月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

木曜(6/18)夜は、読書会。
今宵は大盛況で、18名の参加。
3つのテーブルに分かれての紹介。


私のテーブルは、女子率が高く、
ほんわかムードな本が多かったかな。







私が紹介したのは


「痕跡本の世界 古本に残された不思議な何か」
古沢和宏著(ちくま文庫/2015.6.15)


「古書 五っ葉文庫」店主であり、
古本や痕跡本イベントを手掛ける著者。


古本に残された書き込みやメモや
挟みこまれたモノから、妄想を膨らませ、
ドラマを夢想しつつ、本を紹介。


「クワイエットルームにようこそ」に挟まっていたのは

某少年刑務所の閲覧表。

「いたこニーチェ」に書かれたラブレター、
翻訳絵本を上書きする文字の意図。


笑ったのが、「地球の歩き方」の

ゲストハウスのページに書き込まれた“うそつけ”の文字。


本と人の関係性は無限で、
古本となるとまた、それは不思議な世界観や

ドラマを見せてくれ、おもしろい


痕跡本の世界: 古本に残された不思議な何か (ちくま文庫)/筑摩書房
¥842
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ユカリーヌさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。