月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

映画本。


「観ずに死ねるか!」シリーズの第四弾は絶望編。


「観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88
  総勢70人が語る極私的トラウマ映画論」

園 子温,宇多丸,二階堂 ふみ, 染谷 将太 , (著)他。
鉄人社/2015.6.20/1800円






これでもかと襲う不幸、理不尽な狂気、負の連鎖、
死にまっしぐらな生き様、救われない結末---。
本書は、男と女の、家族の、人生の、世界の“絶望”を描いた映画を
クリエイター、パフォーマー、文筆家70人が個人的視点で
語り尽くした1冊である。
               <扉より>
   

「悲劇」「戦慄」「破滅」「哀切」「狂気」の
第五章からなり、詳細な映画紹介と執筆陣の
トラウマ度合い、絶望度が語られる。


執筆陣がとてもそそる。


何をもって「絶望」とするかは人それぞれだが、
逃げ場のなさ、救いの無さ、観終わった時の
虚無感は計り知れない。

ドヨンとなりたい人、ドン底に突き落とされたい人、
読んで、映画を観るべし。
   

私の中の絶望シネマは
「ジョニーは戦場へ行った」かな。

この本では、森達也が紹介していて、
「辛くて声をあげたくなる。
でも、どんな声をあげればいいのか、僕にはわからない」

と、それがあまりに深い絶望であることを語る。


ドリアン助川は「髪結いの亭主」を、ある女性に
「官能的だ」と言われて観たと、紹介。
そして、「『死ぬ』か『狂う』かでしか『時』
と対峙できない」という儚さを語っている。
ドリアンさんのレビューはやはり詩的だ。


新藤兼人監督の「銃殺」が紹介されていた。
壮絶そうで、怖いが、観たくなった。
ああ、絶望の闇が私を呼んでいるぅぅ。



観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88/鉄人社
¥2,000
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ユカリーヌさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。