気楽に行こう

自分のメモ帳です。
①自分が幸せで人にも喜んでもらえる生活
②健康でほどほどに活動的な生活 ③エコで楽しい生活を模索中


テーマ:

「2年弱でTOEIC980点。“奇跡の郵便配達員(51歳)”のモチベーションとは」という記事を読んだ。勉強を怠けている自分に少し刺激になった。


内容は以下のとおり。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110804-00000301-playboyz-soci



郵便事業株式会社の某支店、集配営業課に勤務しながら英語を勉強、わずか2年弱でTOEIC980点を叩き出した“奇跡の郵便配達員”が存在する。瀧野一(たきの・はじめ)さん、51歳だ。

 今から5年前のこと、勤務先の郵便局に貼り出された「外部職員募集、応募の条件はTOEIC730点以上」と書かれた掲示を見た瀧野さんは、「今は社外公募の条件にすぎないけど、いずれ人減らしをするときも、英語を条件にするつもりなのでは?」と“失職の不安”に駆り立てられ、英語学習を開始する。

 お金をかけない方法として考えたのが、インターネットサイト『NHKワールド』にある英語ニュースをひたすらリスニングすること。そして、聴いたニュースのページをプリントアウトし、わからない単語をチェック、それを大学ノートに貼るという作業を毎日繰り返した。「タダだから」という理由で始めた勉強法だったが、これがTOEICで問われるリスニング力を鍛え、語彙(ごい)を増やすことに有効だった。

 また、瀧野さんは約2年間で17冊のTOEIC対策本を購入している。その教材利用術は「買った本のポテンシャルをとことん引き出す」というもの。

「一度で解けない問題は、当然、解けるまでやる。解けた問題も文法などの理解を深めるために繰り返しやる。そして完全に理解できたら次の本を買うのです。数ある教材のなかで、最も重要なのが『TOEICテスト新公式問題集』(いわゆる過去問)。自分の弱点=強化すべきポイントがわかるし、TOEIC の出題には傾向があるので、過去問を繰り返しやることで確実に力がつきます」

 そして勉強を開始してわずか8ヶ月、瀧野さんは初めてのTOEIC試験で795点をとる。目標だった750点を軽くクリアしてしまったが、それでも英語の勉強をやめなかった。当時のことをこう振り返る。

「あるとき、社会人対象のTOEICセミナーに参加してみると、私以外の参加者は名だたる大企業の社員ばかりでした。自分は落ちこぼれだと思っていたのですが、こういう立派な人たちも英語で苦しんでいるのかと思うと変な気持ちがしました」

 そして、英語の勉強を始めて2年弱、ついに980点を叩き出した。瀧野さんは、今春に郵便配達員を退職、現在は外国人に日本語を教える教師の資格取得を目指している。

「TOEIC980点は自分にとって大きな自信になりました。私には人とのコミュニケーションが不得意だというコンプレックスがずっとあり、なんとかそれを克服したかった。将来はコミュニケーションに関わる仕事ができたらいいと思います」

 TOEIC980点で、英語力だけでなく、“自信”という財産も手に入れることができたのだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

東武東上線終点の寄居を散策した。

駅で降りたら、無料のレンタサイクルを発見。しかも電動アシスト自転車!

1時間待っていたら、前のカップルが戻ってきた。

早速、円良田湖(つぶらたこ)に前進。 一周4kmもらくらく。

太公望たちが、天気に恵まれてのんびりと釣り糸を垂らしていた。

近くでは鵜が魚をついばんでいた。

のんびりとして良い景色。


さらに玉淀(たまよど)ダムへ足を延ばした。

先日の台風の影響でダムは満水。

迫力のある放水を見ることができた。


妻と2人で良い休日を過ごせてハッピーだった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

野菜作りを始めてから少しずつ料理が出来るようになってきた。

簡単な料理ばかりだが土日には少なくとも1品くらいは作って妻に味わってもらっている。

料理も覚えるとなかなか面白い。


また作りすぎた野菜は区民農園のひとにあげているが、感謝されるとこちらがもっと嬉しくなる。体も適度に動かし健康にも良い。

趣味と実益を兼ねた野菜作りは最高。


こんな趣味がもっと増えてくると人生が益々楽しくなりそうだ。


(ちなみに今朝、妻と赤塚公園にサイクリングした。池で小さな魚(3cmくらい)を釣っていた人がいたが、あれもおもしろそうだった。)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このフランス映画は、はしめから80%までは駄作だった。

終盤に入る直前まではとんだ駄作と思っていたが、後半部分でストーリが一気に盛り上がる。

最後のコンサートのシーンから映画の背景が明らかになり、クライマックスなる。


チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲の美しく感動的な演奏がすばらしかった。


ボレロ以来のすばらしい演奏を聴くことができて満足した。

(*妻はあまり面白くなかったようすだが、、)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」 定年からの料理への旅立ち

by 大島清

この本は本当に簡単な料理が載せてあるので参考になった。

これからは毎週末に1品ずつ作って妻に料理で驚かせたい。

定年後は専業主夫でお客さんが来るときは、自分の料理でもてなしたい。

なんて素敵!

自分の料理のレパートリーが増えて幸せです。


また著者は脳博士で各種の著書があることも驚きだ。


.

かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」―定年からの料理への旅立ち/大島 清
¥1,365
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。