◎「ジェラテリア toi toi toi」

テーマ:

常磐町に9/20にオープンした
「ジェラテリア toi toi toi」。


ジェラート専門店。

老舗フルーツカフェの「三びきの子ぶた」経営
ということで、フルーツのジェラートが豊富。
コーンかカップか選んで、3つまて盛れる。


月影の舞

お店入口。
赤い扉がかわいい。
店名の「toi toi toi」というのは、
幸運・成功を祈るドイツのおまじないの言葉だそうで、
言葉に合わせて、テーブルや扉を3回トントントンと
指で叩いて表現されるとか。



月影の舞
私は 左側 チーズ、ラ・フランス、ゴマの三種(9/27)。
友は 右側 抹茶、徳島鳴門金時、栗。

せっかくのフルーツ屋のジェらートなのに、
二人ともフルーツ率が低い。


AD

◎キッシュ専門店

テーマ:
激安レンタカーの看板を見て、

「イチモツレンタカー」と読んでしまう。

正解は「イツモレンタカー」だった。

火曜日(8/20)はカフェのランチ。
トンテキ和風ソース。

月影の舞

月影の舞

野菜ジュースも。
見た目は青汁みたいな緑だけど、苦くない。

夜は北浜のキッシュ専門店の
「ポテトと卵のサラダキッシュ」セット。

月影の舞

じゃがいも、グリーンアスパラ、卵が
マヨネーズとピサソースでからめられている。

ボリューム満点!

テイクアウトには「鮮やかカレーキッシュ」。
じゃがいも、ナス、玉ねぎ、ミニトマト、
ズッキーニ、合びき肉をカレー粉とピザソースで


AD

◎「HONEYCOMB CAFE」

テーマ:

火曜日(6/18)はフェリー通りの「HONEYCOMB CAFE」さんへ。

月影の舞

ここは、パンケーキが美味しいのだけど、18センチと大きい。
スイーツも二人前はある大きさので、ミニバージョンをお願いしてみた。


月影の舞
「モンブラン風」。
白いクリームの下には栗が山積み。

天井が高く、ゆったりした店内は、箱がしもしていて、LIVEや会合にも使える。
開店一周年を記念して、壁の色を変えるそうで、ロゴもかわいい系から、ハードなものになるそう。



月影の舞


「竜宮、暁のきみ」チラシと、
「イスパニア・フラメンコライブ」チラシを置かせてもらう。

AD

◎フラメンコライブチラシ配布でカフェ

テーマ:

金曜日(6/7)は カフェハリラヤさんに、
イスパニアのフラメンコライブ

【en VERANO Hispania Flamenco Vivo 2013】
チラシを貼らせていただく。


月影の舞

週替わりマフィンランチ。
「プッタネカソースの煮込みハンバーグ」
プッタネカソースとはオリーブやケッパー、
トマト等で作られたソース。


月影の舞


月影の舞
同じく金曜は南珈琲店にも。
イスパニアチラシを貼らせていただく。

踊り場のお花が初夏らしい。


既に貼っていただいている映画ポスター。


「しあわせ獅子あわせ」はソレイユ2で、6/14まで。

6/15からはホールソレイユで「竜宮、暁のきみ」上映。


◎ブックカフェ「camome」

テーマ:

土曜日(5/25)気になってて、なかなか行けなかった北浜の
ブックカフェ「camome」カフェへ。


雑貨やアートもある小粋なカフェ。
ホットワインやペリーニもあって、
ほっこりとできそうな雰囲気。


月影の舞


月影の舞
自家製ジャム入りレアチーズケーキ。
濃厚なクリームチーズがたっぷり。
自家製無農薬の季節のジャムを加えた
甘酸っぱい味わい。


ホットジンジャーは、生姜を丁寧に煮出して
作ったシロップを使ったもの。

本もかわいいもの、美しいもの、アート等に
関したものが多い。


月影の舞

店内はゆったりとしていて、アートに囲まれる。
海側の席は、海に向いて椅子が置かれている。



月影の舞


月影の舞
「竜宮、暁のきみ」のサントラも販売している。

ブックカフェ「camome」においてあった本。


月影の舞

「はじめまして、かがわのアトリエ」

ちょっと前(2010.3.31)のものだけど、
香川県文化振興課が制作、配布していたもの。


香川県のアーティストの方、アトリエと共に
紹介されている。
写真撮影はフォトグラファーのGABOMI。



月影の舞



月影の舞
ルカさんが載ってた!


◎「MORI MARI cafe」

テーマ:
◆土曜日(4/20)。
サルサも踊るけど、フラメンコも踊る
フラメンコ仲間の森マリさんのお店「MORI MARI cafe」が10周年!

お祝いのブリザードフラワーを持って、
記念のデザートプレートを食べに行く。

月影の舞

5種のケーキとアイスという欲張りなスイーツ。
美味しくて、お腹いっぱい。

シナリオ仲間のKさんと映画談義。

お祝いに来たんだけど、やっぱり 浜田真理子ライブチラシを置かせていただく。
だって、人がいっぱいで賑やかなんだもの。


◆誕生日のプレゼントにワインをいただく。
 真赤な薔薇がついたワイン。

月影の舞

「白い胸元に真赤なワインをたらしてね」って。

 ステキ女子からだけどね。


◆宮脇書店のブックカバーが瀬戸内芸術祭仕様になっている。
紀伊国屋書店は、栞だけが瀬戸ゲー仕様。
月影の舞
写真左は2010年版の瀬戸ゲーブックカバー。
紙質が分厚かったね。
右の今年のは色合いも薄めになってるけど、紙質も薄い。
中身がスッケスケ……。

【京都⑧】4/6。

下鴨神社をお参りし、
賀茂川沿いを歩くが、風が強くなり、正に嵐。

桜は、ぐわんぐわん揺れ落ちてるし、
かおりんのビニール傘は、骨が折れちゃうし。

そんな状況でも元気な二人は、出町柳にあるカフェへ。
書店だった町屋を改装したレトロ調な「さるぅ屋」カフェ。


月影の舞

店内は家具も昭和なもので、レトロ感いっぱい。

月影の舞

月影の舞
お店自慢のハンバーガーのランチ。
ベーコンエッグにアボカドをトッピング。
ハーブティーもポットでいただける。

月影の舞

カフェの前もレトロ感漂う。

その後は、大正時代に建てられた洋館のアパートの
一室でやっている個性派書店「NOT PILLAR BOOKS」へ。



月影の舞

月影の舞


月影の舞

月影の舞

小冊子やリトルプレス、インディペントブック等を
揃えたマニアな書店。
京都一小さな書店。


月影の舞



月影の舞

【京都③】金子國義の絵@uni cafe/一乗寺

テーマ:

【京都③】4/4。


恵文社を後に一乗寺の街を散策。
夜は、uni cafeへ。


月影の舞


壁に金子國義の絵が描かれていた。
マスターとはお知り合いだそうで、気が向いたら描いてくれるそう。
金子國義氏の写真や作品も飾られていた。


月影の舞



月影の舞

カフェだけど、お酒も沢山あり、ごはんもしっかり食べられる。
今夜の定食は、チキンのソテー。おろしポン酢味。


◎【京都②】 「mumokuteki」カフェ

テーマ:


【京都② 3/23】

土曜日夜は、ソウル歌手K嬢と
御幸町通にある「mumokuteki」カフェに。

K嬢はレゲエバンドでも歌う パワフルで
情熱的な女性なんだけど、ベジタリアンで、
お酒も飲まないストイックな方。

カフェ通で、いろんな京都のカフェを
案内してくれたのだけど
ベジタリアンなカフェへ。

いつもならガッツリ肉食でお酒もガンガンいく私だけど、
旅の夜だというのに、
今宵はK嬢にならって、ベジタリアンでノンアルコール。

このカフェのメニューは、生のお肉、白砂糖、牛乳、卵はほとんど使わず、
化学調味料は一切不使用。
野菜は無農薬、減農薬のものを使用。

月影の舞
煮込みハンバーグプレート。
豆腐ハンバーグにおそうざい6品、
スープ、ハニートマト、漬物。
ご飯は雑穀米か五穀米か半々かを選択。
意外にボリュームたっぷり。


月影の舞
ミニデザート付き。豆乳パフェ。

デザートもヘルシー。

月影の舞
「りんごのタルト・タタン」
甘い林檎と豆乳ソフト。

月影の舞
「豆腐チーズケーキ」。
チーズケーキといえどもチーズを使っていない
オリジナルのベイクドケーキ。

◎南珈琲→グラファン→ブリザードスクエア

テーマ:

浜田真理子 高松ライブの主宰は
友人のK氏。


月影の舞

彼は音楽通で、あらゆるジャンルに精通している方。
特にジャズ、ラテン系はディープな域に達している。
自らもビッグバンドやファンクなバンドではトロンボーンを
吹き、サルサ、ラテンバンドではパーカッションを奏でる。
音楽イベントをプロデュースしたり、ゲスト出演したり、
DJもこなすマルチなお方。

そんな あらゆるマニアな音楽を聴きこんだK氏が
たどりつき、惚れこんだ浜田真理子の音楽というものが
どれほど魅力的か、一度聴けば伝わるかと思う。


島根県を拠点に活動されている 真理子さんを
「高松に誰も呼ばないなら、俺が呼ぶ!」と
K氏が立ち上がったのが三年前。


それからコンスタントに毎年、高松ライブを開催し、
今年が三回目。

私も一回目のライブから広報や会場スタッフとしてお手伝い
させていただき、ご縁があって、
一昨年のさぬき映画祭で、私が助監督で関わり、
上映した「ジュリーの海&空」では
真理子さんの曲をエンディングに使わせていただいた。


去年は平日の夜のライブということで、
観に来られなかったという方もいらしたが、
今年は日曜日の夕方からの開催なので、
ご来場いただける方も多いかと思う。


木曜日(3/21)も真理子さんライブチラシ広報隊!


朝は南新町の老舗珈琲店「南珈琲」さんでモーニングをし、
チラシを置かせていただき、ポスターを貼らせていただく。


月影の舞
南珈琲店。
お店の階段にはいつも華やかな生花。
経のお花は紫のストックと白いコデマリ。



月影の舞
ランチタイムには 常磐町の老舗ジャズバー グラファンこと
「GRANDFATHER'S」さんにもチラシとポスターを貼らせてもらう。

グラファンのお昼のマスターは官能姉妹のエロス劇場に
お越しいただいている。
次回も観たいといってくださる、優しいお方。


「GRANDFATHER'S」。
ストロング珈琲(チョコ付き)
300円って安いよねー。


そして、高松の情報発信基地「ブリーザーズスクエア」さんにも
チラシとポスターを置かせていただく。


月影の舞

「ブリーザーズスクエア」前。
映画のチラシやイベントのチラシがいっぱい。