月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

「CREA」9月号は『食の本の大特集』号。


料理家、フードブロガー、蔦谷書店 料理コンシェルジェの
食の本を愛する女性三人の「食の本ツウ」座談会や
小説の中の美味しいシーンを集めた
「思わずヨダレの味わい小説」とかおもしろい。


10人の目利きが選ぶ「どうしても手放せない食の本3冊」は、
三冊の本をいろんな所に並べて撮影していて、
本そのもののデザインも素敵だし、そのレイアウトもいい感じ。


食の本が読める書店、bookカフェ紹介も、
行きたくなる本屋さんばっかり。


「フードマンガ100冊」は圧巻。
『フードホラーマンガ』のジャンルに
「寄生獣」が入ってた。


CREA (クレア) 2014年 09月号 [雑誌]/著者不明
¥780
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「マティーニからはじまる夜 読むお酒」
東 理夫 (著)
有楽出版社/2014.6.28/1600円


マーロウのギムレット、モンローのマティーニ、
ホームズの朝酒、ヘミングウェイのモヒート…。
酒神が演出する名場面で語られる粋な話の数々。
お酒のお供の極上エッセイ!
              <帯より>



■1章 マティーニからはじまる夜 - バーに酔う


■2章 酒とバラの日々 - 音楽に酔う


■3章 ガンマンとシャンペン - 映画に酔う


■4章 幻の女 - ミステリーに酔う

■5章 ヘミングウエイのモヒート - 文豪に酔う



小物から映画、小説まで、お酒にまつわるお話が
章ごとにつづられる。


アメリカ文化に精通している著者だけあって、
さらりと薀蓄が入っていて、それが鼻につかなく、
心地よい文章で、酔わせてくれる。


お酒が登場する映画や映画のタイトルがついたカクテルの話など、
映画レビューも交えての「映画に酔う」の章が興味深い。



今度、私が出演する「よねべしるべ」も酒のシーンがある。
うまく“お酒”を小道具にして、見せられるかな。


マティーニからはじまる夜/東 理夫
¥1,728
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食に関してはとても興味があるが、こだわりはない私。
でも、食にこだわりのある人には興味があったりする。
そこで、こんな本。

「フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人」
速水健朗 (著)
朝日新聞出版/2013.12.13/760円


「有機野菜」「地産地消」「ベジタリアン」「ビーガン」

「マクロビ」「ローフーディズム」など自然派の食を愛好する人々、

そして、「コンビニ弁当」「ファストフード」「メガ盛り」

「チェーン系290円居酒屋」など、産業化された食を愛好する人々。
現代の日本人の食の好み、ライフスタイルをマッピングし、

そこから見えてくる政治的な分断を読み解く。
                  <帯より>

右翼だ左翼という大仰なタイトルだが、
政治思想とかの難しい本ではない。

大きく分けて、食にお金をかける人と、
安全性よりも安さと量を重視する人に別れるが、
その中でも食に関しては、細分化されている。
そんな、今の食の世界の現状レポートみたいな感じ。 



宗教や思想的に、食べない食材がある人や
身体的に病気やアレルギーで食事制限する人もいれば、
欲望のままに美食をほおばる人、
とにかくお金はかかっても安全な食材を持溜める人。

確かに、その「食」から、その人の生きざまや
思考がみえてくる。

ビーガンとマクロビアンたちの食の祭典である
ベシフードフェスタに潜入ルポする著者の話は
おもしろい。
自然食への関心は年々高まっているようだが、
その横で、「岩手じぇじぇフェスタ」という、
食で復興するイベントが開催され、牛肉だの帆立
だのが焼かれて売られていたという。

先日、京都のデバ地下で、恵方巻きを買おうとした時、
ものすごい数のお店が出て、とても迷った。
ビーガンの友は、「カツオ出し」もNGなので、
食材を確認するのだが、意外と「出し」までは
把握していないようだ。

でも、老舗の料亭は、きちんとそれを確認してくれ、
カツオ出し ではないことが判明した。

作る人と売る人は別なのだということをふまえても、
自分の売っているもの、提供している食材が
何であるかを、食に関わる人は把握して
販売している店ばかりだといいと思う。

なんて、いいながら、私は美味しければ割と
何でも食べてしまう雑食系食いしん坊。

フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書)/速水健朗
¥821
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食は大事。
だけど、そんなに神経質になってはいない。
でも、こんな本読むと、ちよっと考えちゃうなあ。



「ニセモノ食品の正体と見分け方」
中川 基 (著)
宝島SUGOI文庫/2014.1.23/560円



食品偽装が大きな社会問題となっているが、
そもそも、ほとんどの人は普段食べている
食品の「正体」を知らない。
スーパーに並ぶサイコロステーキが、
破砕したクズ肉を添加物の力で油と一緒に
再結合したものであることを。

本書は、普段食べている食品の「正体」を
明かすとともに、「食品表示ラベル」に
隠されたトリックの見破り方を、
わかりやすく解説する。
           <裏表紙より>


著者はサイエンスジャーナリスト。

 

成分表示の見方や見分け方のポイントも
解かって、大変為になる。

   


だけど、食品の正体を知ってしまうと、
食べたくなくなるものが多いし、
カロリーが高いワケが解ってしまう。

   


「化学」の力がこんなにも食品に及んでいる
ことの驚きを再確認。

生野菜のサラダだって、徹底した水洗の為、
大部分の栄養素は流出し、酸化防止剤と亜鉛ナトリウム
のプールの中で泳がされているのだと。

    


レコーディングダイエットを始めた。
とりあえず、食べた食品を入力するとカロリー計算
してくれるアプリで、記録している。
食生活の改善をゆうるりとしていこうかな。

ニセモノ食品の正体と見分け方 (宝島SUGOI文庫)/中川 基
¥605
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食がテーマのギャグ漫画。

「目玉焼きの黄身 いつつぶす? 1」
おおひなたごう (著)
エンターブレイン(ビームコミックス)/2013.5.30



タイトル通り、目玉焼きの食べ方に悩む主人公。
あるものは白身と黄身をぐちゃぐちゃにして食べるが、
彼女は白身だけを食べ、最後に黄身をくずさす食べる。

そんな風に様々な食べ物の食べ方を通して、
それぞれの家庭環境だったり、暮らしがみえてくる。
当たり前だと想う食べ方が、意外にあたりまえじゃ
なかったり。

目玉焼きにかける調味料でも、人それぞれ。

とんかつのキャベツの食べドキはいつ?
ちらし寿司の醤油とワサビの関係性、
みかんの皮の向き方などなど、
身近な食べ物ネタで、どうでもいいことを
ハタと立ち止まって考えさせられる。

くだらないんだけど、笑えたり、
新たな発見があったり。

漫画の後に取材の様子がエッセイ風に書かれているのも
おもしろい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本さかな検定を受けた方より
いただいた お魚の本。

ちなみに さかな検定の愛称は「ととけん」。

「からだにおいしい魚の便利帳
 全国お魚マップ&万能レシピ」
 高橋書店編集部 (編集)
 2011.12.1/



各都道府県ごとに名物の魚、市場、イベントを
紹介し、旬で区分した図鑑を掲載。
全国名物マップもついている。

駅弁、空弁など、ご当地グルメ満載のお弁当や
各地のオリジナルの美味しいもの紹介。

そして、魚の選び方から栄養価、万能調理法など、、
魚にまつわるあらゆる情報、レシピでうめられている。

朝ドラ「ごちそうさん」では毎回、様々な食材が
登場するが、魚は特に深いキーワードとなる。

和枝のいけずのせいで、
め以子が大量の鯛の前であわてたり、
自分のせいで家族を亡くしたふみが避難所で、
何も食べず倒れた時、七輪で焼いた秋刀魚の匂いに反応
したり、め以子の苦手な鰯り様々な調理法を和枝が教えたり。



オーカラーで魚のレシピ満載。
これは香川県のページ。



おさかな検定は毎年6月。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「食い意地クン」
久住 昌之 (著)
新潮文庫/2013.11.1/460円


月灯りの舞

この俺を野蛮人にしてくれる、狂わせてくれる、
そういう食べ物の中に間違いなくカレーライスがある。
焼肉、ラーメン、とんかつ、ナポリタン、大根、塩辛、
立ち食いそば、キャベツ……。
『孤独のグルメ』原作者である著者が、
愛する二十六品目のメニューについて、熱く語ります。
              <裏表紙より>

「問題小説」に連載中の「食い意地」単行本(2004.12)
の文庫版。

4コマ漫画やイラストいりで、サクサクっと
読めちゃう、息抜き本。
だけど、食べることが好きな人、食に興味がある人は、
共感することが多く、楽しく読める。

何気ない日常の食べ物でも、人によってのこだわり、
食べる時の習慣や手順などがあったりして、面白い。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お菓子が専門の料理研究家が語る「フード理論」本。
といっても、エッセイなので 楽しく、
あるあるあると言って読めちゃう。


「ゴロツキはいつも食卓を襲う
  フード理論とステレオタイプフード50」
福田里香 (著), オノ・ナツメ (挿画)

ひとたび「フード理論」を知ってしまった者は、
古今東西のありとあらゆる作品を、その視点から
味わい尽くさずにはいられなくなるだろう。
             <帯より>

月灯りの舞


マンガやアニメ、映画、テレビドラマなどの
画像作品に登場する さまざまな食べ物。
物語に、食べ物をうまく登場させると、
登場人物の性格や感情、置かれた状況を、
鑑賞者へ伝達するのにきわめて、スムーズで、
有効だと称する現象を「フード理論」と呼ぶ。

よく似たフード表現=「ステレオタイプフード」が
たびたび登場する。
そこには一定の法則のようなものが存在し、
込められた意味があると語る著者は、
そんな「ステレオタイプフード」の隠れた真相と意味を、
明快に解説。

物語のいろんな局面に登場する50のステレオタイプフード
を解説。
専門の料理の事以外の蘊蓄も含まれ、「画」に表す
食物や物にも意味があることを改めて考えさせられる。

フード三原則は
①善人は、フードをおいしそうに食べる。
②正体不明者は、フードを食べない。
③悪人は、フードを粗末に扱う。

8章「失恋のヤケ食いはいつも好物」や
17章「アクションものに、シャンパンタワーが登場したら、
   派手にぶっ倒される」
といった、あるあるある的なタイトルが並ぶ。

月灯りの舞
オノ・ナツメのポップなイラストも味わい深い


ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50/福田里香
¥1,344
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゆるいイラストだけど、基本的な
食事のマナーのおさらいと、
料理ごとのきいれな食べ方が図解入りで載っていて、
かる~く読める本。    


「イラストでよくわかる きれいな食べ方」
ミニマル+BLOCK BUSTER (著)
彩図社/2012.7.26/680円

月灯りの舞

おいしく、美しい食べ方を図解で解説!焼き魚、
フランス料理、ワイン、天ぷら、懐石料理…
など約40種類の料理を収録!
          <帯より>


先日、テレビで芸能人2世の品格チェック
みたいな番組があって、びっくり。
芸能人ならまだしもアナウンサーでも
食事マナーがヒドイ人もいた。


料理は美味しく食べられればいいし、
私もお上品とは言えないけど、
最低限、人に不快感を与えないような
食べ方で いたいものである。


うちは商売をしていたので、ご飯はお手伝いさんが
作ってくれてたから、人が作ってくれたものは感謝して食べ、
「ご飯は残すな!」が一番のマナー。




イラストでよくわかる きれいな食べ方/ミニマル+BLOCK BUSTER
¥714
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「東京おさぼり喫茶」
 (散歩の達人ブックス・大人の自由時間)
交通新聞社/2002.1.5/1429円


月灯りの舞


スタイリッシュなカフェもいいげと、
こういう昭和な喫茶店たちもいいな。


ネット古書店を営む弟がくれた本。



東京おさぼり喫茶 (散歩の達人ブックス・大人の自由時間)/著者不明
¥1,500
Amazon.co.jp


東京都内76軒の喫茶店を紹介。
ちょっと古い本なんだけど、個性的だったり、
レトロだったりの喫茶店たち。

“おさわり喫茶”ではなく、おさぼり ね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。