感謝の年

テーマ:
ブログを訪ねてくださったみなさん、
いつも希羽のことを応援していただき
本当にありがとうございます。

希羽が阪大病院に転院してから
1ヶ月ちょっとが過ぎました。
この間、様々な検査の結果
悪性のリンパ腫という診断を受け、
現在投薬での治療を進めています。
リンパ腫は主に腸管でみられることから
お腹を休ませるためにも
もう1ヶ月以上絶食が続き、
2キロ以上も体重が減って
ガリガリになっています。

ですがお薬がよく効いてくれていて、
腸管の炎症も治まり
だいぶん元気を取り戻してくれています。

今後は悪性ということもあり
化学療法でしっかりと悪い細胞を叩き
寛解に向けて治療していくことになります。
おうちに帰られるのは桜の時期を超えて
まだ当分先になりそうです

そんなこんなで今年もあと3日です。
今年は私たち家族にとっては
忘れられない年になります。
たくさんの方々のご支援とご協力のお陰で
アメリカに渡り心臓移植を
受けることが出来ました。
移植前も移植後も本当にたくさんの皆さんに
励ましていただきました。
感謝で始まり感謝で終われる
幸せな1年になりました。

ご支援いただいた皆様、
本当にありがとうございました。
まだまだ闘病は続きますが、
来年こそは必ず元気な姿を
皆さんにお見せできると思いますので
これからも見守って頂けたら幸いです。

新しい年が皆さんにとって
よき一年になりますことを
心からお祈り申し上げます。



AD

新たな試練

テーマ:
ブログを訪ねてくださったみなさん、
いつも希羽のことを応援していただき
本当にありがとうございます。

久しぶりの更新となってしまいました。
帰国してから2ヶ月が過ぎましたが、
希羽はまだ入院をしています。
炎症反応がおさまらず発熱と下痢などもあり、
詳しく検査をしてもらった結果、
リンパ節に病気があるのがわかりました。
免疫抑制剤を飲んでいるため
体の中で増えるウイルスを
抑えることができず、
リンパ節でも増殖を続けているようです。

日に日に元気がなくなっています。


そこで専門的な治療を受けるために
大阪大学医学部附属病院へ21日の月曜日に
転院することになりました。
そこでまた詳しい検査をして
これからの治療方針が決まるようです。
希羽にとって、私たち家族にとって
また新たな闘いとなります。

皆さんに助けていただいた
大切な大切な命です。
この病気も必ず乗り越えて元気になります。
また皆さんにも
見守っていただけたらと思います。
よろしくお願いします。


AD

帰国&入院

テーマ:
ブログを訪ねてくださったみなさん、
いつも希羽のことを応援していただき
本当にありがとうございます。

救う会で報告して頂きましたが、
お陰さまで無事に帰国することが出来ました。
直接のご報告が遅くなってしまい
ご心配をお掛けしました。
ここまでたどり着けたのも
ご支援くださった皆様のお陰です。
改めましてお礼を申し上げます。
本当に本当にありがとうございました。

実はまだ希羽は入院をしています。
帰国前から食事をあまりとらず
鼻にチューブをいれたことは
お知らせしていましたが、
帰国後はさらに食べなくなりました。
それに炎症反応の数値も上がり、
発熱や下痢なども続いています。
原因がはっきりと分からず
治療を続けている状態です。

希羽自身はものすごく
調子が悪い訳ではなさそうですが、
でもいつもよりはグズグズと
泣いている時間も多いです。
帰国して環境が大きく変わったストレスも
あるのかなと思いますが、
早く元気になってほしいと願うばかりです。

AD

ご報告

テーマ:
ブログを訪ねてくださったみなさん、
いつも希羽のことを応援していただき
本当にありがとうございます。

ブログに先立ち、
先日救う会でもご報告させて頂きましたが、
移植後半年の検査でも異常がなかったことから
ドクターに帰国の許可を頂くことができました。
帰国日は9月19日を予定しています。

希羽が生きるためには
心臓移植しかないとわかってから1年半。
本当にたくさんの方に助けて頂き、支えて頂き、
励まして頂いた1年半でした。
お一人お一人の顔が浮かびます。
また募金をして下さったたくさんの方にも
改めて心から感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。
みなさんへの感謝の気持ちを忘れず
これからも少しずつ前に進みたいと思います。

これからも拒絶反応や感染症との闘いは続きます。
まだまだ厳しいリハビリも必要です。
どうぞこれからもみなさんに希羽のことを
見守って頂けたらと思っています。

退院しました

テーマ:
ブログを訪ねてくださった皆さん、
いつも希羽のことを応援していただき
本当にありがとうございます。

お陰様で2日間の入院で済み、
土曜日に退院することが出来ました。
鼻のチューブは入れたままの
退院になりましたが…。

入院中は起きている間は普段通りに過ごし、
食事も口から食べました。
そして寝ている間の8時間、
鼻に入れたチューブを通して
高カロリーのミルクを
少しずつ胃に入れていきました。
その結果200g体重が増えたので、
ドクターたちも安心してくれて
退院の運びになりました。

これで帰国へのハードルは
クリアしたと思います。
近いうちにみなさんにいいご報告が
出来るかもしれません。