フィンランド最後は首都のヘルシンキへ星

 

まずはヘルシンキのシンボルでもある「ヘルシンキ大聖堂」

 

 

 

外観とは違って中はとてもシンプル

 

 

大聖堂前の広場

 

 

 

 

続いてはレンガ造りが美しい「ウスペンスキー寺院」

 

 

中もきらびやかキラキラ

 

 

天井も是非、見上げてみてくださいね

 

 

美しいですキラキラ

 

 

 

ヨーロッパの街並み

 

好きですキラキラ

 

そしてそして

フィンランドといえば「マリメッコ」きらきら

行ってきましたよ~

マリメッコ本社にキラキラ

 

 

マリメッコ好きで日本でも雑貨やお洋服は買っていたので、この日はマリメッコスタイルでハート

 

一体化してる

 

ここの社員さんに「素敵~」と褒められましたキラキラ

 

そして店員さんにも間違えられそうになる、笑

 

 

是非行って頂きたいのが、ここの同じ建物内にある社員食堂

ランチが一般の人も頂けるんです

 

お皿もすべてマリメッコ

 

バイキング形式でトレーに入れていくのですが、すべてオーガニックの食材でとても美味しかったです。

パンもスープも付いてます。

 

 

 

 

 

 

 

食後のドリンクもコップも好きな柄を選んで

 

食べた後はお買い物

 

 

日本にない柄とか、とにかくた~~~くさんあって迷います

 

 

一部アウトレット商品があって30~40%オフになっていたり。

しかもフィンランドは「40ユーロ以上で免税」になりますので、更に安く買えます。

 

 

ほんとに可愛くて選びきれませんが、ワンピースやバッグを買いましたオンプ

 

 

そしてフィンランドの見物の中にこれもあります

岩に埋もれた教会キラキラ

「テンッペリアウキオ教会」

入り口は教会に見えませんね~

 

 

中に入ると音楽ホールみたいオンプオンプ

 

 

岩をくり抜いた地下空間なんですよ~

 

 

優しくもれる光と、生演奏の音楽も聴けたりしますオンプオンプ

 

何時間でもいれそうな落ち着いた空間ですキラキラ

 

 

 

あともうひとつ、この教会もお勧め

街中にある「カンッピ礼拝堂」

 

ここも一見教会には見えませんが・・・

 

 

中に入ると静寂に包まれますキラキラ

なんといってもこの木の温もりに囲まれて光が差す礼拝堂キラキラ

 

 

外の賑やかさを感じない

みなさん思い思いに座っています。

 

 

ここの礼拝堂の入口には常に係員?のような人がいるのですが、それはいつどんなときも話ができるような状態にしているとか。

何か苦しみとか悲しみとか、聞いてほしいときってありますよね。

 

 

でも聞いてくれる人がいなくても、ここには受け止めてくれる人がいる、そんな場所でもあるそうです。

フィンランドの教会、岩や木など、自然のもので作られた珍しい空間。

 

是非、立ち寄ってみてくださいねキラキラ

 

 

 

旅の時間もそろそろ終盤

最後の街歩き

 

 

 

 

広場で開催されているマーケットに行ってみました

 

 

港近くなのですが、ご覧のとうり、凍ってます

もうめちゃくちゃ寒いです

 

 

夏だとお店ももっとあるのかな?

フィンランド土産やアート、手作りのものもありましたキラキラ

 

 

 

これ、買ってないけど石鹸らしい

可愛い~ハート

 

小腹が空いたので近くにある室内の市場へ

気軽に入れる飲食店がずらり

 

 

やっぱり、最後の最後までサーモン

 

お店はかなり狭いのですが・・・

 

このサーモンサンドもめちゃくちゃ美味しかったですキラキラ

 

 

そろそろヘルシンキともお別れ

 

 

フィンランドは予想以上に素敵な国だった

 

 

特にサーリセルカの最高の雪景色

食事も美味しい、サウナも気持ちいい

 

 

またいつか行きたい国フィンランドでしたキラキラキラキラキラキラ

 

長い旅記事を読んでくださりありがとうございました苦笑キラキラキラキラキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

寝台列車は朝6時前にタンペレの街に着いた。

まだ外は真っ暗で寒い~キラ

 

 

 

夜が明ける頃、タンペレ大聖堂へキラキラ

 

 

 

タンペレマーケットにも行ってみましたキラキラ

 

 

その地の市場は面白いですよね。

 

 

これ、フィンランドで有名なパン、名前は忘れましたが朝のバイキングでも必ず登場するパン。

 

 

そしてサーーーーモンが美味しすぎるキラキラ

 

 

試食をさせてもらったらもう買わずにいれないキラキラ

スモークサーモンを真空パックにしたら持って帰れるのでお願いしました。

好きな大きさで買うことができます。

20ユーロぐらいでお願いしましたが、けっこう大きかったです。

 

 

昼食、ここでトナカイのスープが

 

またまたサーモン、美味しい~オンプ

 

 

このチョコアイスも何故か絶品でしたキラキラ

 

そしてお次は、フィンランドといえば「ムーミン」の生まれた国ですね

 

 

ムーミン博物館へ

館内は撮影禁止なので写真はないですが、すごい可愛い世界でしたキラキラ

ムーミンのミニチュアの世界がたくさん見れます。

最初は興味ありませんでしたが、見ているとその魅力に引き込まれていきました。。。

 

 

 

 

 

やっぱり買いました。

可愛すぎるリトルミィーキラキラ音符

 

外にムーミンの像があるのですが、これがムーミンの実物大なのだとかキラキラ

もっとコロコロして大きいと思ってましたね、ムーミン

めちゃかわいいハート

 

ここに来るまではそんなにムーミンに興味ありませんでしたが、ムーミンの世界って実は奥が深くて、大切なことを伝えてるんですね~

ムーミンの名言集とかミィーの名言集とかあるのですが、ぜひ見てみてください。

 

「わかる~」ってメッセージがいっぱいキラキラ

 

 

この後はナーンタリへ。

この日は午後2時ぐらいからホテルに向かいゆっくりと過ごす時間

 

海、ぜ~んぶ凍ってます

 

 

ここ、ナーンタリで5つ星の「ナーンタリ・スパホテル」

夏は海に囲まれてほんとにリゾートなんでしょうね。

 

今は大雪ですが、その景色もきれいでしたキラキラ

 

 

お部屋こんな感じ

ひとりでこの広さは嬉しい~キラキラ

 

ちなみにムーミン部屋もあるんですね、このホテル。

数万円?追加すれば泊まれるそうですが・・・

ムーミンファンやお子さんにはいいかもですハート

中は見れないのでドアだけ撮影。

 

 

 

旅も終盤、ゆっくりとホテルを満喫しますハート

 

日本でもエステには行かないので、久々にフェイシャルマッサージを受けましたキラキラ

 

 

何よりこのホテルの楽しみはスパ!

広くて大きなスパがありますキラキラ

もちろんサウナもあって、おお~~~きな温水プールがいくつもキラキラ

それは男女混合なので水着着用で入るのですが、外にあるプール、寒すぎましたが雪景色を見ながら最高でしたよ~きらハート

サウナに入ってプールに入ってを繰り返す、何時間でもいれそうなぐらいきらハート

一人でもはしゃいでおりましたが、カップルの人たちは更に楽しめる空間だと思いますハート

 

 

夕食を頂き、夜はお部屋で旅の思い出に浸りながらゆっくりと過ごしましたキラキラ

旅って忙しくてホテルでゆっくりする時間が少なくなりますが、こうやって最後の方はホテルでゆっくり過ごすのも良いですよねキラキラキラキラ

 

 

 

お買い物した服とかも早速着てみた星

 

これ、最初に行ったサーリセルカの街で、店員さんが着ていて一目ぼれして、迷いに迷って買った服ハート

 

穴があいてるんです~苦笑

 

いろんな柄がありましたが、この薔薇が気に入りましたハート

 

この穴に手を入れたら「ハグができるのよ~」と店員さんより、笑

 

個性的な変わった服があるもんですキラキラハート

 

 

ゆっくりとした1日が過ぎて・・・

次は旅も最後、ヘルシンキの街ですキラ

 

続く

 

フィンランドの旅⑥

 

サンタクロース村を満喫した後は、ケミへ。

 

ここには雪のあるときだけ開催される『雪の城ルミリンナ』がありますキラキラ

 

 

お城の中にはぜ~~んぶ雪でできたレストランやホテル、教会がキラキラ

 

 

見えにくいけど氷にトナカイが彫刻されているきらきら

 

 

これがホテルですきらきら

 

 

ベッドにはトナカイの毛が敷かれていますが・・・

寒くて眠れるでしょうか???

 

でも全部屋彫刻が違う、オシャレですね~キラ

 

 

 

 

ちなみにこの時のスイートルームがここ、ちょっと怖いひゃ~・・・

 

 

穴を抜けていくといろんなものがあるキラキラ

 

え???滑り台♪

 

 

ほんとに滑れるんです~ハート

氷の滑り台、氷なのでただでさえ滑りますからすごいスピードでした

でもめちゃ楽しいハート

 

 

 

教会もキラキラ

ここで挙式される人もいるとかキラキラ

 

 

今年は「ノアの箱舟」でしたきらきら

 

 

こういうの見るとまたなんかしたくなる

 

レストラン

 

 

 

毎年内装は変わるみたい。

今年は「動物を大切に」というテーマなのでいろんな生き物の彫刻がありました。

見事でしたねきらきら。

 

 

毎年冬が終わるたびに壊してまた来年新しく作るそうですから、すごい労力。

自分が来た時のテーマが何か楽しみですね。

 

今年は「動物」なんかわかる気がするな~~

 

 

氷のレストランでディナー

水・・・これも残り少なくなると凍ってきました

 

 

アツアツのスープがくるんだけど、すぐに冷めてしまう、笑

「ゆっくり食べてくださいね~~~あ、でも冷めちゃうので早く食べてくださいね」という矛盾したお声かけが、笑

 

でもあったまる~キラキラ(オレンジ)

 

お料理は美味しかったですキラキラ(青)

 

 

でもお尻が冷たくなってきて、全身が冷えてきます汗

唇が青くなってる人もいました冷

 

ここは寒いからかなき着込んでください~カイロも貼って、という情報がありましたが、かなり下半身冷えますので防寒をしてくださいねきらきら。

 

 

 

でも楽しかったキラキラ

良い思い出ですキラキラ

 

外に出たら・・・

ここはバルト海のボスニア湾、フィンランドとスウェーデンの間にある湾ですが、ぜ~~んぶ凍結してます。

ので、記念に海の上を歩きました。

もし氷が割れたら・・・って怖いけど、こんな体験もなかなかできませんキラキラ

 

 

このあとは寝台列車で次の街へ行くので電車待ち

 

 

 

雪がカバンに落ちて、よく見ると結晶がきらきら。キラキラ青キラキラ青

綺麗~~キラキラ青キラキラ青キラキラ青

 

 

 

凍り付くような寒さの中、やっと来た

サンタクロースエクスプレス、寝台列車です。

 

初めての寝台列車にドキドキキラハート。

 

中はこんな感じ

ひとつの部屋に2段ベッド。

私は一人なので広々使えましたが、これ2人だったら狭すぎる

 

 

次の街、タンペレまでは約7時間

ちょうど早朝に着きます。

小腹がすいたので、持ってきてた湯沸かし器でカップ麺を作って食べたり、ゆっくりのんびり寝台列車を満喫しましたダイヤ

 

 

予想以上に心地よかった光

 

 

早朝6時前にタンペレに到着きらきら。

 

続きます蝶々淡blue

 

フィンランドの旅⑤

 

お次はロバニエミにある念願のサンタクロース村へキラキラ

サーリセルカから3時間半ほどのところにありますが、世界で唯一「サンタクロース村」があるのがここフィンランドキラ

 

到着~

 

 

ここがサンタクロース村

ほんとに小さな村になっていて、おとぎの世界キラキラ

 

 

興奮して胸が高まります、笑

 

全部が大きなツリー

 

ちなみにここ北緯66度33分『北極圏』の境目

ここでみんな写真撮ってますね~

 

 

 

有料ですが、北極圏到達証明書も発行して頂けます。

 

 

早くサンタさんに会いたい~けどまずはお昼

 

 

年中クリスマスなレストラン

 

 

 

 

 

 

 

トイレも可愛い

 

ここにいるんです、サンタさんキラキラ

 

真っ暗な廊下??を通ってサンタオフィスへ

けっこう並んでました。

 

順番にひとり数分ぐらい、サンタさんとお話ししたり写真が撮れたりします。

 

 

私の番が来た

わ~~~サンタさん、大きい~~~キラキラ

 

サンタさん、いろんな国の人が来るから日本語も話せるんです。

 

子どもの頃からの夢で、会えてうれしいことを伝え・・・

早速サインをキラキラ

 

 

 

そして写真撮影

 

 

興奮してあまり覚えておらず

でも嬉しくて子どもに戻ってしまいましたハート

サンタさん、すごくあったかいオンプ

 

写真はカメラマンがいて、自分のカメラでは撮影禁止。

写真は有料で買うことができるのと、サンタさんとの触れ合いのわずか数分だけどビデオ撮影もしてくれているので、それを購入することもできます。

後日自宅のパソコンからダウンロードする感じです。

(後で見ると思い出になりますよ~)

 

 

ほんの数分の夢の時間でしたキラハート

 

 

サンタクロース村の散策

 

やっぱり買っちゃいましたキラキラ

サンタさんとトナカイキラキラ

 

 

 

 

そしてここ、サンタクロース郵便局

 

 

店員さんの衣装が可愛いキラキラ

 

 

 

世界中からサンタさんへのお手紙が届くそうですキラキラ

 

 

 

ポストは2つあって、この郵便局からお手紙を出せます。

すぐに届く用と、クリスマスに届く用と。

 

はがきも選べないぐらいあります

 

私も記念にキラキラ

旅の思い出に自分と旦那さんへのお手紙キラキラ

 

 

すぐに届く用のポストへ

帰国後1週間ぐらいでちゃんと届きましたキラキラ

 

そしてこんなのもあります。

クリスマスにサンタさんから手紙が届くという申込書も。

これもお願いしましたよ~キラキラ

今年のクリスマスが楽しみキラキラ

 

大人も子どももみんなが童心に戻って楽しめる夢の世界キラキラ

 

 

サンタさんはいる

私はずっと信じてた

 

 

それが嘘、本当、ではなく、こういう場所があるっていうのがいいですねハート

 

 

 

 

子どもの頃からの夢がひとつ叶った日でしたハート

 

 

続きます♪

フィンランドの旅④

 

初めてのトナカイそり体験。

ここサーリセルカには犬ぞりもあり、どっちにしようか迷ったのですが、フィンランドならではのトナカイと触れ合う体験は貴重だなと思ってこちらにしました。

 

今回はこっちで大正解きらきら

 

部族が好きな私は、ここフィンランドのサーミ族の方にお会いすることができたのでキラ

 

 

 

サーミ族は北方少数民族として、アイヌ民族などとの交流もあり、現在ではサーミ族としてのアイデンティティを取り戻すため、伝統的な文化、習慣を取り戻そうと言う動きも盛んに行われているそうです。

サーミ族の結婚はサーミ族同士または先祖にサーミ族がいること。
それは『血を残すため』だそうで、私はこれら2つの内容が、ものすごく胸にくるものがありました。

このサーミ族に出会うために、今回フィンランドに来たのもあると、自分の中でまたひとつ繋がりました。

 

 

 

 

サーリセルカの街から車で到着

初めて見た本物のトナカイキラキラ

感動きらきら

 

サーミ族の方が飼っているトナカイに乗せて頂くことができるんですね~キラキラ

 

 

なんか絵本の世界キラキラ

 

 

乗り方や注意事項などの説明がありますが、英語なのでわからない部分も多く

お客さんもガイドさんも誰一人日本人がいないのでちょっとドキドキキラキラ

 

 

そりは左右のバランスがいるので一人だった私と一緒に乗ってくださった女性キラキラ音符

 

 

わあ~~~ソリってこんな感じなんだ~キラキラ

 

 

いざ出発~

 

 

ゆっくり・・・ゆっくりとトナカイが引くソリが動きます

 

 

 

けっこう長い時間、この美しい銀世界の中を行きますキラキラ

 

 

聴こえるのはソリの音だけ

 

 

雪景色の美術館にいるような感覚

もう美しくて涙・・・目キラキラ

 

 

最後は太陽に向かってキラキラ*

泣けてきましたね~

 

ただ、めちゃくちゃ寒いです。

ずっと座ってるので寒いとは聞いてましたが、最後の方は感覚がなくなって、涙で濡れたまつげは凍ってた目あぅ~

自分のスノーウェアの上に更に極寒の地でも耐えれる全身防寒具を借りても寒い涙滴なみだ

 

 

だけど、寒さ以上に感動がありますよ~キラキラ

私を引いてくれたトナカイさん。

 

最後はエサをあげました。

 

ありがとう~キラキラハート

 

 

この後がまた良いんです。

サーミ族の方との触れ合い。

 

 

ソリに乗った人たちとこの小屋に集まり

 

 

トナカイの角とか

 

サーミの衣装も

 

 

 

パンとコーヒーを頂きましたきらきら。

 

サーミ族の文化などの説明

(もちろん英語あぅ~

 

オスやメスなどのトナカイの角にも触れさせて頂けます。

 

 

これ、持たせて頂きましたが重い~~~

 

説明を受けた証明書??のような冊子も頂けます。

記念になりますねキラ

 

素敵なサーミ族

この後、街でサーミ族のCDと角も買いました。

 

 

いろんな文化の違いに触れること、知ること、大切

 

 

引き続き、フィンランドやサーミ族のことに触れる資料館?みたいなところへ

 

 

 

 

サーリセルカ最後の夜キラキラ

すごい綺麗な夕暮れキラキラ

空気が綺麗で空が澄んでるので色がはっきりキラキラ

 

 

こんな深いブルー

あまり見たことない

 

最後の夜を楽しみますキラキラ

 

 

 

夕食は何を食べよう~?と調べていたら、トナカイのお肉を頂けるというレストランが。

 

 

中に入ると・・・結構シックな雰囲気

 

 

予約もしてなくて一人だけど、暖炉の横に席に案内してくださいました~キラキラ*

 

暖炉の炎を見ながら・・・

 

サーミ族と繋がりの深いアニマルであるトナカイに乗る流れとなり、サーミ族の文化に触れたからこそ、夕食に『トナカイのお肉』を頂きました。

私はあえて、今回は自分の中にこのアニマルのエネルギーを感じたいと思いました。
 

 

 

まずは、これ

フィンランドの名物でもあるザリガニスープに挑戦

めちゃくちゃ濃いエビって感じでした

 

 

そしてトナカイのお肉

 

感謝して頂いた瞬間、一口入ってすぐ、身体が熱くなるのがわかりました。
ひとりで噛み締めながら食べてると、込み上げてくるものがありましたね。

彼(彼女)たちが大切に守り、残していくという思いや姿勢。

いろんな国の部族たち。
共通するもの、たくさんあります。

 

命にありがとうキラキラハート

 

木が寄り添ってる

また泣けてくる~~

 

みんな誰かに助けてもらって生きている

一人では絶対に生きてはいけない

 

人間だけじゃない

 

見えない存在、動物、植物・・・いろんなものたちに守られ、助けられ、今ここにいる

 

ご先祖さんの血、繋がりによって生まれて、生かされている私たちの命

 

 

大切に生きようキラキラ

 

続きます