にいくと40℃の高熱。
点滴をする。


◉3/25
『こがね』
トイレに辿り着かず、おしっこをする。
徘徊のような行動を取り始める。
今日は流動食のみ。

『ぎんが』ほとんどじっとしている。
少ししか食べない。
{79441034-878C-438F-8B00-3E92E227AA1B}



『こがね』はここまで具合が悪くなっても
『ぎんが』を抱きしめ、お乳をすわせている…
2人寄り添っている時が本当に幸せそう。

◉3/26
『こがね』流動食のみ。
足取りは更に弱々しくなる…
{EBD84BD5-6730-4C1D-BD55-6D5A4F39C234}



『ぎんが』も相変わらず元気がない。
耳や鼻が白っぽいのが気になる。
少ししか食べてないから貧血をおこしているのかも。

◉3/27
『こがね』夜、久しぶりに頭をふらふら
させながらも沢山ご飯を食べた!
涙を流して旦那様と喜んだ。
『ぎんが』も食欲を取り戻して欲しい!


『こがね』が
ご飯を沢山食べてくれて
喜んだのも束の間、
翌日には急変することになりました…

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。