月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

今週の「BRUTUS」(11/15号)は
「ラブ・ソング」特集。

『心に響く、愛の言葉』。

月灯りの舞

「心がふるえるフレーズ集」や
様々な人がカラオケで歌う
ラブソング鉄板リストなど、
その人、その時代のラブソングがあふれる。

愛に歌を託す13組のアーティストに
ついてを著名人が語る
「ラブソング考」がおもしろい。

リリー・フランキーは西川峰子を
「少年とオヤジとラブソング」というタイトルで
語っている。
「あなたにあげる」を処女の性欲がほとばしると
述べ、恋愛対象がオヤジから同級生に変わっていく、
少女の歌世界の変貌をみつめる。

日本ラブソング史やラブソング成分仕分けなど、
図表入りで分析しているのもあり、
様々な角度からラブソングというものを検証。


月灯りの舞
そのものズバリ「Love song」というタイトルは
浜田真理子のミニアルバム。

2008.4月の誕生日にいただきいたもの。
これで落ちた。
浜田真理子に!

【収録曲】
1. Love song
2. ラストダンスは私に
3. 貝殻節
4. アカシアの雨がやむとき
5. 「Winter people」


このまま死んでしまいたい
あなたの腕の中で
優しく包まれて
この星空の下で

ずっとずっと
このときを夢見てた
あなたが私だけの人になるときを

     「Love song 」   
       作詞・作曲:浜田真理子

ジャケットのイラストは近藤ようこ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「小田和正全詞集 大切なことば」
  
  出版社:G.B./2007/09/01/1905円



小田


小田さんがいる限り、
ひとりぼっちにならない。


『たしかなこと』、『言葉にできない』、
『ラブ・ストーリーは突然に』、『さよなら』etc.
ジ・オフ・コース時代から現在まで、他者への提供曲、
CMのために書き下ろされた楽曲まで。
初活字化の『SAME MOON』を含む全196曲を収録。
              <帯より>


小田さんの歌詞集。


小田さんの歌詞にはドラマがあるけど、
あまり具体的な言葉が並んでないので、
どんな人の状況にもあてはまるのがいいのかも。



うーん、小田さんの歌で一番好きなのは
「さよなら」かな……って、暗いか、私。



□■□■□■□■□■□■□■□■



いちばん大切なことは
特別なことではなく
ありふれた日々の中で
君を 今の気持ちのままで
見つめていること
       「たしかなこと」より


□■□■□■□■□■□■□■□■



例え夢をおいかけて 立ち尽くしても
一人にはならないさ 誰かが見てる

走り続けていても 歩いていても
空を見上げてため息つくも それぞれの人生

ただこれだけは いつも忘れないで
夢を追いかける人のためら 時は待ってる


         「time can wait」





□■□■□■□■□■□■□■□■



それでもすてきな夢を見たいから
こうして追いかけてゆくだけ
その他に 何をすることがある
一度きりの短い人生

先のこと 考えてたら 
そのままどこへも行けやしない

        「またたく星に願いを」


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「Jポップの作詞術」
 石原 千秋:著
  日本放送出版協会(生活人新書)/714円/2005.11.10


Jポップ作詞術
aiko、キンモクセイ、森山直太朗、福山雅治、
ORANGE RANGE…。Jポップの歌い手たちの言葉には、
文学的な修辞や技巧が惜しみなく使われ、
言葉に対する鋭い感性が滲み出ている。
その歌詞を分析し、現代の若者の言葉感覚に鋭く切り込む。
                <表紙折り返しより>



日本の近代文学を研究している早稲田大学教授である
著者がJポップの歌詞について「国語」の授業のように
「解説」した本。

著者は文学研究を始めた頃から、「テクスト論」という
方法を採用している。テクスト論とは、生身の「作者」と
「テクスト」とを切り離して論じるということ。
「作者の意図」というのを全く考慮しないということ。
教科書によくある「この小説における作者の意図に
ついて考えよう」ということに対して「そんなのわかりっこ
ないじゃん」という著者である。
だから、そういう姿勢で分析していくのだという。

本書では、まず歌詞を提示し、歌詞から三つのキーワードを
選んで解説し、その次に二つのコラムを並べている。
一つのコラムは歌詞に添った解説であり、後のコラムは
歌詞からヒントを得た発展的内容。

著者は国語の授業のような解説と言うが、堅苦しいわけではなく
とてもおもしろく読める。


どの言葉をキーワードに選び、どう解釈していくのか、
それぞれの歌詞によって違っているのも興味深い。
文学研家らしく、文学作品との比較もある。

細かい一字一句の違いにも細かく着目している。
例えば、「今すぐ抱きしめて」ではなく、なぜ
「今すぐに抱きしめていて」という落ち着かない
フレイズにしたのか。



あまりに雑然とした歌詞の場合、耳で聴いても
目で読んでも理解できなく、手で書き写して見たという。
「手」で理解するのである。
昔の小説家が気に入った小説を一字一句書き写して、
文体を「手」で覚えるようにしたという。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。