ALCパネルの蓄熱膨れとそれに伴う塗膜破断です。
 
近所の建物で蓄熱膨れが起こっていたので、素材撮影しました。







素地の熱が溜まりやすいALC&サイディングパネルの不良施工で良く見られる光景。  

原因は蓄熱しやすい素材の上に塗装時期も異なり固さの異なる塗膜が乗ることにより、塗膜の熱変動で固い膜と柔らかい膜が違う動きをして破断するのが基本メカニズム。

固い膜の上に柔らかい膜が乗ると、下地の固い膜を道ずれにして写真で見られるように風船の如く膨れます。

逆に柔らかい膜の上に固い膜が乗ると亀の甲状に無数のひび割れが発生します。 

基本中の基本なのですが、知らない業者さんが多いのは非常に残念な事です。

http://www.tsuboi-toko.net
AD