つばさカウンセリング Healing Garden ★神奈川・横浜で悩みや生きづらさなど心の相談を受けてます★

横浜を拠点に神奈川・東京地域で

心のケアとコミュニケーションワークを行なっている

つばさカウンセリング&コミュニケートです。


 面談・スカイプによる心理カウンセリング、

 自分を知る・気づくワーク

 他者とこころのつながりを感じるエンカウンターグループ

 人間関係を円滑にするためのワークを中心に

 あなたの"これから"をよりよくするお手伝いをしています。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月05日(月)

【受付中】12/16(金) 横浜エンカウンターグループ

テーマ:横浜エンカウンターグループ

キャリコン試験が終わり・・・

その後体調を崩したりプライベートでもバタバタしていて

ブログの更新がずいぶん久しぶりになりました。

 

さて横浜エンカウンターグループですが、

11月は私の試験直前のためにお休みしてしまい

申し訳ありませんでした。

今月は予定通り12月16日(金)に開催します。

>>開催情報はこちら

 

最近のお仕事のこと・プライベートのこと

この1年の振り返り・来年に向けての思いの整理

今、抱えている思い・お悩み・辛さ・・・などなど。

ひとりで抱えていては自分の頭の中だけで

同じ思いや考えがただグルグルまわるだけになりがち。

どうでしょう?みんなでわかちあってみませんか?

何か、あなたにとって有効なヒントが見つかるかもしれません。

 

時節柄、それも金曜日の夜とあって

お勤め先の忘年会と重なることもありそうですね。

横浜エンカウンターグループは

連絡さえいただければ当日キャンセルOKなので

「行ってみたい。でも忘年会が入るかも・・・」という方も

お気軽にお申し込みください。

 

お申し込み受付中です。

よろしくお願いします。

 

>>お申込み・お問い合わせはこちら

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月07日(月)

情報に溺れないように・・・

テーマ:IT社会への警鐘

すっかり寒くなりました。

10月半ばまで夏日があったのに・・・

なんだか年々、春と秋が短くなってるように感じます。

 

寒さがきつくなったせいか、

ここ数日であちこちの神経痛がまた痛み出しはじめました。

こんなとき、ついついPCやスマホに手が伸びて

何か対処法がないか検索してしまいます。

 

昔は・・・

こうして検索すると一発で答えやいい情報がみつかって

「ネットって、とても便利だなぁ」と思っていました。

でも最近は、ネット検索でなかなか有効な情報が見つかりません。

 

いえ、検索結果で情報はたくさん出てくるのです。

情報量はたくさんあるのですが、ありすぎて

「有効な」情報がみつからないのです。

一見、求めていた情報がヒットしたように感じるのですが

よーく読んでみるとゴミ情報だった、というものがかなり多いです。

 

検索でかかるゴミ情報の代表。まずは古い情報。

ネット上では必ずしも最新情報がヒットするとは限りませんよね。

また過去にアップした記事をわざわざ削除する人もなかなかいないでしょう。

ネット空間には、古い情報が意外とたくさん放置され浮遊しています。

古い情報でも、検索では上位で表示されることもあり、

私は見つかった情報が古いものと気づかずに

鵜呑みしてしまったことがありました。

 

ブログでの情報提供やニュースサイトの情報なら

記事に日付が入っているのでまだ気づく要素があります。

しかし日付がない情報、アップした時期の背景が見えない情報だと

今使える情報なのかどうか、わかりませんよね。

こうなると内容をしっかり読んで吟味しなきゃならず・・・

こんなことするのは面倒なので、

もう私は、いつの情報かわからないという時点で

「ゴミ情報」に分類してしまいます。

 

結局、最近の日付の入っている情報だけに絞ると

意外と使える情報が少ないんです。

いかにネット空間にゴミ情報がたくさんあるか、

ということなのでしょうか。

 

 

もうひとつ、ゴミ情報かどうかを疑う要素には

「誰が書いた記事(情報)か」があると感じてます。

 

誰でも情報を投稿できる世の中の今、

一見、説得力のある情報に見える記事はたくさん上がっていますよね。

求めているジャンルの情報だったら

なりふり構わずその情報に飛びつくこともあるでしょう。

 

でも気をつけたいのは、

その記事を書いたのは誰なのか、その人はどんな人なのかを

知ることだと感じてます。

ある体の痛みについて調べていて、

その痛みを軽減する方法が情報提供されていました。

しかしそれが医療関係者ではなく、

その辺の中年男性が書いたものだとしたら・・・

その情報、信用していいものでしょうか。

 

確かに痛みは軽減されるかもしれませんが、

これはその中年男性の単なる体験談。

医療関係者に言わせると、実は悪化する要因かもしれませんよね。

こうした素人の見解や、

たまたまその人がうまくいった体験談などが

ネット空間には実にたくさん浮遊しています。

これらがあまりに多すぎて、

真実の情報(専門家による情報など)が埋もれてしまうのが

ネットでの情報収集におけるひとつの問題点でしょう。

 

また、どんな人が書いているのかという点では

「肩書き」や「職業」で判断することがありますよね。

職業はそれほど問題ないと思いますが、

肩書きには結構騙される要素があります。

それは、記事を書く人にとって常識とされている

「セルフブランディング」というものが影響します。

 

セルフブランディング。

ご存知の方も多いとは思いますが、

自分の人間性を高めた見せ方をするための「飾りつけ」です。

肩書きをつけたり、ニックネームで活動するなどがあります。

 

特にネット上では、聞いたことのない肩書きが蔓延してます。

夢をかなえる伝道師とか、

1年で5000万円を稼ぎ出したニートだとか。

ま、私の「こころのコラムニスト」というのもそうですが(苦笑)、

こんな怪しい肩書きでバリヤを張ってる人は

本当にその世界の専門家なのか、

数多くの知識や実績を積んだ人なのか、私は疑いたくなります。

何せ、そういう肩書きをつけて活動しているフツーの人

私の周りにも実際にたくさんいますから。

(あ、私もか・爆)

 

この辺りはその人の好みにもよると思いますが、

私は・・・怪しい肩書きは見ずに、

その人の経歴や現在の具体的なお仕事や活動を見て

その記事の信頼度を計っています。

だから・・・プロフィールの記載がない人、

怪しい肩書きに合わせた活動内容しか書かずに

「キャラを引き立たせている人」などが書いた情報は

あまり信用していません。

 

ネット社会で、確かに情報を集めることは便利になりました。

一方で、誰でも簡単に情報を発信できるようになってます。

そのために根拠のない情報、自己経験による情報、

机上の空論(思いこみ)での情報といったものが非常に多く、

それらに埋もれてしまった専門家の、学術に基づいた正しい情報が

探し出せない不便さを私は感じています。

 

マスコミュニケーションに頼っていた時代は

確かに情報の数は限られていました。

テレビに出る有識者の見解、新聞に書かれた解説など。

情報の選択肢は少ないけれど、内容の信頼性は高かったように感じます。

少ない選択肢に、信頼度の高い情報がある。

だから質の高い情報を見つけるのはラクだったように感じます。

 

情報を・・・「選べる」レベルを超えて、

選ぶ・探し出すのに苦労するレベルになってる情報過多のネット社会。

果たしてこれが便利な世の中なのかなぁ・・・?

 

まあ、とにかく

数多い情報をうまく取捨選択する能力が、

今の過剰情報社会で私たちに必要とされる能力だと感じてます。

情報の大波に溺れないよう、きっちりと浮き輪を身につけましょう。

 

・・・えっ?浮き輪じゃカッコ悪い?

この情報の大波に乗ってみたいって?

それはネットサーフィンですね。

・・・お後がよろしいようで。(うけねーよ!)

 

 

----------------

横浜エンカウンターグループについて

11月は私の事情でお休みさせていただきます。

次回は12月16日。もう参加受付中です!

よろしくお願いします。

>>横浜エンカウンターグループの詳細はこちら

 

心理カウンセリングもご利用お待ちしています!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年10月27日(木)

効率化vs余裕

テーマ:労働環境

大手広告代理店における

過労死自殺事件がニュースになってますね。

この広告代理店ではかねてから

過剰な長時間労働が指摘されながら

改善の兆候がなかったと報じられています。

今回も「全社を22時に消灯する」という

付け焼刃のように見える改善策を発表しましたが、

とても根本的な改善になるとは思えません。

 

まあ、それは置いといて・・・みなさんは

「パプアニューギニア海産」という会社をご存知でしょうか?

今月の初めくらいに、朝日新聞に取り上げられていた会社で

テレビのニュースショーでも取り上げていたところがあるので

「あ!知ってる知ってる!」という方もいるでしょう。

 

この会社の「常識を覆した」労働条件。

・突然休んでもよい(連絡も不要)

・嫌な仕事はやらなくていい(やりたい仕事を中心にやらせてくれる)

これで、売り上げは以前よりも伸びているのです。

 

もちろん、この会社の業務上の特性というのもあります。

冷凍のエビを加工し、それをまた冷凍して出荷するという会社なので

原料も・商品在庫も、ともに冷凍保存が利きます。

この特性を利用して、

出勤者が少ない日は原料をあまり解凍せずに少量生産、

出勤者が多い日に大量に作り置きして在庫を冷凍保存します。

在庫は保存が利くので閑散期にはストックし、

繁忙期にはストックを切り崩せばいいのです。

 

せっかくのこの業務特性を「売上主義」にあてはめてしまうと

恐らく「労働力の効率化」を第一に考えてしまい、

従業員のリストラや、1人あたりの労働量増加へつながると思われます。

 

一方でこの業務特性を「従業員の労働環境改善」に向けると

労働者にとって「働きやすい環境」が提供できます。

それが当日欠勤OK、やりたい仕事(できる仕事)だけを任せる、

(そして労働力過剰でも人員カットはしない)

といった勤務形態なのでしょう。

 

おそらく、経営者視点での懸念は

「従業員が効率よく働かないのだから、

人件費もムダ、生産量も落ち、経常利益が落ちるのでは」

ということだと思います。

しかしパプアニューギニア海産は実際に売り上げを伸ばしており、

一方で人件費は抑制されているそうです。

 

売り上げが伸び、人件費が抑えられる。

もちろんその他の諸経費もあるでしょうが、

単純にこれは経常利益が上がる構図です。

その秘密は・・・

このような労働条件下でも、労働効率が落ちていないこと。

逆に上がっているからだと思われます。

 

通常の労働意欲を「1」とした場合に、

不安要素・不快要素があれば労働意欲は下がりますよね。

嫌な仕事もやらなきゃいけない。何があっても休めない。

この状況では0.8くらいでしょうか。(下げすぎ?)

 

さて、一緒に働く仲間がみんな0.8くらいの意欲で仕事が始まります。

ため息が漏れたり、グチをこぼす人がいたり、

不快な表情を浮かべつつ仕方なく作業をしたり。

このような職場の雰囲気でも、労働意欲は落ちますよね。

実際はみなさん0.7くらいの状態で働いていることになるでしょうか。

 

まあ、その日の出勤者の労働意欲をの平均を仮に0.8としましょう。

その日に10人の従業員がいたとして、

労働意欲が0.8の状態で業務をすると

労働効率(生産性)は0.8×10で8です。

 

一方、従業員が働きやすい環境。

当日体調が悪かったり都合が悪くなっても安心して休める。

きっと、後日出勤時にはいいパフォーマンスで業務ができるでしょう。

また、嫌な作業はしなくていいというプレッシャーからの解放、

好きな作業を任されるという自信から

労働意欲は1.2くらいになるでしょうか。

さらに、みなさんが楽しそうに、活き活きしている職場は

一緒にいる仲間のテンションを上げる作用があります。

それをプラスすれば1.3くらいでしょうか。

 

まあ、こちらも出勤者全員の平均を1.2としましょう。

1人で1.2くらいの労働意欲が出るならば、

7人いれば労働効率は1.2×7で8.4ですね。

先ほどのケースと比べて3人分の人件費が減らせる

それでいて生産量は落ちないどころかプラスα・・・

そんな計算になります。

 

もちろんこれらは机上での、それも単純な計算。

また数字にも科学的根拠はありません。

でも、あながち的外れでもないと私は考えます。

 

産業カウンセリングにおける有名な実験に

「ホーソン実験」というものがあります。

工場における生産性がどうやったら上がるか、という実験で、

当初、賃金を上げれば生産性が上がるという仮説を立てました。

しかし実験では賃金に左右されるものではなく、

作業場の照明の明るさを上げるなど、

従業員の作業環境を快適にすることで生産性が向上した、

という実験結果となりました。

 

パプアニューギニア海産の労働環境は

まさに、ホーソン実験に基づいた

労働者視点から考えた業績向上策だと思います。

 

作業担当人数の割り振り、業務量、時間管理。

どれもキチキチだとプレッシャーを感じてしまい、

持ってる実力を100%出し切ることができないでしょう。

人間が、持っているパフォーマンスを十分に発揮するには

「余裕」が必要だと思います。

 

気持ちの余裕、量の余裕、時間の余裕・・・

余裕があることで安心でき、フルパワーを出すことができるのでしょう。

その結果が、キチキチに締めるよりもいい結果につながるのなら・・・

 

「余裕=なまけ癖、ラク、ムダ」という結び付け方ではなく

「余裕=ハイパフォーマンスを引き出す要素」と受け止めて

労働環境を整備する企業が増えていけばいいなと願ってます。

・・・現実は難しいでしょうけどね。

 

---------------------

つばさカウンセリングでは各種の相談を受けていますが、

お仕事上でのお悩み・問題を抱えた方に多くご利用いただいています。

・職場への不安や不満、居づらさ

・仕事がうまく捗らない

・なぜか失敗してしまうことが多い

・人間関係がうまくいかない

・遅刻・欠勤が多い

・キャリアチェンジしたほうがいいのかどうか

・転職活動中に気持ちのコントロールがうまく出来ない など

 

そのお悩みやつらさ、ひとりで抱えないでぜひ話してみませんか。

ご利用お待ちしています。

---------------------

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。