月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

振り返らない三谷幸喜が振り返り、
自らの創作について語った本。

「三谷幸喜 創作を語る」
三谷 幸喜 (著) 松野 大介 (著)
講談社/2013.11.15/1000円



●紙人形と心理グラフを使って登場人物一人ひとりの
 心情を考える
●プロデューサーから無茶な発注をされたほうが楽しい
●「天才の近くにいた人」に注目する
●脚本を書くときは、「あるイメージが浮かぶ」
 ところから始まる
●99パーセントを理詰めで創るのは、
 1パーセントの破綻を魅力的にするため・・・
 ほか、三谷流創作術の全貌が、今、明らかに!
           <表紙 折り返しより>

過去を懐かしむ時間があったら、先のことを考える
タイプという三谷幸喜が、芸人から作家に転身した
松野 大介のインタビューをメインに
今までの三谷作品について語る。

ドラマ、舞台、映画とそれぞれのジャンルの
創作の舞台裏が明かされる。

舞台「12人の優しい日本人」の章で語られているが、
高校時代は8ミリでの自主映画を製作していた三谷さん。
ぴあフィルムフェスティバルに応募するも相手に
されなかった時、「映像じゃなく、ストーリーと台詞が好きなんだと
はっきりわかったという。
それで、日芸は映画学科じゃなく演劇学科に入ったと。

コアな三谷ファンというわけではないが、
やっぱり「三谷作品だから」というだけで
観てしまう作品が多い。
映画は全作観ているし、ドラマもほぼ見たし、
舞台も先週、ナマで大阪で観たばかり。

13章の「2000年代からの芝居について」では
様々な舞台作品のことが語られている。
三谷さんがテーマに選ぶもの、誰にスポットをあてるか、
など、どうやって作品にしていくかの過程や勉強法など
もさらしてくれている。

舞台と映画の違いや三谷さん自身の捉え方が見える。
最新映画「清須会議」は小説をまず書いたことによって、
頭の中にビジュアルができるから、
演出する時に楽だったのと、どの作品よりも、
登場人物の心情をリアルに体感できたから、よかったと。

映画、舞台に関わらず、創作のヒントがいっぱい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

東京で寺山修司展「ノック」が開催されている。
観たいけど、行けないなあ~。
と、思っていたら、観に行った方より、おみやげに
本をいただいた。
うひぃぃー、うれしぃー。


「寺山修司劇場 『ノック』」
九條 今日子・ 寺山 偏陸・ 笹目 浩之 (監修)
テラヤマ・ワールド (監修)
日東書院本社/2013.7.16/\2100

月灯りの舞

どんな鳥だって、想像力より高く飛ぶことは出来ないのだ。
できあがった言葉をこわそうとしたら、ダイナマイトじゃ
だめなんだ、言葉だけだ。
     <帯より「青少年のための無人島入門」より>


寺山没後30年記念企画として、約2万点の写真の中から
厳選した貴重な写真と寺山修司の珠玉の名台詞が綴られる。

演劇実験室◎天井棧敷の軌跡がここにある。


天才・寺山が演劇としてなしえることの数々を表した
劇の断片が、写真と文字で表される。


天井棧敷の写真入り公演の記録だけでなく、
アジト変遷や歌、ポスター一覧、
寺山の詳細な年表も掲載され、隅々まで、
天井棧敷と寺山を味わえる。


巻末の「幻想写真館」もいい感じ。


寺山修司劇場 『ノック』/著者不明
¥2,205
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
没後30年、今なお語り継がれる寺山修司。
寺山ヴィジュアルムック本。

「寺山修司の迷宮世界」
洋泉社 (洋泉社MOOK) /2013.4.1/1600円

月灯りの舞

時速100キロで駆け抜けた“青春の扇動者”の虚実。
               <裏表紙より>

映画、戯曲、テレビ、ラジオ、シナリオ、
俳句行く、短歌、詩、歌謡史、写真、童話、評論まで、
あらゆるジャンルにおいて時代を挑発し続けた
異端者 寺山の全貌が蘇る。

初期の天井桟敷の美術を始め、寺山の装丁やエッセイの
挿絵等、60年代の寺役のビジュアルワークを数多く手がけた
横尾忠則は寺山の「創作現場と死生観」を語る。

表現者として、人形、メタフィクション、父親など
寺山と多くの共通点があるといえ押井守は、
寺山の言葉の魔力や「寺山から学んだ“ペテン”の作法」を
語っている。

そして、園子温監督も「寺山修司になりたかった!」という
タイトルで寺山への熱い想いを語っている。
園監督は、石井聡互も寺山の影響が大きく、
「狂い咲きサンダーロード」や「爆裂都市」にも
その寺山っぽさが見られると述べている。

園監督が小津作品を嫌いなのは、「人間の見たくない部分に
目をつむっているからで、寺山は人の見たくないものを
えぐり出す視点が一貫している」と。

園監督の「希望の国」の杭を打つシーンは“寺山癖”で、
「ヒミズ」でヴィヨンの詩を読ませたのも寺山の影響という。
そんな園監督は、今年は演劇もされるようで、
漫画原作もし、いよいよ寺山みたいなマルチを目指すとか。


私の寺山原体験は、意外にも「詩」からであった。
寺山が監修していた詩集に惹かれて、集めたものだ。
そして、寺山自身の詩、戯曲、映画、演劇と
寺山世界の奥へと入っていき、
ある人の影響で競馬エッセイ等も読みふけった。



★没後25年の時に刊行された未発表短歌集。
「月蝕書簡―寺山修司未発表歌集」
  寺山 修司:著/田中 未知:編さん
http://ameblo.jp/tsukiakarinomai/entry-10084559582.html


★寺山が注目した雑誌「奇譚クラブ」についての本。
「『奇譚クラブ』の人々」
北原 童夢:著/早乙女 宏美:著
http://ameblo.jp/tsukiakarinomai/entry-10627455239.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
月灯りの舞-110810_0931~010001.jpg

「名セリフ!」鴻上尚史著(ちくま文庫)読む。

古今東西の名戯曲から選び抜いた31の名台詞。

作家と演劇に対する著者の思いが感じられる演劇論。演劇は時代の鏡。

どの台詞に共感するかで自分の今が解るかも。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「創造を支える劇場技術者
   --舞台裏から感動を伝える--」
  (シリーズ“アーツマネジメント”)
齋藤 譲一:著
新評論/2009.6.8/2800円


$月灯りの舞

伝統芸能から現代演劇まで「夢と感動の舞台」
を支える劇場技術者たち。
そのこだわりの仕事ぶりと情熱を描く。
              <帯より>



特殊法人国立劇場舞台技術部に入社、
その後国立能楽堂に転任した経歴を持つ著者。

1993年から埼玉県芸術文化振興財団彩の国さいたま芸術劇場
舞台技術課長として赴任、管理統括室長、埼玉会館館長を経て、
2009年3月に埼玉県芸術文化振興財団を退職。

現在は、芸術技術者のステータス向上を目指す
日本劇場技術者連盟の理事長を務め、
「劇場講座」や「演劇・舞台技術ワークショップ」など
の地域支援や交流活動、劇場やホールの管理・運営ならびに
企画アドバイザーを行っている。

そんな著者は「演劇バカ」「劇場バカ」と
言われている。

劇場の事務の方も舞台の裏方もみな劇場人。
劇場についての基本的な専門知識をもっと
仕事にもって欲しいと語る著者は
「劇場は創造するものである」と語る。


劇場の歴史を探り、劇場の価値、発展していった過程を
まずは語る。
ドイツ、イギリスの演劇の現状も交える。

そして日本の劇場の文化事情も具体例をあげながら、
詳細に語られていく。

そして、ハコという枠だけでなく、
舞台技術、ワークショップなどの中身についても
企画から実践までの流れを見て行く。

劇場と一口に言っても、音響、照明、舞台美術、演技と
細かく分かれる。

それぞれの分野のフローチャートを図表で
見せながら、それぞれの役割や工夫点、それにまつわる
エピソードもある。
実際のプロジェクトの「照明仕込み図」や
タイムスケジュールなども掲載されていて、
わかりやすい。

演劇人はどれも興味深し。とても勉強になる本である。

演じる立場に立っていても、裏方の場合も観る立場でも
やはり、「劇場」というものを意識する。
そして、舞台技術にも目をむける。


劇場の「theatre(シアター)」はギリシャ語の
「theatron(テアトロン)」が転じたもの。
「テアトロン」には「見る」という意味がある。


大きな劇場だからいいというわけではなく、
小さい劇場、施設的に補う部分がある場合こそ、
関わる人たちの工夫やセンスが発揮される時である。


特にアマチュア劇団においては、お金をかけずに
いかに「見せる」かということがいつも課題となる。

どこにいっても、この劇場を借りるといくらだろう?
と思ってしまう。

高松には手頃なホールが少ない。
でも、ホールじゃなくても芝居ができる。

高松市の美術館が出来た時、私が昔やっていた
劇団の旗揚げ公演は、この美術館の一室で演じた。

何もないフラットなフロア。
ただ空間があるだけの場所に、舞台の台を置き、
セットを組んで、パイプ椅子の客席。

何もないところからでも芝居はできることを
思い出す。

今、自主映画の上映会の会場を探している。
安い値段でベストな場所があるのだが、
交通の便が悪く、中心地より遠いのがネック。



私たちの自主映画「GO BACK 5 MINUTES AGO」
のエンディング・テーマで協力してもらっている
「CWC.」の『He...』のPVを監督が作成。

CWC.のマネジャーさんの協力で
ライヴ映像と写真と「GO BACK 5 MINUTES AGO」
の動画をミックスしたもの。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「才能の森―現代演劇の創り手たち」
  扇田昭彦:著
朝日新聞社/¥ 1,365/2005.11.25


才能の

1968年の秋、朝日新聞の演劇担当記者となった著者は、
蠕動する日本現代演劇の勃興期に立ち会い、
次々とほとばしり出る新しい才能をつぶさに見た。
天井桟敷館のこけら落としの取材で初めて会った寺山修司。

35年を超える長いつきあいのなか、驚くほど変わらない
「おさな心」を保ち続けている唐十郎。
演劇記者としてのみならず、編集者としてもつきあった
井上ひさし…。

また「女優を続けるなら恋愛はしても結婚はしないほうがいい」
と周囲に語っていた杉村春子や「巨漢のカリスマ」千田是也の
思い出から、ピーター・ブルック、タデウシュ・カントールまで、
世界に輝く才能に触れた経験をつづりながら、時代を映し、
時代の感性を牽引する「演劇」という芸術を形作った人々の
肖像を浮き彫りにする。 <裏表紙より>


演劇という世界で活躍した人たちを語っていく。
カテゴリは演劇だけど、さまざまな表現方法があり、
関わり方、表現方法もさまざまである。
創作活動は多々あけど、演劇は世界観が多様なものは
ないのでなかろうか。
それだけ、それぞれの味や個性が色濃く表される
世界だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「演劇入門」
平田 オリザ:著
  講談社現代新書/1998.10.20/700円

演劇入門


演劇の技術とは、「自分の妄想を伝える」技術である。
それが技術として確かなものであるならば、それは
ある程度まの部分まで言語化できるはずなのだ。
本書でまず初めに試みたいのは、これまで言語化
されることが少なかった演劇の技術、劇作の技術を、
できるだけ解りやすい言葉で書き記すことである。
              <はじめに より>

戯曲を書くこと、演劇を創っていくことのための
ハウ・ツー本。
第1章 「演劇のリアル」と「現実のリアル」
第2章 戯曲を書く前に―場所・背景・問題
第3章 対話を生むために―登場人物・プロット・エピソード・台詞
第4章 俳優は考えるコマである―戯曲・演出・俳優の関係
第5章 「参加する演劇」に向かって

各テーマごとに上演作品を実例としてあげたり、
人間相関図やプロット図などの図表も掲載したりして
説明していくのでとてもわかりやすく実践的。

例えば第一章の1「リアルな台詞とは何か」では
まずはリアルじゃない台詞、ダメな台詞をあげ
説明する。
そして、次に舞台設定を限定し、イメージから
入っていく方法をあげている。


言葉の定義についいて考える時、その反対語に
ついてかんがえるのも有効な手だとのべている。

やはり、物書き志望としては、第三章の
「プロットの立て方、エピソードの作り方」などは
大変参考になった。
自分の作品ばかりだと客観性を欠くからと、
他の人の作品こもあげ、人物の動きを図にして
プロットを検討していて、わかりやすい。
 

平田オリザの作・演出の劇団青年団の芝居
「ヤルタ会談」「忠臣蔵・OL編」を
観た時に、ロビーでこの本を買った。

★芝居の感想はこちら

http://ameblo.jp/tsukikagenomai/entry-10005780277.html


ちょうど平田オリザ氏も来られていたので、
本にサインをしてもらった。
オリザサイン

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

「寺山修司の仮面画報」
   寺山 修司:著

平凡社/1991.8/1800円




寺山画報

映画に演劇、写真にエッセイ、イメージの世界、
ことばの宇宙を縦横無尽に飛びまわったスーパースター、
寺山修司の世界を感じられる本。

写真が多くて、そのシュールな世界観に圧倒され
寺山ワールドに浸れる。


第1章 不思議機械
第2章 怪奇魔術芝居
第3章 密室遊戯
第4章 犬神兄弟写真商会幻想写真
第5章 面白映画
第6章 仮面画報
第7章 ヨーロッパ軽気球紀行


「不思議機械」とは「空中散歩機械」や
「快楽的折檻機械」など不思議機械製造人
小竹信節の悪のカタログである。


「怪奇魔術芝居」では寺山演劇の舞台写真の
数々が見られる。
上演当時の反響、寺山自身の演出ノート
なども記されている。


パノラマ、見世物、中国、魔術、フリークス……。
全てにおいてが実験的であり妖しい光を放つ。
“演劇実験室 天井桟敷のガラクタ美術館”
では、公演ポスターやパンフ、名場面集もある。

演劇以外に映画、写真、言葉などカタチは違えども
寺山の世界観というのは異様なほどに迫ってくる。
仮面、人形の世界など、エログロもあるけれど
せつないほどに迫ってくる。


この本を語るのは難しい。
写真集でもあり、演劇の奇跡でもあるのだけど、
いろんなものが盛り込まれすぎていて
紹介しきれない。
それに寺山の世界は言葉で伝えるものじゃなくて
感じ取るものだしね。

他にも寺山修司のこと


 「寺山修司戯曲集 1 初期一幕物篇」

  

★寺山修司唯一の人形劇 「狂人教育」  

 を残酷ミュージカルにした芝居も観た。
  



★寺山修司(脚本・監督)の映画「上海異人娼館」


★ちょっとせつないエッセイ「競馬放浪記」


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。