徳島リトリート2日目

テーマ:

徳島リトリート2日目おねがい

 

夜中までのお話し会で寝たか寝てないかわからないですがてへぺろ

おばあちゃんのお家から見える山の景色がのどかで元気な朝を迎え照れ

 

 

おばあちゃんが作ってくれた美味しいお味噌汁で朝食。

 

 

お世話になったおばあちゃんともお別れ。

 

「またおいでね」

「また来るね」ってハグして・・・えーん

 

 

リトリート2日目午前中は神社へ。

 

その途中、綺麗な川で立ち止まりキラキラ

 

 

 

太陽がまん丸で

 

 

川の水面に映ってすご~い美しいキラキラ

 

 

 

朝から美しい自然に触れました。

 

 

神社入口でも光が迎えてくれて

 

 

『赤松神社』

 

 

ここの大きな木が大好きで

 

 

女性そのもの

 

 

自然はいつも私たちに何かを語りかけてくれている

 

 

だ~れもいなくて

 

 

朝の神々しい光と自然と私たちだけ

 

 

 

 

ここでもネイチャーメディテーション

 

ペアになって、お互いに相手のことを思いながら、ぴったりの木を選び贈る。

 

「あなたの木」

「私の木」

 

 

何故その木を選んだのかをお互いに伝え合う。

 

私が選んでもらった木。

 

普通の真っすぐな木ではなく、とても個性的な木。

確かに自分ぽい~と思い。。。

 

木の根元には新しい芽が=新しい可能性やこれから生まれるもの

古い木に新しい木が生えている=古代のものを伝えながらも現代との融合

 

 

穴が開いてる=いろんなこと、真実を見る目

 

いろいろと皆さんにも感じたことを言って頂いて納得。

 

他の方の木も納得。

 

なんかすごい感動したワークだった。

 

自分の木、また会いに行きたくなります霧

 

 

 

お次はこの赤松神社近くにあります『出雲神社』

少し山道を登るとあります。

 

 

 

ここももちろん誰もいなくて、知る人ぞ知る神社なのかもしれません。

とても心地よいエネルギーの場です。

 

 

参加者の方が見つけてくれた『顔の葉っぱ』

可愛い~ゲラゲラ

 

 

先月の屋久島旅で見つけた顔の葉っぱの写真(左)と並べて撮影、笑。

屋久島でこれを見つけたとき、誰かがくり抜いたのかな?と思っていたけど、顔に見える穴は自然にできたものだというのがわかりました。

 

面白いですね~

 

屋久島の葉っぱは精霊だと信じているんですが・・・キラキラ

 

 

ここでもとあるワークを。

 

ひとりひとり自分の書いた言葉を次の人が見て繋げていくワーク。

 

その言葉を最後順番に読むと・・・・

 

詩ができるんです。

 

お題は、まだ途中だけど、『リトリート中に感じたこと』

 

みんなの言葉でこんな詩ができました。

 

 

『見ているようで見えていなかったものがある

 

ギフトを受け取ることは嬉しい

 

自然はいつも私たちを見ている

 

私たちは愛されている

 

風や光や小鳥のさえずり、生きとし生けるものからのエール

 

元気をたくさんもらい、メッセージも受け取りました

 

大地にしっかり根を張って、頂いた命を生ききりたい

 

頂いた命を生きるということは、食べた命を生きるということでもある

 

動物、植物、ミネラル(石)すべての命を生きる

 

山に入って受け取るのもは何だろう

 

声を聴かせてくれるものに会いに行き、動けない命の声を届ける

 

生きるということ、命を知る

 

その感覚を大切にする

 

自然、動物、自分の中にあるもの

 

感覚を大切にしていく

 

すべてはひとつ

 

人間として生まれ持った能力を取り戻す』

 

 

 

自然と神社を満喫し、午後からは海

 

 

山、海、全然エネルギーが違う

 

山でパワー頂いて、最後は海で浄化、流す波

 

 

ウミガメのいる海

 

まさに「何かが生まれる」

 

この後にするクリスタルのワークで繋がります。

 

 

空には巨大な羽根の雲!!

びっくりおーっ!

 

 

パノラマで撮影したらこんな感じ。

左の大きな翼から羽根が飛んだような雲。

 

こうやって空からもサイン。

 

 

巨石や

 

 

洞窟もあって、2度目だけど大好きな海

 

 

ここではクリスタルを使ったワークをして頂きました。

 

 

 

たくさんのクリスタルから気になる子を選んでメッセージを。

その後、その石を持って子宮の洞窟へひとりひとり行き、そこで感じることを受け取る。

 

 

 

 

その洞窟に入ったとき、急に心臓がバクバクし始めた。

 

『怖い!』

 

そんな感覚が襲ってきた。

 

深く深呼吸して・・・

 

その怖さを感じてみた。

 

そう、それは私の胎内記憶・・・

 

私は生まれるとき「怖かったんだ」ということをはっきり思い出した。

 

「怖かったんやね。。。よく生まれてきてくれたね。ありがとう。もう大丈夫だよ。ずっと一緒だよ。。。」

 

そう自分に伝えたら涙が溢れてきた。

 

そして

『自分の人生を生きる』と宣言し、その洞窟を出た。

 

 

 

 

それぞれが母なる子宮の洞窟で、新しく生まれ変わって戻ってきた。

 

生まれる前の感覚。

 

楽しい、という人もいれば、怖いという人もいる。

 

最近は言わないけど、昔の私

「怖い」というのが口癖だった。

 

「何が怖いの?」と聞かれてもわからない。

 

ただ出る言葉。

 

胎内の記憶、だったのかもしれませんね。

 

 

 

 

ワークが終わる頃、ハートの石を見つけたドキドキ

 

 

こんな顔の石もガーン

 

 

ちょっと意地悪な子もニヤ

 

みんな個性あって面白い。

 

 

龍の頭のような流木も見つけた。

 

 

 

忘れていたことや、大切なことを思い出し、たくさん気づいた。

それぞれがひとりではできなかったこと。

 

仲間同士での気づき合い。

 

 

 

このリトリートを祝福するかのような輝かしい太陽。

 

 

最後は洞窟へ

 

 

ここでも最後の言葉のワーク

 

今回のリトリートでキーワードとなっていた『青い卵』

(説明を記載しきれないのですが・・・)

をお題に出来上がった詩。

 

『青い卵、未知の世界

 

私たちは投げ出される

 

卵と卵がぶつかり合い、自分の海を探す

 

旅に出た卵たちは再び出会う

 

それぞれの旅で見つけたものを分かち合うことができる

 

これから広がる道の彼方に向かう私たち

 

さあ、今、このときを「生む」仲間たちとともに歩もう

 

出会ってくれてありがとう

 

これからもよろしく

 

青い地球、闇の中・・・・光の中・・・・

 

その中にすべてがつまっている』

 

 

ひとつひとつの卵が私たちであり、その卵が割れて、旅をしながら仲間に出会う、そんな詩になりましたニコ

 

 

この海では、鳥たちが何度も私たちの頭上を飛んでいた。

 

これから飛び立つひとりひとりの姿を見せてくれているかのように・・・

 

 

 

初めてのリトリート。

 

どんなものになるか未知の世界だったけど、流れもスケジュールも全部自然たちに見守られ導かれながら、すべてがベストだった。

 

参加者の方々の表情も最初と全く違って笑顔になって、無邪気になって・・・

 

何よりそれが一番うれしいことです。

 

私たち主催者も同じく、楽しすぎて濃厚で、いろんなことがあって、たくさんのメッセージ、ギフトもそれぞれにあって。

 

2日間で山、海、神社仏閣、セレモニー、温泉・・・・

 

とても充実した内容でのリトリートとなりました照れ

 

次回は春ごろ・・・第二弾できたらなと思います虹

 

 

 

AD

徳島リトリート1日目

テーマ:

先月末に開催しました徳島2DAYリトリートウインク

 

出会って間もない3人、最初は違うメンバーで予定していたリトリートですが、場所の下見する日にこの3人が集まり、その後、導かれるようにリトリートに入れる場所が決まり・・・

 

 

当日まで3人で集まったのはこの日一度だけ。

 

ほんとんど打ち合わせもないまま、それぞれができること(セレモニー担当・ネイチャー担当・クリスタル担当)だけ決まっていて後はそれぞれが自分の役割をこなす、できない部分は助け合う。

 

それぞれは当日どんなことをするとかお互いに干渉することなく、相手のことは信じてお任せ。

 

 

そんな3人で作るリトリートが見えない存在たちに見守られていることを、当日現地に着く途中に発見びっくり

 

巨大な岩に不動明王が。。。

 

火(セレモニー)・岩(クリスタル)・自然(ネイチャー)の3つが同時にあって確信。

 

ここで手を合わせ、待ち合わせ場所に向かいました。

 

 

 

まずは道の駅にある足湯で、参加者の方たちと温まりながらのデトックス~

 

 

これが良かったのか、全身ポカポカに。

 

続いては『薬王寺』

 

 

初めてでしたが、ここ、すごいびっくり

 

何がすごいかは・・・

是非行かれて感じてみてください。

 

 

全員・・・クラクラになりましたガーン

 

 

良い眺め

 

 

ハートの雲発見ドキドキ

 

 

大きな木も

 

 

 

お寺の後はセレモニーをさせて頂くお山に向かいます。

 

 

 

 

このお山は大山祇命がお祀りされていて、山を登るとまた別の神社があって、

ここでまずは参加者の方たちと触れ合うネイチャーメディテーション。

 

 

 

羽根を発見ビックリマーク

セレモニー前に嬉しいギフトです^^

 

 

 

次は薪を集めてセレモニーの準備。

 

 

みんなで薪をくんで作る火。

 

 

山に降り注ぐ光キラキラ

 

 

 

ほんとに綺麗

 

 

前日の雨で大地も木も濡れているから火かつくか・・・が一番心配でしたが、そんな心配も吹き飛ぶぐらいすぐ火はつき、大きく燃えた。

 

 

しかも、火がついてすぐ、山の神にご挨拶するかのように、山の方向に大きく火が燃え上がり、みんなびっくり。

 

日本とネイティブの世界が繋がる瞬間、そんな光景でした。

 

 

4方向、大地、空、自分自身、この場(山のスピリット)に祈りを捧げ、ドラムの音が鳴り響く。

 

瞑想し、歌い、ひとりひとりの祈りの時間。

 

 

 

 

自分の主催するセレモニーで私自身が泣くことありませんが、自分の祈りの時、涙が出ました。それは悲しみだけでなく、感謝の思いが心から込み上げてきたのです。

 

 

他の人の祈りでも、その声が心に響き、涙が出ました。

 

みなさんの真剣な祈り。

 

 

ひとりひとりが祈るとき、その祈る人の方向に火が燃え上がったり、風が吹いたり、鳥の声だったり・・・

 

「ちゃんと聞いてるよ」

「うんうん、大丈夫だよ」

 

見えない存在たちがその声を聴いているサインを確実に見せてくれました。

 

今回受け取ったメッセージ・・・

 

いくつかあったけれど大きなキーワードは「赤と黒」「毒を吐き出す」「大きな球体」「自分の歌」

 

それぞれの中に、繋がってくることと思います。

 

 

 

冷え切った体を温め。

みんなでハグしあって・・・

 

「ありがとう」の気持ちを伝え合う。

 

ほんとに寒い~~~

 

この日の宿泊は昔懐かしいおばあちゃんのお家。

 

自分たちで作った有機のお野菜カレーに、おばあちゃんが作ってくれたちらし寿司。

 

 

寒い体も温まり。。。

何より美味しい~~~

 

おばあちゃんも一緒に。。。

おばあちゃんの優しさに癒され。。。

とても温かい時間でした。

 

 

この後はみんなで温泉に行って、夜は布団を敷いて、お酒やお菓子を食べながら修学旅行みたいにワイワイ爆 笑

 

メディスンカードを引いて、そのメッセージをひとりひとりじっくりと受け止めたり、それぞれの内にあるものや疑問を出し合ったり。

 

 

夜中まで濃ゆ~い時間を過ごしました。

 

大人になってこういう時間を過ごすのもいいですね。

 

ほんとに楽しいリトリート1日目でしたおねがい

 

続く音譜

 

 

 

 

 

 

AD

屋久島の旅ラストです虹

 

屋久島の散策を終え、にっぽん丸クルーズ最後の夜。

 

 

 

この夜はカクテルパーティーがあるということで、みなさん華やかな洋装での夜。

 

 

最後の夕食も色とりどりの洋食コース

 

 

視覚、味覚、嗅覚・・・

ほんとに五感で楽しめるお料理。

 

 

 

 

これ、途中のお口直し「たまねぎのブリュレ」

初めて食べましたが、たまねぎをデザートのようなブリュレに・・・

 

すご~い美味しかったですびっくり

 

 

 

 

 

こんなに食べても胃もたれしない、優しい味。

 

 

生演奏もあって音譜

 

 

 

屋久島をイメージした緑と、夜をイメージした紫のカクテルロゼワイン

ほんとに美しい色でしたにやり

 

 

 

素敵な歌をたくさん歌ってくださったシンガーの方照れ

 

歌に感動してウルウルきたり、ご年配の方々もみなさん踊って爆笑したり、人生の楽しみ方は人それぞれだけど、いろんな楽しみ方があっていいし、いくつになっても綺麗で美しく、年を重ねていきたいって思いましたニコ

 

 

 

人生初の社交ダンスにも挑戦ゲラゲラ

足がうまく動きません・・・難しい~笑い泣き

 

 

 

 

船長さんからのお話が印象的でした。

 

「クルーズのよいところは、朝日や夕日、ときには月が水平線から昇り沈むのが見えます。その景色はどれも毎回違っていて、一瞬一瞬だけのもの。

それが本当に美しいです。船だから感じれる、見れるもの。

風の香りや波の音・・・五感を使ってたくさんのことを感じてください」

 

船を愛する船長さん。

 

毎日毎日、船の上から月と太陽を見ているそうです。

 

その美しい自然が大好きだそうです。

 

だからレストランに大きな「月と太陽の絵」があったんですね~おねがい

 

船内では朝日や月が出たら船内放送もされます。

 

当たり前のように毎日昇って沈む太陽や月。

 

でもその美しさは言葉にはできないときがある。

 

そんな美しい風景を見る時間。

 

私は人生の中にたくさん取りたいと思う。

 

 

 

 

船、最後の朝。

 

もちろん日の出前に起きて写真撮影。

 

ゆっくり夜が明ける。

 

 

波も穏やかで静かな朝。

 

 

雲と光がいろんな表情を見せてくれる

 

 

 

突然雲に絵の具が伸びるように赤く染まった。

 

 

綺麗ガーン

思わず声が出る。

 

ほんの数分だけ見せてくれた、同じものは二度とない景色。

 

 

ライトを照らすかのような朝日。

 

絵の具のような雲

 

 

一刻一刻変わってゆく自然の流れ

 

 

 

美しすぎてため息が出る。

 

 

 

 

軍艦島が見えたので、船がゆっくり周遊してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

軍艦島が太陽に照らされて絵になる

 

 

 

 

夜明けから1時間ぐらい撮影していました。

 

船長さんが言うように、船上だから見れる景色。

 

どこにいても、そこにある美しさに気づけば、感動はたくさんあります流れ星流れ星

 

 

 

屋久島のお土産

精霊こだまちゃん付きガジュマル~

 

大切に育てよう虹

 

 

 

初めての屋久島。

自分の想像していた以上の旅でした。

 

大自然に守られ、改めてその温かさ、偉大さに気づきました。

 

人間の怒りや未熟な姿でさえも包んでくれる。

 

目には見えない存在たちの力があること、自分の心に素直に純粋で正直でいることの大切さ。

 

今回身をもって、屋久島の自然に体感させられました。

 

言葉にはできない思いが今もまだ心に残っています。

 

何故かわかりませんが、屋久島を思い出すと泣けてくる感じもあり。

 

また必ず屋久島には行く。

 

そのときは縄文杉まで目指したいグー

 

 

長い旅の記事を読んでくださり、ありがとうございました虹

 

一部ではありますが、今回も写真から屋久島や美しい自然を感じて頂けるとうれしいですおねがい

 

 

AD

屋久島旅の続き⑤ですグッド!

 

青い海を満喫した後は、日本の滝100選にもあります大川の滝へニコニコ

 

 

 

 

 

大きい~

やっぱり大きな滝を見ると、気持ちい良い爆 笑

 

 

 

途中、立神岩橋というところから海を見るとびっくり

 

 

三角(ピラミッド型)の巨大岩がびっくり

すごい~

 

 

そしてお次はキョロキョロ

世界遺産の西部林道ではヤクシカやヤクザルに出合いますキョロキョロ

 

 

鹿はよく見るけど、お猿さんたちが可愛すぎる猿

 

道端にお猿さんの大群が・・・

 

しかも人間を怖がるわけでもなく、普通にこっちを見てのんびりしてるびっくり

 

寝転んでたり、寝てたりするお猿さんもいて、一瞬生きてるのか??わからないぐらい、笑

 

 

親子のヤクザルが可愛いくて~~~

 

 

 

 

 

 

お邪魔いたしましたウインク

 

お次は大きな中間のガジュマル

 

民家がある場所にどか~んと巨大に伸びている姿がいいですね~。

 

 

通り道を作るために間をあけてあるとか。

 

 

 

お次は海に浮かぶ温泉

 

 

TVでよくお見かけしますが、一度入ってみたい~温泉

 

 

 

 

お昼ご飯は屋久島のお料理が食べれるという「茶屋 ひらのさん」へ。

 

 

店内もたくさんの木が使われていて、お庭が見えて、ゆっくりできる感じでした。

 

 

屋久島の自然をふんだんに使った屋久島の自然料理ということで「屋久然料理」というらしいです。

 

少しづつの小鉢がた~~~くさん。

結構な量ありましたおーっ!

 

これで一人¥2000ぐらいは安いビックリマーク

 

 

屋久島の名物トビウオ

あっさりして美味しかったです。

 

 

どれも体に優しいお料理ばかり。

旅に行くと、その土地のお料理を頂くのがいいですね。

 

 

食事の後は、あと3つの滝を巡りました。

「トローキの滝」

 

滝にしては小さいのですが、赤い橋とのコントラストがいいですね。

 

 

 

お次は「竜神の滝」

 

少し見えにくいのですが、緑の間から勢いよく流れ出る滝。

 

 

 

 

最後は屋久島では有名な「千尋の滝」

 

珍しい名前ですよね。

 

せんぴろのたき、と読みますが、「千と千尋の神隠し」との関係性がないわけではない?ようなことも聞きました。

 

「もののけ姫=苔むす森」もあって、屋久島はジブリの世界虹との繋がりが深いですね。

 

 

入り口には「千尋神社」の祠があって・・・

 

 

 

森林の中を歩いて行くと・・・

 

 

 

V字峡に落ちる滝は珍しい

 

 

 

 

昔は近くまで行けてたそうですが、今は遠くから。

それでも迫力ありました。

 

 

船に戻る途中にす~~~ごい高い橋から下を見た景色。

ズーム撮影なのであまりわかりませんが、高所恐怖症でない私でもちょっとクラクラしましたショック

 

 

旅が終わるころ、雲が多くなってきましたが、2日間お天気はもってくれて、今回も美しい写真が撮れました。

 

船に戻ると、港では屋久島の高校生たちがお茶を出してくれたり、屋久島のお土産の販売をしてて、賑わってましたイヒ

こういう頑張ってる姿見ると、買わずにはいられませんねウインク

 

 

 

 

後はクルーズ最後の夜を楽しむ時間お月様

 

次はラストです星空

屋久島の旅続き④

 

前日のトレッキングで全身筋肉痛アセアセでしたが、早朝はデッキに出て屋久島の風を感じていました。

 

ここにいるだけでも幸せ。

 

ほんとに自然のエネルギーはすべてを包み込んでくれますね。

 

 

 

 

優しい太陽

 

 

 

 

 

空には鳳凰のような雲

 

 

この日は海や滝を巡る予定で、その前に『益救(ヤク)神社』に参拝。

 

ほんとは初日にお参り、ご挨拶してから・・・行けばよかったのですが、1日遅れたこともお詫びをして・・・

 

 

 

こちらの神社は屋久島でもとても古くからある神社だそうで、御祭神にびっくり。

私の大好きな神々が勢ぞろいゲラゲラ

 

 

 

 

人がいなくてとても静かでした

 

 

 

 

境内は広々としていて、とても心地よい神社でした。

 

 

おみくじも屋久島らしい感じウインク

木の中に入ってる

 

 

 

久々の大吉爆 笑

屋久島で大吉はなんだか嬉しい。

 

おみくじの後ろの「神の教」のメッセージが好きで、いつも、うんうん、て納得。

 

 

 

美しい光

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな葉や美しい緑

 

 

境内には元気な緑がいっぱい

 

 

巨大なあこうの樹

 

 

 

この益救神社に来たら、またいつか屋久島に訪れることになるという言い伝え???もあると地元の方が言ってました。

(もちろんまた行く気満々ですが^^)

 

次は海

ハートみたいな?雲?ドキドキ

 

 

 

青色が濃くて綺麗

 

 

 

遠くからではありますが、白い灯台

 

 

 

 

 

 

途中立ち寄った木々に囲まれてあまり見えない滝の方を撮ったら、先ほどの神社で出た光と全く同じ感じガーン

 

 

 

次はウミガメの産卵で有名な『永田いなか浜』

 

 

海綺麗~~~

 

 

 

雨が多い屋久島ですが、お天気に恵まれたおかげでこんなに綺麗な空と海

 

 

 

 

ウミガメの産卵は5月から夏にかけて・・・なので、次は見てみたい。

 

 

 

 

 

 

ふと・・・足元を見ると・・・

 

ハートのサンゴ~~~ラブ

 

びっくり、感激ゲラゲラ

 

 

 

そんなに人もいなくて、ほんとに綺麗だった~

 

 

 

 

見る角度によっても色が違う

 

 

 

 

メキシコ辺りにあるブルーホールみたい

 

 

岩がウミガメにも見えたり

 

 

海も山も、両方好き

 

 

山は力強く、地に足をしっかりつけて歩く、人生を歩んでいくパワーがもらえて、海はいろんなものを流して浄化してくれる。

 

 

人間をはるかに超える偉大さ、ときには厳しく災害も起きるけれど、でもやっぱり無償の大きな愛を表現している、見せてくれている。

 

母なる大地や母なる海って言うとうり、大きな大きな私たちみんなの「母」なんでしょうね。

 

 

 

一枚だけ、すごく濃い色が撮れた写真

 

美しい~波

 

 

 

続きますおとめ座