斎藤一人・舛岡はなゑ ふとどきふらちな女神さま

このタイトルは斎藤一人さんがつけてくれました(笑)。みなさんが晴れ晴れと、スカッと、幸せに生きれるよう全力で応援します。


テーマ:

みなさん、感謝しています。

黄色い花はなゑです黄色い花

 

 

今日は「奈良癒しの講演会」

ありがとうございました。

 

本当に

みなさまのおかげさま。

 

 

大成功(^^ゞ

 

心から感謝申し上げます<(_ _)>

 

 

明日は尼崎。

 

JR尼崎駅直結

ホテル「ホップイン」アミングにて

(兵庫県尼崎市潮江1-4-1)

14時から「癒しの講演会」です。

 

 

届けにいきますはっぴー音譜

 

 

春を待つ心に

 

 

愛と光のメッセージキラキラ

 

 

癒しの講演会 最新情報と日程

 

 

^^クローバー^^クローバー^^クローバー^^クローバー^^クローバー^^クローバー^^クローバー^^クローバー

 

 

 

一人さん仲間の集まりで、

 左耳に耳鳴りのある女性にお会いしました。

 

その方がおっしゃるには、

 左耳の耳鳴りは、

   父親にストレスを

    感じていたことが原因、とのこと。

 

 

「父親のことをゆるせない」と思い続けていることで、

 左耳に耳鳴りがある状態になってしまったのです。

 

 

「父親の、あんなところが嫌だった」

 と気づいたとき、そんな思いをしている

   自分をへんに捻じ曲げないで、

 

 

「嫌だった」

 

 

という気持を、自分はしているんだなあ、

 と、認めてあげてください。

 

 

 

絶体に、自分を責めてはいけません。

 

 

という話を、その女性にしました。

 

 

 

そして、もう一つ、こんな話をしました。

 

 

 *

 

父親のことを思い出して (; ・`д・´)ムカムカ

 ムカついてきたときは、

 

 

このクソじじい‼ 

 このクソじじい‼

  このクソじじい‼  

   このクソじじい‼

   このクソじじい‼

 

 

「このクソじじい」という言葉を10回、

  心の中で唱えてみてください。

 

 

「そんなこと言って、いいんですか?」

 って、もちろん。

 

 

むしろ、あなたは言うべきだと思います。

 

 

 

あなたは“いい人”で、

子どもの頃からずっと“いい子”できたでしょ?

 

 

“いい人”って、子どもの頃、反抗期があんまりない

  ケースが多いんですって。

 

 

“いい人”で、あんまり反抗期がないと、

 大人になっても、

   気持ち的に親から離れらけないんです。

 

 

 

心理学的に言うと、大人になり切れてない。

 

 

親子というのは、何十年も、世代が違って、

時代の風潮でも、生きかた・考えかたでも何でも

     合わないところがありますよね。

 

 

だから、子どもからしたら、親は

  いちいちムカつくようなことを言うんです。

 

 

だから、子どもは親にぶち切れる。

 それは、どんなにいい親であっても、

   子どもは親にぶち切れる。

 

 

それでいいんです、正しいの。

 

 

なのに、すごい〝いい子〟は、

 

 

  親が変なことを言っているのに

 「それ、ちょっと違うんじゃない?」

  って言ったり、思ったりもせず、

 

 

ただ、親の言いなりになっちゃうんです。

 

 

親の言うことは絶体なんです。

 

 

親が、ただ何となく、確たる根拠もなく、

 

 

「おまえは英語が

 

 できないからダメなんだ」

 

「方程式ができないおまえが悪い」

 

 

「お前はバカだ」

 

 

 と言った、その一言を信じて、子どもは、

 

 

  自分自身におかしな偏見をもったまま、

 

 

    そのまま大きくなっちゃう。

 

 

だから、自分のことがあんまり好きじゃなかったり、

 

 

  自分のことを責めたり、するクセは、

   あなたのせいじゃない。

 

 

親のせいです。

 

 

 

 

でも、大丈夫。

 

 

 

 

いまからでも、反抗期、

 

 

  間に合います。

 

 

 

マイナスの自己イメージを、

 

 

 

 あなたに与えた親が、いま生きていても

   いなくても関係ありません。

 

 

いま、反抗期、体験してみよう。

 

 

 

このクソじじい‼ 

 

 このクソじじい‼

  このクソじじい‼  

   このクソじじい‼

   このクソじじい‼

 

って、10回言ってごらん。

 

 

  って、一人さんに教わったんです。

 

 

相手が母親ならば、

 

 

「このクソばばあ」を

 心の中で10回、言ってみましょう。

 

 

そうやって言うと、反抗期をいま、

 

 

 迎えることができるんです。

 

 

精神的に親離れできて、

 

 

  精神的に大人になれます。

 

 

「このクソばばあ」って、いいんです。

 

 

 

あなたは悪くなかったし、

 

 

  いまもあなたは悪いことはしていませんよ。

 

 

あなたのお父さんは、あなたをこういう“型”に

 

 

 ハメたかっただけ。

 

 

あなたはお父さんのことは嫌いじゃないし、

 

 

 かわいがられたいと思っているかもわからない。

 

 

 

でも。

 

 

 

 

あなたは、父親の理想の〝型〟を一方的に

 

 

強要されてきた。そうやって自分を否定すること、

 自分を責めることを、魂は嫌うんだよ。

 

 

「それ、止めて‼ 自分を否定しないで‼」

 

 

って、も魂は言ってる。

 だから、父親にムカつくの。

 

 

親にかわいがられたい“いい子”のあなたは、

 

 

お父さんの理想の〝型〟に、いっしょ懸命、

 自分をハメようとしてきたけれど、

 

 

あなたの魂は「そんな、お父さんの言いなりに

 

 

 なるような生きかたはもうやめよう。

  お父さんの言うことはもう聞きたくない」

    って言ってる。

 

 

それが、体に出たんです。

 

 

 

 

だから、その左の耳鳴りは、罰ではないんです。

 

 

 

 

「もう、お父さんの言いなりになる生きかたを

 

 

 やめれば幸せになる」というお知らせなんです。

 

 

だから。

 

 

 

 

もっと、自分に素直になってください。

 

 

 

 

そして。

 

 

 

 

親にこんなことをされた、

 

 

 昔を思い出してムカついたら、

 「このクソじじい‼」

 「このクソばばあ‼」

 って言ってみてください。

 

 キラキラ     キラキラ      キラキラ

 

キラキラスッキリキラキラ


    キラキラ     キラキラ

するまで何回でも、言ってください。

 

 

 

そしたら、あなたはきっと変わる。

 

 

そこから、何かが

 

 

 変わっていくようになっています。

 

 

 

 

天使舛岡はなゑ癒しの講演会天使

って(・・?

 

ピンク薔薇講演で私は赤薔薇

以前からいろんなところでお話ししている

逆ギレ(正当な自己主張)の話をはじめ、

魂的な話、生まれてくる目的、

相手が自分に嫌なことをする〝真の意味〟

などの話をしています。

 

私の講演を聞いているうちに

心のフタがパカっと開き、

本当の自分として

生きれるようになってきた全文読む

 

癒しの講演会 最新情報と日程

 
 
^^クローバー
 

 

第四回舛岡はなゑ癒しのセラピスト養成講座

次回は、四月一日開催です。

 

<(_ _)>癒しのセラピスト養成講座はいまのところ、

「東京での開講」

とさせていただいております。

 

舛岡はなゑ認定「癒しのセラピスト」について

 

 

第四回舛岡はなゑ癒しのセラピスト養成講座

の受講希望の方はこちら☛申し込みフォーム

 

 

 

キラキラついてる感謝してますキラキラ

 

 

銀座まるかん オフィスはなゑ

03-5879-4925

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。