斎藤一人・舛岡はなゑ ふとどきふらちな女神さま

このタイトルは斎藤一人さんがつけてくれました(笑)。みなさんが晴れ晴れと、スカッと、幸せに生きれるよう全力で応援します。


テーマ:

感謝致しております。

 

はなゑ先生のブログの管理人

なぞのライターにちかと申します。

 

 

「311 人は光」の最終話です。

 

 

美智子先生のお話の続きです。

 

 

^^クローバー^^クローバー^^クローバー^^クローバー^^クローバー^^クローバー^^クローバー

 

 

5カ月に入った朝でした。

 

 

小学5年生くらいの、やせた色白な男の子が、

私の前に現れて、

「今度、僕があなたの子どもとして生まれてきます」

そういって、握手を交わしました。

 

 

それが、夢なのか、何なのか。

 

 

握手をしたぬくもりというか感覚、

 

 

それが目が覚めたとき、

手のひらに残っていました。

 

 

そして、8か月に入った時、
高齢と無理がたたって、

妊娠中毒症で緊急入院、緊急オペ

 

 

母子ともに助かる確率。

 

 

ぼぼ0%。

 

 

でも。

 

 

 

オギャー

命は生まれました。

 

 

その、泣き声に

手を合わせたい気持ち。

 

そして。

 

 

意識が遠のいていく感覚がやってきた瞬間

白い光の玉。

 

 

直径1メートルくらいの、やさしく発光したものが

私の左上空に

現れてきたんです。

 

 

その光の中から今度は2歳くらいの女の子が現れて

こう言ったんです。

 

 

私は「光」と書いて、

光ちゃん。

 

ママを守りにきたんだよ

 

 

やっぱりそうだったんだ

って思いました。

 

 

その後。

 

 

光りの中から現れた、その女の子といっしょに

 

 

おうちに置いてきた子どもたち、家族のところ

心配している母のおうち

 

 

あと、ちょっとだけ

子どもたちの未来も見に行ったんです。

 

 

そして。

 

 

部屋に戻ってきました。

 

 

女の子が私に言いました。

 

 

「私のことは心配しなくて大丈夫!

 

体の中の悪いもの、うんちとオシッコで

全部、出してるから。

 

ママも、悪いもの、全部

オシッコで出してるから大丈夫だよ」って。

 

 

そしたら。

 

 

(・・?

 

女の子はいなくなっていました。

 

 

私はというと。

 

 

身体に戻ったんです、たぶん。

 

幽体離脱⁉

だったのか…。

 

そこから先が、苦しいや痛いやら。

 

 

もう、たまらなかった(*^_^*)

 

 

生きるって…。

 

 

痛い、苦しい(*^_^*)

 

 

って、はじめて思ったけれど。

 

 

死ぬって、痛みも何もないって

はじめて知りました。

 

 

それから一週間、

ステロイド注射も何本も

打たれていましたが、

14キロもの水毒が出て、私はみるみる回復。

 

光の中の女の子が言った通りでした。

 

 

赤ちゃんのほうも、

660グラムの

超極小未熟児だったけれど、

 

お医者さん曰く

「オシッコ、うんちがとてもうまく出せてて

順調に育っています!」って。

 

これも、光の中の女の子が言ってた通りだったんです。

 

 

今、その女の子は

13歳、中学二年生になります。

 

 

自由で明るくて

私たち家族の光です。

 

 

もちろん。

 

 

名まえは、光ちゃん。

 

 

^^クローバー

 

 

FIN

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(4)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。