写真でみる 外構 モルタル造形 店舗 住宅 リフォームのビフォーアフター!in名古屋

プロヴァンスの歴史ある雰囲気を表現する技術モルタル造形を使った外構(門、庭、アプローチ、駐車スペースなど)を造り出します

ヴィンテージだけどモダンで アンティークだけどエレガントな雰囲気を演出しています


テーマ:
毎度 須賀です

以前公開した写真ですが もう一度説明を交えて公開します

最近は自分で DIYで モルタル造形をやる方が多くなってきたようなので
簡単なモルタル造形の方法を公開します


まず、下地です 下地は木でもブロックでもなんでもいいのですが
写真がないので今回はブロックで説明しましょう

こんなブロックありますよね?
↓ないですw 
造形をやるために在庫で積みました 普通のブロックを積んだ方が下地処理が簡単です 古いブロックでもいいですが 表面が汚くても芯がしっかりしていれば 表面のヨゴレを取れば大丈夫です
モルタル造形 名古屋 ブロック下地

まだ下地です
次に サンドでなるべく凹凸をなくして 次のモルタル造形用のセメントを
塗りやすくします
モルタル造形 名古屋 サンド


さあ いよいよ造形です 下地のサンドが十分乾いているか確認して
造形用のモルタル造形を塗ります
どの部分が崩れたらかっこよくなるなるか?下絵などを描いて その部分を先にモルタル造形用のセメントを塗って カービングします 
そうです!崩れたところが先なんです
モルタル造形 名古屋 下地レンガ


その後 モルタル造形用のモルタルを塗っていきます
モルタル造形 名古屋 レンガ部分


当然崩れたところよりも厚く塗らないとリアルな壁になりませんから
崩れたレンガと後で塗るプラスターの部分の計算はしっかりとして
セメントを注文しないとです
大体1平米あたり1センチほど塗るとセメント1袋使います
プラスターの部分は1.5から2センチほど塗ることになると思います

ここをケチるとセコイ壁になります
これは好みですが en外構屋ウエスト ムージャンアトリエは
セコイ壁はつくりません
モルタル造形 名古屋 崩れた壁

どうですか?
レンガとレンガの間に隙間がありますけど あとで目地を詰めます

またレンガとレンガの段差をつけるとよりリアルになります
モルタル造形 名古屋 下地

崩れた感じもリアルなものをみて どこがどう崩れているのか 勉強して
再現するといいですね
モルタル造形 名古屋 崩れたレンガ

色をつけていきます
※色を付ける前にシーラーを必ず塗りましょう
ウルトラシーラー

私はこの店で買ってます
多分一番安いです

シーラーを塗らないとモルタルがペンキを吸って 思った通りの
色になりません
ここがキモです
これを手抜きするとへんてこりんな壁になります

カービングがうまくいっても台無しです

色は市販の水性のペンキで十分です
モルタル造形 名古屋

文字も入れると 間延びした部分が引き締まりますよ

モルタル造形 名古屋 文字入れ

施工がうまくできない
教えて欲しい

手伝って欲しい
全部施工して欲しい
などなど
お問い合わせはこちらです
施工は全国対応 交通費など 応相談

また 立水栓などの作り方のDVDもございます
須賀から紹介されたといえば
多少安くなるかもしれません
ならないかもしれません

ではでは 頑張りましょう!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)