誰も知らない

「誰も知らない」
    2004年/日本

 監督:是枝裕和
 音楽:ゴンチチ
 出演:柳楽優弥 、北浦愛 、YOU 他


1988年に東京で実際に起きた「子ども置き去り事件」が
モチーフ。母親に置き去りにされた4人の子どもたちの
約1年の生活を描いている。

撮影時、子どもたちに台本は渡されず、監督のその場の
指示で演技させ、撮影に一年をかけたという。
その手法のためドキュメンタリーのような感じで淡々と
して進む。

演技ではない生の子どもたちの表情はすばらしく
まさに自然体なのだが、それがかえってリアリティに
欠けるのだ。
もう、メルヘンとして観るしかない。

あんなにも凄惨で残酷な事件をモチーフにしていながら、
このさわやかさはなんだろう。
透明で全体的に白いイメージの映像がみずみずしささえ
感じさせる。

でも、ふと気づくとこれってかなり悲惨な状況なのに
こんなに淡々としてていいのかとうすら寒くなる。
問題提起をするでもなく、誰かを悪者にしたてあげ
ようとするでもなく、あえて、ドラマチックにしていない
監督の意図はなんだったのだろう。
だけど、過剰に演出しなくても、小物や風景などで、
子どもの心情やせつなさ、うまく映している。

カンヌで最優秀男優賞を受賞した明役・柳楽優弥くんの
瞳がすごい。目に力があって、ひきこまれる。
冒頭のアパートに越してきて、母親と大家に挨拶する
時のあどけない顔や母親に漢字を教わるところの
はにかむ顔がなんともいえずにかわいい。
しかし、母親が出て行ってからのきりりとした
強く意志のある目は怖いくらいだ。

環境が心をすさませ、表情をくもらせる。
お金が底をつきて、母親の服を売ろうする明を
妹たちが必死で止めるシーンは胸が痛い。
妹たちは母親が戻ってくると信じているのだが、
明は「もう帰ってこないんだよ」と言い放つ。
一番、母親と接する時間が長く、母からも信頼されて
いた明だからこそ、裏切られたということを
受け止めていたのだろうか。


お金を送って来た時に添えている母親の明への
手紙の文面の軽いこと。
あまりのあっけらかんとした態度は悪いことを
しているという気持ちなどさらさらないのか。
これには怒りがこみあげる。

映画はラストシーンに救いと希望が見出せるように
なっていて後味は悪くないのだが、モチーフになった
事件のことを考えると重く深くのしかかる。
心のままに生きることは悪いことではないのだが
母と女というのは共存できないものなんだろうかと
考えさせられる。

AD

コメント(26)