Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2011-02-11 10:00:00

CMカット機種、生産中止へ…民放批判に配慮

テーマ:ブログ

録画番組を再生する際にテレビCMを自動的に飛ばす「CMオートカット機能」がついたレコーダーやテレビが、姿を消す見通しになった。


大手電機メーカーでこの機能を備えた製品を生産している三菱電機と東芝が、春以降の新製品に、この機能の搭載をやめる。地上放送の完全デジタル化で、再生時にCMを確実にカットできるようになるため、民放各社で組織する日本民間放送連盟が問題視していたことに、電機大手が歩み寄った格好だ。


CMオートカット機能を備えたレコーダーなどは、購入段階から、リモコンなどで操作しなくてもテレビCMを飛ばして再生する設定になっている。


最初の機種は、三菱電機が1990年に発売したビデオデッキだった。現在は、三菱電機が録画機能を備えた液晶テレビ「リアル」と、ブルーレイディスク(BD)レコーダーの全機種に搭載している。


2011年2月10日 読売新聞)


読売新聞朝刊の一面トップ隣りの記事掲載であり、たんたんと書いてあります。WEB上の記事では上記のように三菱電機の「リアル」で終わっていますが、紙面ではもう少し続きがあったので掲載しておきます。


↓つづき(はじまり)

東芝も液晶テレビ「レグザ」の上位機種とBDレコーダーにこの機能を盛り込んでいる。

だが、民放各社はスポンサーからの広告料収入でテレビ番組を制作している。CMオートカットが一段と普及すれば収入に影響が出かねないと主張していた。

アナログ放送では、CMかどうかの判別ができないケースもあったが、地デジでは番組とCMの信号が異なるため、ほぼ完全にCMをカットできるからだ。

民放連の広瀬道貞会長(テレビ朝日顧問)は昨年11月、CMオートカット機能を備えたテレビやレコーダーが販売されていることについて、「これを許せば、同じような機能を装備した機器が次々と出現する。看過できない」などと、強く批判していた。三菱電機と東芝が搭載をやめる背景には、「放送業界あっての映像機器」(関係筋)などの判断もあるとみられている。

↑つづき(おしまい)

※1:CMオートカット機能
この機能の研究をされていた各メーカーのエンジニアの方は、「オレの今までの研究は何だったんだ~」となっているに違いありません。(1990年発売のビデオ機器から搭載されている機能。つまり20年以上、研究していた方がいる可能性がある。)

※2:消費者あっての映像機器
日本の大手とは話しはついたが、海外製品などが搭載するというようなことを民放連が看過しないよう、見守っていきたいです。


オートカットi(三菱電機リアル)

...また、三菱独自の機能として「オートカットi」を搭載している。これは、HDDに録画した番組を再生する際、CMを飛ばして番組本編だけを自動で連続再生する機能で、面倒なリモコン操作が不要。また、CMだけを抜き出してまとめて再生することもできる。このため、BD/DVDディスクへは、番組本編もしくはCMだけをダビングすればよい。また、「オートカットi」の再生リストから、複数の番組の本編だけをまとめてダビングすることも可能なため、連続ドラマ全話分を短時間でダビングできる。...

ウィキペディア(リアル 三菱電機)より

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB_(%E4%B8%89%E8%8F%B1%E9%9B%BB%E6%A9%9F )


マジックチャプター(東芝レグザ)
↑コレのことのようですが、三菱電機とは違って、「CMカット」とは表記されておらず、「不要部分のカット・編集ができる」みたいに書いてあります。このような機能であれば、おそらくパナソニックやソニー、日立、シャープ(これで日本国内メーカー全部かな?)にも似たような機能がありそう。どのメーカーが優れているとか...、いろいろ調べてみると楽しそうですが、テレビの実機を何台も購入してまでは実験できないので検証が難しそうです。

オマケ
今やパソコンの方が進んでしまったのか?!昔、EMSメモリとか名古屋の大須で買いましたが、メルコだったな~。テレビは10年耐久するけど、パソコンは5年で買い替えるので、技術革新のスピードが2倍、且つ、「売れるので安くなる!」の効果ですでに地デジチューナーもアイオーとバッファローが値段の基準になっています。

アイ・オー・データ機器
↑最大8チャンネルの番組を同時録画でき、CM自動検出で簡単にCMカット完了。

安い地デジチューナーを作っているバッファロー
↑総務省が補助対象事業で無償給付する「地デジチューナー」新規分を受注(同事業で初年度より3回連続での受注)

東京スカイツリーファンクラブブログ
NEWS!!2011.1.24(1月23日22時発表)

ヨーロッパの地デジアンテナ:東京アンテナ工事(株)

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/ta-3.html


更新情報

東京スカイツリーグルメファン 2011.01.15更新

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10525560757.html


東京スカイツリーグッズコレクション 2011.02.01更新

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10605833789.html


東京スカイツリーファンクラブⅡ会員募集中!

http://group.ameba.jp/group/Cx5AlTkwFlhh/

ファンクラブ会員募集中です。一緒にテレビに出ましょう。(笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東京スカイツリーファンクラブさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿