渋谷塚田クリニック (TEL.03-5728-6881)
がん治療専門(自由診療・完全予約)
・薬だけに頼らない治療
・副作用がない治療
・より根治的な治療
渋谷塚田クリニック ではそれを提供していきます。
・健康増進、がんの治療に 右矢印 【高濃度ビタミンC点滴】
                   【食事・栄養療法】
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年09月04日(月)

高濃度ビタミンC点滴療法で使われるビタミンC製剤(国内と海外)の違い 渋谷塚田クリニック 東京

テーマ:クリニックの紹介

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!

 

がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法

東京 渋谷塚田クリニックの塚田 博です。

 

2017年7月22日ブログ記事より、

「がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法」に関して、

その効果や頻度、費用なども含めて、

これからこの治療を検討されている患者さんならびにご家族の皆様方等のお役に立てるよう、できるだけわかりやすい内容で記事をアップしていきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今回は、「高濃度ビタミンC点滴療法で使われるビタミンC製剤」についての記事となります。がん治療ではビタミンCが50g 以上が使われるのですから、どのような製品が使われるべきであるのか、またどのような製品は使われるべきでないのか、についての記事となります。

 

前回までの記事で、高濃度ビタミンC点滴療法を受けるクリニックを選ぶ条件を5つあげましたが、どんなビタミンC製剤を使っているかは、そうしたクリニック選びの条件の前提条件とも言える大事なことになります。

 

 

では、高濃度ビタミンC点滴療法を行う上で、使うべきビタミンC製剤はどのような製剤が良いのでしょうか

 

その2つの条件は、

 

1.防腐剤(酸化防止剤・安定剤・漂白剤)が入っていないこと。

 

2.製造元からクリニックまで冷蔵保管で輸送されること。

 

です。

 

これら2つについて、その理由を説明します。

 

 

1.防腐剤(酸化防止剤・安定剤・漂白剤)が入っていないこと。

 

これが、当院を含め、しっかりとしたプロトコールでこの治療を提供している点滴療法研究会に所属するクリニックが、残念ながら日本製のビタミンC製剤を使用していない理由になるのです。

 

つまり、日本製のビタミンC製剤には防腐剤であるピロ亜硫酸ナトリウムやチオグリコール酸ナトリウムが使われているからです。

 

では、何故、薬品として使用するビタミンC製剤ににこうした防腐剤が使用されるのでしょう?

 

それは、 製剤が時間的な経過とともに色の変化を起こしてしまうと、それを使う患者さんに不安感という心理的に大きな悪影響を与えてしまうことになるため、その製剤の変色をいかに抑えかが、医薬品の開発において重要な課題になっているからなのです。因みにこのことは、サプリメントの製造においても同様です。

 

特にビタミンC製剤、すなわちアスコルビン酸を含有する液体製剤は、アスコルビン酸自身が酸化防止剤として酸化を受けやすい性質のため、その酸化に伴う変性で、時間の経過と共に製剤が黄色ないし黄褐色に変色し、その商品価値を著しく低下させることになると製造元は考えています。

 

現在、日本で製造使用されているアスコルビン酸液体製剤である注射剤では、還元作用のあるピロ亜硫酸ナトリウムおよび亜硫酸水素ナトリウムなどの亜硫酸塩、そして、それら還元剤の作用を補助するL−システインまたはその塩、チオグリコール酸などの安定化剤を添加して、薬液の変色を抑制しているのです。

 

因みに、亜硫酸塩はワインの酸化防止剤として、またドライフルーツなどの漂白剤として使われる食品添加物でもあり、さらに化粧品の原料にも使用されています。

 

では、この亜硫酸塩にはどんな危険性があるのでしょうか?

 

亜硫酸塩をガスとして吸い込むと呼吸器系に障害を引き起こします。

これは、昭和30年代~40年代の日本の高度成長期に大気汚染の公害として問題となった「四日市ぜんそく」の主原因が、この亜硫酸塩であったのです。

 

また亜硫酸塩は胃腸炎を起こしたり、腎臓への毒性があることも分かっています。その他、発がん性の可能性やアレルギー、循環障害、骨髄の委縮、催奇形性、代謝障害なども言われています。

 

こうした亜硫酸塩も、当然人体被害を生じない範囲内の許容量におい各種の用途に応じて使用が許されるのですが、がん治療に使用するビタミンCは50g以上と大量です。もし、これだけの量のビタミンCを、防腐剤の入った日本製のビタミンC製剤で賄おうとする場合、当然防腐剤の含有量も多くなり、その安全性に問題が生じるわけです。

 

 

 

2.製造元からクリニックまで冷蔵保管で輸送されること。

 

ビタミンC注射薬は温度に不安定なため、製造工場からクリニックに届けるまで2~8℃の冷蔵保管が義務づけられています。

 

発注してからクリニックに届くまで、空輸したとしても税関手続きなどもあり1週間近くかかります。特に夏場など猛暑の中を、冷蔵保管することなく常温で運ばれたなら、製品の劣化は著しいものとなります。よって、上記のように製造工場からクリニックまでの冷蔵保管が重要な条件となるのです。

 

 

以上、当院ならびに点滴療法研究会のメンバーの医師たちは、がん治療における高濃度ビタミンC点滴療法において、1.防腐剤の入っていない、2.冷蔵保管で輸送をする海外のビタミンC製剤を直接輸入して治療させてもらっているのです。

 

 

今回は、高濃度ビタミンC点滴療法において使用するビタミンC製剤についての記事でした。治療の主役である製剤であり、安全性の高い、高品質の製剤を提供させていただいていることをご理解していただければ幸いです。

 

 

※上記についてより詳細にお知りになりたい方は、

「生命科学関連特許情報」

タイトル: 公開特許公報(A)_アスコルビン酸含有液剤 
出願番号: 2014069870  
をご参照ください。
 
がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法10年、
患者さんやそのご家族の皆さんのお力になれればと願っております。
いつでもご相談ください。

 

高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療

東京 渋谷塚田クリニック

03-5728-6881

http://www.tsukada-clinic.jp/

 

晴れいつもこころに太陽を虹

読者登録してね人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月02日(土)

がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法ークリニック選び5つのポイントまとめ 渋谷塚田クリニック 東京

テーマ: |…ビタミンC点滴療法

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!

 

がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法

東京 渋谷塚田クリニックの塚田 博です。

 

2017年7月22日ブログ記事より、

「がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法」に関して、

その効果や頻度、費用なども含めて、

これからこの治療を検討されている患者さんならびにご家族の皆様方等のお役に立てるよう、できるだけわかりやすい内容で記事をアップしていきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

実際に、

がん治療のひとつとして高濃度ビタミンC点滴療法を受けようと思われた時、または相談したいと思われた時、どのクリニックを選んだらよいのか、ネットでは広告情報が溢れており、きっと迷われるのではないでしょうか?

 

2017年8月26日の記事から、

がん治療として高濃度ビタミンC点滴療法を受ける際のクリニックの選び方について、お話をさせていただきました。


当院・渋谷塚田クリニック は、お陰さまで、2008年に開業させていただいてから、今年2017年で10年目を迎えています。私自身が内科医そして放射線科専門医として、ずっとがんの診断と治療に関わってきたこともあり、開院当初よりがんの治療を専門としたビタミンC点滴をさせてもらってきました。

 

こうした経験をさせていただいた医師の立場から、またその診療を通して得た患者さんの声から、ビタミンC点滴を受けるクリニックの選ぶポイントを5つを挙げて記事をアップしてきました。

 
今回は、その「まとめ」で、今までの5つの記事を下記にすべて掲載いたします。

 

ぜひ、この5つのポイントを参考にされ、納得できるクリニックを選ばれて、患者さんの病状改善にお役立ちできることを願っております。

 

 

<がん治療にビタミンC点滴を始める際のクリニックを選ぶ5つのポイント>

 

1.自宅に近いクリニック

記事

 

2.がん治療の経験豊かな医師

記事

「がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法ークリニック選び5つのポイントその2 渋谷塚田クリニック 東京」

 

 

3.医師との相性・信頼関係

記事

「がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法ークリニック選び5つのポイントその3 渋谷塚田クリニック 東京」

 

 

4.クリニックを変える勇気

記事

「がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法ークリニック選び5つのポイントその4 渋谷塚田クリニック 東京」

 
 

5.価格(料金)だけで比較しない

記事

「がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法ークリニック選び5つのポイントその5 渋谷塚田クリニック 東京」

 

 

以上、「がん治療にビタミンC点滴を始める際のクリニックを選ぶ5つのポイント」を挙げました。これら5つすべてが当てはまるクリニックは、なかなか見つけにくかもしれませんが、これからビタミンC点滴をしようとされている患者さんやそのご家族の方の参考になれば幸いです。

 
改めて、ネットにてクリニックを検索される際は、広告宣伝が現在非常に多いため、下記の点滴療法研究会のサイトから選択されることをお勧めいたします。
 
この研究会掲載のクリニックは、この治療の本場であるアメリカでの正式のビタミンC点滴のプロトコールを学ばれ、資格試験を取得されたクリニックが掲載されており、安心できると思うからです。

 

当院でも、遠方からビタミンC点滴のご相談を電話で受けた際、またわざわざ受診してくださった際にも、上記の「自宅に近いクリニック」として、このサイトから選択されることをお勧めしています。

 

 

ネットでの高濃度ビタミンC点滴療法クリニックの検索は、

「点滴療法研究会」

https://www.iv-therapy.org/

 

ここをお勧めします!

 

がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法10年、
患者さんやそのご家族の皆さんのお力になれればと願っております。
いつでもご相談ください。

 

高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療

東京 渋谷塚田クリニック

03-5728-6881

http://www.tsukada-clinic.jp/

 

晴れいつもこころに太陽を虹

読者登録してね人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月01日(金)

がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法ークリニック選び5つのポイントその5 渋谷塚田クリニック 東京

テーマ: |…ビタミンC点滴療法

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!

 

がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法

東京 渋谷塚田クリニックの塚田 博です。

 

2017年7月22日ブログ記事より、

「がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法」に関して、

その効果や頻度、費用なども含めて、

これからこの治療を検討されている患者さんならびにご家族の皆様方等のお役に立てるよう、できるだけわかりやすい内容で記事をアップしていきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

2017年8月26日の記事から、

がん治療として高濃度ビタミンC点滴療法を受ける際のクリニック選び5つのポイント、について順次掲載しています。

 

何故なら、患者さんそれぞれが、よりご自身の状況に適したクリニックを選ばれることで、ビタミンC点滴がその病状改善にお役に立てることを願うからです。

 

<がん治療にビタミンC点滴を始める際のクリニックを選び5つのポイント>

 

1.自宅に近いクリニック

2.がん治療の経験豊かな医師

3.医師との相性・信頼関係

4.クリニックを変える勇気

5.価格(料金)だけで比較しない

 
そこで今回は5つのポイントの5番目です。
 

 

5.「価格(料金)だけで比較しない」

 

→ビタミンC点滴(高濃度ビタミンC点滴療法)は自由診療です。ネットで調べられと、各クリニックによってかなり料金の差があることに気づかれると思います。

 

実際にがん治療をするとなると、最低でも1回50g以上のビタミンC点滴が必要となります。そこでインターネットでビタミンC点滴を行っている各クリニックの料金を比較されて、「ここは安い」、「ここは高い」と思われでしょう。

 
お気に入りの商品を選ぶ際にも、できるだけ安い料金で選択したいというのは、消費者としての、利用する立場としての当然の気持ちでしょう。ですから、ビタミンC点滴もけっしてその例外ではないとは思います。
 
しかし、単なる製品としての商品でない、治療としての場や、患者さんと医師、人と人としての心やエネルギーがその病状に大きく関わる治療としてのビタミンC点滴療法の選択ですので、そうした点も考慮にいれ、重視されて、慎重にクリニックを選んでほしいと思います。

 

 

 

ビタミンC点滴そのものの材料費、つまり海外から輸入するビタミンC製剤に価格差はあります。が、それ以外の国内で入手できる蒸留水、点滴セットなどを合計しても、各クリニックで、材料費という点では、それほど大きな差になることはないと思います。

 

 

では、何が価格差、料金の違い、となっているのでしょうか?

 

 

ビタミンC点滴治療は自由診療であり、その料金設定は、それぞれの先生の診療や経営に対するお考えによるにもよります。

 

しかし、実際にビタミンC点滴をするためには、上記のの材料費以外に、場所としてのクリニックの賃貸費や、人手としての看護師、受付などのスタッフ人件費、その他もろもろの費用がかかります。地方と都心では、広さやそれぞれの立地条件にもよりますが、賃貸費を比べると、2,3倍~10倍くらいの違いがあります。

 

 

また、クリニックによっては、毎回点滴前後に患者さんと会話をしているクリニック(当院)もありますし、再診以降、先生の診察を受けるためには、別途診察料がかかるクリニックもあります。

 

 

ビタミンC点滴の料金は、そういったもろもろの要素が総合されての設定となっています。

 

 

料金が安いからといって点滴を受けたら、先生に会えるのは初診だけで、看護師が点滴をして、「終わったらこのベルを押して下さい」と言われ、後は患者さんのみが残された部屋で点滴が終わるまでを過ごす、というクリニックもあるのです。

 

 

それでも確かに、治療費の問題もあり、ビタミンC点滴を少しでも安く、多く回数を受けたいという切実な患者さんのお気持ちも理解できます。

 

 

しかし、単にビタミンC点滴を受けるというだけでなく、上記のポイントの3.「医師との相性・信頼関係」で述べたように、医師との対話を通して、治療や予後への不安や心配を解消してくれるような先生がいらっしゃるクリニックならば、料金の違い以上の価値があると思います。

 
 
今回は、がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法を始める際のクリニックを選ぶ5つのポイントの5番目、【価格(料金)だけで比較しない】についての記事でした。

 

 

 

がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法10年、
患者さんやそのご家族の皆さんのお力になれればと願っております。
いつでもご相談ください。

 

高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療

東京 渋谷塚田クリニック

03-5728-6881

http://www.tsukada-clinic.jp/

 

晴れいつもこころに太陽を虹

読者登録してね人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月30日(水)

がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法ークリニック選び5つのポイントその4 渋谷塚田クリニック 東京

テーマ: |…ビタミンC点滴療法

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!

 

がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法

東京 渋谷塚田クリニックの塚田 博です。

 

2017年7月22日ブログ記事より、

「がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法」に関して、

その効果や頻度、費用なども含めて、

これからこの治療を検討されている患者さんならびにご家族の皆様方等のお役に立てるよう、できるだけわかりやすい内容で記事をアップしていきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

2017年8月26日の記事から、

がん治療として高濃度ビタミンC点滴療法を受ける際のクリニック選び5つのポイント、について順次掲載しています。

 

何故なら、患者さんそれぞれが、よりご自身の状況に適したクリニックを選ばれることで、ビタミンC点滴がその病状改善にお役に立てることを願うからです。

 

<がん治療にビタミンC点滴を始める際のクリニックを選び5つのポイント>

 

1.自宅に近いクリニック

2.がん治療の経験豊かな医師

3.医師との相性・信頼関係

4.クリニックを変える勇気

5.価格(料金)だけで比較しない

 
そこで今回は5つのポイントの4番目です。
 

 

4.「クリニックを変える勇気」

 

→先の3.「医師との相性・信頼関係」でも述べましたが、ビタミンC点滴を受診しているクリニックで、どうにもそこの先生との相性が合わない、良くない。

 

また、とても大事なことですが、先生と話がしにくい、または、できない、さらに、治療結果や経過、今後の方針などについての相談がしにくい、できないのならば、勇気をもって、他のビタミンC点滴をされているクリニックを探されみた方が良いでしょう。

 

 

もちろん、ドクターショッピングのように、あまりあちこちを回られるのもどうか、とも思いますが、自分で納得できる先生を探すならば、それもひとつの選択肢ではあります。貴重なお金と時間を使って、何よりも大事な大事なご自身の命にかかわる治療を選ばれるのですから。やはりご自身が信頼のおける医師を選ばれるべきです。

 

 

※これは、患者さんとの信頼関係という、治療において「土台」となることですので、私自身、いつも気を引き締めていることです。もし、何かご指摘ありましたら、遠慮なくお話しください。これはわたしからのお願いでもあります。

 
今回は、がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法を始める際のクリニックを選ぶ5つのポイントの4番目、【クリニックを変える勇気】についての記事でした。

 

 

 

がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法10年、
患者さんやそのご家族の皆さんのお力になれればと願っております。
いつでもご相談ください。

 

高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療

東京 渋谷塚田クリニック

03-5728-6881

http://www.tsukada-clinic.jp/

 

晴れいつもこころに太陽を虹

読者登録してね人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月29日(火)

がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法ークリニック選び5つのポイントその3 渋谷塚田クリニック 東京

テーマ: |…ビタミンC点滴療法

人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!

 

がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法

東京 渋谷塚田クリニックの塚田 博です。

 

2017年7月22日ブログ記事より、

「がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法」に関して、

その効果や頻度、費用なども含めて、

これからこの治療を検討されている患者さんならびにご家族の皆様方等のお役に立てるよう、できるだけわかりやすい内容で記事をアップしていきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

2017年8月26日の記事から、

がん治療として高濃度ビタミンC点滴療法を受ける際のクリニック選び5つのポイント、について順次掲載しています。

 

何故なら、患者さんそれぞれが、よりご自身の状況に適したクリニックを選ばれることで、ビタミンC点滴がその病状改善にお役に立てることを願うからです。

 

<がん治療にビタミンC点滴を始める際のクリニックを選び5つのポイント>

 

1.自宅に近いクリニック

2.がん治療の経験豊かな医師

3.医師との相性・信頼関係

4.クリニックを変える勇気

5.価格(料金)だけで比較しない

 

そこで今回は5つのポイントの3番目です。

 

 

3.「医師との相性・信頼関係」

 

→ここが、ビタミンC点滴を選択される際に一番重要なポイントとなるかもしれません。

 

確かに「有名な先生」である、「たくさん本を出されている」こうしたことが一番選びやすい方法になると思います。

 

 

ただ、いくら有名な先生でも、また、いくらたくさん本を出されている先生であっても、やはり医師と患者さん、お互い人間ですから、必ず相性というものがあります。

 

 

そんなことは全然気にされない、とにかく偉い先生に診てもらいたいというならば、それで良いのですが、毎回点滴に受診する度に、その先生と会ったり、話ったりすることが(クリニックによっては初診時のみ医師と会い、再診後は予約をとらないと会えないこともありまが)ストレスに感じられるならば、それはあまりお勧めできません。

 

 

せっかくビタミンC点滴を受けたとしても、ストレスは、がんを抱えた身にとって、心的そして身体的にマイナス要因になりますから。

 

 

といっても、ビタミンC点滴を選んだクリニックで実際に治療を受けなければ、その先生との相性などわかりません。

 

 

では、どうしたらよいでしょう?

 

 

やはり実際にお会いしないと、正直、先生と自分との相性の善し悪しはわかりませんし、信頼関係は生まれようもありません。

 

 

しかし、それを知るひとつの手がかりとして、そのクリニックのホームページやその先生が書かれているブログの記事など読まれて、その先生がどういうお考えで治療にあたられている人なのか、お人柄なのかを、あなたご自身の感性や知性を総動員して「感じて」ください。あなたの直観を信じてください。それを判断材料にされてください。その直感は当たっていることが多いでしょう。

 
今回は、がん治療に高濃度ビタミンC点滴療法を始める際のクリニックを選ぶ5つのポイントの3番目、【医師との相性・信頼関係】についての記事でした。

 

 

 

がん治療としての高濃度ビタミンC点滴療法10年、
患者さんやそのご家族の皆さんのお力になれればと願っております。
いつでもご相談ください。

 

高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療

東京 渋谷塚田クリニック

03-5728-6881

http://www.tsukada-clinic.jp/

 

晴れいつもこころに太陽を虹

読者登録してね人気ブログランキングへにほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>