月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

誕生日にいつも本をくださる方が、
今年も4冊くださった。


どれも買おうと思ってた本ばかりで、
びっくりした。
テーマは「アート」と「緊縛」か。





◆「写実画のすごい世界  限りなく『本物(リアル)』な女性たち」
   月刊美術 (編集)
実業之日本社/2013.5.29



現在、注目を集めている写実絵画の中から
女性像と裸婦をメインに構成。

森本草介、野田弘志といった巨匠を筆頭に、
島村信之、生島浩、小尾修、原崇浩、石黒賢一郎ほか、
日本の写実画をリードする28名の精鋭たちの女性像を掲載。
                   <帯より>



細密であることが写実画ではない。
そこに凄腕写実画家の「存在」を通してこそ
深く豊かで個性的な作品となるのだ。

ため息が出るばかりの存在感と美しさ、
匂い立つエロスが漂う画集。





◆「島村信之画集」
求龍堂/2011.11.11

「生命の力、健やかな心、究極の理想美 
写実界に清らかな風を吹き込む、待望の初画集」
<帯より>


妖艶だったり、清楚だったり、美しい女たちの
美しい肢体と憂いをおびた表情。
命がふきこまれたようは肌の質感にみとれてしまう。
大切に何度でも眺めたい画集。



写実画のすごい世界/実業之日本社
¥2,052
Amazon.co.jp

島村信之画集/求龍堂
¥4,104
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「芸術新潮」 2014年8月号の特集は
「女と男のヌード」!


ポップかつ嗜虐的な現代アートのヌードから、
濃厚なエロスを纏う写実派の裸婦まで、
ヌードの現在のさまざまをレポート。


写実画の諏訪敦に会田誠だもの、
食い入るようにみつめてみた。

「諏訪敦的偏愛ヌード12選」がたまらん。

古今東西のヌードの中から、諏訪敦が気になったる
ヌード、忘れえぬヌードを解説つきで紹介。

彼が自分の意思で初めて買ったヌードは
ムンクの「思春期」だそう。
大学時代にインタビューに耽溺したという
バルテュスの「鏡の中のアリス」も。


芸術新潮 2014年 08月号 [雑誌]/著者不明
¥1,440
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

栄養補給のために肉食。
エロス補給のために肉本。


「性愛の西洋美術史」
監修/海野弘・平松洋
洋泉社MOOK/2014.5.25/1600円



愛欲と官能のエロティック・アートの世界。

時代毎に性愛画が紹介され、画家科たちが
どう描いてきたのかを時代背景と共に
絵画を解説していく。


当時の風俗、性の価値観、愛のカタチが
絵画の中からみえてくる。

オールカラーで美しい肉体美、官能美が
楽しめる。

この肉体の質感と肌の色合いが美しい。


性愛の西洋美術史 (洋泉社MOOK)/海野弘
¥1,728
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「怖い絵」シリーズでおなじみの
中野京子さんの新刊。
ぐっとくだけた感じで、ニマニマと
楽しめるアート本。


「名画に見る男のファッション」
中野 京子 (著)
KADOKAWA/角川書店/2014.3.26/1500円


惜しげもなく脚線美を披露する男たち、
でもその上は…?ゴムもホックもファスナーもない時代、
もし不器用だったら…?
美術ファンもファッションマニアも納得!
絵画30点に秘められた当時の人々の飽くなき思い!
            <帯より>


名画の中の男性ファッションという点から、
絵画を読み説いていく。


衣装からは、その時代の様相が透けて見えるし、
衣装が人間の地位や権力の証でもあった時代がある。


その時代背景はもちろん、画家やモデルについても
深く知りつくしている著者だからこそ、
エピソードを交え、より面白く解説している。


名画に見る男のファッション (単行本)/中野 京子
¥1,620
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先日行った、京都 一乗寺「恵文社」で
買ったアート本。

「隠れ名画の散歩道」
千足 伸行 (著)
論創社/2013.5.5/1600円


名画には『モナ・リザ』や『ひまわり』など
“表通りの”著名な作品ばかりでなく、
一部の人のみぞ知る優品も多い。
あえて“裏通りの”知られざる傑作に光をあて
隠れた魅力を紹介する、はじめての読んで知る名画。
              <帯より>

 




見開きで、右側に解説が載り、左が絵画。
1ページで大きく掲載されているが、
全てモノクロなのが残念。
 


カラーになるとお値段が高くなるのだろうが、
あまり目にしない画だからこそ、カラーで見たい。
 


でも、モノクロでありながら、ものすごく深く
感性の叫びが感じられる作品が多い。
そこからにじみでる作家の魂のようなものに
ふれられるほど強烈に迫る。



隠れ名画の散歩道/千足 伸行
¥1,728
Amazon.co.jp



「裏通り」といっても いかがわしいとか妖しい画
というわけではなく、(誰も思ってないか……)
あまり美術書などでは
紹介されていないような画たち。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月の「日経おとなのOFF」1月号は、
名画と美女の謎」特集で
付録は2014年の必見の美術展ハンドブック。




2013年の美術展を振りかえり、
2014年の見逃せない美術展についてを
美術の目利き3人が斬る! のがおもしろい。

ラファエロをはじめとする画家が描く
美女たち。
美女画の背景やモデルとの関係、謎についてを
絵画の解説とともに読み説いている。

浮世絵界の最強美女たちや
大英博物館で行われた「春画展」の反響
についても興味深い。


「日経おとなのOFF」
絵画が大きく、オールカラーなのが嬉しい。

来年は、いくつの美術展に行けるかな。
アンディ・ウォーホル展は観たいなあ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「TH(トーキングヘッズ)」56号の特集は
「男の徴(しるし)/女の徴(しるし)
  ~しるしの狭間から見えてくること」
アトリエサード (編集)




男性器、女性器や性差を意識したもの
をモチーフにしたアート作品たち。
両性具有の人形やニューハーフの写真も。

「女性器の屈辱的歴史を覆す」と題した
女性器写真を撮るアンリ・マッケローや
石膏で型をとるアーティストなどのコラムも
おもしろい。

男と女、何をもってその性は表されるのか。
そのシンボルのもつ魅力がアートとなって、
何を感じさせるのか……。

私のブログ、検索キーワードで
多いのが「女性器」。
「女性器」で検索して、たどりつくのが私の
ブログって……。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「アートコレクターズ」12月号
巻頭特集は「写実絵画はこんなに面白い」。




細密描写そのものに留まらない、
アーティスト独自の「写」を通して、
伝わってくるものの魅力。

作品を紹介しつつ、その作者の創作意図を
読めるのもいい。
存在する人間として描きたいとか、
精神世界が見えるように描くとか。

「写実絵画は大好き。
妖しく美しい作品は、見ていて飽きないし、
その世界に引き込まれるね。


最近、多くの写実絵画集が出ていて、
何かと話題になっている「写実絵画」。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月の月刊「アートコレクターズ」
特集は
「エロスの絶対領域」


月灯りの舞

人気作家の作品に観るエロティシズムを
インタビューとグラビアで紹介していく。


女性やヌードだけでなく、美しい作品には
必ずエロスが潜んでいる。


松井冬子の描く日本画には、花弁だけ、
髪の毛だけが描かれたものもあるが、
そこはかとなく情念が湧き上がり、エロスが漂う。

諏訪敦の描く少女は白い皮膚の下の骨格まで感じられ、
生々しく体温、呼吸までがそこにあることを意識させる。


絵画だけでなく、現代写真家の撮る写真のエロスも。


「アラーキーが捉えた生(エロス)と死(タナトス)」では
母子のヌード、緊縛写真も紹介されていて、
カメラで捉えるその姿は、「色即是空、空即是色」を
体現しているかのようだと。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「Hanako」2013.9.12号

『体感アート!』特集。


月灯りの舞

この秋お薦めの全国69美術館情報。


アート情報だけでなく、そこの美術館周辺の観光や
グルメなども合わせて紹介し、女子の旅ゴコロを刺激する。


西洋絵画を楽しむための「あの名画はココにある!」
コーナーでは、全国43の美術館とそこの目玉名画が
紹介されていて、保存版。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。