【京都①】元・立誠小学校

テーマ:
【京都①】
土曜日(11/2)は、朝から京都へ。

木屋町通りの元・立誠小学校の「まなびや2013」といういうイベント。


月影の舞

廃校になった小学校で、映画上映会やワークショップ、
マルシェなど様々な催しが行われている。...

月影の舞
校舎前。


月影の舞
学校の前を流れる高瀬川には、立体彫刻が展示されている。



AD

ナマ要潤

テーマ:

昨夜(8/12)は、リーガホテルにて、
「タイムスクープハンター劇場版」公開に
先駆けての決起会に参加。


月影の舞

「タイムスクープハンター劇場版」ポスター
ソレイユでの公開は8/31より!


地元出身の要潤初主演映画ということで、
地元香川から、この映画を盛り上げて行こうと
いう会。

要潤が来るということで、女性が圧倒的に多いが、
県内の映画関係者も集合。

衣装をまとった要潤が登場し、壇上で挨拶をした後は、
各テーブルを廻り、テーブル毎に記念撮影をし、握手をする。
ファンの集いみたいだね。

参加者による撮影は禁止なので、ソレイユ社長が自ら
カメラを手に撮影するが、取った写真の配布はどうするのかとか、
きちんと撮れているのか、皆疑問点があがったが……。

そして、最後にソレイユ社長の掛け声で会場全員で、
「鬨の声」を上げる。

映画のヒット祈願や香川県の繁栄を願うのはいいが、
「要潤を男にしてやってくださーい」で、オーッて……。
選挙みたい。

で、要潤は風のように去っていった。

「しあわせ獅子あわせ」チームの女性スタッフ陣や
映像塾の方達と同じテーブルであったが、
映画の決起会なのに、肝心の映画についての話が出ないのは
もったいないよねーと、残念がった。

せっかくの劇場版なのに、見どころは?
時代物の撮影秘話は?
そんな「映画」自体の話しが少しでも聞けるかと
思っていたのに、映画の話には 全く触れぬまま……。


月影の舞
決起会の後は、さらりんとイタリアン。
「ズワイガニとチンゲン菜のオーロラソース」の
生パスタ。



 

AD

【大阪①】
日曜日(7/7)は、大阪へ。
 七夕 お見合いパーティに参加。
といっても、男女の出会いではなく、
 映画監督と役者をマッチングする交流会。

映画24区KYOTOの俳優WSで知り合った役者4人で、参加。

会場は、緑橋にある アトリエ♭。
活版印刷の工場を手作りで改装した 雰囲気のある場所。

月影の舞

まずは、受付で引いたヴァーチューズカードを元に自己紹介。


52枚の美徳からなる このカードは、

カウンセリングにも使用するそうで、

自分の潜在意識や足りないもの、自分へのメッセージが隠されていると。


私が引いたのは「喜び」!
横に座った女優のHさんが、
「いつもいいことしてて、ぴったりなカードやん。
 ユカリーヌは喜び組みやん」と。

確かに。快楽主義者の私らしいかも。
苦行、逆境ほど燃える自虐Mだしね。

一通り自己紹介を負え、いよいよ交流タイム。

監督と役者がペアになり、16のテーマが、
書かれた紙を持ち、せーのォで、テーマを指差し、
二人が、同じテーマを指差すと、マス目に互いの名前を書き合い、
4まずは、並ぶとビンゴ!

テーマが揃わなくても、二分間、そのテーマについて、交代で、語る。
その時、「話す人の目を見つめて」とか、
「小津風に、同じ方向をみて」や「段差をつけて」と、
シチュエーションの指示がある。

小津風は、横並びになり、バーとかのカウンターにいる感じで話しやすいし、
段差をつけると、後ろからささやいたりして、
相手との距離感が縮まる感じ。

テーマが、かぶったのは、一人の監督さんだけだったが、
何人かの方とお話ししたり、名詞交換したりして、
有意義かつ、いろんな発見があり、面白かった。


映画人交流会の後は、女優陣4人で梅田のスペインバルへ。
役者をやってる女達、面白い人が多いのと見た目と
中身のギャップがすごい。

人生いつも、晴れ舞台。

月影の舞


月影の舞
海鮮パエリアも定番。

月影の舞


月影の舞

梅田のスペインバルをでて、
H嬢オススメの珈琲屋へ。

スペイン音楽の流れる、アンティークな珈琲屋。
偶然にもH嬢もフラメンカ!

渋い感じの珈琲屋なのにスイーツもある。


月影の舞


月影の舞
チーズケーキ!

AD

「うちんくきーまい」@gallery miyamoto

テーマ:

日曜日(1/6)
高松の一軒家をそのまま使ったギャラリー
「gallery miyamoto」にて、 ユニット「チェコニコ」
企画による2日限りのイベント「うちんくきーまい」に行く。


月影の舞
外観。フツーのお家で、土間を通って、玄関からお邪魔。



ライブやワークショップ、おいしいごはんやたのしいお店もある、
「家族」がテーマのイベント。

仏間の畳の上に座布団に座って聴くライブ。
こういう文字通りアットホームなライブもいいね♪



ちゃんとしたホールじゃなくっても、気負わずとも、
人が集まって、みんなが笑顔になれる場所ができるんだね。



月影の舞
私のお目当ての予約古書店「なタ書」も出張出店。
1冊だけ本を買う。



月影の舞

大阪でパンを作っている「ucaさん」の出張販売のパン。
もちもちした味わいで美味しい!