気楽に行こう

自分のメモ帳です。
①自分が幸せで人にも喜んでもらえる生活
②健康でほどほどに活動的な生活 ③エコで楽しい生活を模索中


テーマ:

「医者に殺されない47の心得」

近藤誠氏の著書


たまご牛乳(ヨーグルト)の食事で、大切な栄養を確保

癌とがんもどきの区別は困難

・がんは放置に限る

・適度の運動が大切

ほっておけば病気は治る(治らないものは運命)

・大病院に行けば実験台にされるだけ(医者はそれが義務と思っている?)

・救急車を呼ばずに自然死が自宅での一番

痛みがあれば、モルヒネ等の緩和療法は大切

・外国で医者がストをしたら、死亡率が大幅に低下した。

病院にはいくな

・100歳まで働き続ける人生設計をする


安保医師の本と共通する内容が多かった。

自分がこれまでうすうす感じていたことが正しかったと思った。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

斎藤一人さんの著書


・水子にたたりなし(その子の幸せを願うなら早く忘れてあげることです)

・死ぬ時は苦しまない(病気や怪我で死にそうになってものすごく苦しんでいるように見える人がいるけれど、周りの人から見えるだけのこと)。ただ気持ちよくて寝ているだけなのです。

・風水を気にしない(栄えるかどうかは眼力しだい)

・中国に雪男がでた(中国領○○山):世界に領土と思わせるための策略

・毛はえ薬(101): 観光客を呼ぶためのウソ

・マスコミが「派遣切りをたたく」→政治家が「最低賃金、派遣切りをさせない」法律→企業は日本で人を雇わない→日本で就職できない

 「苦しくなったら人を解雇してもよいから、今現在、人を雇ってください」という法律を作るべき」

・面白くない奴についてくる人間はいない

・人生は正しいことより、楽しいことのほうが大切

・「商人はサラリーマンの時より3倍努力してサラリーマンと同じ収入になったら成功者」:焼き鳥屋の大将のすごさ

・不況を乗り越えるためには眼力が必要(用事がなくて遊びに行きたくなるお店)

 「遊びにきてよ」、「味だけでも見に来て」

 断られても「わたしもみんなも楽しみに待っているからね。またね」、「また、あったらお願いします。」と感じよく断られることが大切。

・苦労と成功は関係ない

・あわてさせるのは悪魔、落ち着かせるのが神  不動産屋「今買わないと損しますよ」

・大きくすればいい、というものではない

・「これをしたら次はどうなるか」を知る眼力

・「楽しい」はとても大切



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

曽野綾子女史の老いの才覚を読んだ。大いに共感できる作品である。


あまりにも日頃から自分の感じていたことと一致していて驚いた。

唯一意見が少し違っていた箇所は、「人間死ぬまで働かなければならない。」という点だけだった。

ただし、自分も「自分で食べるは自分で野菜を作る」、「料理を自分で作る」、「妻と一線を引く」等日頃から考えていたので、著者とほとんど同じ考え方。



[要旨]

年の取り方を知らない老人が急増してきた。

超高齢化の時代を迎える今、わがままな年寄こそ大問題。

自立した老人になり人生を面白く生きるための7つの才覚を持つべし。


[目次]

第1章 なぜ老人は才覚を失ってしまったのか

第2章 老いの基本は「自立」と「自律」

第3章 人間は死ぬまで働かなくてはいけない

第4章 晩年になったら夫婦や親子との付き合い方も変える

第5章 一文無しになってもお金に困らない生き方

第6章 孤独と付き合い、人生をおもしろがるコツ

第7章 老い、病気、死と馴れ親しむ

第8章 神様の視点を持てば、人生と世界が理解できる

神は今、あなたが相対している人の中にいる(マタイ福音書)

引き算の不幸でなく、足し算の幸福を





老いの才覚 (ベスト新書)/曽野 綾子
¥800
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」 定年からの料理への旅立ち

by 大島清

この本は本当に簡単な料理が載せてあるので参考になった。

これからは毎週末に1品ずつ作って妻に料理で驚かせたい。

定年後は専業主夫でお客さんが来るときは、自分の料理でもてなしたい。

なんて素敵!

自分の料理のレパートリーが増えて幸せです。


また著者は脳博士で各種の著書があることも驚きだ。


.

かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」―定年からの料理への旅立ち/大島 清
¥1,365
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「体温を上げると健康になる」を読んだ。


著者は米国ニューヨーク州医師。1972年生まれ。日米欧のアンチエイジング専門医・認定医の資格をもつ、自称「日本一腰の低い医者」。


[目次]
第1章 体温を上げると病気は治る(体温が一度下がると免疫力は三〇%低下する;「風邪かな?」と思ったら風呂に入りなさい ほか)


第2章 これが「体温アップ健康法」だ(体温が上がれば、すべてがうまくいく;なぜ五十代を過ぎると病気になりやすくなるのか ほか)


第3章 ストレスが低体温人間をつくる(病気の始まりはストレスに関係している;早寝早起きが体にいいのはなぜだろう? ほか)


第4章 低体温を防ぐ理想の生活習慣(体温アップ健康法が教える理想の一日;自然に目覚めたら、二度寝はするな! ほか)


【筋肉を鍛える方法】

1 筋トレは3日に1回で充分

2 運動前にストレッチをする

3 ウォーキングかジョギングを毎日30分

4 インナーマッスルを鍛える(1回1分のスクワットを10回ぐらい:なるべく呼吸はしない) 姿勢を良くして尻の穴を閉めて歩く


5 運動前はバナナ、運動後はチーズを食べる

6 寝る前4hは食事をしない?(無理目

体温を上げると健康になる/齋藤 真嗣
¥1,470
Amazon.co.jp


 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。