社外取締役

テーマ:
社外取締役の価値は、会社の人間関係と無縁なことにある。
社長中心の人間関係は、時間の経過とともに朽ちていく。
会社が存続していくには、自己革新を続けていく必要がある。

業界に精通していれば、会社の暴走を止めることができる。
AD

2/19 成田ハイツリー(6,473y)

テーマ:
月例杯に参加。ネット80.0で第19位(参加者23名)。
天気は晴れで日射しがあった。風は時折強く吹いた。

前半(イン)は、ショットは安定していたが、10番、14番でエッジからパーを逃し、
16番では残り80yをショートしてダボ。18番もエッジから3打かかってダボ。
後半も同じような流れで、1番はエッジから狙い過ぎて、3パットのダボ。2番は
残り60yをショートしてダボ。4番は難しいバンカーからの脱出に3打かかって
トリプルボギー。5番はパーで盛り返し、その後は手堅くプレーができた。

スコアは、45・48(93)。パット数33。3パット1回。
FW 9/14、パーオン2、ボギーオン9、SCR 1/9、バンカーイン4
パー3、ボギー10、ダボ4、その他1

ダボの原因を確認すると、現状の課題が明確になる。今日の場合は、100y以内を
確実に乗せること、エッジからは上りを残すように心がける、の2点。
AD

2/18 成田ハイツリー(6,473y)

テーマ:
メンバーの方々とのラウンド。天気は曇りで気温は低め、風は弱かった。

前半は、ショットは安定していたが、エッジからパーを拾えなかったホールが
5ホールもあって、パーが取れず。後半は、10番で寄せワンパーを拾ったものの
続く2ホールは、パーオン3パットの悪い流れ。17番で起死回生のバーディーが
来たが、最終ホールはバンカーでのミスでダボとなり、90切りを逃した。

スコアは、47・43(90)。パット数34。3パット2回。
FW 8/14、パーオン3、ボギーオン11、SCR 2/11、バンカーイン2
バーディー1、パー2、ボギー11、ダボ4
AD
一人予約で視察ラウンド。天気は曇りで気温は高く、風が非常に強かった。

前半(イン)は、ティーショットがすべてFWキープで、上がり2ホールは連続パーで
締めた。後半も2番でバーディーを取って、いい流れだったが、5番でティーショットが
OBとなりトリプル、続く6番もアプローチミスで連続のトリプル。7番以降は安定した
プレーが出来ただけに惜しい2ホールだった。パットのタッチが良く、よく入った。

スコアは、46・46(92)。パット数27。3パット1回。
FW 10/14、パーオン1、ボギーオン7、SCR 3/8、
ペナルティ3、バンカーイン4
バーディー1、パー3、ボギー9、ダボ3、その他2

ゴルフ場は本格的な造りで、ガードバンカーもしっかりとあった。各ホール特色があり、
練習には適したコース。コースの状態も、フェアウエイ、グリーンともに良かった。

取締役会

テーマ:
今日は、福岡の会社の取締役会。
 
売上の伸びも順調で、利益もきちんと確保できている。
成長の基となる育成部門の停滞が懸念材料である。
 
経営はバランス感覚が欠かせない。
強化ポイントを見誤らず、適宜テコ入れしていこう。
取締役のレベルアップが必要な時期だ。

収益を上げていない部門

テーマ:
収益を上げていない部門の社員は、給料をもらい過ぎている。
まずは、自分の給料を下げてから、いろいろと発言しよう。
赤字部門の社員ほど、不平・不満が多いのは、困りものだ。
 
会社員は公務員ではない。収益しか給料の原資はない。

2/12 成田ハイツリー(6,473y)

テーマ:
メンバーの方々とのラウンド。天気は晴れで気温は高め、風は強かった。

前半は、ティーショットが安定せず、1番は左に引っかけてダボ、6番はティー
ショットのミスとアプローチのミスが重なりダブルパー、9番はバンカーからの
脱出に3打かかり、トリプル。後半は、ティーショットは安定してきたが、14番の
3パットダボからミスが続き、上がり5ホールでダボが4個。冴えないラウンドになった。

スコアは、52・49(101)。パット数34。3パット1回。
FW 9/14、パーオン1、ボギーオン7、SCR 1/7、
ペナルティ2、バンカーイン6
パー2、ボギー7、ダボ7、その他2

調子が悪いからこそ、丁寧なプレーが必要だ。雑なプレーは、心を乱す。
MGCTコンペに参加。ネット76.2で準優勝!(参加者16名)
天気は晴れのち曇りで、風は強くなかった。

前半(イン)は、ティーショットは安定していたが、11番でバンカーからの脱出に
4打かかってダブルパー。その後もいい流れにならず、ダボが2個。
後半は、1番のチップインバーディーでいい流れになり、入れ頃のパーパットも
2度決まって、12パット。8番(パー5)のトリプルボギー以外は手堅いプレー。
パー5(4ホール)で8オーバーでは、いいスコアにならない。

スコアは、48・45(93)。パット数29。3パットなし。
FW 11/14、パーオン1、ボギーオン9、SCR 4/9、
ペナルティ1、バンカーイン3
バーディー1、パー4、ボギー7、ダボ4、その他2

尾崎将司設計のコースは、大きなバンカーも多く、難しかった。受付の人以外は
愛想も良かったが、全体に雰囲気が暗かった。