月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

映画の美しい瞬間を美しい文章で語る
名物映画エッセイ。


「銀の街から」

沢木耕太郎 (著)
朝日新聞出版/2015.2.6





朝日新聞に連載(2007.420~14.9)された90篇を収録。
これを読んで映画館に足を運んでほしいと
想ってつけた連載タイトルが「銀の森へ」。


さほど、印象に残らない映画でも、この方が書くと
映像が浮かび、魅力的な映画に思えるのは、
巧みな文章表現のなせる技なのでしょうね。




銀の街から/朝日新聞出版
¥1,728
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

映画本。


「観ずに死ねるか!」シリーズの第四弾は絶望編。


「観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88
  総勢70人が語る極私的トラウマ映画論」

園 子温,宇多丸,二階堂 ふみ, 染谷 将太 , (著)他。
鉄人社/2015.6.20/1800円






これでもかと襲う不幸、理不尽な狂気、負の連鎖、
死にまっしぐらな生き様、救われない結末---。
本書は、男と女の、家族の、人生の、世界の“絶望”を描いた映画を
クリエイター、パフォーマー、文筆家70人が個人的視点で
語り尽くした1冊である。
               <扉より>
   

「悲劇」「戦慄」「破滅」「哀切」「狂気」の
第五章からなり、詳細な映画紹介と執筆陣の
トラウマ度合い、絶望度が語られる。


執筆陣がとてもそそる。


何をもって「絶望」とするかは人それぞれだが、
逃げ場のなさ、救いの無さ、観終わった時の
虚無感は計り知れない。

ドヨンとなりたい人、ドン底に突き落とされたい人、
読んで、映画を観るべし。
   

私の中の絶望シネマは
「ジョニーは戦場へ行った」かな。

この本では、森達也が紹介していて、
「辛くて声をあげたくなる。
でも、どんな声をあげればいいのか、僕にはわからない」

と、それがあまりに深い絶望であることを語る。


ドリアン助川は「髪結いの亭主」を、ある女性に
「官能的だ」と言われて観たと、紹介。
そして、「『死ぬ』か『狂う』かでしか『時』
と対峙できない」という儚さを語っている。
ドリアンさんのレビューはやはり詩的だ。


新藤兼人監督の「銃殺」が紹介されていた。
壮絶そうで、怖いが、観たくなった。
ああ、絶望の闇が私を呼んでいるぅぅ。



観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88/鉄人社
¥2,000
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生日にもらった本。


「縛師: 日活ロマンポルノ SMドラマの現場」
  浦戸 宏 (著)   
  筑摩書房 /2015.3.24




観る者の妄想をかきたてるきびしい責め図が
成立し、かつ女優が耐えられるにはどう
締めればよいか。
伝説のロープマンが緊縛の様式美、
イマジネーションを語る。
        <表紙折り返しより>



日活ロマンポルノで、谷ナオミ主演の
「花と蛇」「生贄夫人」で緊縛指導を担当し、
以来50本を超えるロマンポルノ作品で、
数々の女優を縛りあげた縄師。


撮影現場でのエピソードが生々しく、
おもしろい。


ウソをホントに見せる「映画」の世界で、
SМという世界観をどう見せて行くか、
緊縄の文化と美意識が本音で語られる。

ロマンポルノという枠に限らず、
昭和の映画界の様子が解り、とても
興味深かった。

写真やイラストもエロティック。


縛師: 日活ロマンポルノ SMドラマの現場 (単行本)/筑摩書房
¥2,592
Amazon.co.jp


         

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月発売の「ケトル」Vol.14の特集は、
「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が大好き!」





あのSFアドベンチャーの名作
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の2作目で
描かれていた未来の世界の年がなんと、2015年。
今年なんである。
だから、大特集。


シリーズ3作の時間の流れがわかる年表から、
人物相関図、名言集や50のトリビアなど、
BTTFファンにはたまらない。


映画で使われた特殊効果と現在の比較とか、
検証企画もとてもおもしろい。


好きな映画は何かと聞かれたら、
「バタフライエフェクト」を観るまでは、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と答えていた。

タイムスリップものが好きなのである。


初めて自主映画を創ろうとシナリオを
書いたのもタイムスリップもの。



今度、姉妹シリーズ「半熟姉妹」のリーディング公演の
テーマは「時間」だ。
私はタイムスリップものを書く予定。




ケトル VOL.24/Kaede
¥972
Amazon.co.jp

「ケトル」2015.4月号表紙
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「YouTubeで食べていく  『動画投稿』という生き方」
愛場 大介(ジェット☆ダイスケ)
光文社新書/2014.8.7/740円


「稼ぎたい」「有名になりたい」という願望は、
YouTubeで簡単にかなえられるのだろうか?
日本で最も動画共有サイトの立ち上げに携わってきた
ビデオブロガーが、トップクリエイターたちへの
インタビューを交え、動画投稿ビジネスについて考える。
        <表紙折り返しより>


劇団が宣伝というカタチから、 YouTubeを使って
表現する方法を模索している実例が
興味深かった。


表現者という枠を超えて、それが「ビジネス」として
成り立っていく過程がレポートされているが、
ノウハウ本というより、現状報告という感じ。


食べていけるかどうかはやり方次第ではあるが、
ひとつの「表現形態」としてとらえると、
その多様性がおもしろい。


YouTubeで食べていく~「動画投稿」という生き方~ (光文社新書)/愛場大介(ジェット☆ダイスケ)
¥価格不明
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「映画監督という生き様」
北村 龍平 (著)
集英社新書/2014.8.17/740円


ハリウッドに拠点を置き、
一人気を吐き続ける稀有な映画監督の
映画観・撮影術、そして破天荒な
生き様とは!?
     <表紙折り返しより>



学校に行くより、映画館に通い、
全てのことを映画から学んだ子供時代。


映画監督でなら成功できると、
映画の世界から、プレない生き方。

影響を受けた映画、何百回となく観た映画、
自らの映画の製作秘話を盛り込み、
その生き様と共に映画の見所が語られる。



映画に関わる人にはとても勉強になり、
おもしろい。
カッコイイなあとも思う。


映画監督という生き様 (集英社新書)/北村 龍平
¥799
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

息抜きに 映画本。


「本当に怖い映画100本
   シネマニア100 永久保存版」

エンターブレインムック DVD&ブルーレイでーた
KADOKAWA/2014.8.15/1300円


映画マニアにきいた怖い映画10本の
アンケート結果のTOP100(2009.10月)


総評では、映画評論家&映画ライターの
TOP10とコメントもあり、
「人は何に恐怖を感じるのか」を、検証。

 


ランキングの後は、圏外作から厳選の
「私だけが知っている マニア20本」紹介。


「映画の中の殺人鬼大全」や
恐怖を探究するプロ9人の選ぶ
「本当に怖い3本」も興文深い。


Jホラー映画クリエイターのトーク
「怖い映画の作り方」や
「怖い映画音楽」など、
恐怖をキーワードに盛りだくさんな内容。


人によって、怖いと思う感覚は違うけれど、
「怖い」という感覚は一番表現しやすいのか、
様々なジャンルから怖さが生まれる。

人の闇は深く、怖く、
実際の事件の方が怖いのだけどね。


シネマニア100 本当に怖い映画100本 (エンターブレインムック)/著者不明
¥1,404
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

テレビマンが語る 移植の映画論を文庫で読む。


「ヒット番組に必要なことはすべて映画に学んだ」
吉川 圭三 (著)
文藝春秋 (文春文庫)/2014.6.10/)


「特命リサーチ200X」「恋のから騒ぎ」
「世界まる見えテレビ特捜部」など数々の
ヒット番組を手がけ、ビートたけしや明石家さんま、
所ジョージが信頼するテレビマンが、
古今東西の映画を腑分けし、
「人間は何を見たいのか」を徹底的に分析する。
映画からどうやってヒントを得て、
テレビ番組づくりに活かすのかという発想法も満載。
              <裏表紙より>


映画狂で、高校時代に映画を作ったことが
原体験となり、クリエイティブの世界へ。


でも、映画界ではなく、テレビ界へ。
しかもドラマではなく、バラエティ。



著者は様々な映画からヒントを得て、
番組作りに活かしていく。


ヒット番組の着想になった話や番組秘話などを
交えつつも著者の大好きな映画が
たくさん登場し、その映画の見どころも
語られるという もの作りをする人には
読み応えたっぷりの本。


業界の人の自慢話ではなく、映画愛を
感じる本で、好感がもて、
ジャンルごとの映画論もおもろしい。

ヒット番組に必要なことはすべて映画に学んだ (文春文庫)/吉川 圭三
¥605
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「CUT」7月号の特集は
「マンガと映画が愛しあうとき」。


過去の名作からこの夏公開までの、
マンガが原作の映画をCUTならではの
切り口で検証。


原作マンガに思い入れがあるほど、
映画にされたら、観ないとか、ガッカリという
ことは多かったが、最近はそうでもないような
気がする。


別の表現作品として観られれば、だけど。

もちろん染谷将太主演の「寄生獣」も楽しみだが、
「CUT」が選ぶマンガ映画10本や
「TOKYO TRIBE」園子温×井上三太
完成直前インタビューもとてもよかった。


そして、「3つの『オールド・ボーイ』、徹底比較」が
興味深い。
マンガ原作のファンだが、韓国版も印象深く、
次はハリウッド版も期待できそう。



★「オールドボーイ」韓国版映画の感想(2005.2.13)
http://ameblo.jp/tsukikagenomai/entry-10000776609.html



★「オールドボーイ」漫画の感想(2004.11.15)
http://yaplog.jp/tsukiakari/daily/200411/15


Cut (カット) 2014年 07月号 [雑誌]/著者不明
¥710
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今年も半分終わったが、この半年間に劇場でに観た映画は
26本。
そのうち邦画が20本。


先週も、「渇き。」「そこのみにて光輝く」と
続けて邦画を二本観たが、この二本は
かなりヘビィで、観終わってもいろいろと残るものがあり、
考えさせられた。


ちょうど「キネマ旬報」7月上旬号の
巻頭特集が『「ヘビィ」な映画』で、
「渇き。」が取り上げられている。


原作は、原作者 深町秋生が、鬱々としたものを
文字にして吐き出してできたものだとある。
確かにこの映画はネガティブなものから生み出されている
と感じた。

人のダークな部分。

画家でも作家でも何か表現する手段がなかったら、
アブナイ方向に走っていたという人は多い。

それだけ負の力というのは深く、激しく、
狂気を何かに昇華していけるかどうかは
紙一重なのだろう。


大好きな精神科医 春日武彦先生のコラム
「性グロテスク説のこと」も掲載。
人間らしさの欲望について書かれていて
おもしろい。
グロテスクなものに惹かれる好奇心が
本質なのだろうと。


キネマ旬報 2014年7月上旬号 No.1665/著者不明
¥918
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。