渋谷塚田クリニック (TEL.03-5728-6881)
がん治療専門(自由診療・完全予約)
・薬だけに頼らない治療
・副作用がない治療
・より根治的な治療
渋谷塚田クリニック ではそれを提供していきます。
・健康増進、がんの治療に 右矢印 【高濃度ビタミンC点滴】
                   【食事・栄養療法】
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月22日(月)

「転移して初めて魂に気付き、役立ちたいと願うようになりました!」霊性向上に貢献する医療を目指して

テーマ:魂からの言葉

人気ブログランキングへ   にほんブログ村

より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!


東京は今日8月22日(月)終日台風9号による雨風がありましたが、夜になってようやく静まりました。皆さん、お怪我などありませんでしたか?



先日、朝の通勤時にいつも見上げる大木。今は8月、蝉がここぞとばかりに鳴いていましたが、緑濃い枝を駆け抜ける風に、ほんのわずかですが、秋の気配を感じる日がありました。
  

~~~~~~~


今回は、この記事のタイトルにあるように、
骨転移の治療中、魂という存在に気付き始め、そして、これからの人生を人に役立ちたい!
と願えるようになった当院の患者さんをご紹介させていただきます。



それは、これからの医療は、より明確に、患者さん個々人の

「霊性の進化向上に貢献できる医療」

を目指す方向に動いていく、またそうあるべきだと、常々私は考えているからです。


私たちは、今まさに、自らの霊性の進化向上のためにこの世に生まれ、病を始め、様々な経験を通して、自らの今世での魂の課題を、その経験から学んいる存在なのですから。




患者さんは50歳台の女性Oさん。


3年前に肺癌の手術をされ、当時はステージⅠと診断されて経過をみてきました。


しかし、昨年2015年の8月に右上腕の痛みがあり骨シンチの検査をしたところ、骨転移が発見され、放射線治療と分子標的薬の服用が始まりました。


当院には、骨転移および服薬による副作用の治療目的で来院され、高濃度ビタミンC点滴療法が開始されました。



当院初診時のOさん症状は、疲労感が強く、顔や手指の皮膚は黒ずみ、鼻の頭は赤く腫れた状態で、一目診て、抗がん剤治療による副作用症状が明らかでした。また気分もふさいだような状態で、顔の表情が乏しくなっていました。



初診時、症状や病歴をお聞きして、ビタミンC点滴の治療の説明を終えた後、
ちょうど、ご主人と一緒に受診されていたので、


私:
「Oさん、身体の治療はすでに始まっているので、これからは同時に、心の治療もしていきましょうか。


病気は、今までのこころの在り方が原因でなることもあるのですよ。
特に、身近なひととの関係が大事です。

いろいろあったかもしれませんが、まずこうして一緒に付き添って来院してくれたご主人へ,


『ありがとう!』


と、口にすることから始めましょうか!」


私がそのように提案すると、


Oさん:

「そうなのですね、わかりました、確かにこんなにいろいろな治療を

受けさせてくれる夫に、『ありがとう!』を口に出して言ってみます」


と、とても素直に受け取ってくれ、それを聞いていたご主人もにっこりとされていました。



当院では、毎回、ビタミンC点滴前後で患者さんとお話していますが、その中で、Oさんの心の葛藤に、現在関西にいらっしゃるお母様との関係があることがわかりました。



Oさん:
「母はいつも自分勝手で、私と気が合わず、私は母に愛されていなかったのです」


と語ってくれました。



私:
「そうだったのですね、それは辛かったですね。
人はそれぞれの立場で、それぞれの考えで生きています。自分の立ち位置だけからではなく、第三者の目で、お母さんと自分の関係を見てみてはいかがでしょう。」


などと提案してみました。



さて、週に1、2度の高濃度ビタミンC点滴療法をしていくと、この治療開始2カ月目には、慢性疲労も改善し、当初黒色に変色していた顔や手指の肌や鼻の頭の発赤もかなり改善してきました。


そして、8ヶ月経った今では、抗がん剤の服薬は継続していますが、あれほど黒ずんでいた顔や手指の肌は、もうほとんど元の健康のときの肌に戻り、何も聞かされなければ、病気があるとは誰も思わない状態にまで改善されました。



途中、放射線治療後、違和感が出てきた右腕にエネルギー治療を行うことで症状は改善。



そして、先日の診察の時、


入院された父親のお見舞いに、故郷である広島に言ってきたことを話してくれました。


その中で、


Oさん:
「先生、最近、母は、母なりに私のことを思って、愛してくれていたのだ、と思うようになりました。


そして、それまで「魂」なんて言葉は、まったくと言う程興味がなかったのですが、最近とても気になりだしました。


この病気になって、骨の転移が出て、初めて、ようやく自分はそのことに気づきました。転移がなかったら、ずっと母を恨んでいたと思います。そした魂にも気づかなかったでしょう。


骨への転移がわかり、今後どうなるかわかりませんが、魂の存在に気付いたら、このまま自分の人生が終わってしまうのは、もったいないというか、何か足りない、と感じ、そう、何か人の役に立てる自分になりたい、と願うようになりました! 


そして、最後に、


「あの母親が、私に『ありがとう』って言ってくれたのです。故郷に帰っても一度も言ってくれなかったあの母が…」


そう語ってくれたOさん。その眼は、とても輝き、いままでの診察の中で一番活き活きとしてお顔をしていました。



医療である以上、「抜苦与楽」、患者さんの身体上の痛みや苦しみの改善を目指します。できるだけ、痛みのない、苦しみのない状態に改善させることを当然目指します。


しかし、誤解を生むかもしれませんが、たとえ症状が消えたとしても、私たちは間違いなくこの肉体との別れ、身体上の死が訪れます。これだけは例外なく100%言えることです。



病は、「魂からのメッセージ」、今までの心の在り方を見つめる良い機会なのです。今まで歩んできた自分の人生を反省し、感謝する時でもあるのです。


そして、その心の姿勢こそが、身体への治療以上に効果が出ることもあるのです。


私たちの第一義の生きる目的、それは、「自らの霊性の進化向上」なのです。



病を通した「魂からのメッセージ」の声にしっかりと耳を傾け


厳しい言い方ですが、


どういう形であれ必ず死を迎える身体の治療だけに専念するのでなく、有限の命の肉体が自分自身であると執着しすぎることなく、同時に、そして何よりも、永遠の命をもった、自らの本当の存在である魂の、霊性の進化向上を目指していくべきなのです。


そうした魂の成長にとって、何よりもかかせないこと、それが「人に役立つ自分となる」ということなのです。


「人に役立つ」これは特別のことをする必要などありません。特に、病だから何も自分にはできないと思うことはないのです。


まず、「笑顔」から始めることができるのです。「あなたが居てくれて良かった!」魂に気付いたあなたの笑顔が、相手に喜ばれると同時に、あなた自身の霊性の進化向上となっていくのです。


これからの医療は、こうしたことを前提にして、患者さんと医師、そして正しいエネルギーワークのできる魂の存在を認める方たちとのグループ医療となることでしょう。


そのとき、医療は、患者さんの霊性の進化向上に貢献できる、本来の姿を示すことができるでしょう。


今回は、転移の治療の中で、自らが魂という存在であることに気づかれ、これからの人生を人の役に立ちたい、と願った患者さんを紹介させていただきました。


晴れいつもこころに太陽を虹


読者登録してね 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村



2016年08月01日(月)

「許し」に至る道-私たちは皆、「幾世での経験を学びとして愛を成長させる永遠の命」という視点

テーマ:魂からの言葉

人気ブログランキングへ   にほんブログ村

 より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!

今回のブログでは、「許し」、特に、「どうしたら心の底から相手をそして自分を許すことができるのか?」
このことについて、その学びの途中である今の私が思うことを書きたいと思います。


前回のブログ『病の時、「感謝」と「許し」が癒しのエネルギーとなる』 では、


私たちの「思い」はまさに力であり、
私たちの命の元となるエネルギーの流れを左右する力となる。


「感謝」は、私たちの命の元となるエネルギーを呼び込み、
「許し」は、私たちの命の元となるエネルギーを解放する。


病の時、「感謝」と「許し」が癒しのエネルギーとなる!!


このように私たちの「思い」、特に「感謝」と「許し」という2つの思いが、
病を癒すエネルギーに深く関わっている。

というお話しをさせていただきました。


「感謝」

すなわち、生かされている自分の存在に気づくこと。
そして、その喜びや有り難さを、恩返しとして、まさに「感謝」として相手に行動で示すこと。

この「感謝」の思いと行為は、私たちの愛のひとつの成長の証であり、理解が伴うと、案外実践しやすいことなのです。


しかし、

「許し」


これには、「相手を許す」ことと、「自分自身を許す」
この2つの視点がありますが、
「許し」ということの大切さは、なんとなく頭でわかったとしても、
感情において、心の底から、相手をそして自分自身を許すということは、

なかなかできない私たちがいるのではないでしょうか。


「許し」


これは、感謝の次に来る、よりハードルの高い、私たちの愛を成長させるための、より大きな課題のひとつなのです。


誰もが人生のどこかで、この課題に真剣に向かい合わなければならない時が、必ず来るのです。どういう形であれ、です。


私たちが、幾世にも渡って生きる目的が、「自らの愛を成長させること」という視点に立った時、


「許す」ということ、これもまた、幾つもの人生にまたがった、大きなテーマのひとつであることがわかります。


では、少しでも、「許し」の心に至るために、役立つ何かがあるのでしょうか?
「理解即許し」、にはなりませんが、許しの手助けとなるための、許しの道を歩けるためのガイドは、何かあるのでしょうか?


そのことを考える前に、まず、何故、私たちは相手を、そして自分自身を、「許せない!」のでしょう?



「許せない!」



相手に対する「許せない」という思いの背景には、

・自分は被害者である。
・自分にとってまったく理不尽である。


という思いがあります。


だからこそ、自分にそんなことをした相手を罰することこそあれ、
許す、などということは有り得ない!
そこには、「恨み」や「怒り」という感情が混在しています。



また、自分に対して「許せない!」という思いの背景には、

・自分自身の不甲斐なさ

・劣等感


という思いがあります。


だからこそ、そこから抜け出せない「もがき」「苦しみ」という感情があります。



相手に対しても、そして自分自身に対しても抱くこの「許せない!」というこの思いには、冒頭に述べたように、思いは力そのもの、エネルギーそのものであるために、自らの生命エネルギーを滞らせ、あなた本来の生き方に大きくブレーキをかけるだけでなく、病という形にまで進行させる力があるのです。


では、私たちが、より自分らしい、より自らの個性を活かした、魂を輝かせられる生き方をするために、自らのこの「許せない!」という思いに、どのように向き合えばよいのでしょうか?


それには、まず初めに、



「真実」を知ることです。
「真理」を知ることです。



では、その真実とは何か?


それは、


・私たちは、本来この肉体に宿る永遠の命をもった魂という存在。
・私たちは、この魂の中核をなす心の成長、特にこの地球では愛の発展を目指す存在。

・心の成長のため、愛の発展のために毎回課題をもって、幾度もあの世からこの世に生まれて課題に必要な経験をする存在。


つまり、私たちは皆成長過程にあり、地球という学び舎にいる、いわば魂の同窓生である、という真実なのです。


お互いに今世それぞれの課題をもって生まれて、愛したり、憎みあったりすることもありますが、そうしたお互いの経験を心の学びの糧にして、今この地球という場で魂修行している仲間であるという真実なのです。


こうした真実があるのです。


それは、この世で経験した「許せない」という思いは、まさに自らの心の成長、愛の発展のための今世の私たちの課題のひとつであるということです。


その思いを抱いているということは、それが、自分自身の今世の課題であるということだと自覚することなのです。



そして、その「真理」とは何か?


それは、

宇宙すべての事象において、
「原因と結果の法則」
という真理が働いていること。


言い換えれば、
「カルマの法則」
という真理があるということです。


今世という時空間の視点だけから見れば、相手から受けた被害やその理不尽さに、夫や妻に、親や兄弟に、またどなたかに「許せない!」という思いを抱くでしょう、また自分自身への不甲斐なさに、「許せない!」という思いを持つでしょう。


しかし、


「許せない」という思いを抱いた直近の原因は、今世確かに相手のした行為が原因だったかもしれませんが、その原因を引き起こしたさらなる原因は、実は今世、自分では気づいていない行為で相手に同じ思いをさせてしまっていたことが原因であったかもしれません。


さらには、幾転生をして来ている中のどこかの過去世において、実は、今回自分が受けた被害や理不尽な行為を、自分が相手にしていたことが原因となって、今世そのことを立場を代えて学ぶために起きているかもしれないのです。


また、自分自身に対する「許せない」という思いは、裏を返せば、本来の自らのあるべき存在、状態、すなわち究極的には、私たちは皆「神の子」であるという自覚が根底にあることの証拠であり、高く成長を望む自分であるが故の思いでもあるのです。



このように、

私たちは、上記の「真実」と「真理」を知ることで、


この世という視点だけではない、時空間を超えた自らの魂の転生という永遠の視点で、今世での経験を振り返ってみることができ、そのことで、今の、相手への、そして自分自身への「許せない」という思いから、私たちはいくらかでも解放されるのではないかと思うのです。



今回は、私たちの魂の成長にとって避けて通ることのできない、人生の大きな課題である「許し」ということについて、その「許し」の心に至るひとつの助けとなることを願った記事をアップしました。


どうか、今「許せない!」という気持ちを抱いている方がいましたら、このような視点に立って、今一度自分と相手の立場を、また自分自身の立場を、上記の真実と真理に基づいて、第3者の目で見てみることを提案させていただきます。


そのことで、少しでもあなたの心が安らぐことを祈っておりますドキドキ


晴れいつもこころに太陽を虹


読者登録してね 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月01日(金)

病の時、「感謝」と「許し」が癒しのエネルギーとなる!

テーマ:魂からの言葉
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村

より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!


2016年5月29日(日)のホリスティックスピリチュアル医学研究会 の特別講演会ならびに第5回総会は、私が実行委員長であったため、ブログ記事もこの数カ月ほとんどこれに関するものばかりでした。


皆様のお蔭で、講演会も盛況に無事終えることが出来、本当に、有難うございましたドキドキ


この特別講演会のDVD販売 もできるようになり、ひと仕事を終えて、ようやく以前のような記事をアップすることができるようになりました。私もホッとしておりますニコニコ


梅雨真っ盛り。梅雨と言えば、やはり私は紫陽花がイメージされるます。雨露に濡れた紫陽花を見ると、思わず足が止まりますあじさい



がんを始め、病を癒そうとする時、
私たちは心と魂と体がひとつになって、今、この世を生きていますから、体からの、いわば外面からのアプローチだけでなく、心と魂という、内面からのアプローチも同時に必要となります。


この内面からのアプローチにおいて、


「感謝」


という思いが湧き出ることが、
癒しのはじめの一歩となります。


何故なら、
感謝という思いは、自分が生かされている存在であることを知ることであり、そのこのとは、命の根本である自分の体に流れ入るエネルギーをまさに呼び込む働きとなるからです。



しかし、
治りたいために感謝するとなると、もちろん、感謝の気持ちがないよりもましではありますが、感謝が手段と化してしまい、
これは、やはり本末転倒です。


あくまで、

「ありがたいなあ~」「生かされているなあ~」
という今まで生きてきたことへの気付き、家族や周囲の人や、そして大地や動植物にすら湧き出るその気持ちこそが、命の大本であるエネルギーを呼び込み、結果として自らの癒しの力となるのです。


「感謝」


この気持ちが湧き出るとき、
顔つきが変わります、生き方が変わります。
私たちを生かしているエネルギーの流れが変わります。
そして、病が癒えることがあります。



しかし、
この感謝の気持ちが湧き上がっても、
病が癒しきれないことがあります。


そのとき、そこに、そのこころの深くにあるのは、
自らが他者を「許せない」、という思いであることがあります。

また、自分が自分を「許せない」、という思いであることもあります。


私たちは、


「許す」


ということに真正面から向き合わなければならない時が来るのです。
それを病が私たちに、自らの体を使って知らせてくれているのです。



許せない!


まさにその言葉の意味する通りに、
許せないとは、
相手を受け入れることなく、自他の間に厚い壁を立てることになります。

その思いは、
宇宙に遍満し、隈なく流れているエネルギーを、あなたに流れ入る命のエネルギーを遮断することになります。


本来、相手にも自分にも流れているエネルギーを、あなたの思いで自ら堰き止めてしまうのです。



川の水が堰き止められると、その水は淀み、濁ってしまうように、私たちの相手を受け入れられないという思い、ましてや自分が自分を受け入れられないという思い、その中でも一番強い、「許せない」という念いは、結局は自らが、自らの命の元であるエネルギーを遮断してしまうことになってしまうのです。



この命のエネルギーの遮断、滞りこそが、まさに、病の大きな原因となっているのです。



「許す」


頭でなく、こころからのあなたの他者への許しが、自分自身への許しが、あなた自身の命のエネルギーを開放するのです!


このように、

私たちの「思い」はまさに力なのです。


この思いは、私たちの命の元となるエネルギーの流れを左右する力があるのです。



「感謝」は、私たちの命の元となるエネルギーを呼び込み、
「許し」は、私たちの命の元となるエネルギーを解放します。


病の時、「感謝」と「許し」が癒しのエネルギーとなる!!



今回は、エネルギーという観点から癒しについてのお話しでした。


「許す」これは、人生の大きなテーマのひとつです。愛と密接に関わるからです。頭ではわかっていても、心の底から人を許すということは、なかなかできない私たちがいます。


少しでも、心から許せるためには、何が必要なのだろう?


次回そのことについての記事を書きたいと思います。


晴れいつもこころに太陽を虹


読者登録してね 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月14日(火)

スピリチュアル特別講演会DVDの一般販売決定!限定30枚!

テーマ:ブログ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村

より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!


ホリスティックスピリチュアル医学研究会 の特別講演会が、2016年5月29日(日)日比谷コンベンション大ホールにて開催され、お蔭さまでほぼ満席となり、参加者の皆様に、大変好評を博しました。



「もう一度、あの講演を聴きたい!」

「再度、勉強しなおしたい!」

「参加できなかったので、ぜひ観たい!」

「知人や親にも観せてあげたい!」


という声が、会員だけでなく、一般参加者の方からも多く聞かれたため、

日講演会の模様を、DVDにして限定30枚で、販売させていただくことになりました!!


皆様に感謝いたしますドキドキ



<スピリチュアル特別講演会DVD限定30枚の一般販売について


【内容】

ホリスティックスピリチュアル医学研究会主催、『スピリチュアル特別講演会』

日時:2016年5月29日(日)

会場:日比谷コンベンション大ホールにて



開会挨拶5分


1.龍村 修先生「スピリチュアリティー高める生き方」
~ヨガを通じて心身霊を磨く~(指ヨガ実習あり)70分


2.龍村先生への質問タイム 10分


3.飛沢誠一先生「幽体起因の病気とその対応について」70分


4.池川 明先生「自分の魂と語る、たまちゃんわーく」70分
(「たまちゃんわーく」の実習あり)



5.飛沢先生と池川先生への質問タイム 20分


閉会挨拶5分



以上の予定です。



【申込方法】


1.メールにて申し込み。

2.代金を指定銀行口座にお振り込みください。


確認の上、発送いたします。



1.メールにて申し込み  


<E-mail>   holispigate@gmail.com


タイトル :「特別講演会DVD希望」


とお書き下さり、


  ①氏名

  ②住所

  ③電話(日中ご連絡の取れる携帯番号など)

  ④メールアドレス


記①~④を必ずご記入の上送信してください。



2.代金を指定銀行口座にお振り込み。



代金は、DVD1枚4000円(税込み価格)+送料510円(レターパックにて)


※DVD1枚ご希望の場合は、

 →DVD1枚4000円+送料510円=合計4510円


※DVD2枚ご希望の場合は、

 →DVD2枚8000円+送料510円=合計8510円


(1人あたり枚数制限は基本ありません)


・振込先  ジャパンネット銀行 すずめ支店

       支店 002 普通口座 番号 8192467

       ホリスティックスピリチュアル医学研究会運営企画部 


      ※ 振込手数料はご負担ください。



締め切り】


6月30日(木)まで



【発送時期】


7月下旬予定


以上、です。


心と体と魂がひとつとなって、今この世を生きている私たちという存在。これから医療の分野において、心や体からのアプローチだけでなく、さらに魂という霊性からのアプローチがますます必要となってくるでしょう!


今回のスピリチュアル特別講演会のDVD限定30枚、皆様のお申込みをこころより、お待ちしております!!


晴れいつもこころに太陽を虹


読者登録してね 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月30日(月)

スピリチュアル特別講演会、参加して下さった皆様に心より感謝!!

テーマ:ブログ
ドキドキ人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村

より根治的で副作用のない治療、心身からの自己治癒力を高める医療を広めたいと思っています。ランキング の応援クリックを宜しくお願いいたしますニコニコ!!


2016年5月29日(日)一般社団法人「ホリスティック・スピリチュアル医学研究会」の特別講演会が、日比谷コンベンション大ホールにて開催されましたビックリマーク



当初は皆様にどのくらい参加していただけるか、自分が主催者側になって開催するのははじめてであり、正直心配していました。


しかし、快晴に恵まれた当日、ほぼ満席近くまで皆様にご参加いただきました。


そして何よりも、参加して下さった多くの皆様に喜んでもらえたこと、本当に嬉しかったです。皆様の魂にも喜んでもらえたようで、開催目的が叶いました。



1)ヨガや瞑想についてお話しくださり、先生オリジナルの「指ヨガ」を会場でご指導して下さった、龍村修先生


2)幽体や肉体との関係、病気と過去世やカルマとの関係、さらに気などエネルギーを使ってのその治療法などお話し下さった、飛沢誠一先生


3)胎内記憶の多数の症例から、今世の生き方、そして「たまちゃんわーく」のワークを指導して下さった、池川明先生



どの講演も、内容が深く、講師の先生の楽しい会話の中にも、たくさんの真実がちりばめられたお話しなどなど、まさに今回の私たちの意図した「魂が喜ぶ講演会」これが実現できたのではないかと思いました。


3人の講師の先生方にも心より、感謝いたしますドキドキ

有難うございました。


そして、何よりも、何よりも、

当日ご参加して下さった皆様、本当に、有難うございました!!

こころより、感謝いたしますドキドキ


皆様に個人的にもご挨拶したかったのですが、司会進行役その他もろもろの仕事があり、顔を出すことができなかったこと、ご勘弁下さい。私もとても残念でした。


私の拙い司会や、こちらの気付かないことで、ご不快に感じたことなどあったかもしれません。また、スピリチュアルな内容の講演ですので、ご自身のお考えや捉え方と違和感を感じた方もいるかもしれません。


今回の経験を次回の講演に活かしていくつもりです。



それにしても、

今回の講演会開催に向けて、昨年10月頃から本格的な活動となりましたが、その間のスタッフとのメールのやり取りは、1000件を超えていたのには、自分でも驚きました。



また、講演会が開催するまでに、実にいろいろなことが起こり、ひとつひとつ解決していくなど、私自身大変勉強させていただきました。


スタッフの皆の力がなければ開催にこぎつけなかったこと、改めて、同志の結束の大事さに気付き、皆の協力に感謝の思いでいっぱいです。


※今回の特別講演会のDVDを当会会員向けに制作する予定です。もし、皆様のご希望が多いようでしたら、一般販売できるかもしれません。実際に販売できるようになりましたら、それに関して記事でアップしたいと思います。



来年は5月に大阪で当会のこのような講演を開催する予定です。

当会のホームページをご参考下さい。

http://holispiigaku.holy.jp/

FBでのHPは、

https://www.facebook.com/holispiigaku/


改めまして、ご参加下さった皆さん、本当に、有難うございました!!


晴れいつもこころに太陽を虹


読者登録してね 人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>