「バタフライ・エフェクト」

「バタフライ・エフェクト」
    2004年/アメリカ


監督・脚本: エリック・ブレス 、J・マッキー・グルーバー
出演: アシュトン・カッチャー 、エイミー・スマート 、
    ウィリアム・リー・スコット 、エルデン・ヘンソン 、
    メローラ・ウォルターズ


《バタフライ・エフェクト》とは、「ある場所で蝶が羽ばたくと
地球の裏側で竜巻が起きる」という、初期条件のわずかな違いが
将来の結果に大きな差を生み出すというカオス理論の一つ。
                <公式サイトより>


タイムスリップもののSFなんだけど、サスペンス要素も
あり、ちょっとスリラー的でもある異色作品。
でも、これは究極のラブストーリーだ。
献身的な愛にあふれ、Mゴコロを大いに刺激してくれた。


まずスピード感があり、テンポがいい。
タイムスリップする道具が「日記」というのもいい。
ページを開くと文字がゆらめいてすーっと過去に戻る
というシンプルさがいい。


そして、現在に戻る時がひたすら痛そうだったり
苦しそうだったりする。

ショッキングなシーンや痛いシーンが多く
うわあ~とかきゃあ~とかって叫びたくなるくらい
だったけど、主人公に同化してた。


好きな人の幸せのためだけにひたすら過去と現在を
行き来するけなげな主人公エヴァンがたまらない。
ほんとは、落ち着いてもっと上手く立ち回れば
うまく転がっていったのにと思うとこもある。
エヴァン一人が、不幸へ不幸へと導いているような
気もするのだが……。
とにかく自分のことより愛する人、友達のためにと
我が身を省みない不器用なエヴァンに共感する。


でも、みんなが幸せになんてなれない。
誰かが幸せになると誰かが不幸で、きっとそれは
過去を変えようとも変えなくとも……。

過去が変わるたびに人も変わっていく。
その変貌ぶりが見事。
それぞれの役者が見事に何パターンものキャラを
演じている。
子役と大人になった時の役者がものすごく似ている
ためすんなりと受け止められる。

ラストはせつないけど、それが一番いいのかも
しれない。
ラストより、途中のお風呂でエヴァンが死のうとして
「一人では死ぬこともできない」というところは
一番せつなくて、せつなくて泣けた。


自虐的でせつない映画だと大好きな人から聞いて
いたのになかなか観られなくて、やっと観られた。



★同じく「記憶」がモチーフのちよっと切ない
SFラブストーリー「エターナル・サンシャイン」
やっぱりなかったことにするのがいいのか・・・。
感想はこちら
http://ameblo.jp/tsukikagenomai/day-20050425.html



★同じく「タイムスリップ」もので、こちらは
現在と過去をつなぐモチーフが“ポスト”の
「イルマーレ」
感想はこちら
http://ameblo.jp/tsukikagenomai/day-20050125.html


★「タイムスリップ」ものの王道。
こちらはとっても楽しいタイムマシンの娯楽作品
「バックトゥザフューチャー」
感想はこちら
http://ameblo.jp/tsukikagenomai/day-20050714.html


★別エンディング収録のDVD版 感想はこちら(2005.11.24)
http://ameblo.jp/tsukikagenomai/entry-10006490481.html

AD

コメント(25)