冗談のはずが自爆!

テーマ:
従兄弟が入籍しまして、式はまだですが御祝いの品を持って会いに行きました爆笑
歳が一緒のためか幼少の頃から仲良しルンルン
なんでも話せる仲っていいよねおねがい

「会わないうちに髪の毛長くなったね❗どこまで伸ばすの?

なんて会話になり

「白馬に乗った王子様が迎えに来るまでだよ」

冗談で話したつもりが…

「地面に着いちゃうじゃん!!

えーんガーン滝汗ゲローポーンゲッソリ笑い泣きえーんアセアセタラーアセアセガーンもやもやムカムカ炎

従兄弟の幸せは祝いますが、私の恋愛は…
ほっといて下さいショボーン

お客様がいっぱい愛をくれるから幸せなんだなラブラブラブラブ
AD

こんな雨のお休みは…

テーマ:
せっかくのお休みなのに雨ですショボーン
どこにも出掛けたくないなぁアセアセ

でも、そんな日はお掃除日和!!キラキラ




掃除機してから仕上げにrumbaちゃんルンルンその後、床を水拭きして…
トイレ、お風呂、キッチン、洗面所、ピカピカにしてカーテンを洗濯して、窓やら壁も拭いてキラキラキラキラソファーはコロコロ照れ

あースッキリしたラブ

実は私…
猫アレルギー
なんですゲロー



こんなモフモフしたら、鼻水が止まらない!!えーん
そこで、鉄ちゃん(猫の名前→本名は鉄生「てっしょう」です)の健康チェックの時に獣医さんに相談したら

マメに掃除をして毛が一本も落ちてない状態を心掛けましょう

だそーですニコニコ

鉄ちゃんもブラッシングしてシャンプーするといいですねキラキラ
おかげで、しつこくモフモフしないかぎりはアレルギー症状は出なくなりましたルンルン

可愛い鉄ちゃんとの楽しい共同生活の為なら、1日掃除しててもいいよラブラブ

ちなみにお姉ちゃんもアレルギーですが、モフモフしてまぶたがパンパンに腫れ上がっても
「癒されるなら私の体はどーでもいいのハート
だそーですてへぺろ
AD

昨日のブログから…

テーマ:
色々調べてみたらこんな記事を見付けましたキラキラ

その理由を脳の観点から考察

最近、キレる老人による事件が増えている。たとえば、タバコのポイ捨てを小学1年生男児から注意された75歳の男が男児の首を絞めて逮捕されたという騒動なども。なぜ、キレる老人が増えているのだろうか。「脳」の観点からこの問題を考察するのは、脳情報を提供する「脳の学校」の代表取締役で医学博士の加藤俊徳さんだ。

これまで1万人以上の人間の脳と向き合ってきた脳のスペシャリストは、「脳の老化こそキレる原因」と指摘する。

「高齢者の脳は、使っていない範囲がどんどん増えていき、それに伴って脳の機能が衰えていきます。それゆえ物事に対する理解力が低下して感情的にイライラしやすくなる。一方で、老化によって、脳内の感情をコントロールする部分が縮み、怒りの感情を抑制することが難しくなります。理解力の低下と感情を抑制できなくなることが車の両輪となり、暴走老人を生むのです」(加藤さん)

脳はさまざまな機能を分担する「脳番地」に分かれて働いており、そのうち、物事や言葉を理解するのに関係する「理解系脳番地」と、感性や社会性に関する「感情系脳番地」の働きが劣化することで、キレる老人が出現するというのだ。

携帯ショップで昨今よく見かけるが、ガラケーからスマホに変えようと店を訪れた高齢者が「ちっともわからないよ! もっとわかりやすく説明しろ!」とキレる場面などが良い例だ。

「この高齢者は、スマホを使いたいのに、店員の説明がまったく理解できずに腹を立てます。しかも増すばかりのイライラを抑制できず、ついには人目もはばからず、店員相手にキレてしまうんです」(加藤さん)

老年精神医学に詳しい精神科医の和田秀樹さんは、加齢による脳機能の低下により、もともと持っている性格がさらに「剥き出し」になるとも指摘する。

「イライラしやすい、キレやすいという性格は、その人の持って生まれた脳やホルモンの働きによる部分が大きい。老化により脳の機能が低下すると、そうした性格がさらに顕著になります。もともと短気でキレやすい人は、高齢になるとさらにキレやすくなるんです」

高齢者と女性のカウンセリングを専門とする「あしかりクリニック」の芦刈伊世子院長が「キレる老人になりやすいタイプ」を挙げる。

「若い頃から人の立場や考え方を尊重しない自己中心的な人は、何があろうが“自分は悪くない。悪いのは他の人だ”と思い込んで逆上しやすい。周囲から『あなたは自分のことしか考えていない人ね』と指摘された経験のある人は要注意です。

経済的に豊かで挫折を知らずに育った人も、老後に自分の思い通りにならないことがあると即座に怒りをぶつけがちです。また会社で役員まで出世するなど、社会的な地位が高い人も、リタイア後、新たな人間関係を築けずに周囲から孤立し、暴走してしまうというケースもあります」

では、キレる老人にならないためにどうすればよいか。加藤さんは「普段から脳を鍛える」ことを提唱する。

「普段使っていない脳の部分を使うことでキレにくくなる。そのためには、万遍なく脳を働かせることが大事です」

そんな加藤さんがオススメするのは意外にも「運動」だ。

「下半身を使った運動をすることで脳内に酸素がまわり、脳の活動が活発になります。しかも外で活動する時間が長いほど他人と接する機会も増え、孤立することを避けられます。たとえば玄関の掃除でも家の周囲まで延長すれば、近所の人と話すきっかけになる。家に閉じこもることはなるべく避け、散歩を日課にするなど、毎日7000歩は歩くことを心がけましょう」

脳にとって「ルーティン」は歓迎すべきことではない。常に気持ちを新鮮にすることも大切だ。

「日常で常にワクワク感を持つことは脳の活性化にとても有効です。女性ならネイルをしてみたり、新しい服を着てみてはいかがでしょうか。ボランティア活動を始めたり、毎日の料理で新しいメニューを試すことでもいい。小さなことの積み重ねが“キレる瞬間”を生み出さない秘訣です」(加藤さん)

そのためには、家族のサポートも不可欠だと指摘するのは、前出の和田さんだ。

「お年寄りは機嫌がいいときはトラブルが少ないんです。“お年寄りを敬え”というのは、トラブルを避けるための昔の人の知恵。必要なのは、できるだけ機嫌をとってあげること。お年寄りがイライラしても決して反論せず、『そうだね』『わかるよ』と理解を示して受け流す。お年寄りは感情のコントロールがきかず、『でも』『だって』と反論されると、怒りがどんどんエスカレートします。イライラし始めたら、サッとおだてて機嫌よくさせることも立派な家族のサポートになります」

だそーです。
AD