ロハスウォール社長ブログ

100%自然素材でつくる漆喰と珪藻土の製造元ロハスウォール社長の辻が適度に更新するブログです。


テーマ:
静岡県富士宮市に織田信長公の首塚があるといわれている西山本門寺に来ました。



{158538E3-9B92-4FE8-B544-AF5556B7C89C}

参道から何やらただならぬ雰囲気があります。



西山本門寺は映画のロケ地にもなっているらしく、


風のかたみ
里見八犬伝


などあるらしいです。



{9A75A789-26F5-474E-9BA6-60FD0C6F900F}

本堂の裏手に首塚があります。(本堂の白い壁は漆喰です)


{78C81ACA-E43B-4C8E-A7EA-92CB5D6E0DB2}

本堂からは
歩いて30秒間くらいで到着します。



{1295710C-0429-4A15-B107-FC48FCC25D1F}

さて、いよいよ信長公の首塚です。
すぐ近くに小川が流れており、環境がよいところ。



{6105B1A8-D723-46D7-9859-474D1B8141FF}

この大柊が織田信長公の首塚です!


{5F9EA785-B6BA-4DD0-B527-1B957C45ADED}

確かに織田信長と書いていました。


{86B9A16C-177F-46F0-921D-56EED01D0FB8}

この柊を見ていると後ろから誰かに見られているような気配を感じます。


一体誰なんだろうか?笑


さて、
帰りに運良く住職に話を聞くことができました。



『本能寺の変当時は、この西山本門寺は武田家と今川家に近いお寺だったため、
織田信長公の首塚というのはあくまで伝承に過ぎない。
真偽のほどは分かりませんよ。』


とのこと。
そして、

『歴史と真実は違うもの。お寺の存在意義としては真実を残さなければならない。』


とおっしゃっていました。
全くその通りですね。


2017年には、名古屋市、岐阜市、近江八幡市の行政も絡んで
織田信長サミットが開かれるとのこと。



本物の首塚だとしたらロマンがあって町おこしによいなと思いました。


信長ファンの方は西山本門寺へ
ぜひ一度行ってみてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)