GW

テーマ:

GWも終わり。
「もう」?「やっと」?

家庭のある人を愛していると、GWや年末年始などの連休はちょっとツライ時期。
どこに行っても家族連ればかりで、どうしてもカレの家庭を想像してしまう。
アタマの中では覚悟していても、やっぱり感情は揺れる。
調子が悪い(もともとテンションが下がっている)ときは、通りすがりの家族連れに憎悪さえ感じることがある。

カレはそれを分かっているから、連休中もなるべくいっしょにいる時間を作ろうとしてくれる。
ふたりで短い旅行に行ったり、(普段は私の方が忙しくてできない)昼間の外出デートをしたり。
私ももともとインドア派というか「おひとり様」体質というか、1人で家にいることが苦にならないし、1人で博物館、美術館に行ったり1日中図書館にこもったりするのも好きなので、調子悪いな~と思ったらそうやってあまり家族連れに会わないようにして、うまく乗り切っている。
連休のときは、ひとり暮らしだからこそできる「昼夜逆転」「散らかし」もしてみたりして、気ままな生活を楽しんだりもする。
でも今回のGWは、出だしでちょっとつまづいた。

キッカケは些細なこと。
私はそのときたまたまテンション下がりまくって、いわゆる「堕ちて」いる状態だった。
前日に無防備に外出して、楽しそうな家族連れの姿が目に焼き付いていた。
気分を上向きにしようと思い、シャワーを浴びた。
その間に、カレが電話をくれていた。

シャワーを浴び終わってふとケータイをみたら、何件か着信があった。
「今から行くよ。もうバスにのってる。どこか出かけよう」が最初の伝言。
その後伝言なしの着信が3回。
「今、下まで来てるんだけど」が次の伝言。
このとき私はシャワー中で、インターフォンが聞こえていなかった。
私はカレにロックの暗証番号を教えていないし、カギも渡していない。
インターフォンを受けてロック解除しないと、入り口が開かない。
その後2回ほどケータイを鳴らしても出ないので、あきらめたらしい。
「連絡つかないから帰るよ」が直前の伝言。

あわててかけなおした。
カレは、帰りのバスを待っているところだった。
事情を話して無事に会えたけど、私が外出の準備をしている間、ちょっと不機嫌そうだった。
その不機嫌がうつったのか、私もなんだか、イライラしていた。

カレは私を思いやって、いっしょにいようとしただけ。
それは、わかってる。アタマでは。
でも、もっと早く連絡してほしかった。
私は私の予定で好きなように過ごせる、誰にも束縛されていない、その自由が、不倫のつらさを慰めるココロのよりどころだったりもする。
だから、カレに会えることになって予定が急に変わるのはうれしいけど、連絡がつかなかったことを責められると、なんだか典型的な「都合のいい女」扱いされているような気がしてしまう。
あとから考えると、たぶんそれが、イライラの原因。

そのときは、そんなに自分の気持ちを整理し切れなくて、なんだかモヤモヤしたまま、外出した。
デートの最中も、些細なことでお互いの不機嫌がぶつかって、気まずい空気が流れたりした。
カレからみたら、せっかく会いにきたのにあまりうれしそうじゃない私が、不審だっただろう。
オトナだから不機嫌もうまくやり過ごしてくれるけど、やっぱりちょっときまずかったのか、早めに帰っていった。

その後、連休中に何度か会ったときには、すっかり元通りの仲良しのふたりに戻っていた。
でも、その日の気持ちを思い返すとまだモヤモヤしてくるから、また同じことが起こらないとも限らない。
機会があったら、あのときの不機嫌の理由を、ちゃんと話してみよう。
きっとカレはわかってくれる。

「やっと」GWが終わる。

この記事に (役に立った・おもしろかった等)

アクセス解析
AD

無事帰宅

テーマ:


やっと無事帰宅。
どうやら天気に浮かれて地下鉄5駅分歩いたらしい。
そりゃ足がイタイわけだわ…
でも楽しかったー。

…はっ。
日焼けしたかも。
お昼食べたらお肌をいたわらなきゃ。


この記事に (役に立った・おもしろかった等)

アクセス解析
AD

風薫る

テーマ:
060422_1239~0001.JPG
いい天気!
…と思わずフラフラと散歩に出た挙げ句、何も考えず歩きすぎて道に迷ったおツボネでございます。とほほ。
朝から歩き続けで足がイタイ。
道を尋ねようにもGW中のせいか人が少ないような…?
ひと休みした公園できれいな花を見つけて元気が出たのでおすそわけ。

お昼までに家に帰りつけるかなぁ…
AD

そーいえばこのブログ、「ケータイ・デジカメ」ってジャンルだったような気が・・・
たまにはソレらしいことも書いてみますか。

単にそういう時期なのかもしれませんが、年末から3月末までの間に、愛用していた無料メロサイトがサービス終了、あるいは他サイトに吸収、という事態が続きました。
メロ」は「うた」に押され気味なんでしょうか?

でも、その割には、信音を「うた」にしている人って、見たことないなぁ。
自分でもそうしようとは思わないし。
これって私だけなのかな?

・・・と思い、ちょっと調べてみたら、こんな調査結果 が。
やっぱり、私だけじゃないんだ。
うた」は、信音として使うものじゃないってことですね。
ミュージックプレイヤーで「聴く」ものなわけです。
# 余談ですが有料ダウンロードするヒトもけっこういるのがビックリ。

ココで疑問が。
ケータイって、数年で機種変更したりすると思うんだけど。
ダウンロードした曲は、どうなっちゃうの?
SDメモリに保存したりできちゃうの?

私もけっこうケータイのメモリがいっぱいになるくらいダウンロードする(もちろん無料で)ヒトなんですが、機種変更のたびに、集めたメロディが使えなくなるのが残念でした。
# 目覚まし時計としては使い続けるんですけどね。
だから、SDメモリにセキュリティ機能(暗号化してSDメモリに保存しておくと同じ電話番号の端末ならコピーできる)がついて、やった!と思ったのです。
著作権って、ダウンロードした曲を再配布することが問題なわけで、個人で使う分には問題ないハズ。
だから、自分がダウンロードした曲が、端末を変えたら使えなくなっちゃうっていうのは、著作権の意図を曲解・悪用した、配信サイト側の暴利追求ではないでしょうか。
と前々から思っていたので、このセキュアSDメモリの機能は、あって当然と私は考えています。
ところが、実は配信サイト側でコピー禁止設定されてるところが多く、あまりSDメモリのセキュア機能が使えてないのが現状です。
むむむ。

有料ダウンロードした曲ならコピーできるのかな?
また、「うた」はどうなんでしょうか?
有料でダウンロードしてミュージックプレイヤーで「聴く」ものならなおさら、機種変更したら曲も捨てなきゃいけないんじゃ、ユーザは激怒するだろうと思うのですが。

ちなみに私の使っている無料メロサイトで、セキュアSDメモリにコピーできる状態で配信してくれるオススメサイトは、下記のサイトです。(ケータイからアクセス)
無料といっても通信料金はかかるし、広告メール受信や広告クリックは必要なので、パケット定額の方向けですね。

(1)J研
au公式サイトではなく、「e-no版」のほう。
クラシックの曲がものすごく豊富な上に権利消失曲(作詞・作曲者の死後50年以上たっているもの?)は無料なのでヘビーに使っています。
クリエイターのコミュニティとしても注目しています。

(2)ハピメロ
もうちょっと検索しやすくしてくれたらいいんだけど・・・
ジャンルとアーティストで検索、とか。

(3)ポップ★チャンネル
私はJ-POPをあまり聴かないから、1日3回特定の時刻に先着1000名、1人につき1日1曲ダウンロードできる「早いモン勝ち!」コーナーを視聴的に使うだけなんですけどね。

今、他のサイトからダウンロードした曲を、少しずつこの3つからダウンロードしなおして、セキュアSDメモリに移動させようとしています。
だって、もうケータイのメモリがいっぱいなんだもん・・・(T_T)


この記事に (役に立った・おもしろかった等)

アクセス解析

メール問題

あのさー。

久しぶりなのにこんなフテくされたようなモノ言いで始まっちゃうのは、「メール問題」のせい。
もう、とっくに話は終わったと思っていたんですよ、私。
なのに、まだやってんのね。
さすがに国会の審議じゃなくてナントカ委員会に場は移ってるけど。

しかし、なんか話の焦点がズレてないですか?
情報提供者の氏名がどうとか、証人喚問するとかしないとか、
そんなことはどーでもいいんじゃー!!!


モンダイは、情報提供者からのタレコミ?を受けて、どれだけウラをとったかってことじゃなかったの?
情報提供者が誰で、どのくらい信頼できる人で、どういう経緯で情報をもらったかなんて、シツコイようですが、
そんなことはどーでもいいんじゃー!!!

それ以外のスジからどれだけ傍証をとって検証したかを追及しないと、イミないでしょーが。
国会議員って、そんなこともわからんのでしょうか。
そんな人たちに税金から高額の報酬をはらってるかと思うと泣けてくるよ。
もう、ナガタといわずマエハラといわず、ナントカ委員もみんなまとめてやめちまえ~!
っていいたくなっちゃう。

ちなみに私たち民間企業の人間は、会議1時間がいくらの人件費になるかを常に意識するよう新入社員の時から叩き込まれますので、そんなどーでもいいことに単価の高い人間が何人も集まって時間をツブすなんてことは、致しません。
センセイたちにも、ちぃと見習ってもらいたいもんだ。
ぷんぷん。ぷんぷんペンギン

この記事に (役に立った・おもしろかった等)

アクセス解析

トリノオリンピックも無事終了。
・・・あ、まだ終わってないのか。
でも、フィギュアスケートが終わったらほぼ終わったようなモノでしょう(と勝手に決めた)。


今回印象に残ったことをいくつか。

<男子シングル>
順位はほぼ妥当と思われましたが、個人的な好みをいうと
(1)バトル
(2)ウィアー
(3)プルシェンコ
(4)ランビエール
かなぁ。
「うまいスケート」と「チャーミングな演技」ってのは別モノなんだなぁと思いました。
高橋クンは、とりあえずムサ苦しい髪とヒゲをなんとかして~。

ちなみに民放の中継だと、有名どころの選手にはニックネームがついてるのですね。
「ドイツの牛若丸」「4回転職人」「空とぶベルギー人」には笑っちゃいました。
# でも、ちょっと失礼なんじゃないかなぁ。。。

<女子シングル>

こちらも順位は妥当なんでしょうね。
スルツカヤ惜しかったなぁ。応援してたんだけど。
でも今回の演技は間違いなく荒川のほうが良かったから、しかたない。
これでクサっちゃうような人ではないと信じているので、これからも応援します!

それはそうと、荒川ってこんなに滑れる人だったっけ?とビックリしました。
スケートのラインもきれいだし、指先まで神経が行き届いてて、風格があって・・・
今まで見た中で、いちばんいい演技だった。

あと、村主章枝ちゃんも個人的にはすごく好きなんですが、惜しかった。いい演技だったのにね。
彼女は今イチ、メダルとった3人と比べて、「華」がないというか、地味なところが損してるのかなぁ。
エキシビジョンも良かったよ~!
「お客さんに楽しんでもらえたらうれしい」というコメントもステキ。フィギュアスケーターはこうじゃなきゃ。
# 「作り笑顔はできない」とか言ってる人とは大違い。

あとは、クワンのスパイラルが見られなかったことが、心残りです。
飛ぶこと回ることしか考えてない人は、どーでもいいや。応援する気にもなれん。

<ペア>
もちろん井上・ボールドウィン組は応援しました!
結果は残念だったけど・・・
しかし、中国選手のレベルの高さもすごいですね。
ケガしちゃったペアは、どうなっちゃったんでしょうか。
私、NHK杯であのペア見て、TVにクギづけになったんだよなぁ。
まだまだこれから楽しみにしてるから、早くケガなおしてほしいです。
# あんな状況でも最後まで演技しちゃうんだから、アドレナリンってこわい。

<アイスダンス>
こら~~~!
どうしてアナログ放送でCDとOSPの放送枠がないんだ~~~! ← 怒っている
日本のペアも出てるのに、まったく・・・
それはそうとして、やっぱりアイスダンスは楽しい!
衣装も演出も凝ってて、各ペアの独特のムードも楽しめました。
ナフカ様の個性、ベルビンの美貌、グローブを使った演出。
ホント、何度見ても飽きないです。 ← しっかり録画している

フィギュアスケートはホントにシロウトが見ても楽しめるスポーツなのですが、選手生命が短いのか、オリンピックのたびにけっこう選手が入れ替わっちゃうのが残念ですね。
今回残念だった人も、がんばってまた次のオリンピックに出てきてくれるといいなぁ。
# クワンとか・・・ ← しつこい

そりゃ、ほかの試合も見るけどさ。
やっぱりオリンピックは特別なのです。

この記事に (役に立った・おもしろかった等)

アクセス解析

いきなり昼夜逆転

テーマ:

生活リズムを戻そう!と思ったのもつかの間、いきなり昼夜逆転してしまいました。
なぜかというと、・・・NHKのせいだー!

年が明けてから、深夜の時間帯にフィギュアスケートの録画放送がプログラムされているのです。
ナニを隠そう私はフィギュアスケート好き。見るだけだけど。
なので、これは見逃すわけにはいきません。
昨日・・・いや今朝は、ロシア大会&スケートカナダの録画を見ていまして、・・・起きたら昼じゃん。
で、今夜は、中国大会とスケートアメリカの放送なのです。
あーあ。

でも、ちょっとうれしいのは、TV見ながらカレのセーターが編めること。
この冬休みの間に仕上げて、今度会うときに渡せるといいなぁ。
・・・って、次会うのはいつになることやら。えーん。(>_<)


この記事に (役に立った・おもしろかった等)

アクセス解析

謹賀新年

テーマ:

いつの間にか2006年。
いや~、ホントにそんなかんじでした。


11月、12月の休日あわせて5日という激務を終え、昨日からようやく休みに入りました。
長かった~。
昨日は死んだように眠っていて、起きたら年が明けていた、というのが正直な感想です。
すさんでるなぁ。


この連休は、とにかくよく寝て、3食きちんと食べて、生活リズムを戻すことに専念しようっと。
大掃除くらいはできるかな。
ホントはカレのセーターと自分の手袋を編みたかったけど・・・(T_T)


ひとまず生きて新しい年を迎えられてよかったです。 ← おおげさ(だけどマジ)


この記事に (役に立った・おもしろかった等)

アクセス解析

うれしい悲鳴

テーマ:

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。


数ヶ月前から営業活動をしていたお客様の案件がようやく動き出し、と思ったらめでたく受注が決まり、あれよあれよという間にPJが立ち上がり、始まったとたんにクソ忙しい日々となりました。
出張やら何やらが報われ、上司にもねぎらわれ、ボーナスが期待できそうな兆しが見えたのはうれしいのですが、ただでさえ大変な短期PJで、さらに増えた出張と、新しいメンバーの育成と、・・・なんていってて、いったいいつ作業をするんじゃ!

うれしい悲鳴ってこーゆーことね、とため息つきながら、バリバリ仕事しております。ハイ。


しょーがないよね。大変なPJだってわかってて、でもとりたかったからがんばったんだもん。
いまさら投げ出すわけにもいかないし。

(本当は大阪の部門で引き取ってくれないかな~、なんて一瞬思ったこともあるけど)


久しぶりに土日とも家にいられる貴重な週末です。
何がツライって、平日出張だったり残業だったりでカレに会えないのー。
それがいちばんキク。わーん。(>_<)


この記事に (役に立った・おもしろかった等)

アクセス解析

ことこさんのコメントに寄せて

テーマ:

「ことこ」さんから、とてもあたたかいコメントをいただきました。
ありがとうございます。


おっしゃるとおり、時々「理不尽だな」と思うこともあります。
カレの本心がどうであれ、接する時間は奥様の方が多く、子供がいればなおさら、絆もしくは柵(しがらみ)は強い。
できてしまった柵を壊すには、ものすごいエネルギーがいるし、子供とのつながりはどうしたって一生、切れない。

たとえばの話、会社にいるときに大地震が起きて電話も通じないとなったら、カレが必死で帰って守ろうとするのは私ではなくてご家族のところ。
それどころか、私といっしょにいるときにそうなったとしても、私と一緒に避難するのではなくて、家族のもとに帰ろうとするでしょう。
父親だから。

また、一緒にいないときにどちらかが死んでも、相手に連絡がいくことはない。
死んでしばらくたって、連絡がつかなくなって、不審に思って人づてにたずねて回って、「・・・そうだったんだ・・・」と知ることになる。
それはとても悲しい現実です。
でも、カレの人格と、「別の女性の夫である」「父親である」という属性は、私にとっては別モノで、カレの人格を愛してしまったあとでは、属性を理由に愛情を打ち消すことはできませんでした。


打ち消さなくても、カレと別れて、カレとは別の人を探せばいい。
カレへの想いと、カレとの想い出は、ココロの中の宝物としてしまっておけばいい。
そういう考え方もあるのは知っているけれど、たぶん私はその宝物があるうちは、他の人をまるごと愛することはできないでしょう。


私も、ことこさんと同じように考えて、他の出会いを探していた時期がありました。
それはカレと別れていたときで、別れた理由が「カレの子供たちの幸せを考えよう」だったのでけっこう悲しくて、その反動か、自分でいうのもナンですがすごく真剣でした。
もうこんな思いをしたくない。
大恋愛なんかじゃなくても、何でもない日常を分かち合って、ケンカしたり笑いあったり、「それって人に言うほどのこと?」っていう程度のことでもすぐに話して受け止めてもらえる、そんな関係を作りたい。
そう思って、身近で好意を寄せてくれる男性を見直してみたり、紹介されれば積極的に会ってみたり、今思うと笑っちゃいますが結婚を前提とした出会い系サイトに登録してみたり、人見知りの激しい私にしては、かなりキツイ努力もしてました。


愛は、意思だから。
最低限、人間として好きになれる人であれば、いつか男性として愛することができるはず。
そう思って、なるべくいろんな男性のいいところ、自分にあうところを探して、愛する努力、愛される努力をしようとココロに決めて。


でも、そういう日々が続くうちに、努力でできることにも限界があると悟りました。
まず、私の場合、男性を異性として好きになるまでに、ものすごく時間がかかるのがモンダイで。
最初にそうおことわりしておいても、相手の方は急ぎたがるもののようで。
まぁ、トシもトシなので、無理もないんですけれど。
「いつか」なんて思っていたら、ダメみたい。
だいたい、それが原因でダメになることが多かったです。
ある程度の関係までは進める。
でもどうしても超えられないカベがある。
なのに、ココロの準備ができないうちに、カベを超えることを要求されて。
そんなことを繰り返すうちに、無理しすぎたのか、ちょっと自分が精神的に壊れかけました。
幸い、早いうちにカウンセリングを受けて、立ち直ることができましたけど。


ま、そんなこともあって、無理はしないことにしました。
自然に、異性として好きになれる人が現れたら、そのときは素直に、心を寄せていこう。
キモチの盛り上がるペースが合わなくて、相手が待ちきれないのなら、申し訳ないけど縁がなかったと思うことにしよう。
私を愛してココロの傷も含めて受け止めようとしてくれる人なら、いつまで、とか何ヶ月、とかじゃなくて、私のココロの準備ができるまで、待っていてくれるだろう。
待っていてもらえるのなら、自然にカベを超えることもできるだろう。
そうなって初めて、愛する努力、愛される努力は幸せという実をつけるものなんじゃないかな。
そんなふうに思うようになりました。


私にとって、カレとの関係で悩んでいるときよりも、他の人を好きになろうとして無理をして壊れかけたときのほうが、ナンボか苦しかったのです。
カレのことが忘れられなくて、カベを超えられなくて、相手に申し訳なくて、毎晩自分を責めて、自分で自分が汚らわしくて、そんな自分として生きていくと思うと目の前が暗くなって、眠れなくなって、シゴトにもさしつかえる。
そんなことを繰り返した挙句に、あるときふっと、いっそ一生ひとりでもいい、無理することないんだ、と思ったのです。

結局、カレと再出発することになって、今は愛する人はカレだけだけれど、ときどき「他に好きな人ができたら別れるからね」なんて言うこともあります。
でも、自分ではその可能性は低いような気がしています。完全否定はしませんが。
やっぱり、先にカレの人格を愛してしまったから。
「~である」という属性や、「~できる」という能力や、「~してくれる」という態度・行動は、他の人と比べることができても、人格そのものは世界にただひとつのものですよね。
カレより条件や属性が整っていて、カレにはできないことができて、カレより私に尽くしてくれる人がいても、その人は私が愛したカレではない。
私も、カレといっしょにいるときが、いちばん自然で自分の好きな自分でいられる。
カレがカレであるということだけで、私には十分な愛する理由になる。
そしてカレも私のことをそういうふうに思ってくれる。
それが私の、そしてカレの、人を好きになるときのなり方なのだと思います。


この、「人の好きになり方」(なんかニホンゴがヘンですが)が同じ、というのが、もしかしたらカップルには重要なことなのかも。
容姿が第1条件という人もいる。
仕事や家事の能力が重要という人もいる。
温かい家庭と子供が第一、という人生観が一致すればいい、という人もいる。
いろんな「好きになり方」があると思うけれど、重要なのはカップルのお互いが同じ「好きになり方」で相手を思っているということなのかもしれません。
それが、「価値観の一致」ってことなのかな?
私の「人の好きになり方」は、珍しいのかもしれないけれど、それが一致する人とめぐりあえたのは、幸せなことだと思います。


だから、カレを愛したことで、私は不幸ではないのです。
いろいろ悩んでしまうこともあるけれど、悩みはどんな恋愛でもあることでしょう?
悲しいことも、どんな恋愛でもあることではないかと思うのです。
「そりゃゼンゼン質が違うよ!」と言われれば、それはそのとおりなのですが。
でも、誰よりもお互いを理解し、愛しあえるカレがいて、何でもぶつけられる関係でいられれば、たいていの悩みや問題はふたりで乗り越えられてしまいます。
少なくとも、今までのところは。


これから年をとって考えが変わることがあるかもしれないけれど、人の意見や世間の常識でなくて自分の意思で選んだ「今」の結果なら、受け入れてやりなおすことができると思うし、そうなれるように努力しています。
いちばん悲しいのは、「不本意ながら流されて」選択した「いつかのための今」の結果が思い通りにならなくて、他人のせいにして恨みがましく残りの人生を生きることではないかと思うのです。
だから最後の決断はいつも自分で下してしまいますが、今までにいろんな方からいただいたご意見も、決して心に響いていないわけではないので、そこんとこわかっていただけるとうれしいです。


ことこさん、それから他にも今までにメッセージをいただいた皆さんに、あらためて心から、お礼をいいたいです。(見ていただけるかどうか、心もとないですが・・・)
ホントにどうもありがとうございます。
どーもアタマでっかちでカワイゲのないおツボネですが、ひきつづき見守ってていただけるとうれしいです。
いつか、誰もがモンクなしに「よかったね!」と思えるような、いいご報告ができるといいな・・・


★この記事は、「おツボネ様、「愛」を考える(*u_u*) 」 シリーズとしてピックアップしています。

この記事に (役に立った・おもしろかった等)

アクセス解析