月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

先日の京都の旅のお供の文庫本も
タイムスリップもの。


「彼女の遺言」
新津 きよみ (著)
角川春樹事務所(ハルキ文庫)/2015.3.12




タイムスリップのアイテムは、
54歳で亡くなった同級生が残した「梅酢」。


正に「バタフライエフェクト」のようだった。

自分の為ではなく、誰かの為に過去に戻って
助けようとする主人公。


でも、ひとつがうまくいくと何か悲しいことが
起こったり、誰かを助けると誰かが不幸になったり。

子どものいる主婦は、タイムスリップできるとしたら、
まず息子の為に過去へと戻る。


50代の女性が30代に戻った時、女性特有の月のモノを
感じる描写はとてもリアルだった。
そういうディティールも女性作者ならでは。



彼女の遺言 (ハルキ文庫)/角川春樹事務所
¥691
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ユカリーヌさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。