決めたことは、必ず実行する

テーマ:
誠実な人は、自分の言ったことは必ず実行する。
嘘をつく人は、その場限りの発言で、後日実行しない。
嘘をつく人ほど、誠実さを強調するが、振り返れば明白だ。

決めたことは必ず実行する。信頼関係は、そこから始まる。
AD
一人予約で視察ラウンド。天気は曇り時々晴れで心地よい気候、風は弱かった。

前半(イン)は、ティーショットが安定せず、ボギーを拾う展開。エッジからパーを
逃した3ホールが残念。後半は、ティーショットが良くなり(FW 6/7)、4番(パー3)の
バーディーでイーブンになったが、その後は消極的なプレーで、5連続ボギーの上がり。

スコアは、43・41(84)。パット数31。3パットなし。
FW 7/14、パーオン3、ボギーオン13、SCR 2/13、バンカーインなし
バーディー1、パー4、ボギー13

ゴルフ場はフェアウエイが広く、整備状況も良かった。グリーンもそれなりに傾斜があり、
練習には適したクセの少ないコースだった。

今月の平均スコアは、88.5(前月比+3.9)
ダボ以上のホール数、3.4(前月比+1.5)
3パット以上のホール数、1.2(前月比変わらず)
FWキープのホール数、7.5(前月比▲0.4)
バンカーインのホール数、1.5(前月比▲0.5)
パット数、32.2(前月比+0.7)
バックティーや雨の日のプレーが多く、平均スコアやダボの数は大きく増加した。
無駄なバンカーインは減ってきているが、アプローチは改善されていない。(SCR 20.1%)
AD

送迎計画

テーマ:
計画は、迅速に、きちんと立てなければいけない。
予想とは違うので、精度は必要ないが、漏れがあってはいけない。
すべての項目に気を配ることで、実行の速度、精度が上がる。

ゴルフコンペの送迎計画は、いいトレーニングの機会になる。
計画に漏れが出る人は、マネージャーには不適である。
AD

睡眠時間は、7時間30分

テーマ:
睡眠時間は、たっぷりと取ろう。10時に寝て、5時30分に起きる。
起きている時間が短くなれば、無駄なことはしなくなる。
睡眠は有益な時間である。寝ている間にストレスは消えていく。

睡眠時間が短いと、認知機能は低下し、脳の隙間が増えていく。
福岡の方々とのラウンド。天気は曇り時々晴れで気温が高く、風は強くなかった。

前半(プリンス)は、ショットは安定していたが、パー4のセカンドがイマイチ。
後半(キング)は、バーディースタートで流れが良く、パーオンも5回。最終ホールの
3パットで30台を逃した。パー3はすべてパーオン2パットのパーでスコアはまとまった。

スコアは、45・40(85)。パット数34。3パット2回。
FW 6/14、パーオン8、ボギーオン6、SCR 0/6、バンカーイン1
バーディー1、パー6、ボギー9、ダボ1、その他1

来年シニアオープンが開催されるコースは、本格的な造りで、グリーンの傾斜が複雑。
他の組を意識することも少なく、ゆったりとしたプレーが堪能できた。

9/25 成田ハイツリー(7,027y)

テーマ:
倶楽部選手権予選ラウンド。グロス96で予選落ち。
天気は曇り時々晴れで湿度が高く、風は弱かった。

前半(イン)は、ショットは安定していたが、入れ頃のパットが入らなかった。
後半は、3番と5番で残り200yのパーオンを狙ってトラブルになり、ダボ。
7番以降は、集中力に欠け、残り50y以内からボギーオンできず、3連続のダボ。
ボギーオンに徹することができず、目標よりダボが5個多くなった。

スコアは、46・50(96)。パット数34。3パットなし。
FW 9/14、パーオンなし、ボギーオン10、SCR 1/10、
ペナルティ1、バンカーイン3
パー1、ボギー10、ダボ7

メダリストは、82。近いようで遠いスコアの差。
来年は、残り50ヤード以内からの寄せワンに徹するゴルフを試してみたい。

欠点に気づく

テーマ:
できない理由を探すSさんは、自分の欠点に気づかない。
自ら犯した失敗を既定事実として、改めようともしない。
失敗を改める努力をすることで、欠点を直す自覚が生まれる。

改めようと思えば、いつでもやり直せる。馬鹿は死ぬまで気づかない。
MGCTコンペに参加。ネット73.0で優勝!!(参加者12名)
天気は曇りで気温は低め、風は強くなかった。

前半は、セカンドを木に当ててダボスタートだったが、4番のチップインパーから
流れがよくなった。後半もティーショットのミスなどで連続ダボのスタートだったが、
12番で寄せワンパーを拾ってから流れが良くなり、16番のパーオン3パット以外は
堅実なプレーが出来た。ボギーを連ねていい流れを待つことが重要だ。

スコアは、42・43(85)。パット数29。3パット1回。
FW 10/14、パーオン4、ボギーオン8、SCR 5/9、バンカーイン1
パー8、ボギー7、ダボ3

2018年日本プロが開催されるコースは、フェアウエイも広く本格的な造りで、
打ち上げのホールが多く、グリーンも難しかった。

4時過ぎに起きて、5時前に自宅を出て、2か所でピックアップ。2時間以上の運転後、
18ホールを回って、表彰式などに出て、帰路も3時間近くかかった。

9/22 成田ハイツリー(7,027y)

テーマ:
福岡の会社の方々とのラウンド。天気は雨で、後半は特に強く降った。

前半(イン)は、13番のティーショット、18番のサードショット以外はミスもなく、
堅実なプレーが出来た。後半は、5番以降雨が強くなり、雨水も浮いてきて、バック
ティーからだとボギーを取るのも難しくなり、5ホールで4個のダボ。

スコアは、47・49(96)。パット数32。3パット1回。
FW 6/14、パーオンなし、ボギーオン11、SCR 2/11、
ペナルティ1、バンカーイン4
パー2、ボギー9、ダボ6、その他1