気仙沼大島椿オイル代理店 椿の森

椿の森(気仙沼大島椿を育てる会事務局)では、
気仙沼大島の椿屋食品が生産する椿オイルを販売し、
復興の支援をしています。

気仙沼大島椿オイルは、
無農薬で育てたヤブツバキの種を絞った
100%天然の椿オイルです。

販促用チラシ・POP・イメージイラスト・写真ダウンロード (←リンク)

気仙沼大島椿オイル

税別

◎70ml 1400円

◎30ml 800円

◎10ml 400円

◎250ml 3800円

◎500ml 7600円

◎送料600円


※業務やチャリティ等でお使いになる方はご相談ください。


←クリック


ご注文、お問い合わせは、メールでも結構です。

rika-asano @ tsubakinomori.com@を小文字に変更し前後のスペースを削除してください)


製造 宮城県気仙沼大島 椿屋食品

販売 椿の森(気仙沼大島椿を育てる会)


気仙沼大島椿オイルについて


津波が貫通していった気仙沼大島にありながら、しなやかに凛と咲き続ける雪国の椿。その種を絞った100%椿オイルです。椿畑は海をのぞむ気仙沼大島の高台の斜面。椿たちは太陽の光をたくさん浴びて育てられています。もちろん農薬は使用していません。


オイルは加熱処理をしていないため、椿の恵みがそのまま生きています。アレルギー物質は含みません(成分分析にも出しています)。精製を繰り返せば、無色透明のオイルになりますが、独特の「とろみ感」とこの「金色」、そして何よりも大切な「栄養分」を残すよう精製しています。それが椿屋食品・小野寺栄喜さんの「こだわり」でもあります。


肌にのせるととろりとしているのに、のばすとすぐに浸透していき、べとつきが残らない…。皮脂に一番多く含まれるオレイン酸を80%以上含むため、肌へのなじみがよいのですね。不思議なオイルです。気仙沼大島椿オイルを知った、多くのアロマセラピストたちも、サロンの特別メニューにするなど、愛用しています。

連絡先メールアドレスが変更になりました。


j-comドメインでしたが、新たに椿の森のドメインtsubakinomori.com)を取得しました。


どうぞよろしくお願い申し上げます。

((ノ(_ _ ノ)((ノ(_ _ ノ)((ノ(_ _ ノ)((ノ(_ _ ノ)((ノ(_ _ ノ)


新しい連絡先は、下記になります。


rika-asano@tsubakinomori.com

(@を小文字に直してください)


椿の森





AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
これまでメールで直接ご注文いただいていた方がいらっしゃると思います。

メールアドレスが変更となりました。m(__)m

ご注文フォームよりご連絡いただけますようお願い申し上げます。
AD
いいね!(14)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

椿の花 写真館

今年も美しく咲き競い、艶やかな姿を見せてくれました。

日本の花の花姿。散るときは一気に。気高いとすら感じる潔さではありませんか。

椿オイルを採るヤブツバキは写真の赤い花と同じです。

江戸時代の園芸ブームで一気に園芸品種が増えました。

海外にも輸出され「東洋のバラ」
と言われて一世を風靡したそうです。
























AD
いいね!(12)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)



一緒に行きませんか?

国産ヒノキの精油 ANIMI(アニミ) が生まれた三重県の美しい森と
熊野古道を訪問します!

6月10日~11日

★現地で1泊します。10日の日帰りも可能・・・だと思います。

★交通手段は検討中です。新幹線名古屋駅に集合して現地解散にしようと考えています。交通のご案内は追ってご連絡します。

★10日に精油が誕生した速水林業の森(大多賀山林)を訪ね、11日に熊野古道に足を伸ばす予定です。


【ご案内】

国産檜(ヒノキ)の青葉から作られた、この上なく清々しい香りをたたえるANIMI (アニミ)という精油があります。美しいエメラルドクリーンのしずくです。

精油は、自然林ではなく自然に近い形で育まれ愛されてきた、三重県の熊野古道に近い美しい森で生まれました。

この森を訪ね、森の中を案内していただきながら散策し、精油開発に至った思いなどについてお話をうかがいます。



精油を開発したのは速水林業とその関連会社のグリーンマム。

速水林業は代々林業を営んでおり、ANIMI (アニミ)はそうした森林、林業に関わる業種から誕生した日本のアロマです。


そうしたことから、日本の森林を取り巻く状況や、速水林業の取り組み、そして森林への深い思いについてもあわせてお話をうかがう予定です。



速水林業の森林は熊野古道に近く、一部が世界遺産に指定された場所でもあります。


雑誌の編集者時代、白神山地をはじめ様々な森を仕事で訪ねました。観光地化されている所ならば個人旅行などで行かれるかもしれません。けれども今回訪ねる森は、個人の所有地なので一般客がふらりと行くことは難しい場所です。


今回このような機会を設けるのは、節目の年に私自身がもう一度あの夢のような森を訪ねてみたかったからなんです。でも一人で行くのはもったいない!


森がいちばん輝いている季節に、神々が宿る熊野の山、精霊が棲む美しい森を、ご縁をいただいたアロマセラピスト、ハーバリストの方や、興味をもった方と一緒に行きたいと思いました。


もうね、体の隅々が目覚める感じになりますよ~ん。ぜひ一緒に行きませんか?


現在、アロマボランティアで知り合ったアロマセラピストの方、数名が参加する予定です。


また、三重県の現地からも速水林業の知り合いのアロマ関係者が参加する予定です。


連絡先

rika.asano @ jcom.home.ne.jp

浅野里香

(@を半角にして前後のスペースを削除してください)


参考


下の写真は、訪問先となる速水林業の大多賀山林の風景です。11月の銀杏の紅葉も見事!



 




(精油の写真:グリーンマム様ホームページより拝借)


いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



4月20日(日)、気仙沼大島で行われる椿マラソンで、椿の森のお菓子を販売しました。

気仙沼大島の明海荘の女将さん、村上かよさんが中心となって結成した「キラキラ母ちゃんズ」がマラソン会場に出店。

その店頭にキラキラ~のサポーターとしてお菓子を提供したんですー。

Facebookでも報告したら、気仙沼大島にボランティアに行っている小ばか隊の恵美さんから、「走り終わった後に買いにいったらなかった~残念」というコメントをいただきました。

そんなに人気だったのかな???どうだったの???

と思っていたら、販売に加わったキラキラのメンバーで目白大学大学院の教授をしているはるちゃんからも、もちろん、かよさんからも、大盛況だったと連絡が来ました。

やったね!

キラキラ母ちゃんズのサポーターとしての役割は果たせたみたい。

「キラキラ母ちゃんズ」は、気仙沼大島のお母ちゃんたちが中心となって結成した、気仙沼大島を元気にするためのグループ。

お母ちゃんたちが作ったジャムやお菓子などのオリジナル商品を販売していく予定です。

私はサポーター第1号になっていまして、商品の紹介、やキラキラ~の周知をしていきたいと思っています。











写真はキラキラ母ちゃんズに、お菓子の講習ををている様子。

1月18日、19日、お土産開発のためもあってお菓子を作りたいというので、打ち合わせをかねていって参りました。

これからもキラキラ母ちゃんズと連携していきますので、またご紹介しますね。


http://www.active-life.co.jp/marathon/raceinfo/kesennuma2014.shtml

Android携帯からの投稿
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)





気仙沼大島は、同じ椿オイル生産地として、伊豆大島に多大な支援を受けてまいりました。

その伊豆大島が2013年夏の台風で被災…。

恩返しのためもあって、気仙沼大島の椿オイル生産者「椿屋食品」は、伊豆大島のために義援金を募ることになりました。

気仙沼大島椿オイルの販売代理店「椿の森(気仙沼大島椿を育てる会 事務局)」も、連動しようと思いました。







そこで、椿の森=浅野が震災直後から参加していた
アロマセラピストのボランティアネットワーク「元気をおくるアロマ隊」と連動し、伊豆大島支援のチャリティを行うことにしました。


写真はその時の様子です。

今回は、

オークヴィレッジ自由が丘ショールーム
積雲画廊(原宿)

が趣旨をご理解くださり、無償で場所を提供してくださいました。





原宿の積雲画廊で場所を提供いただくのは2度目。前回は2012年1月、気仙沼大島への支援でした。

また、定期的に気仙フェアを行っている、

しもきた商店街/下北沢大学実行委員会
から声をかけていただき、ブースを出店させていただきました。下北沢北口の駅前とあってすごい人で驚き!(@_@)そのときの様子は前回blogに記しています。





和の精油Yuica (ユイカ)からは、ハンドトリートメントに使う精油を無償でご提供いただきました。







原宿の積雲画廊では、写真家の市川勝弘さんによる写真展「日常」と、スマイルプロジェクトも共催しました。

「日常」の写真は、市川さんの奥さんの実家=日本の農家や農村の何気ない風景写真です。でもその場所は、福島県楢葉町。






原発事故によって立入禁止になってしまった場所です。写真に切り取られた美しい風景や何気ない日常は、いまや失われてしまいました。

写真は原発事故から学ぶべきことを、静かに静かに訴えます。

スマイルプロジェクトは、支援してくださった方を市川さんが撮影。その場でプリントアウトした自分の写真に被災地へのメッセージを書き込んでもらうというものです。










今回は、市川さんからの支援として、チャリティ支援をしてくださった方やスタッフにプリントアウトをお持ち帰りいただきました。




アロマ隊事務局とも密に連絡を取り合いながら行った今回のチャリティ、報告が遅くなってしまいましたが、あらためて協力くださった方々、参加くださったボランティアの方々に感謝します。







ワンコインハンドトリートメントと気仙沼大島椿オイルの売り上げの一部、それに善意の寄付によって、

88,800円!


の支援金が集まりました。

この支援金は、ボランティア参加者や個人寄付の方、協力いただいた方など、全員のお名前を記した目録とともに気仙沼大島の椿オイル生産者の小野寺栄喜さんに、託し、伊豆大島の椿オイル生産者の(株)椿に、お渡ししました。



小野寺さんへは朝日新聞やNHK、地元のマスコミなどからも取材が入ったんですよ。






伊豆大島への支援 目録(項目)

◎ワンコインハンドトリートメントによる支援
11月3日4日
気仙フェア(下北沢)
11月21日22日
オークヴィレッジショールーム(自由が丘)
12月28日29日
積雲画廊(原宿)

◎個人支援(寄付)

◎運営
守内尚子(元気をおくるアロマ隊事務局) 浅野里香(気仙沼大島椿を育てる会)

◎協力 市川勝弘(写真家)
元気をおくるアロマ隊
オークヴィレッジ自由が丘ショールーム
積雲画廊

支援金合計 88,800円

**********

たくさんの方の心をいただきました。みなさま、愛をありがとうございました。





Android携帯からの投稿
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)






11月10日、自由が丘のオークヴィレッジショールームにて、伊豆大島支援の第2弾を行いました。

伊豆大島と気仙沼大島の「椿の絆」の支援でもあります。




気仙沼大島椿オイル販売 椿の森 ~広がる椿の絆~





ボランティアのメンバーは、椿の森も参加する「元気をおくるアロマ隊」のアロマセラピスト。

アロマ隊が気仙沼大島椿オイルへの支援を続けてきてくださったたことから、今回のコラボレーションに至りました。







今回、場所を提供してくださったオークヴィレッジは、飛騨高山にある手作り家具の工房。和の精油ユイカの系列会社でもあります。







震災を気に発足した「元気をおくるアロマ隊」結成にも関わったことから、今回の伊豆大島支援にあたり、快く場所を提供くださいました。感謝します!







木の香りのする贅沢で気持ちのよい空間。木でできたクリスマスツリーは見ているだけでも心がなごみます。

そんな空間でのハンドトリートメント。

道行く人に声をかけ、チャリティにご協力いただきましたが、皆さんとても気持ち良さそうでした。







半日いただけで、ボランティアをするわたしたちのほうも、癒されました…。

伊豆大島支援、このオークヴィレッジショールームで11月23日も行います。





また、年末には原宿の積雲画廊でも実施する予定~。

積雲画廊では、アロマ隊の忘年会をしようか!などと企てています。

どうぞ遊びに来てください。



いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東日本大震災にあたり、気仙沼大島は伊豆大島に大きな支援をいただきました。


そんな伊豆大島が先の台風で大きな被害に遭ったのは、記憶に新しいところです。


御恩返しの意味も込め、こんどは伊豆を支援したい!そう考えました。


元気をおくるアロマ隊、気仙沼大島の椿を育てる会主催として伊豆大島支援のハンドトリートメント、第2弾を行います。


ぜひお立ち寄りいただき、ワンコインハンドトリートメントにご協力ください。



気仙沼大島椿オイル販売 椿の森 ~広がる椿の絆~

11月10日、23日

オークヴィレッジショールーム(自由が丘)

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

11月3日、4日、下北沢で開催された気仙フェアに出店し、椿オイルの販売と、当椿オイルを使ったハンドトリートメントを行いました。







今回は、台風26号で大きな被害を受けた伊豆大島への支援のため…。





東日本大震災に際しては、気仙沼大島の椿オイル生産者である椿屋食品は、伊豆大島の椿オイル生産者、椿に、大きな支援をいただきました。





先日の台風で大きな被害を受けた伊豆の状況を見るにつけ、椿屋食品の小野寺大将が、仙台などを中心に伊豆大島への義援金募集を開始しました。

販売代理店であるこちらでも、その心意気を応援しよう!と思いました。





ワンコインで行ったハンドトリートメントと、椿オイルの売り上げの30%を、東北で集めた義援金と一緒にして伊豆の椿オイル生産者「椿」に送ります。





ハンドトリートメントしてくれるアロマセラピストは、ボランティア仲間の元気を送るアロマ隊のメンバーです。





思いを同じくする仲間がいるって心強いです。

告知から当日まで日にちがなかったにも関わらず、8人もの人がかけつけてくれました。初めてお会いする人が3人も。遊びに来てくれたかたもたくさん!







気仙沼大島椿オイル販売 椿の森 ~広がる椿の絆~

気仙沼大島椿オイル販売 椿の森 ~広がる椿の絆~


ありがとうございました。嬉しくて、楽しい2日間でした。

伊豆支援はこの下北沢の気仙フェアを皮切りに、自由が丘や原宿でも開催します。

ぜひ遊びに来てください~。


開催日程

伊豆大島 ←気仙沼大島
椿の絆★支援

★11月3日~4日
気仙フェア(下北沢)

★11月10日、23日
オークヴィレッジショールーム(自由ヶ丘)

★12月28日~29日
積雲画廊(原宿)







いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

11月3日、4日 気仙フェアin下北沢大学

気仙沼大島&伊豆大島支援

ハンドトリートメントボランティア募集

11月2日~4日に行われる気仙フェアで

3日(日)、4日(月)に椿の森が出店します。

気仙沼大島椿オイルを使ったワンコイン・ハンドトリートメント(ハンドマッサージ)を行います。これは、震災時に気仙沼大島が大きな支援を受けた伊豆大島への支援として行うものです。

ハンドトリートメントをしてくださるボランティアを募集します。空いている時間に一時間でも結構です。


遊びに(のぞきに)来てくださることも、もちろん大歓迎です!




●詳細
日時:11月3日(日)、4日(月)
12時~19時(この内の数時間)

場所:下北沢駅北口


連絡先:浅野 rika.asano @ jcom.home.ne.jp

(@を小文字にしてください)※タオル、マッサージオイル、ディッシュなどはこちらで用意します。

●気仙フェアホームページ
http://www.shimokita-info.com/event/kesen/2013a.html




いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。