皆見つかさ 公式ブログ 〜ソロアーティストの脳内と日常

ソロの音楽アーティスト・皆見つかさの
気付きや悟り、音楽の話、いろいろな体験や、
人生哲学など、日々の脳内と日常を公開して
います。
まずは僕を知って下さい。
それから覚えて下さい。
そして、忘れないでね(o^-')b


テーマ:

病室の窓の外に虹が出た・アイキャッチ画像

 

この記事は2274文字です。(読破予想時間:約5分24秒)

 

ついに入院シリーズも第9弾まで来ました。

 

もっと早いテンポでアップ出来たら良かったのですが、未だに十二指腸潰瘍の治療中であったり、その他いろいろ病院通いをしていたりとなかなか時間が作れません。(ノω・、)

 

◇生まれて初めての内視鏡、そして救急搬送へ

 

極力リアルタイムに近い方がいいと言う事は分かってるんですが、こんな時に限ってアイキャッチ画像に拘ってみたりと、性分と言っていいのか習性と言っていいのか、更に手間をかけた記事を書こうとしてしまいます。(^o^;)

 

僕は昔から、試験が近付くとやたら本が読みたくなったり、部屋中片付けたくなったりする子でしたが、何かそれと共通しているかの様な気もします。

 

今回のアイキャッチ画像、どことなく見覚えがある方もいらっしゃるでしょうけど、そうです!

 

過去に難病と闘う少女・木藤亜也ちゃんの『1リットルの涙』の映画やドラマについてレビューを書いた時の虹と同じ虹です。

 

◇1リットルの涙、日記・ドラマ・映画の3人の亜也ちゃん

 

同じ時に撮影した虹ですが、一応、違う写真をチョイスしてます。(;^_^A

 

それでは今回は、入院期間中の虹にまつわる小さなエピソードですが、是非、お読み下さい。( ̄▽ ̄)

 

 

僕が入院していた病院の病室は窓際で窓から見える景色はこんな景色だ。

 

病室の窓から見える景色

病室の窓から見える景色

 

ベッドに寝ているだけの状態では、空しか見えず起き上がらないとこの景色は見えないが、僕は、寝そべると窓枠一杯に空が広がる光景も立ち上がれば見えるこの景色も好きだ。

 

もう少し右にカメラを振ればもっと山が見えていい感じなのだが、くどくなりそうなので通常の景色はこれくらいにしておく事にする。

 

ちなみに僕はスマホや携帯は使わないので、これはデジカメで撮ったものだ。

 

デジカメとiPodはいつも鞄の中に忍ばせて持ち歩いているので、何か気になる構図やいいと思った景色があれば撮る様にしているのだが、なかなかブログやSNSにアップして映える様な写真が撮れたりはしない。(^_^;)

 

 

ある日、ふと病室のこの窓を覗くと、少し遠くに何かが見える。

 

病室の窓の遠くに見える虹

病室の窓の遠くに見える虹

 

ん!?

 

あれは、もしや虹ではないか!

 

僕は、病室のロッカーにしまったままになっている鞄からデジタルカメラを取り出して取り敢えず撮影を試みた。

 

病室のロッカーや収納とテレビ

病室のロッカーや収納と一度も観てないテレビ

 

バッテリーは、まだ少し残っている。

 

もっとズームで取ってみよう!

 

そう思って、撮った写真がこれだ!

 

病室から見えた虹1病室から見えた虹2

病室から見えた虹3

病室から見えた虹

 

 

僕の病室には僕を含めて確か二人しか患者はいなかったと記憶しているのだが、どうやら、もう一人の窓際の患者さんは何も気付いていない様子だ。

 

患者同士のコミュニケーションは全くないので、そんな事に気も止めず僕が夢中でシャッターを切っていた時だ。

 

一人の看護師さんが興奮しながら、「皆見さん、虹出てる!」と僕のベッドスペースのカーテンを開けて入ってきた!

 

そして、僕がカメラを構えてる姿に驚きながら「あっ!気付いてた?」と言いながら、興奮も冷めやらぬ様子で虹についてあれやれやと語る彼女と虹について二人で盛り上がった。

 

「もしかして、患者さん全員に知らせて回ってるの?」と僕は彼女に尋ねた。

 

すると彼女は「違う。こういうのに反応しそうな人の所だけ。」と言ってる時、顔は見えなかったが、同室の患者さんがベッドから起き出してきたらしく彼女は「○○さん、凄く奇麗な虹が出てるよ!」と言ったのだが、「ああ、ホンマやね」と、さほどの鑑賞もせず、またベッドに潜り込んだ様だった。

 

それを見た時、この病室全体ではなくこの病室の僕個人に虹が出た事を知らせにきてくれたのだと確信出来た。

 

虹に反応しそうな人を選んで教えて回っていると言うのは、疑ってはいなかったが、本当だったのだと改めて思う事が出来たのだ。

 

これは、僕にとってはけっこう嬉しい事で、顔がちょっと半ニヤになってしまいそうなくらい気分のいい事だった。

 

そして、その看護師さんは、「次、知らせに行ってくるわ!」と部屋を出て行った。

 

そして、虹を眺めながら、虹の美しさに心を癒されつつ、看護師さんの言葉を噛み締めながら「俺は、そんな風に思われているのかぁ〜 ワ━(*゚∀゚人゚∀゚*)━ィ♪!」と二重の余韻に浸った。(●´ω`●)ゞ

 

 

どうって事ないエピソードかもしれませんが、やはり入院中に窓からあんなにくっきりとした奇麗な虹が出ると嬉しいものです。∩(´∀`)∩ワァイ♪

 

そして、看護師さんが僕の事を「虹に反応しそうな人」だと思ってくれた事も嬉しい事です。(〃∇〃)

 

わずか12日間の入院生活でしたが、この他にも書きたいエピソードが実はまだまだたくさんあります。

 

しかし、今回でひとまず入院シリーズは終わろうかと思っています。

 

と言いつつ、また、何か思い出したりどうしても書きたくなったら書くかもしれませんが、取り敢えずこの話を入院シリーズの最後とさせて頂こうと思っています。

 

ご愛読、ありがとうございました。

 

って、このブログの終わりじゃないですよ!(°д°;)

 

で、ブログはまだまだ続くのでよろりん。( ̄▽ ̄)

 


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

もし、こんな僕に興味を持ったと言う方がいらっしゃったら、是非、この下のリンクをクリックしてみて下さい。

ミュージシャン、皆見つかさの世界が広がっています。o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪


皆見つかさ・アルバム『解放』、発売中!

皆見つかさ 公式Facebookページ
皆見つかさ 公式Twitter
ご連絡先:シェイク・エンターテインメント

 

 

関連記事:生まれて初めての内視鏡、そして救急搬送へ

関連記事:自分にとっての入院生活とは一体何なのだろう?

関連記事:読書も音楽もやっぱり本物に限る!

関連記事:湯豆腐ダイエットの途中経過と入院による絶飲絶食の効果

関連記事:『1リットルの涙』を読んだ感想や受けた影響を語ろう!

関連記事:木藤亜也ちゃんの影響で始めた感情と思考のノート

関連記事:1リットルの涙、日記・ドラマ・映画の3人の亜也ちゃん

関連記事:公衆電話など、アナログ生活もなかなか良かったぞ!

関連記事:「Stranger In X'mas Town」たくさん聴いて貰って嬉しい

関連記事:入院生活で嬉しかった病院スタッフの気遣い

関連記事:音楽アーティスト「皆見つかさ」について【情報まとめ】

関連記事:この2年間に一番読まれた記事

関連記事:月間PVランキング、発表してみました。

関連記事:ブログを始めるにあたって

 

 

解放 解放 / 皆見つかさ(CD)
2,700円
Amazon

 

解放 [Explicit] 解放 [Explicit] / 皆見つかさ(DL配信)
2,400円
Amazon


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。