ミスティック・リバー

ミスティック・リバー★ややネタバレあり★
    2003年/アメリカ/サスペンス
製作・監督・音楽:クリント・イーストウッド
原作:デニス・ルへイン
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:ショーン・ペン
    ティム・ロビンス
    ケビン・ベーコン
    ローレンス・フィッシュバーン


ジミー、デイブ、ショーンの3人の少年たちが
25年後には被害者の父、刑事、容疑者という形で
再会する。

ミステリの謎解きは物足りない分、人間ドラマの
方に重点を置いた感じ。
重くて深く辛いテーマで救いがなく、見終わった後に
ちょっと気が重くなってしまう。

練りに練られて、たくさんのテーマを盛り込んで
いるのにメイン以外のその他のテーマが
からめた割には収集できずにいたのが残念。
メイン三人の男優の演技はそれぞれ特徴的で
すごく上手い。


三者三様の男の個性やそれぞれの傷、夫婦間の
関わり方の違いなど描写は一貫していて、考えさせられる。
女の弱さや強さ、ずるさなどそれぞれに短い
シーンや台詞で上手く表していて上手いのだけど、
どの妻にも共感はできなかったなあ。
意味深な表情とか、タイミングよく配置されていて
かなり深読みしてしまったんだけど、
肩透かしなところはあるかな。

ミステリ好きにしてみれば、犯人はすぐわかるけど
やっぱりそれなのね。それはだめだよーと嘆きたくなるね。
確かに、その犯人であることが、人生の不条理感や
虚しさ、せつなさを倍増させるんだけどね。

タイトルの意味がわかる、川のシーン。
ショーンとディブのやりとりの非情さ、せつなさ。
娘を殺された男のやりきれなさも伝わるだけに
なんともいえなく苦しくなってしまう。

ラストのパレードの思わせぶりな妻同志の目線と
男と男のやりとりは永遠に続くことを匂わせている
のかもしれないけど、私はいらなかったような。
ショーンが手を振って道の向こうへ歩き、川が
出て終わりでよかったんじゃないかと。
そこでじーんとしちゃうもん。

直接的な暴力シーンは少ないが、性的暴力や暴力
の怖さや、それによって受ける心の傷の深さをも
より認識させられる。
しかし、愛さえもそれは心の傷へと結びつくのね。




AD

コメント(16)