月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

これは、かなり前に読んだ本だけど、
装丁に関する本二冊。



●「装丁物語」和田誠:著
白水社/2016.12.1/1000円


人気と信頼を誇る装丁の第一人者が、
読者の印象を高め、書物に新しい生命を吹き込ませるための発想の
コツとノウハウを、おなじみの絵はもちろん、
文字使い、用紙、色彩など多岐にわたるデザインと、
作家たちとの交流を中心にさまざまな局面から書き下ろす、
もうひとつの本の物語。
             <解説より>



谷川俊太郎の「けんはへっちゃら」という童話が好き。
これは表紙と挿絵も著者が描いている。


7章「映画の本の装丁」では、著者が手がけたたくさんの
映画本が紹介されている。
装丁だけでなく、イラストはもちろん、レイアウトもされ、
スターの似顔絵も。


16章「自著の装丁」はとても興味深い。
和田誠という作家の本を和田誠という装丁家が
デザインするという気持ちなんだとか。

でも、自著のものはあえて愛想のないデザインを
してみたり、安上がりに帯をなくしたりと、
実験的な試みをしたりもするそう。



●「装丁問答」
長友啓典 (著)
朝日新聞出版/2010.12.10/780円



本の装丁は「時代」をうつす鏡。
第一線で活躍するグラフィックデザイナーで
装丁家としてのキャリアも長い筆者は、
本屋さんを“徘徊”し、ジャケ買いを楽しむ。
出合った装丁の魅力を、あつく語る、
本を愛する人に贈るブック・エッセー。
        <表紙 折り返しより>


そっけない装丁の新書だけど、
熱く装丁について語った本好きの本。

装丁物語/和田 誠
¥1,944
Amazon.co.jp

装丁問答 (朝日新書)/長友啓典
¥842
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今月の「Pen」(6/15号)の特集は、
「手に取りたくなる 美しいブックデザイン」


ブック・デザインのトレンドのほか、
名作の数々で本とデザインの歴史を
ひも解く。


電子書籍が発達し、スマホやネットで
“本”を読んだとしても、やはり紙の本には
手触りと、装丁の楽しみがある。


村上春樹の小説「色彩を持たない多崎つくると、
彼の巡礼の年」が世界で訳されているが、
国によって装丁が違い、その多種多様性に驚く。

とてもデザイン性が高く、表紙を見ただけで、
想像力をかきたてられる。


見ただけで、読書欲をかきたてられる本、
シリーズものの連続性の計算されたデザイン性、
シンプルなのに強く印象づけるものなど、
素敵な装丁があふれている。


本は小さな世界。
そして、表紙はその未知の世界へ誘う。


Pen (ペン) 2014年 6/15号 [美しいブック・デザイン]/著者不明
¥680
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに新書本。


私はハルキストではないのだけど、
私が関わった男の中で、
ハルキストは皆、心を病んでいた。
だから、このタイトルが気になった。


「病む女はなぜ村上春樹を読むか」
小谷野 敦 (著)
ベストセラーズ/2014.5.9/759円


世界中で村上春樹が読まれる時、
おそらく人々は「日本の女はエロティックだ」という
イメージを引きずっている。
川端や、ゲイシャ・ガールやかつてのベストセラーで
あるジェイムズ・クラヴェルの「将軍」の、
やたらとエロティックな女たちもそうだ。
          「はじめに」より。


タイトルに対しての答えを書いているというよりは、
「村上春樹の小説にはなぜ病む女が登場するのか」
ということを書いているといった方がふさわしいかも。


それに、タイトルに「村上春樹」が入っているが、
古今東西の様々な作品がこれでもかというほど
登場し、著者の「小説論」といった方がいいかな。


著者自身、村上春樹の小説を、
「やたらと女にもてて、セックスをしたり、
フェラチオして口内発射したりする主人公に嫉妬もし、
現実的でない、通俗小説だ」と批判してきたが、
それでも、人気は上がるばかりで、
もういっぺんは、改めて考え直してみようと思ったそう。



第一章「村上春樹はノーベル文学賞をとれるのか」
では、文学賞という観点から、受賞者を例にあげつつ、
比較している。


第二章「ニンフォマニアの文学世界」では、
最新長編小説「「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」に
ついて掘り下げているが、“水増し”された小説と。


第三章「精神を病むというファッション」では、
文学の中での病気や死について。


第四章「村上春樹から俗物問題を考える」


作品を網羅しているハルキストやかつての文学少女たちが
読むともっとより深くおもしろみが出るだろな。

人の作品の引用がかなりの比重をしめているので、
この著者自身を批判する人もいるが、
これだけ作品を出せるのは、すごいし、とても参考になる。


病む女はなぜ村上春樹を読むか (ベスト新書)/小谷野 敦
¥820
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

雑誌は、定期的に本の特集をするが、

「男の隠れ家」
5月号特集は「本に出会う空間、本と過ごす時間」。



話題のセレクトブックストアや
関東と関西のブックカフェが紹介されている。


本があるというだけで、そこは特別な空間になり、
珈琲があれば、贅沢な時間が流れる。


地方出版の紹介や大型書店の魅力、
図書館の今も語られていて、
本にまつわること、本に出会うことの
おもしろさを改めて感じさせてくれる。


男の隠れ家 2014年 05月号 [雑誌]/著者不明
¥700
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「これからのアイデア」をコンパクトに
提供するブックシリーズの第10弾は、
本の本。

「本の逆襲」
内沼 晋太郎 (著)
朝日出版社/2013.12.11/940円





様々な状態の大丈夫にまつわる本たちが257冊。

困難や苦難と戦いながらも最終的にポジティブな
言葉や生き様を残した5人の作家の
“「それでもダイジョウブ」な生き方。”の
コーナーは興味深い。
その作家の著者3冊と生き方を知る2冊を紹介。

“あらゆる異形の者を懐の中に取り込んで、
 全てを面白がる人生”の団鬼六も。

特別付録は「年末年始、家と旅を楽しむ本」。
このセレクトも上記の内沼 晋太郎氏。


出版業界の未来は暗いかもしれないが、
本の未来は明るい。
本はインターネットもスマホもSNSも
イベントも、すべてのコンテンツと
コミュニケーションを飲み込んで、
その形を拡張していく。
          <裏表紙より>

ブックコーディネータで、
2012年7月に下北沢に「B&B」をオープンした著者が
「本と人との出会い」を語り、新しい本の可能性を
指し示している。

おもしろくて一気読み。
まさに今、私が欲しい、刺激的「本」の提案。

「B&B」とは「BOOK&BEER」で、
ビールを野見ながら本を物色できたらいいなと
いう発想で企画された本屋。
毎日、何らかのイベントをやっているという。

こんなふうに、新しい「本」との出逢いの場を
作ったり、新しい本のカタチを提供したりする
実例をあげながら、新しい本の在り方、売り方を
提案していく。

次々と新しいアイディアを出し、それを形にして
いくところが素敵。

本を愛すると人、本に関わる仕事をしている人には
ニヤニヤしてしまう。
従来の本にこだわりつつも、柔軟に「本」の
枠が広がっていく。


今週の「BRUTUS」(1/1.1/15合併号)は、
本特集2014で
「この本があれば、人生だいたい大丈夫」。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週(12/8)、京都のガケ書房で買った本、もう一冊。

こっちは京都の人気書店「恵文社一乗寺店」の店主
が書いた、京都の愛される小さなお店たち。

「街を変える小さな店
 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。」
堀部篤史 (著)
京阪神Lマガジン/2013.11.18/1600円



大型チェーン店が進出し、個人商店が消えて行く今、
京都ならではの魅力的なお店について、
いろいろな側面から語る。

この前行った「ガケ書房」や「三月書房」の
成り立ちや商品構成など、とても興味深かった。

店づくりや企画のヒントになるし、
京都のことがまたより深く知れる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週(12/8)、京都のガケ書房に行った時、
買った本。
本というより、ミニコミ誌なのかな。

「本のある部屋」Vol.2
特集は「愛すべきへんな本」。


へんな本特集では、大阪のブックカフェの人と
書店員さんの対談がおもしろい。

ミステリの三大奇書は
「ドグラ・マグラ」「黒死館方殺人事件」
「虚無への供物」とあげていた。

私の愛読書、「家畜人ヤプー」もとりあげていた。

へんな本のブックガイドや意外な著者が
書いた本など、様々な切り口で「変な本」を
あげていて、とても興味深い。

特集2は「京都書店マップ」。
カフェと一緒に京都の書店が地図付きで紹介。
次回の京都はコレで行ってみよ~。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「女子の古本屋」
岡崎 武志 (著)
筑摩書房/2008.3.25/1400円

月灯りの舞

ネット、カフェ、ギャラリー、雑貨、イベントなど、
好きを仕事にした個性派13人の女性店主たち。
開業へのヒントがいっぱい。
            <帯より>


筑摩書房のPR雑誌「ちくま」で始まった、
女性が経営する古書店を取材し、連載していた
「古本屋は女に向いた職業 女性古書店列伝」
をまとめたもの。


地方都市での相次ぐ古書店の撤退、本がうれなくなったこと、
ネット販売の増大、新古書店の拡大と、
時代の流れとともに変わりゆく「古書店」。


アマゾンでポチッという時代に店売する古書店。
そんな古書店をあえて開業した女性たちの実録。


それぞれの個性的古書店には「本を売る」ということ
だけでないものが、たくさんつまっている。
営むきっかけから、コンセプト、店主の想いなどが
お店や本の写真とともに綴られる。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

テレビのディレクターから一転し、
荻窪でブックカフェを開業したナカムラ氏の
「新しい世界」をどうやって作るかという本。

先週、京都へ行った時、「恵文社」で買った。

『人が集まる「つなぎ場」のつくり方
  -都市型茶室「6次元」の発想とは』
ナカムラクニオ (著)
阪急コミュニケーションズ/2013.11.4/1400円


月灯りの舞


6角形に魅せられて、6に取り憑かれ、
ようやく完成した秘密基地の名前を
「6次元」と名付けました。
         <はじめに より>

ただのカフェ開業本ではなく、様々な
企画の発想法、それを形にしていく術、
人と人とをつなげていくヒントなどが満載。

それなのに、ビジネス本のような押し付けがましさ
がないのは、写真やデザイン、イラストなど
盛り込まれた編集のセンスのよさのせいか。

カフェと古本屋とギャラリーの3つの夢を
持った著者が、それを同時にやってしまいたい
というところから始まる。

なぜ、たまり場が必要なのかとということで、
「たまり場」としての歴史をひもといていく。

日本初のカフェの話から、日本の喫茶店の歴史や
現在へのカフェへの変遷も綴られて行く。

「カフェは珈琲を飲むためにあるのではなく、
 時間という液体を飲むためにある」とか
「想像できるものは全て創造できる」とか、
随所に素敵な言葉がちりばめられている。

読書会を始め、様々なコンセプトのイベントも
行っていて、その空間は多岐にわたっていて、
どれも興味深い。

「6次元」年表をみると、毎日何かが起きていて、
作家、アーティスト、様々な著名人が何らかの
コンセプトで空間を学びの場、感じる場にしている。

著者かカフェ店主であり、映像ディレクターであり、
フリーで美術や旅番組等の制作に携わっているため、
世界を旅し、見識が広く、発想のその自由さが魅力的。

本のこと、これからの本のことも沢山書かれていて、
本好きはもちろん、カフェ好き、人とつながっていくことに
興味がある人は想像以上におもしろく読める本。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本列島、北から南まで、70店の書店を
記録した 本屋さんの“図鑑”。

「本屋図鑑」
本屋図鑑編集部発行:
夏葉社/2013.7.25/1700円


月灯りの舞



本屋さんの様子を調査するだけではなく、
周りの人にも話を聞いて、さまざまなエピソードも
紹介していて、まさに「町の本屋」さんの本。

本屋ごとに添えられた手描きのイラストも
ほのぼのする。
外観をスケッチしたものもあれば、
本棚の一冊一冊の本のタイトルまで書かれた詳細な
ものもあって、眺めるのも楽しい。

ちなみに香川県は 宮脇書店総本店が取り上げ
られていて「ふるさと図書コーナー」について
書かれている。

京都は「三月書房」で、「歌集棚」について書かれている。

本屋の歴史や本にまつわるエッセイ等もあって、
本屋さんが好きな人にはたまらない一冊。



「本屋は友人であり、家族である」
そう言い切ってしまうのは少し大げさかもしれないけれど、
本当にそう思うときがある。
         <はじめに より>

取材期間は約半年。
「47都道府県全てから本屋を紹介する」ことを決めて、
北は稚内から南は石垣島まで、自分の足で歩いて、
自分の眼で棚を見て、決めたという。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。