月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

旅立つものあり、舞い戻るものあり。
病気になるものあり、回復するものあり。
見失うものあり、みつかるものあり。
そんな春が過ぎ、初夏の香り。



前振りとは関係ないけど、
先月末に島根へ行った時の旅のお供の本。


浜田真理子&二階堂和美のライブの前に
読んだのだけど、偶然にもそのライブともリンクしてた。


『歌と宗教 歌うこと。そして祈ること』
鎌田東二:著
ポプラ社/2014.1.7/780円


人間は歌うために生まれてきた。
歌とは命そのものであり、命は歌なのであるーー。
スサノオ神話や古今和歌集、聖書から黒人霊歌まで。
古来より歌は宗教と深い関わりがあった。
世界の宗教と歌との繋がりとは何か。
歌の起源、そして歌の持つ力とは何か。

           <裏表紙より>



著者は、神道ソングライターとしての活動15周年を
迎える気鋭の宗教学者。


歌と歴史の秘密が明かされる。


ヤマタノオロチを退治し、クシナダヒメと結婚した
スサノヲが愛の営みの為の御殿を作った歌が、
日本最古の和歌と仮名序に紹介されている
「八雲立つ出雲」の歌。


「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」


八重垣のシュプレイコールで意味はないようだが、、
乱暴者が愛を得て歌を歌うことが大切で、
歌うことが秩序と調和を生も出すのだと。


「力を入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと
 思はせ、男女のなかをもやはらげ、猛き武士の心をも慰むるは、
 歌なり」と記貫之の仮名序も紹介されている。


二階堂和美さんは現役僧侶。
ただ歌を歌うということ以外で、その人の魅力のようなものが、
発散されているのだろうなあ。



島根に一緒に行った二人は、二人とも歌手。
歌うことで表現している人は感受性が豊かで、感情が激しいと想う。
それはとても素敵なことなのだけど、その分悲しみを受けた時、
傷つきやすいのかもしれない。
歌うこと、歌を聴くことで、元気になって、パワーアップして
欲しい。


私は歌を歌えないけど、短歌を詠む。
悲しい時、せつない時にその感情をもてあまし、言葉にする。
そのことで少し楽になったりするのかも。

歌と宗教 (ポプラ新書)/鎌田東二
¥842
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


こちらは日本語文法の専門家がJポップの
歌詞を読み解いていったもの。



「あの歌詞は、なぜ心に残るのか
  ─Jポップの日本語力」
この歌のこのこ山田敏弘 (著)
祥伝社新書/2014.2.10/800円


ことばが好きだ。
この楽曲に歌われている心情に共感できる。
しかし、時にはどうしてこういう言い方をするの
だろうかと引っかかることで記憶に残ることもある。
            <はじめに より>



100曲近くのJポップの歌詞を引用しながら、
気になるフレーズを文法 解析している。

  


「助詞」「助動詞・補助動詞」「接続表現」
「モダリティ」「あらゆる技法」の5つの章に
分け、それぞれの気になる言葉を分析。

  


耳に残る歌には意味があるのか?
助詞を一文字変えただけでもむニュアンスが
変わって来る不思議さ。
日本語のもつ響きの美しさなども伝わる。

  


国語のお勉強をおさらいしながら、
親しんだ歌に隠された文法の魅力を知り、、
日本語の深さを感じたりする。

あの歌詞は、なぜ心に残るのか─Jポップの日本語力(祥伝社新書)/山田敏弘
¥864
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この前、東京に行った時、マキタスポーツの
話が出て、本屋さんに行ったら、この本。


「すべてのJ-POPはパクリである
   現代ポップス論考」
マキタスポーツ (著)
扶桑社/2014.1.29/1200円


皆が表現することが当たり前の時代だからこそ、
「表に立とうとする人間」はより確かな「表現力」
が問われるのです。

私にとって作詞作曲モノマネは、最高の音楽を
作るための手段であり、モノマネをすること自体が
目的ではありません。
          <はじめに より>



第1章 ヒット曲の法則
第2章 なぜCDが売れなくなったのか?
第3章 モノマネから発するオリジナリティー
第4章 日本のポップスはすべてノベルティー・ソングだ

の4章からなり、ヒット曲を分析していく。
 


ヒット曲からみる時代背景を語りつつ、
著者ならではのオリジナリティを生み出すヒント、
現代社会で生き抜く術も おもしろい視点で語られる。

タイトルは過激だけど、とても丁寧に分析されていて、
文章もとても おもしろい。



すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)/マキタスポーツ
¥1,296
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新書の新刊。
ユーミン本。


「ユーミンの罪」
酒井 順子 (著)
講談社/2013.11.15/800円


月灯りの舞

ユーミンが私達に遺した「甘い傷痕」とは?
キラキラと輝いたあの時代、
世の中に与えた影響を検証する
           <帯裏より>



「負け犬の遠吠え」の著者の初新書。


ユーミンの歌をアルバム毎に章立てし、
当時のユーミンの言葉や時代背景も語られ、
歌詞の引用とともに検証される。


「風立ちぬ」にも使われた「ひこうき雲」の章では、
「軽やかでお洒落な“死”」というコピーで語られる。

ユーミンの小学生の同級生がモデルだったというこの歌は
19歳の「生き盛り」の女の子が「死」を扱った歌を
デビューアルバムのタイトルに持ってきて印象的だったと
著者は言う。

そして、その年にレコード大賞を受賞した、
ちあきなおみの「喝采」での「死」の扱われ方と比較している。

そして、

“ユーミンは「瞬間」を歌にする人。
ストーリーやイデオロギーや感情そのものを歌にしていくの
ではなく、感覚であれ、具体的な事物であれ、一瞬「あ」と
思ったこと、一瞬協力に光ったもの、その瞬間を鋭い刃物で
切り取り、すくい上げる。”
と述べる。


この一文がユーミンの全てを語っている。


「14番目の月」は「女の勝手のラブソング」と例え、
当時の恋人たち、ラブソングの様子も重ねる。


バブリーな時代と共に、ユーミンの歌はヒットし、
アルバムと共に当時の若者たちの生活にリンクし、
その「情景」がシンクロしていく。



何年か前、ライターの仕事で、ユーミンの歌詞検証の
下調べをしたことがあり、ユーミンの歌詞は
かなり自分でも検証しているので、この本はより深く
読めた。


★ユーミンの名曲の歌詞世界を歌人が解き明かす本。
『ユーミン「愛」の地理学』
   松任谷由実「私」という至福の空間
 蔦きうい:著
http://ameblo.jp/tsukiakarinomai/entry-10019610105.html


★ユーミンの最初の自伝的エッセイに「ルージュの伝言」の
 編集をした話が書かれている。
「編集者という病い」見城 徹:著(太田出版)゛
http://ameblo.jp/tsukiakarinomai/entry-10049014740.html



★ユーミンの「ルージュの伝言」をマザコンソング
 と語り、歌謡曲に分類している本。
「どうにもとまらない歌謡曲―七〇年代のジェンダー」
  舌津 智之:著
http://ameblo.jp/tsukiakarinomai/entry-10049911205.html


★「 Yuming VIVA! 6×7TOUR 2004-2005」
http://ameblo.jp/tsukikagenomai/entry-10001202000.html
サンポートホールでのユーミンライブは最前列だった。


★「CONCERT TOUR TRANSIT 2009」
http://ameblo.jp/tsukikagenomai/entry-10344912059.html
「時間旅行」というテーマのユーミンライブは
大掛かりなセットで、舞台芝居を観るようだった。


★2011「Road Show」
http://ameblo.jp/tsukikagenomai/entry-11028876596.html
アルファあなぶきでのユーミンツアー2011年は
テーマが「映画」


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「あなたの街の ご当地ソング ザ・ベストテン!
 うたで旅する都道府県音楽紀行」
ごうだ・みちと(合田道人):著
全音楽譜出版社 /2010.3.12/1600円



月灯りの舞

ベストセラー「童謡の謎」で童謡の謎を解いた著者が、
今度は「ご当地ソング」の謎を解く!
知らなきゃいけないご当地ソングから、
誰も知らない!?ご当地ソングまで、
著者の今までの経験と人脈をフルに生かした
独自のランキングが完成。


県民性や県の歴史から曲の成り立ちとヒットを分析。
               <帯より>



県別にご当地ソングのベストテンが掲載され、

歌の解説に加え、県民性分析まで載っている。


ベストテンは、都道県ごとにまんべんなく様々な年代に
アンケートをとって作ったというが、やはり古い歌が多い。


歌にちなんだ、エピソードはもちろん、
観光スポットの写真や歌碑写真、
方言、土地の見どころ、地図付き観光案内もあるので
旅のお供にも最適だし、故郷を見直すのにもいいかも。



京都、大阪の歌は多い。


京都のご当地ソングは

 1位 女ひとり(デューク・エイセス)
 2位 京都の恋(渚ゆう子)
 3位 竹田の子守唄(赤い鳥)
 4位 祇園小唄(藤本二三吉)
 5位 岸壁の母(菊地章子/二葉百合子)



やっぱり1位は ♪ 京都ぉ~ 大原 三千院♪だ。

この歌いだしは知ってたけど、タイトルは「女ひとり」
というのだったのね。


渚ゆう子は6位に「京都慕情」もランクイン。
デビュー後ヒット曲にめぐまれず、「京都の恋」が
ダメだったら歌手をやめるつもりだったが、
大ヒットし、トップ歌手になったとか。



私が好きな京都の歌は7位にあった
かぐや姫の「加茂の流に」かな。
優しく語りかけるような歌。



大阪はやはりコレ。


1位 大阪で生まれた女(BORO他)
2位 大阪ラプソディー(海原千里・万里)
3位 河内おとこ節(中村美津子)



浜田真理子の島根県は
民謡の「安来節」が1位。


6位の「緑の糸」(竹内まりや)は
NHKテレビ小説「だんだん」の主題歌で、
離れ離れで育った双子が出雲大社で再会するというドラマ。


♪ 時空(とき)を越えて 何度とはなく
  巡り合うたび懐かしい
  そんな誰かを見つけに行こう
  八雲立つあの場所へと
  どんな小さな縁(えにし)の糸も 
  何かいいこと連れてくる




そして、我が香川県は


 1位 瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)
 2位 金毘羅舟々(民謡)
 3位 波止場しぐれ(石川さゆり)
 4位 二十四の瞳(二代目コムビア・ローズ)
 5位 オリーブの島(二葉あき子)



なんか、地味な曲ばかりである。


でも、「金毘羅羅舟々」はいろんなアーティストが
香川でライブをする時は、アレンジして歌ってくれたりする歌
ダントツ一位かも。


3.4.5位とも小豆島の歌。
「波止場しぐれ」は小豆島 土庄港に歌碑があるそう。



9位の都はるみの「高松夜曲」は「ふたりの大阪」のB面で
♪黙って身をひくぅ~ 高松みなとぉ~♪
と歌う なかなかいい曲。



ちなみに香川県の県民性は
「協調性と順応性にすぐれ、お金を貯めるのが上手。
 さらに“へらこい”と呼ばれる性格を持つ。

 これは利己的でこざかしくて要領がいいということである」とある。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「陽水の快楽―井上陽水論」
竹田 青嗣 :著
河出書房新社(河出文庫)/1990.3.26/480円


月灯りの舞

実存的世界の中で「本当の世界」への
希求はどのように変質していくのか。
井上陽水の世界に超越論的欲望の変容と
その行方を探り、“夢よりも深い覚醒”の
彼方に、新しい批評のスタイルを
切り拓いた。注目の長篇評論。
        <裏表紙より>   


随分前に読んだ文庫。


評論なので、難しく難しく書いている。

「ジェラシー」の解説においては、
バタイユの「エロティシズム」とハイデガーを
語っている。


エロティシズムというのは単なるエロスの発動ではなく、
「美」という幻想にリビドーが向かっているということと。



だから、「ジェラシー」に出て来る「君」は
特定の人ではなく「美」の理想、幻想だと。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

作詞家・阿久悠を現代日本を代表する
「詩人」と評価する評論家の著者による
本格的サブカルチャー論。


「ヒットメーカーの寿命
  ―阿久悠に見る可能性と限界― 」

高澤 秀次:著
東洋経済新報社/2008.12.19/1600円


月灯りの舞


洗練された商品としての言葉(=歌詞)の
変遷から、時代とその時代を映す
鏡としての歌の関係が、見えてくるに違いない。
             <はじめにより>


「言葉」の「市場化可能性」を追い求めた作詞家として、
阿久悠の軌跡をたどり、「革新的な言葉り市場開放者」
として検証していく。


ただ歌手に詞を提供しただけのヒットメーカーではなく、
数多くのアイドルの発掘、コンセプトを一つのプロジェクト
にまで展開させるクリエイター。

または沈みかけた歌手を起死回生のヒット曲で
甦らせる言葉の魔術師としての阿久悠。


例えば、
山本リンダの「どうにもとまらない」
最初は「恋のカーニバル」というタイトルだったが、
レコーディング終了時に阿久悠が差し替えたことで
カマトト、ぶりっ子キャラの山本リンダが、
セクシーでアグレッシブ(攻撃的)な女に豹変。


「こまっちゃうナ」で“引く女の子”を
「どうにもとまらない」で“引かない女”を市場化し、
「欲望の規制緩和」を地で行ったとあもある。


欲望に忠実な今でいう「肉食系」女子は
すでにこの市場で誕生していたのだ。


阿久悠は「作詞の基本は映画で学んだ」とある。
映画的な虚構世界の物語構造を、圧縮して歌謡歌詞の
世界に導き入れようとしたのが阿久悠。


歌作りの制作過程においての視点移動を
カメラワークから発想した彼は、
絵コンテのようなラフスケッチから、
イメージを膨らませていったという。


しかし、盟友 上村一夫のイラストを見た時、
上村の天才を瞬時に見抜いた阿久悠は、
恥ずかしくて二度と絵コンテを描かなくなったと。


二人の協同作業による劇画やコンビの解消の話も
とても興味深い。

コンビ解消後にオリジナルで上村一夫が描いた
「同棲時代」と日本レコード大賞受賞曲
「また逢う日まで」は奇しくも1971年。

著者いわく、離れ離れになった二人の
時代を読む力の共鳴現象の結果と。



阿久悠の「日記力」についても述べている。

作詞家として、作家として、
情報収集、情報整理のため日記を書き続けた。

一日も欠かさずに克明に書いた「その日の出来事」集。

歌詞生成のためのハードトレーニングとして
の日記。
常に好奇心を衰えさせることなく、
常に「市場」につなげていた。


ヒットチャートを賑わせた沢田研二に
数多くの歌詞を提供し、同時に
彼のキャラクターをも創っていた。


「やせ我慢を売る男」「滅びゆくもののダンディズム」。
寅さんのような偉大なるマンネリも
健さんのような不器用さも許されない、
「けだるさを秘めた退廃美」は
いつかは燃え尽きるはかない有限性にこそ
本質があったのだと。


歌詞の分析、負けたと思う歌……。
さまざまな歌謡史を通しての阿久悠が見える。

昭和歌謡ファンとしては、どれも興味深く、
読みごたえのある本だった。

 



重苦しい閉塞感に包まれた
暗い時代の中で書いたという
希望の灯りの歌。

改めて歌詞を読むと、本当に希望が出て来るね。



♪ あなたに逢えてよかった
  あなたには希望の匂いがする
  つまずいて 傷ついて 泣き叫んでも
  さわやかな希望の匂いがする

        「あの鐘を鳴らすのはあなた」 
       

ここから始まる現代歌謡史を、
「阿久悠にとその時代」に焦点を絞って
たどり直してみよう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NHK「知る薬」のテキスト8-9月号は
なかにし礼の「不滅の歌謡曲」。


月灯りの舞-不滅の歌謡曲

今回のシリーズでは、日本人が耳にし、口ずさんできた歌謡曲を、
なかにし礼が読み解き、庶民が生きた激動の日本近現代史に迫る。
日本人のメンタリティと時代を映し出す鏡=歌謡曲に探る、
なかにし版・日本人論である。
                  ≪解説より≫


ヒットメーカーの作詞家として知られるなかにし礼。
作詞した曲3000曲で、そのうちヒットは300、
ミリオンセラーは約30という。



歌についてなかにし礼は
「歌は空気であり、空中に漂っている。
そして詩人が、一人の人間を超えた何者でもない
存在になったときにはじめて、その魂に天からの指令を
受けた歌という精霊が舞い降りてくる。
それを私は『ひらめき』と呼んでいます」
と語る。



エドガー・アラン・ポーは
「言葉と音がしのぎをけずって
 ストラッグル(闘争・葛藤)することによって歌となり、
 それは完全な芸術作品になる」と
語っていたという。


言葉それ自体で完結するなら、曲が必要がなく、
音楽だけで完結するならば言葉をつける必要がない。

つまり、音楽と言葉は互いに欠けたものであり、
互いに補いあうもの。
そういう詩を書くのが作詞家として重要なのだと。


作詞家という立場から、歌謡史をつづり、
今までにない「歌謡曲論」を展開している。


歌謡曲が、いろいろな文化や芸能の影響を
受けていること、ヒット曲の時代背景や
歌詞の分析、リズムについてなど、
内容が盛りだくさん。


音楽出版界やヒットのシステムについても書かれていて、
興味深い。



作詞をしている人にはとっても勉強になるし、
歌謡曲ファンには懐かしい名前や歌が
たくさん出てきて、おもしろく読めると思う。


ヒット曲でないかぎり、歌として存在しない」
というなかにし礼の自信に満ちた言葉も
彼の実績を見るとうなづける。




私、バカよね おパカさんよね
うしろ指 うしろ指さされても
あなたひとりに命をかけて
耐えて来たのよ 今日まで
       「心のこり」作詞:なかにし礼

 



あなたと逢った その日から
恋の奴隷になりました
あなたの膝にからみつく
小犬のように
だからいつも そばにおいてね
邪魔しないから
悪い時はどうぞぶってね
        「恋の奴隷」作詞:なかにし礼


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ウィ・ガット・メール
   ~~恋をするなら」

阿川 泰子:著/ 吉村 浩二:著
早川書房/2003.12.10/1600円



月灯りの舞-we mail

人気女性シンガー・阿川泰子と
音楽評論家・吉村浩二が、
よく知られたラブ・スタンダード・ソングから
40曲を選び、それらの曲をテーマにメールを交換。


話題は、曲そのものについてだけでなく、
恋愛、人生、映画、旅行、食べ物、舞台での失敗談、
有名な音楽家たちのエピソードなどに及ぶ。
            <裏折り返しより>



阿川泰子がその内面を語った、初のエッセイ集。


二人のメールのやりとりに加え、
曲目解説とCDジャケットカバー、阿川泰子の“つぶやき”と
イラストレーションが加わっていて、
ビジュアル的にも楽しめる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「おふくろさん」の作詞家であり、
「月光仮面」の原作者であり、
多くの作品を生み出した作家 川内 康範の本。



「おふくろさんよ   語り継ぎたい日本人のこころ」
  
川内 康範:著

マガジンハウス/2007.12.20/1300円


月灯りの舞-おふくろさんよ

「憎むな、殺すな、真贋糺(まことただ)すべし」は、
赦さぬことが赦すという反語なのだ。
私の生きざまのけじめでもあった。

本書が「こころの書」として、日本人の誇りを
取り戻す道標となれば幸いである。

         <まえがき より>



作詞家だけでなく、映画やドラマの脚本家でもあり、
作曲家でもあり、映画監督、政治評論家など
多くの才能を活かした川内 康範の
生きざまと心の証を記した「遺書」的な本。


「おふくろの愛は、無償の愛である」

「見返りを求めない」

「誰よりも君を愛す」

「愛は『情死』である」

「落ちるところまで落ちないと、はいあがれない」


など、章ごとのタイトルを見てもわかるが
やや自己啓発本的ではあるが熱い本である。


そして、彼の激しく愛に生き、愛に包まれた生き方が
ひしひしと伝わる。


川内氏の母は、針仕事一つで、六人の子どもを
育てた人で、父親は日蓮宗の修行をして住職
となった方。


だから、氏は幼少のころから
「施しの愛」「無償の愛」を教えられてきたという。


小さい頃から物書きに憧れて、本を買うために
売血をしていたという川内氏だったが、
貧しい人にはタダで血をあげたという。


だから、「月光仮面」の発想も仏典からきている。
薬師三尊の一体月光菩薩にちなんでつけられ、


「月光の慈悲は、いかなる国といえども
 これを選ばず、光を投げかけ、その光が
 汚れを照らし出す」


という姿を月光仮面として誕生させた。



愛した時から 苦しみがはじまる
愛された時から 別離が待っている
ああ それでもなお 命かけて
誰よりも 誰よりも 君を愛す


        「誰よりも君を愛す」
作詞:川内 康範



これは、川内氏が初めて作詞を手がけた記念の作品。


長編小説として書いた「誰よりも君を愛す」は、
単純なメロドラマではないと理解され、
ラジオ化、映画化、レコード化される。



永遠に同じ形であるものは存在しない。
人も心もであるが、

「命の限り愛することが私の生きる道」と言う。


「あなたがなければ生きてはゆけない」という愛の哲学を
持った川内氏は、男女の愛がきっかけで
三度の離婚をし、そのた度に資産の一切を
相手に渡し、裸一貫でやり直している。


そんな川内氏が最後に絶望の淵に立たされ、
死に場所を求めて海外へ旅立った時、
最後の妻との出会いがあり、
「あなたにはまだ果たすべき使命があります」と
彼女に言われ、再起したという。



最後の章「歌は人の志を運ぶ船である」で、
川内氏は


「私はただ『売るため』を前提に歌や小説を
 書くことはない。
 『売るため』に受けのいいだけの言葉を
 並べたり、ただ泣かせるだけの場面を
 描くだけでは、真に人の心を感動させることは
 できない」
と語る。


遺書を兼ねた川内氏の最後の曲。
  ↓


この世に生まれて何をした
何かをしたよでしないよな
おぼろおぼろな生きかたの
おれにはなんにもありはせぬ


この世にサヨナラする時は
ひとつでいいから真実を
おぼろおぼろな生きかたの
命の証に遺したい


    「この世に生まれて」
      作詞・作曲:川内 康範


--------------------------------


私も「激しい」と言われるけど、
いつまでも夢も真実の愛も遠く、
人生の終曲へと向かっていく。


夢も愛も激しく求めるのだが、
魂が伝わっていないのだろうな。


だからこの手につかめない。


不器用で、空回りばかりだ。

でも、やっぱり死ぬまで
心のままに激しく求めてしまうのは

やめられないのかな。






おふくろさんよ 語り継ぎたい日本人のこころ/川内 康範
¥1,365
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。