気楽に行こう

自分のメモ帳です。
①自分が幸せで人にも喜んでもらえる生活
②健康でほどほどに活動的な生活 ③エコで楽しい生活を模索中


テーマ:

健康診断で糖尿病になる可能性がある境界型との診断を受けた。


気になったので検索したら非常にわかりやすいサイトを発見。ヘルスクリニックのサイトで信頼感もある。

http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000840.html


【内容抜粋】

 糖尿病を防ぐためには、血糖値を上げないようにすることが大切。

あらかじめ、どの食品がどれくらい血糖値を上げるか知っておけば、健康的な食生活を送ることも可能。
そこで、考え出されたのがグリセミック指数(Glycemic Index:通称GI値)

炭水化物による血糖値の上がり具合を、相対的な比率で数字に表したもの

食品中の糖質量や、消化のスピードによって決定される。グリセミック指数が低い食べ物は吸収も穏やかで、腹持ちもよい。逆に、高指数食品を摂り過ぎると、糖尿病リスクを高めることとなる!

グリセミック指数の例
100: ブドウ糖
90~100: 食パン(目の細かいもの)、ベークドポテト、蜂蜜
80~90: にんじん、コーンフレーク
70~80: 食パン、じゃがいも、白米ご飯
60~70: 胚芽の混じったパン、ぶどう、バナナ
50~60: ジャム、グリーンピース、そば、玄米ご飯
40~50: ライ麦パン、うずら豆、煮豆
30~40: アイスクリーム、ヨーグルト、りんご、インゲン豆
20~30: 平豆
10~20: 大豆、緑黄色野菜、きのこ、海藻


GI値の変わる食べ合わせ

困ったことに、GI値(グリセミック指数)の高い食品には日常的に口にする食品も含まれている。米や麦などもそのひとつ。では、こうした食べ物は極力、避けなくてはいけないのだろうか。
この問題を解消する方法がひとつある。食べ物を上手に組み合わせるのだ。じつは、牛乳や酢、大豆を初めとする食物繊維の豊富な野菜などは、他の食品のGI値を下げるはたらきを持っている。したがって、砂糖と牛乳、米・麦と、大豆といった組み合わせでメニューを構成すると、GI値を低めに抑えることができる。食卓には野菜のおかずを豊富に。酢のものや、チーズを使った料理を取り入れてもよいだろう。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日は休暇をとってのんびり過ごした。


なにも予定がないのもけっこう退屈でむなしいものだ。 


日頃、忙しく働いているときは休みがほしいが、いざ早期リタイアしてしまうと暇な毎日も苦痛になるかも。


海のそばに家があり、犬でもいれば毎日散歩でもして楽しく過ごせそうだが、海のない普通の町で犬もかっていないので暇をもてあましそうだ。



適度の余暇と仕事のバランス


日常のなかに楽しみを見つける工夫


それが大切なのだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。