関西ペイント・リフォームサミット専用工法であるRSダイヤモンド工法です。

多彩色仕上げで、主にサイディングパネルでクリアー塗布が不可であり、元々高意匠パネルである場合の塗り替えに特にお勧めする方法です。

通常は単色塗り或いは目地色を二色に変えるなどの方法でしか取れない塗り替えに、再び重厚な多彩色仕上げを塗ることで意匠性を担保しようと言うのが本工法です。

トップ画像は塗りつぶし工法での段取りと価格。

当方では更に、目地色と本体色を変え、目地色保存のローラー工法と目時も吹き付けで模様吹きする方法の三工法を扱います。


左が目地も模様吹きする工法、右が目地を生かしてくる工法になります。

どちらも下塗り後、RSダイヤモンド中塗という耐久着色剤を三回塗り(目地色二回、本体色一回)します。


最終的に模様吹きを全体にするか、ローラーで目地残しの模様塗りするかをお選び頂けます。

サイディングパネルで単色塗りされてしまうかもと不安であるようなら、是非一度ご相談下さい。

http://www.tsuboi-toko.net

AD