カリフォルニア通訳・翻訳会社 EJ EXPERT代表のブログ ザ・トランスレーター

サンフランシスコ・シリコンバレー・サクラメントを拠点に通訳と翻訳サービスを提供するランゲージ会社 EJ EXPERT代表。
会議通訳、出張、スキルアップ、会社経営、子育てなど、様々なテーマで北カリフォルニアから発信しています。


テーマ:
こんにちは、北カリフォルニアの会議通訳者、通訳翻訳サービスEJExpert代表のブラッドリー純子です。

前回記事をアップしてから怒涛の繁忙期に突入しまして、出張&バケーションが重なりやっと北カリフォルニアの自宅に戻ってきました

2か月のあいだ盛りだくさんのスケジュールで写真もたくさん撮ったのでまた追って記事にしたいと思います。

次の出張までしばらくあるし、会社の業務はうちの優秀なスタッフたちが率先してやってくれている.....おねがい

長旅の疲れが取れたところで久しぶりに

マイオフィスのオーガナイズと断捨離をしていますキラキラ

{C2151AE0-2AA8-428E-9BE0-33992EA9DC12}

これは全部、過去の通訳案件で使用した資料(の一部)です。これに使用済みの通訳ノートを合わせるともっと凄い量に。

自分でプリントアウトしたもの、現場でクライアントからいただいて守秘義務の厳しくないもの(資料によっては業務終了の時点で回収される場合も) で、会議のアジェンダや日程表、配布資料、パワポ資料、参考文献などが含まれます。

私はこれまでいただいた資料を写真右側のファイリングフォルダに入れて案件名を書いてファイルボックスに保存する、という時代遅れなことをやっていましたガーン

次にもし同じ分野や企業から仕事をいただいた場合に資料が残っていれば安心❗️

という気持ちからです。

でも実際はファイルボックスからこれらの資料を出すことってほとんどないんですよね。

保存しているということに安心しているだけなのかもしれません。

これからは業務が終わったら記入した単語だけ単語帳にまとめて、あとは潔く処分することにしました。

通訳案件ってどんどん新しい企業から入るし、同じ企業からリピートいただく場合も内容が同じというケースはほぼありません。

なのでDropBoxに保存してある分野別の単語帳にアクセスできれば十分なんです。

どうしても前の資料を見直したければ、メールの受信箱から検索すればオッケーです。

重要だなと思われる資料であれば写真を撮って単語帳と一緒にDropBoxに保存しておきます。フォルダは企業別や分野別に分類しておけば便利

そもそも通訳案件でも資料をプリントアウトする頻度が減ってきているんですよね。

データで送られてくる事前資料をプリントアウトしない通訳者が増えています。皆さん、iPadとか薄型のノートパソコンを持参してそれで見ていることが多い

駆け出しの頃、初めてそんな他言語通訳者を目撃した時は

なんて余裕のよっちゃん状態なんだー!!

とビッシリと書き込まれた自分の山のような資料を哀しく見つめていましたタラー

今でももちろん、紙の資料がないと落ち着かないの!という方もいらっしゃいます。訳語とか書き込めないし。

日本国内の通訳会社であれば、まだ郵送でプリントアウトしたものを送ってくるところも多いですよね。きちんとしたところだとアメリカ現地の案件であっても、国際郵便で送ってくださるところもあります。

私はというと、半々くらいで紙と電子データを併用しています。

何十いや何百ページものファイルはデバイスに入れて持参し、会議のアジェンダやプレゼン資料はすぐ見れるように印刷して訳語などを書き込んでおきます。

単語帳はもちろん毎回プリントアウトして持って行きます。

昭和の人間だからでしょうか、まったくペーパーレスで現場に行く勇気はまだないなあキョロキョロ

家で片付けばかりしていられないので無理やり外出もします。

{752B8ED1-DDDD-4C69-B183-99AAD7A7B92A}

この時期は街のいたるところで平日の夕方から野外サマーコンサートがあります。

近所のショッピング街でやっていたので隣のホールフーズでマルゲリータピザとサラダをスパークリングワインを買って家族でまったり照れ

夏休みはまだ3週間も残っております...


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、北カリフォルニアの会議通訳者、EJEXPERT代表のブラッドリー純子です。

思うのですが、翻訳者や通訳者はそれほど仕事道具にお金がかからない職業ではないでしょうか?

極端な話、翻訳はPCとネット環境があればできますし、通訳は逐次は紙とペンさえあればいいし同時なら手ぶらでもできます。

初期投資としては、大きなもので通訳翻訳学校の授業料くらい?

インハウスで鍛えられた人の中には学校にさえ通ったことがないというケースもあります。

しかし、

投資なしでリターンは得れない

というのがビジネスの鉄則!

「お小遣い程度しか稼いでないから....」

と言ってせっかく得た報酬を本当にお小遣いにしてませんか?

ここでいう投資とは必ずしもお金だけではありません。時間や労力といった目に見えないものもそう。

"小遣い程度" の収入を脱出したければ、さらにステップアップする為の投資を怠ってはいけない

と私は思うのです照れ

少しずつでもいいので作業環境や道具や勉強やスキルアップなどに自己投資をしてみてはいかがでしょう。

きちんと投資していると、仕事やキャリアへの真剣さがあるという印象を与えますしね。

私も駆け出し当初から報酬を得るたびに何かしら買い足したり、講座を受けたりしながらなるべく仕事がしやすくなるように努めてきました。

ノートパソコン、オフィス用の机や椅子、電子辞書、翻訳ツールのTrados、仕事関連の専門書、翻訳者協会の会費、通訳講座などなど。

その中で使い勝手が良かったり、もうこれなしでは仕事ができない、というモノは

このブログで記事にしたり、

『翻訳者にオススメのツール』として

セルフラーニング講座 
の中でもご紹介してきました。

最近仕事用に購入して愛用しているモノを少しだけご紹介しますね。

{749C8E3C-80FF-4688-A5CC-DBFC9BDA5F32}

Bang&OlufsenのAdjustable Sports Earphonesというマイク付きイヤホン。Amazonで200ドル弱でした。

同時通訳の現場に行くと、ノイズキャンセルのデカいヘッドホンを渡されることがあります。

自分の声がまったく聞こえなくってとっても困るんですよねもやもや

その点、これは耳にかけるタイプなのでイヤホンの距離を調節できます。

イヤホンにしてはお高いですが、さすがに性能は良いです。

家でノートパソコンにつないでトレーニングする時も便利。

かなりリサーチした結果、同時通訳に適している持ち運び便利なイヤホンとしては現在のところこれがベストのようです。

通訳仲間にも勧めたら即買いでとっても気に入ってるとのことうずまき

そしてもう一つは、

{3D11B0A9-6A55-4F5B-B402-EFDA322A12EF}

一番最近購入したApple Watch Sportのアンティークホワイト 38mmタイプ。

2年間のApple Care延長保険料込みで300ドルと意外に安かったです。電化製品に延長保険は普通付けないんですが、自分でぶつけて破損させてしまった場合を考えて今回は付けました。

Apple Watchは、スマホを去年iPhone6SPlusに買い換えてからいつか欲しいなと思っていました。

消音設定にしていても、メールやテキストメッセージ、電話の着信、LINEやFBメッセンジャーなどが入った時もそっと手首を叩いて知らせてくれてその内容が見れます。

私は、四六時中スマホでメールやメッセージをチェックします。

Apple Watchなんか着けたらもっと仕事漬けになるのではと恐れていたのですがタラー

これを着け始めてから逆にスマホをチェックする頻度が減りました。

仕事先では、たとえ休憩時間でもあまりスマホをいじりたくないですよね。

でも緊急を要するような連絡事項を待っている時などやはり着信が気になってしまう.... キョロキョロ

やおらスマホを取り出すことなく、さりげなく腕時計で確認できてしまう。

しかも

電話がかかってきてもバッグの中のスマホをいちいち探さなくていいですルンルン

充電もポンと置くだけでできるし、特に手間もかかりません。

ということで売行きが期待されてた程でもないAppleWatchですが私はオススメします。

他にもお気に入りの仕事道具や投資してよかったなと思うモノが結構あります。

現在、通訳者向けのセルフラーニング講座を作成中なのでそちらの方でもご紹介していきますね。心待ちまししてくださっている方もいて嬉しいです!

さて今週から約2カ月間は、出張や日本への一時帰国、ハワイでの長期出張なども入っていてスケジュールはビッシリ💦 
運動不足になりがちなので気をつけなければ...

日本でお会いできる皆さま、楽しみにしてまーす❗️
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、北カリフォルニアの会議通訳者・EJ EXPERT代表のブラッドリー純子です。

最近は同時通訳のお仕事を多くいただくようになってきました。逐次通訳とはまた違ったスキルが必要になる業務です。

同時通訳はいくつものことをほぼ同時に行わなければならないマルチタスクの究極ともいえる作業です。

1.講演者の話を聞く
2.その内容を理解する
3.違う言語に訳す
4.訳した内容を発声する
5.それを自分で聞いて間違いないか確認する

…をしながらさらに次の話を聞く

これをほんの1~2秒の間に行うわけですから、

ひょっとしたら人間技ではないかもしれません 叫び

訓練を受けたから、通訳学校を出たからといって、現場に出て満足にできるような簡単なものでもありません。

だから日々コツコツ努力して苦労して通訳者の皆さんはスキルの向上を図っています。

さて先日、そんな同時通訳のお仕事でGoogleplexと呼ばれるグーグル本社に2日間行ってまいりました Google


エグゼクティブセンター入ってすぐの正面玄関


Googleのキャンパスは広い!表にはAndoroidくんが立っています。なぜマシュマロを抱えているのかは不明。

同時通訳の場合は事前資料の有無が勝負といっても過言ではありません。

しかしIT企業はセキュリティが厳しいので、前もってすべての資料を送ってくれる会社ばかりではない。

仮に当日使用する予定のパワーポイント資料を送ってもらっても、

最近はどこの企業もスライドになるべく文字をたくさん入れない傾向にあるので

極端なケースだと

画像だけ、とかトピックだけ、というページも

つまり、せっかくファイルをいただいても話の内容が見えない

ものすご~く想像力を掻き立ててもわからない、ということが多々あります。

話の方向性が見えない講演を初見で同時通訳するというのは

目的地のわからない乗り物に乗っているようなものDASH!

いったいどこに行くのか、右に曲がるのか、左に行くのか、進行方向がまったくわからない UFO

しかもハンドルを握っているのは自分

あの感覚は何ともいえない、独自のものです汗


日本航空との大きな会議。Google特製のJALスイーツ。


お手洗いのサインもAndroidくん


ご存じのようにキャンパス内のカフェやレストランは社員やビジターに無料で提供されています。各会議室にもドリンクとスナックバーが。こちらはビジター用の朝食ブッフェ。

今回は担当者の方のご配慮で、各プレゼンターが到着したら通訳者たちとブリーフィングを行うという流れになりました。

スライドを一ページずつ見ながら、話の概要や事例などを簡単に説明してくださいました。

ほんの5分ほどのことですが、ブリーフィングをするのとしないのでは、

通訳のパフォーマンスにかなりの差がでる

ことを改めて実感しました。

講演者の方も遠くから来られている場合が多いので大変だと思います。通訳者とブリーフィングなんてやっている時間はないかもしれないし、面倒だと思うかもしれません。

でも、話し手のメッセージをできるだけ正確に聞き手に伝えるためにはやっぱり大切

通訳者のためというより、講演を聞いているオーディエンスのため、さらにはクライアントのためです。

通訳の質は、会議の成功を左右する重要な部分ですから。

何事もやっぱり簡単には妥協しちゃいけないですね メラメラ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。